花田紀凱編集長

「月刊Hanada」

花田紀凱編集長

1942年、東京生まれ。66年、文藝春秋入社。88年、『週刊文春』編集長に就任。在任中、数々のスクープをものし、同誌を総合週刊誌のトップに。96年に退社。以後雑誌編集長を歴任し、2016年4月より『月刊Hanada』編集長。

最近言及したテーマ:

『月刊Hanada』編集長。1942年、東京生まれ。66年、文藝春秋入社。88年、『週刊文春』編集長に就任。6年間の在任中、数々のスクープをものし、部数を51万部から76万部に伸ばして総合週刊誌のトップに。94年、『マルコポーロ』編集長に就任。低迷していた同誌部数を5倍に伸ばしたが、95年、「ナチガス室はなかった」の記事が問題となり辞任、1年後に退社。以後『uno!』、『メンズウォーカー』、『編集会議』『WiLL』などの編集長を歴任。2016年4月より『月刊Hanada』編集長。テレビやラジオのコメンテーターとしても活躍。産経新聞コラム「週刊誌ウォッチング」、夕刊フジコラム「天下の暴論」はファンも多い。好きなものは猫とコスモス。

本マーク

担当媒体

月刊Hanada

新創刊の『月刊Hanada』は一段とパワーアップ。スクープも含め、内容はさらに充実。21世紀の雑誌界をリードする月刊誌を目指します。おもしろくて、ためになる。そして「大人の常識」を!