橋本強司(著述家、開発コンサルタント)

 元横綱日馬富士による貴ノ岩への暴行が発覚した当初から、私はこの問題に関して「一番悪いのは白鵬である」と断じてきた。不可解に思える貴乃花親方の言動に対しても、親方の日本相撲協会改革に対する真摯(しんし)な姿勢をくんで、ある程度理解しているつもりである。したがってこれまでの経緯と現状を踏まえ、主に次の2点で大いに不満を抱いている。それは、横綱白鵬に対する処分とその理由が懲罰としてほとんど意味がないことと、貴乃花親方に対する処分が相撲協会とその「御用機関」による強引な理由付けによるもので、著しく不当といえることだ。

大相撲初場所4日目、嘉風に敗れた後に
支度部屋で記者から質問を受けるも、
力ない返答をする白鵬=2018年1月、
東京・両国国技館(大橋純人撮影)
 そもそも貴乃花親方の理事降格処分によって問題が「一件落着」となり、立行司式守伊之助のスキャンダルがあったにもかかわらず、初場所は行われた。初場所は白鵬の相撲ぶりに注目が集まったが、私は、立ち合いの張り手やかち上げによる荒い相撲を控えている白鵬に対して、「さすが大横綱だ」といった評価が出てくるたびに、今回の問題の本質が隠されてしまうと懸念していた。しかし、白鵬は平幕相手に連日金星を献上したうえ、古傷の右足親指を痛め、早々と休場してしまった。

 今回の問題については、貴乃花親方が意図したかどうかはさておき、親方の言動がメディアの注目を集めて事態を大きくし、広く社会的議論が生じているのは事実である。そのことによって問題の本質が見えかけてきた面もあるのに、興行を優先することによって、本質をうやむやにしてしまっては、相撲協会の改革などおぼつかない。一部の相撲ファンが感じ始めていても、関係者や識者は誰もそれを言わない。だからこそ、私がそれを指摘したい。

 まず、昨年12月20日の横綱審議委員会(横審)後の北村正任委員長の説明で、貴乃花親方への非難が「委員会の総意」として示されたことは象徴的である。逆に親方の言動がやむを得ないものであったことを、改めて示したものであろう。横審の「通常の組織ではありえない言動」という見解こそ全く本質を外している。まず相撲協会は「通常の組織」ではないからだ。そしてその組織を抜本的に改革することが、貴乃花親方が意図してきたことである。改革を志す親方を非難することが改革を潰すことと同じであることに横審は気づいていないのだろうか。

 相撲協会の「御用機関」である横審が改革を論じる立場にないことが、ほかならぬ北村委員長の説明ではっきりした。しかも、北村氏は付け足しのように白鵬の相撲に対して大相撲ファンから「美しくない」「見たくない」と言った批判が寄せられていると報告した。そのうえで協会に対して改善のために「何らかの工夫・努力をしてほしい」と述べたのである。

 言うまでもなく、白鵬に物申す必要があった場合、その第一の役割は横審にある。それにより、相撲協会に対して改善の実行を迫る立場にあるはずである。その役割を放棄して協会に工夫・努力を委ねるようでは責任の放棄といわざるをえない。白鵬に対して八角理事長が及び腰であるのは、横審も知っているだろう。北村氏の苦言は、白鵬に対して厳しい処分ができない協会の意向を踏まえたうえで、軽すぎる処分に対する後ろめたさを埋め合わせようとしたのではないだろうか。

 ただ、初場所の白鵬の相撲を見ると、横審の苦言が効果を上げたように見える。しかしながら、苦言を出すのがあまりに遅かったため、苦言に御用機関として協会幹部の意向を忖度(そんたく)する不適切な姿勢も現れている。そもそも、横審の控えめな苦言を出すまでの無策ぶりが、白鵬をあまりにも増長させてしまったのである。そのことに対する反省がなければ、今後の改革に期待が持てない。

 また、白鵬の相撲が変わったのは、白鵬自身が自分の非を認識し立場が悪いことを感じているからである。それに対して、変化をほめたたえるだけではいけないだろう。白鵬がそのように認識しているのは、この間の騒動を通じて、世論が問題の本質と協会改革の必要性をうすうす感じるようになってきたからであろう。