一覧

執筆者

松田康博

『東京大学東洋文化研究所教授』

松田康博

政治学者、博士。東京大学東洋文化研究所教授。1965年北海道出身。麗澤大学外国語学部中国語学科卒。東京外国語大学大学院地域研究研究科修了、94-96年、在香港日本国総領事館専門調査員。03年、博士(法学)学位取得。92-08年防衛庁(省)防衛研究所で助手・主任研究官。08年東京大学東洋文化研究所准教授を経て11年より同教授、12年より東京大学大学院情報学環教授を兼務。15年より現職。専攻はアジア政治外交史、東アジア国際政治研究、中国および台湾の政治・対外関係・安全保障、中台関係論、日本の外交・安全保障政策。主要著作に、松田康博『台湾における一党独裁体制の成立』(慶應義塾大学出版会)、家近亮子・松田康博・段瑞聡編『岐路に立つ日中関係―過去との対話・未来への模索―』(晃洋書房)、川島真・清水麗・松田康博・楊永明共著『日台関係史―1945-2008―』(東京大学出版会)、家近亮子・唐亮・松田康博編『【改訂版】5分野から読み解く現代中国―歴史・政治・経済・社会・外交―』(晃洋書房)、松田康博編著『NSC 国家安全保障会議―主要国の危機管理・安保政策統合メカニズム―』(彩流社)などがある。