一覧

執筆者

塩田潮

『ノンフィクション作家』

塩田潮

ノンフィクション作家、評論家。昭和21年、高知県生まれ。45年、慶應義塾大学法学部卒業。社団法人日本能率協会(月刊「マネジメント」編集部所属)などに勤務した後、52年から月刊「文藝春秋」の記者となる。58年に処女作『霞が関が震えた日』で第5回講談社ノンフィクション賞を受賞。同年独立してノンフィクション作家に。 主な著書に『大いなる影法師』『昭和の教祖 安岡正篤』(以上、文藝春秋)『安倍晋三の力量』『新版 民主党の研究』(以上、平凡社)など多数。