2018年02月06日 19:36 公開

1988年9月に始まったソウル夏季五輪の約9カ月前、北朝鮮の金賢姫(キム・ヒョンヒ)工作員は日本人女性になりすまし、大韓航空機を爆破した。

搭乗者115人全員が死亡した事件の元死刑囚(1990年に判決確定後、特赦)は現在、韓国で暮らしている。

韓国・平昌で開かれる冬季五輪を目前に、BBCのローラ・ビッカー記者が、最近の北朝鮮の融和姿勢をどう思うか、元死刑囚に話を聞いた。