一覧

執筆者

越智小枝

『相馬中央病院 内科診療科長』

越智小枝

東京医科歯科大学医学部医学科卒業後、膠原病・リウマチ内科医として10年の臨床経験の後、公衆衛生大学院へ留学。留学直前に東京で東日本大震災を経験し、留学先から福島県相馬市にボランティアとして度々勤務。WHO、Public Health Englandのインターンの経験を経て2013年11月より相馬中央病院常勤医。