検索ワード:文化/51件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    底が浅い「クールジャパン」はジャポニズムと同じ運命をたどる

    会があった。ほかの集中講義よりも登録学数数が多く、出席学生は熱心であったが、課題レポートの半数近くが文化外交についてであったことには驚いた。世界に誇るフランスワインの本場で、日本通であることを自負する学生も数多くいて、筆者に話しかけてくる。彼らにとって、日本は伝統文化と近代科学技術を併せ持ち、文化外交に成功した国として理想的な国ということのようであった。 その反面、我々が考えるほどにはかれらはフランスの文化外交が成功しているとは考えていない。フランスが誇る奢侈品や装飾品は古色蒼然たるイメージのコマーシャリズムにしか見えないのである。決して「クール(かっこいい)」ではないのである。しかし確かに往時の勢いはないが、我が国をはじめとして世界中どこにでも、フランス文化の愛好家は多い。世界に根付いた文化であり、フランスの文化産業は依然として一定のシェア率を誇っているといってよい。日本文化普及の突破口としての「クールジャパン」 こうした海外の若者たちが日本に関心を持つ切掛けは、マンガ・アニメ・ゲーム・DVDなどであることが多い。 パリ郊外で毎年開催されるJ-Popの祭典「ジャパン・エクスポ」は、日本のポップ・カルチャー大ファンの三人の仏人が最初は小学校の教室を借りて立ち上げたイベントであったが、今や今年で16回目を数え、25万人もの人々を集める世界最大の日本文化関連イベントとなっている。各種マンガ・アニメのブースや日本の若者向けファッション、コスプレーショー、ポップコンサートなど大変な賑わいである。私はこの種のイベントを「夏祭り参加型イベント」と呼んでおり、日本の海外イベント展開の一つのパターンであると考える。「ナルト」や「ワンピース」は世界中で大人気である。ワインのマンガ「神の雫」はフランスとイタリアのワインの蘊蓄を傾けたものだが、これも仏語訳で良く読まれている。青年層を中心にJ-Popの浸透振りは驚くばかりであるが、それを切り口に日本社会や歴史伝統文化に関心を広げる人々の裾野も広がっている。 今から7年前の日仏外交樹立150周年記念の年、その一年間だけで大使館に登録された記念文化事業の数は758件に上った。平均して一日二件フランスのどこかで日本関連の文化事業(の式典)が開催されていたことになる。柔道人口が世界最大の国は六十万人の「ジュードーカ(柔道家)」を擁するフランスであることはつとに有名である。鎧兜は昔から人気があるが、武具を着けた剣道も徐々に普及しつつある。 日本人街ともいわれるオペラ座界隈の日本料理店、とくにてごろな値段の日本ラーメン屋ではフランス人の若者が客の大半である。彼らはラーメン餃子や半ちゃんラーメンとビールで盛り上がっている。 その意味では、「クールジャパン」は日本への関心と日本ファンを育成することに大きく貢献したことは確かである。国家ブランド「ジャパン」--日本の好イメージ---信頼できる国、日本 さて人気上々は結構なことだが、この「クールジャパン」の効用は、どんなところにあるのであろうか。ひとつは経産省がバックアップする「クールジャパン機構」をはじめとする文化産業の貿易振興という経済効果、もうひとつは日本文化ファンの増加にあやかった対外広報文化活動の活性化、というふたつの方向である。 「クールジャパン」とは、ダグラス・マックグレイが2002年に発表した論文GrossNational Cool の中で、日本の文化的潜在力について論じたときに使った表現である。バブル崩壊以後経済的に後退する日本経済とは裏腹に、ポップ・カルチャーの面で日本は世界に大きな影響力を及ぼし始めた、と論じたのである。 しかし今日一般に使われている「クールジャパン」という表現は、そのような意味に限定されない。より伝統的な日常生活の側面も含む広い意味での表現である。華道・茶道が伝統文化といってもかつては「禅」の生活習慣の一部であり、「花嫁修業の必須科目」であったのだから、「ポップ」であった。文化とは発祥の段階ではポップであったという主張はよく聞かれる主張である。後で述べるが、「クールジャパン」とは何かというコンセプトの問題はやはり改めて問い直されるべきであろう。 いずれにせよ国際的な日本人気は上げ潮であり、これを利用しない手はない。国家のイメージは、その国の総合力の反映である。「国家ブランド指数」というものがある。対象国の「文化」、「国民性」、「観光」、「輸出」、「統治」、「移住・投資」の6つの分野を指数化したものである。それによると2014年のトップはドイツ、二位は前年一位だったアメリカ、日本は6位である。日本は大体5-6位にランクされる。また、ブランド・コンサルティング会社のフューチャーブランドが、17ヶ国の頻繁に海外を旅行する旅行者を対象にした調査「国別ブランド指標」では日本は2010年の6位から2014-15年には1位になった。またBBC(読売)の調査による「世界によい影響を与える国」として日本は昨年5位(1位はドイツ)、一昨年は4位の地位にあった。2012年にトップとなったこともある。 