仲新城誠(八重山日報編集長)

 沖縄で今、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さんがブレイク中だ。米軍基地問題で政府を批判した漫才に共感が広がっているとして、県紙「沖縄タイムス」「琉球新報」が村本さんを絶賛。「大事なことを伝えてくれた」(沖縄タイムス)などの見出しで村本さんの沖縄公演を大きく報じた。地元の民放テレビ局も村本さんのインタビュー企画を放送。米軍普天間飛行場の辺野古移設反対を貫く翁長雄志知事らに続く、新たな「反基地ヒーロー」誕生の観さえある。

ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん
ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん
 一方、村本さんがテレビ番組で「尖閣諸島は取られてもいい」「沖縄は日本が中国から取った」という趣旨の発言をしたことは、沖縄メディアは報じていない。せっかく売り出した反基地ヒーローにケチをつけたくないのだろう。しかし村本さんの発言のうち、基地反対に都合のいい部分だけ切り取って報道するのは、情報操作そのものに思える。

 ただ「ネットで村本さんの発言を知った」という県民は一様に憤っている。私が編集長を務める八重山日報にも「無責任だ」などと村本さんを非難する県民の投稿が相次いだ。沖縄県民は誰もが基地反対というイメージが強いが、それは沖縄メディアが内外に発信している虚構だ。ほとんどの県民は、今回のような問題発言に対しては、日本人として普通に反発する。

 村本さんはくだんの問題発言の理由について「おきなわのあるおばあちゃんが『400年前に戻りたい、中国はよくしてくれた、いまはアメリカと日本が怖い』と言ってたのを聞いていて、中国から取ったと言っちゃった」とツイートした。

 私は、これは真実だと思う。2015年、私が辺野古を取材した時、移設工事を阻止しようと抗議活動する反対派の男性が、唐突に言い放った。

 「沖縄は中国だ。福建省の一部なんだよ」

 沖縄から基地を撤去させる戦略なのか、この人物が文字通り中国の工作員なのかは分からない。沖縄では実際、そんなことを言う基地反対派が跳梁(ちょうりょう)しているのだ。ただし、それが基地反対派の総意であるかは別の話である。

 「沖縄は日本ではない」と言わんばかりの宣伝戦を華々しく展開しているのは、中国ではなくむしろ沖縄メディアのほうだ。