北朝鮮が日本での原発テロを計画し訓練まで行なっていたことが、脱北者の証言で判明したと報じられた。現代の戦争では、特殊部隊や工作員による攻撃が戦局を左右する。

 北朝鮮軍は近代兵器を持つ資金も技術もないため、弾道ミサイル以外はテロやゲリラ戦を展開する特殊部隊が主力となる。抗日パルチザンの系譜に連なる特殊部隊は朝鮮人民軍総参謀部の中に複数あり、総数は5万人とも10万人とも言われている。その一部がスパイやテロ活動を行なう工作員として暗躍してきた。

 仮に10人規模のテロリストが原発を乗っ取ったとしよう。1996年に韓国で北朝鮮の特殊部隊が起こした「江陵浸透事件」(詳細後述)で判明した彼らの装備は旧式の自動小銃AK47など貧弱なものが中心だった。このほか同事件ではM16も発見され、アメリカ製の武器も何らかのルートで流入していることが判明した。
 
 日本側はどうか。原発テロやテロリストによるハイジャックなどに際しては、陸自の「特殊作戦群」が出動する。特殊作戦群は米陸軍のデルタフォースを参考に創設された精鋭部隊で、編成は1個中隊100人×3の計300人。07年に設立された防衛大臣直轄の中央即応集団(CRF)隷下部隊となっている。彼らの装備について軍事フォトジャーナリストの笹川英夫氏が語る。

 「特殊作戦群の装備は公開されていないが、自衛隊関係者の話を総合すると、M99対物ライフル(米バレット社製)やMP5などを装備しているようだ。M99は軽装甲車や壁を撃ち抜く威力がある。MP5はSATやSBUも使用する小型の機関銃で、狭い場所でも小回りが利く」

 装備では勝っている。その能力も、「彼らは建物内やハイジャックされた機内など狭い空間での戦闘を想定し、特殊なクロース・クォーター・バトル(CQB=近接戦闘)の訓練を行なっている。練度は高く、走りながらでも防弾チョッキで守られていない相手の腰を撃ち抜く技量を持つ。戦闘能力は相当高い」(自衛隊に詳しいフォトジャーナリストの菊池雅之氏)という。

 相手は10人。一見、武器も能力も劣る。だからといって、必ずしも勝てるわけではないのが特殊部隊戦の特徴だ。

 それを象徴するのが「江陵浸透事件」である。韓国の江原道江陵市で北朝鮮の特殊潜水艇が座礁し、乗員26人のうち15人が逃亡。軍と警察は1人を逮捕、銃撃戦の末に13人を射殺、1人が行方不明となった。装備で勝るはずの韓国側は17人(民間人4人を含む)が死亡している。衝撃的だったのは、現場近くの山中で潜水艇の艦長ら11人が青酸カリを服毒したうえ拳銃で頭を撃ち抜いて自決していたことだ。

 特殊部隊同士で想定される近接戦闘は人と人が対峙して殺し合う行為で、強い意志と冷酷さが必要になる。江陵浸透事件の集団自決は彼らの意志の強さを物語るエピソードだ。この時は工作任務の情報漏れを防ぐために自決したが、侵攻作戦ならばどうなるのか。極限状態では装備の差を精神力が超越することもあり得る。北朝鮮が死を覚悟で突っ込んでくれば特殊作戦群にも多大な被害が出るし、燃料プールで自爆されれば、重大な事故につながりかねない。


関連記事
■ 北朝鮮が保有する特殊作戦専用ヘリは日本はまったく保有せず
■ 米軍驚く海自の最強部隊が「尖閣傍観」では宝の持ち腐れと識者
■ 海上自衛隊特殊部隊の能力を、お世辞を言わない米軍がホメた
■ 20分で犯人射殺&事件解決 世界最強特殊部隊候補はフランス
■ 北朝鮮から日本に難民襲来の指摘 10万人なら食費は1日1億