いずれも日本が、多様な文化と長い歴史をもち、最先端の科学技術と世界第三位の経済力を擁するだけでなく、最近では観光立国をめざして富士山、和食の世界遺産登録を追い風に「安定した信頼できる国」としてよいイメージを世界に与えていることを示している。試練に立たされている「クールジャパン」試練に立たされている「クールジャパン」 しかしこのよいイメージの実態を私たちはまだつかみきれていないし、自ら世界に説明し得ていない。そのための言葉も持っていない。たしかに「禅」の発想を起点とする近世以後の日本文化は語るべき文化ではなく、感じとる文化である。よく言われるように、前後の成り行きで、語らずとも感得しうる、いわば「ハイコンテクストカルチャー」である。「インワード戦略」で観光客の増員を図り、来て見てもらって日本を理解し、観光収益もあげたい。その意図はよく理解できる。しかし日本にきて何を理解してもらい、日本の何を「買ってもらう」のか。かつて19世紀後半から20世紀初めにかけてジャポニズムという美術・芸術部門を中心とするブームがあった。浮世絵から印象派が大きな影響を受けたように、世界的に多くの痕跡を残したが、今ジャポニズムが一般的に語られることはない。「クールジャパン」も同じ運命をたどりはしないか。 クールジャパン戦略推進会議やクールジャパン機構などが、コンテンツ、ファッション、日本食、デザイン、ハイテクなどを切り口に、対外的な日本製品の普及と好イメージの拡大に努めている。しかし、気になるのは、それらの戦略が長期的な展望を持ったものであるかということである。「受けるから売り出す」ということでは真の発信にはならないし、それではいつまでたっても世界の潮流の中で浮き沈みするだけだ。「他律依存型」の日本外交の実態でもある。 「クールジャパン」と称してはいるが、それは単に日本人の独善的な自己解釈にとどまっている部分もありはしないか。「おもてなし」という言葉にしても、それが肌理の細かい配慮のある接待の仕方であるという以外に、どこまで外国の人達に「ジャパン」をイメージさせることができているだろうか。それが「日本流」の心遣いと様式を持っている独特なものであるということは来て感じてもらうことはできても、普遍的な理解の広がりには限界がある。 温泉や伝統文化の紹介も異国情緒、物珍しさを超えて日本文化の本質をどこまで伝えているものだろうか。フランスでのフランス人ジャーナリストによる温泉キャンペーンの会合に出席したことがある。温泉旅館では、なぜ女将が入り口で三つ指をついて迎え、部屋に入ると浴衣に必ず着替える。なぜなのか。庭をおもむろに散策し、風呂や食事が終わり、部屋に戻ると寝床が整っている。なぜなのか。そのジャーナリストはいちいち説明するのである。私たちには説明できない。それが習慣だからである。しかしそれだけでは単に「珍しい」「面白い」で終わりだ。それも各自の主観以外のものではない。そうではなく、きちんと説明する言葉を持つことで、日本の「おもてなし」という言葉が広く普遍的に理解されるのではないか。どこがほかの国と違うのか。独善におちいることのないコンセプトと言葉・表現なしには、「クールジャパン」はかつてのジャポニズムと同じ運命をたどるであろう。 それは日本からのメッセージである。思弁的な議論のようにも見えるが、やはり本質の見えない事象はいずれ底の浅さを露呈する。畏敬や尊敬を生まないからである。それでは長続きしない。どんな仕掛けが必要か そのための仕掛けについては、商品開発などの技術的な側面だけでなく、対外政策・国際交流面での仕掛けが必要であろう。それこそ文字通り「オール・ジャパン」の戦略が必要だ。それについては紙幅上ここで論じる余裕はないが、知的交流、日本語の普及と、それにともなう発信内容の発展など課題は多い。 たとえば、観光大国であるフランスでは、最近フランス観光開発機構が観光基盤会議を立ち上げ、行動計画を策定した。名勝旧跡はもちろん自然資源を生かす山岳地帯の観光という地理的環境、長期滞在型の伝統的生活を楽しむ(スローツーリズム)というような余暇の時間、さらに夜のツーリズムという非日常性などという概念的な多様性に配慮した計画設計が行われた。 同時に、贅沢感や高級感を売り物にしてきたフランス文化は依然として多くの人々にとって敬意や憧憬を持つ対象であるが、その振興策にはやはりそれなりの仕掛けが見て取れる。 たとえばフランスは高級な装飾品のブランドをたくさん持ち、それがフランスのイメージの高級感を生み出している。かつてフランスは、こうした高級装飾品をヨーロッパの王侯貴族に販売した。その装飾品のカタログは、図柄の入った豪華本の装丁で、しかもフランス語で書かれていた。そのカタログを読むにはフランス語の能力が必要であり、そのカタログを通してフランスの豪奢なイメージが自然と伝わると、同時にフランス語を理解することが社会的地位の象徴ともなる。 そこにはコンセプト、それを伝えるための手段、そしてターゲットが明白であることがわかるであろう。すでにフランス人の若者が「賞味期限を失った」と考えているフランス文化を過大に持ち上げるつもりもないが、そこには今後の日本の対外的文化発信と文化産業振興を考える鍵が隠されているように思う。