一覧

執筆者

中山恭子

『日本のこころを大切にする党代表』

中山恭子

参議院議員、日本のこころを大切にする党代表。昭和15年生まれ、東京都出身。東京大学文学部卒、41年大蔵省入省。退官後、駐ウズベキスタン特命全権大使、国連改革欧州諸国担当大使を務める。平成14年拉致被害者家族担当の内閣官房参与、北朝鮮に赴き拉致被害者5人を出迎えた。18年安倍内閣の総理大臣補佐官(北朝鮮による拉致問題担当)に就任。19年参院議員選挙に出馬し初当選。20年拉致問題担当大臣、公文書管理担当大臣、内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画担当)として初入閣。