跡部蛮(歴史研究家)

 長野市の八幡原史跡公園(川中島古戦場)内には、武田信玄と上杉謙信が一騎討ちする銅像があります。

 ご存じ、この両雄が死力を尽くした永禄4年(1561)9月の川中島合戦の際の有名なエピソードです。

 しかし、大将はふつう、本陣の床几にどっかと座っているもの。いかに乱戦とはいえ、疑ってしまいたくなる話です。

 北信濃という地域の局地戦にすぎない合戦を一躍有名にしたのは、この両雄一騎討ちの話があるからですが、その真偽を探るべく、まず合戦当日の状況を確認しておきましょう。

 9月10日の早朝、信州川中島の大地は深い霧につつまれていました。

 ところが、午前7時ごろ、霧が流れ、天気は急に快晴へと転じます。すると、武田軍8000の軍勢のわずか800メートルほど先に、1万の上杉勢が姿を現したのです。

 千曲川東岸の妻女山(さいじょざん)に布陣していた上杉軍が、霧深い夜陰に乗じ、ひそかに渡河していたのです。武田の将兵は、

 「何(いつ)の間に逆寄(さかよせ)には進みたるぞ」

 といって仰天したと史書に記されています。こうして史上名高い川中島合戦の幕が切って落とされます。

 最も戦闘の激しかった午前7時から9時ごろまでの2時間に、史書に残る両軍の戦死者数(6633人)が集中したと仮定すると、1万8000のうち、ほぼ4割の将兵が討ち死にした計算となります。

 こうして戦国史上空前の乱戦が始まります。

 両雄一騎打ちの“ネタ本”となった『甲陽軍鑑』は、そのシーンを次のように書いています。

市民らが参加して再現された、上杉謙信軍と武田信玄軍の「川中島合戦」
=2014年5月、山形県米沢市
 上杉勢の突撃をくらって信玄の本陣が乱れたった、まさにそのとき――。

 「萌黄(もえぎ)の胴肩衣(どうかたぎぬ)きたる武者」が「白手巾(しろてぬぐい)にて、つふり(頭)をつつみ」

 月毛(つきげ)の馬に乗って参上したというのです。

 その武者は、太刀を鞘から抜いて信玄の床几にむかって真一文字に進むと、太刀を振り上げ、

 「三刀伐(きり)奉る。信玄公たつて(立って)、軍配団扇にてうけ(受け)なさる。(信玄が)後(のち)みれば、うちは(団扇)に八刀(かたな)瑕(きず)あり」

 白頭巾で頭をおおった謙信らしき武者が信玄に3太刀浴びせ、信玄は床几から立って、そのつど軍扇(ぐんせん)で受けたものの、その軍扇には刀傷が8つもできていたというのです。

 ここでのポイントは、あくまでその武者が謙信らしき武者であること。

 『甲陽軍鑑』は合戦後、

 「其(その)武者、輝虎(謙信のこと)なりと申候」

 しらじらしく、あとになって謙信だとわかったと記しています。『甲陽軍鑑』の作者の作為を感じずにはいられません。

 だとしたら、一騎打ちの話は『甲陽軍鑑』の捏造だったのでしょうか。じつは、そうともいいきれないのです。ある”信頼できる人物”が、この両雄一騎打ちについて、有力な手がかりを残してくれているからです……。

 両雄一騎打ちの有力な手がかりを残してくれた人物。それは、公卿の関白近衛前久でした。

 前久と謙信は前々から誼みがあり、前久の娘と謙信は“恋仲”の関係にあったといわれています。川中島の合戦後、その前久が謙信に、

 「自身太刀討に及ばるる段、比類なき次第、天下の名誉」

 つまり、ご自身で太刀討ちなさるとは比類なき武勇であり、天下の名誉だと、称賛の手紙を書き送っています。

 おそらく謙信は自慢話のつもりで、「自身太刀討」したという手紙を前久に出していたのでしょう。この文面はその返書にあたります。

 したがって、この手紙がしばしば、“両雄太刀討ち説”の証拠として使われているようです。

 謙信は信玄とちがい、何事も真一文字に突き進む性格であり、そんな謙信が、自身太刀をとって敵と戦ったことを誇ったとしても不思議ではありません。

 しかし、忘れてならないのは、ここでも、「太刀討」の相手が信玄だと、ひと言も書かかれていないこと。文面からは、謙信の「太刀討」の相手が誰かは不明です。

 謙信が前久に出した手紙には、相手が信玄だと記されていたものの、前久が返書で省略したのでしょうか。そう考えるほうが不自然だと思います。

 なぜなら、いかに戦国時代といえども、大将どうしの一騎打ちはそうある話ではないからです。相手が本当に敵将の信玄だったのなら、返書であっても、前久は“信玄と太刀討に及ばるる段”と記し、省略しないはずです。

