2018年02月06日 18:36 公開

ドナルド・トランプ米大統領は5日、英国の国民医療保険制度、国民保健サービス(NHS)をツイッターで「機能せず大勢が抗議している」と批判した。これに対して英国の保健相が「2800万人が無保険」の米国を逆に批判するなど、英政界からは反発の声が上がっている。

トランプ氏は、民主党が国民皆保険制度を求めていることを批判し、「英国では国民皆保険が、予算が底を突きかけて機能していないので」、「何千人もの人が抗議して行進している」とツイートした。これは、3日に英首相官邸前のロンドン・ダウニング街で、「NHSを救え」抗議行動があったことへの言及とみられている。大統領はさらに、「民主は本当にひどい、画一的な医療のために大増税をしたがっている。ノーサンキューだ!」と書いた。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/960486144818450432

トランプ氏のこのツイートに対して、ジェレミー・ハント英保健相は、「あの抗議行動で言われた内容に賛成しないとしても、2800万人が無保険の仕組みで暮らしたい人は誰一人としていない。NHSには問題もあるが、自分は国民皆保険を発明した国の出身だというのを、誇りに思う。この国では誰もが医療を受けられる。預金残高の額とは関係なしに」と反論した。

https://twitter.com/Jeremy_Hunt/status/960503230601089024

英首相官邸は、テリーザ・メイ首相がNHSを「誇りに思っている」とコメントした。官邸報道官はNHSは世界最高の医療制度だと評価されたばかりだと述べ、ハント保健相の発言は「政府を代表したものだ」と言明した。

3日の抗議行動「NHS危機――今こそ直せ」の主催者は、NHSへの国民の「愛情」を示すのが狙いだったと話している。緊縮財政に反対し、医療の充実を訴える主催者たちはトランプ氏に対して、抗議に参加した人たちは、「国民全員への課税を財源に、普遍的で包括的な医療を、受給者に無償で提供するNHSの原則に対して、愛を示すため」に行進したのだと述べた。

主催者たちはさらに大統領に対して、「世論を分断しようとする、あなたの不正確な物言いに同意しない」と批判した。

またNHSイングランドの責任者、サイモン・スティーブンズ氏は、トランプ氏が「まったく勘違いしている」と述べた。「この国の人たちは実際、NHSをなくしたいわけではない(中略)存続させて、もっと強くしたいのだ」と説明し、トランプ氏に訪英時には英国の病院を視察するよう呼びかけた。

そうすれば「米国の医療制度の半額で、全ての人に医療を提供する仕組みは、この国の人にとって当然ながらとても大事なものなのだ」と、大統領も理解するだろうと、スティーブンズ氏は話した。

野党・労働党のジェレミー・コービン党首もツイッターで、「違う。大勢が行進していたのは、みんなNHSを愛していて、保守党のNHS政策を嫌悪しているからだ。医療は人権だ」と書いた。

https://twitter.com/jeremycorbyn/status/960509403643498498

トランプ氏のツイートは、前イギリス独立党(UKIP)党首のナイジェル・ファラージ氏が、トランプ氏のお気に入りトーク番組「フォックス・アンド・フレンズ」に登場し、政府の移民政策による人口増でNHSの負担が高まり、医師も病院も不足して大変なことになっていると述べた後のものだった。

英国では、病院の負担拡大に伴い、NHSの財源をどう確保するかが激しく議論されている。

下院第4党の自由民主党が設置した検討会は、今年度だけでも40億ポンド(約6220億円)の追加予算、その後も2年は25億ポンドが必要だと主張し、特別の租税措置を要求している。

英政府は、NHS財源は「記録的な高水準」で、予算案には28億ポンドの追加予算措置が盛り込まれていると説明している。

(英語記事 President Trump: NHS 'going broke and not working'