一覧

執筆者

川村卓

『筑波大学准教授』

川村卓

筑波大准教授。昭和45年、北海道江別市生まれ。札幌開成高校の主将、外野手として甲子園出場。筑波大大学院体育研究科修了後、北海道で高校教員として4年半勤務。平成12年から筑波大体育科学系講師となり、その後、同硬式野球部監督に就任。筑波大で野球コーチング論研究室を開設、野球の動作分析と指導につい研究。著書に「甲子園戦法 セオリーのウソとホント」(朝日新聞社)、「バッティングの科学」「ピッチングの科学」「監督・コーチ養成講座」(いずれも洋泉社)など。