 そうしなかったのは、謙信の手紙に、そんな事実は記されていなかったからだと思います。

 乱戦のなか、大将の謙信みずから太刀をとり、武田の将兵と戦っていたのは事実でしょう。ただ問題は、その中に信玄が含まれていたかどうかということです。

 ここで上杉方の史料に目を向けてみましょう。

 『上杉家御年譜』によると、本陣を崩された信玄は、千曲川にそそぐ御幣川(おんべいがわ)のあたりまで逃げのびたことになっています。

 この内容を信じるなら、上杉勢に本陣を蹴散らされ、信玄は雨宮の渡しで千曲川を渡り、本国の甲斐方面へ逃走しようとする魂胆がみえみえです。

それをみて、上杉勢は御幣川の下流へと馬足を速めます。そして、武田方の兵が弓矢を捨ててこぞって逃走するなか、信玄を猛追した武将がいたのです……。

 『上杉家御年譜』によると、信玄は千曲川にそそぐ御幣川(おんべいがわ)のあたりまで逃げのびたことになっています。それをみて、上杉勢は御幣川の下流へと馬足を速めます。その上杉勢の中に、信玄を猛追した武将が1人いました。

川中島の合戦の両雄一騎討ちの武田信玄と上杉謙信の銅像
 荒川伊豆守という無名の武将です。その伊豆守は信玄をとらえ、斬りかかります。そのときの情景を『上杉家御年譜』はこう記しています。

 「(伊豆守が信玄へ)三太刀マテ討共(うつとも)徹セズ(目的を達せず)、信玄太刀ヌキ合(あわ)スル間(ま)モナク(太刀を抜く暇もなく)、團(うちわ)ヲ以(もっ)テ受(うけ)ハツス」

 伊豆守が三太刀、信玄へ斬りかかりますが、うまくかわされ、信玄は執拗な伊豆守の攻撃を何とか軍扇でかわしたというのです。

 『甲陽軍鑑』の記述と酷似している話です。

 そのあと、信玄の危急を知った武田家重臣の原大隈守が伊豆守へ槍をいれ、「信玄忽チ運ヲ開ク」と記されています。

 しかし、信玄の太刀打の相手が無名の武士であったことで、『甲陽軍鑑』の内容とは大きく異なっています。

 いったい、武田方の史料(『甲陽軍鑑』)と上杉方の史料(『上杉家御年譜』)のどちらが正しいのでしょうか。ここはひとつ、両陣営に属さない公平な史料に答えを求めたいところです。

 しかし、残念ながら、そういう史料は見当たりません。ただし、この合戦を目撃していた第三者的な”ある有名人”がいました。

 天海僧上その人です。ご存じ、のちに徳川家康の参謀となる怪僧ですが、前半生は謎につつまれています。

 その天海が当日、近くの山から、合戦の模様を見学していたと、ある史料に記録されているのです。

 果たして天海の目に、この合戦はどう映ったのでしょうか。

 天海はこのころ武田家に寄宿し、川中島の合戦を目撃していました。

 その目撃談には、

 「御幣川の中へ両方(馬を)乗り入れて輝虎(謙信)も太刀、信玄も太刀にて(中略)戦い候」

 とあります。

 ここでも、信玄が御幣川まで逃げてきたことになっています。やはり、乱戦の中、信玄の本陣が切り崩され、大ピンチに陥っていたのはたしかなようです。

 そして、注目すべきは、信玄の太刀討ちの相手を謙信だといっていること。しかし、結果からいうと、それは天海の見間違いでした。というのも、その日の激戦が終わり、天海が信玄の御前に伺候したときのことです。

 謙信との太刀討ちの話になると、信玄の顔色が急に変わり、不機嫌な様子でこう吐き捨てたといいます。

 「謙信と太刀討ちしたるは我にあらず。甲冑を同じくさせ候、信玄真似の法師武者(影武者)なり」

 そのくせ、信玄は傷を負い、後ろに凭れなければならない状態。影武者どころか、信玄本人がその日の合戦で誰かと太刀討ちしていたのは明らかです。

 それでなぜ信玄は、天海に嘘をつかなければならなかったのでしょう。それは、相手が謙信ではなかったからだと考えるしかありません。

 武田方の『甲陽軍鑑』の著者は、信玄が名もない武者と一騎打ちしたのでは末代までの恥となるため、相手が敵将の謙信であり、それも正々堂々、本陣に突入してきた相手の太刀を軍配で受け返したと偽装したのでしょう。

 この一騎打ちの真相はどうやら、信玄の相手を荒川伊豆守とする上杉方の史料(『上杉家御年譜』)に軍配があがったようです。

 つまり、大乱戦の中、信玄も謙信も互いに太刀をとって戦ったが、大将どうしが相まみえることはなかった――というのが正解なのではないでしょうか。



関連記事
■ 家康は豊臣家を滅ぼすつもりではなかった?
■ 三成・失敗の研究~関ヶ原での計算違い
■ 秀吉の死 その時官兵衛は何を目指したのか
■戦国の覇王が築城した安土城の謎に迫る
■突発説、単独犯行説、黒幕説…「主殺し」の真の動機は何か