一覧

執筆者

小林信也

小林信也

作家・スポーツライター。1956年(昭和31年)、新潟県長岡市生まれ。慶應義塾大学法学部卒。幼いころから相撲、野球、ボクシングなどあらゆるスポーツに胸を躍らせた。高校までは野球部で投手、大学ではフリスビーのパイオニアとして国内外で活躍。大学在学中から原稿執筆を始め、雑誌「ポパイ」「ナンバー」編集部を経て独立。40代半ばから武術家・宇城憲治師範に師事し心技体の核心を学び、スポーツや社会のあるべき姿を追求している。中学硬式野球チーム「東京武蔵野シニア」の監督を務め、中学生たちと日々新た な野球道の創造・実践にも取り組んでいる。著書・編書に「長島茂雄語録」「高校野球が危ない!」「子どもにスポーツをさせるな」「古伝空手の発想」「宇城憲治師に学ぶ 心技体の鍛え方」など多数。「カツラーの秘密」「YOSHIKI 蒼い血の微笑」などスポーツ以外の分野でもベストセラーを執筆。最新刊は『「野球」の真髄 なぜこのゲームに魅せられるのか』 (集英社新書)