検索ワード:韓国/155件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    韓国人にとって靖国神社とはいかなる存在なのか

    極少数の人たちだけです。夕方以降も多くの参拝客でにぎわう靖国神社(財満朝則撮影) それに比べて、現代韓国人の多くは靖国神社そのものの存在に対して不快感をあらわにし、日本国の首相をはじめとする政治家が靖国神社に参拝することに対して抗議するだけではなく、参拝中止を求めるという重大な内政干渉を平気で行い、中には実際に靖国神社まで出向いて爆発物を仕掛ける人間までいるくらいです。 彼らの言い分は「朝鮮民族を無理やり戦わせた人間が祀られている」「植民地支配を行った日本軍国主義の象徴だ」「戦争犯罪人が祀られている」というものですが、いずれも明らかな事実誤認で、日本の立場としては言いがかりをつけられているとしか言いようがありません。 まず「朝鮮民族を無理やり戦わせた人間が祀られている」という理屈は、前回の「もし、今も朝鮮統治が続いていれば、日本はどうなっていたか」をお読みいただければわかるように、無理やり徴兵されて実際に戦地に行った朝鮮系日本人がいないのですから、完全な誤解です。 次に「植民地支配を行った日本軍国主義の象徴だ」という理屈で、あたかも日本が武力により平和で豊かな朝鮮半島を侵略して搾取したかのような印象を与えようとしていますが、日本の朝鮮統治は西欧型の植民地支配ではなく主権国家双方が合意のもとに締結した日韓併合条約という国際条約に基づく併合であり、同条約により大日本帝国と大韓帝国は武力を用いずに一つの国になったのです。日清戦争勝利で独立できた韓国 そもそも19世紀末、朝鮮という国は清国の属国で完全なる独立国ではありませんでした。それを日本が日清戦争に勝利したことにより大韓帝国という独立国となったのです。それは日清講和条約(下関条約)の第一条「清国は朝鮮国が完全無欠なる独立自主の国であることを確認し、独立自主を損害するような朝鮮国から清国に対する貢・献上・典礼などは永遠に廃止する」を見れば明らかです。伊藤博文、李鴻章が会談した春帆楼2階大広間を再現した日清講和記念館 日清戦争後、日本は清の冊封体制を脱し独立国となった朝鮮に対して自立を促しましたが、彼らはこともあろうか当時の日本にとって最大の脅威であるロシアの支配下に自ら進んで入ろうと、王宮ごとロシア公館に逃げ込むありさまで、その結果ロシアは朝鮮半島におけるさまざまな利権を手に入れ、次第に日本とロシアは朝鮮半島の主導権をめぐって対立するようになっていきました。 満州だけではなく朝鮮半島がロシアの支配下に入れば「力のある白人国家が力のない有色人種国家を支配する」という当時の国際情勢に鑑みて、次に超大国ロシアに侵略されるのは弱小日本の番であることは火を見るより明らかですから、日本としては何とかそれを阻止しようと外交努力を重ねました。しかし当時、世界一の陸軍国といわれたロシアが弱小国日本に譲歩するはずもなく、日本は座して死を待つか、勝てる見込みは少なくとも打って出て戦うかという選択を迫られることになったのです。 戦うことを選んだ日本は、局外中立を宣言していた大韓帝国の防衛および領域内での軍事行動を可能にするため日韓議定書を締結し、それに応えた進歩会などの大韓帝国改革派は鉄道施設などの工事に数万人を動員するなど日本に協力的でしたが、皇帝を中心とする守旧派の腰が定まらないため、外交案件に日本政府の意向が反映されるよう、さらに第一次日韓協約を結びました。 ところが大韓帝国皇帝は、これに違反してロシアだけではなくフランス、アメリカ、イギリスに密使を送ったので、辛くもロシアに勝利した日本は後顧(こうこ)の憂いを絶つため「日本が大韓帝国の外交権を完全に掌握する」とする第二次日韓協約を締結しました。 しかし、その後も大韓帝国皇帝はオランダのハーグで開催されていた第2回万国平和会議に密使を送るなど迷走を止めず、日本の国家安全保障に重大な脅威を与え続けました。(密使は、会議参加国から「大韓帝国の外交権が日本にある」ことなどを理由に門前払いにされています) 日本は、この状態を放置して大韓帝国が植民地拡張政策を続ける欧米諸国の支配下に入れば再び日本は重大な危機に陥ると危機感を抱き、外交だけではなく内政も掌握するため、やむなく併合に踏み切ったのです。日韓併合と靖国神社は無関係 日本としては自主的に独立した大韓帝国と同盟を組んで西欧諸国に対抗することを望んでいたのですが、肝心の大韓帝国にその能力や意思がなく、朝鮮時代からの事大主義を改めることなく大国に擦り寄る政策を続ける姿勢を見て、今の大韓帝国には自主独立する力がないと判断し、他国の保護下になるくらいであれば日本の保護下に置く方が自国のためになると考えたのです。 このように、日本が大韓帝国を併合した最大の理由は自国の安全保障のためで、西欧諸国の搾取を目的とした植民地支配とは異なり、朝鮮半島には搾取するものはなく、併合後は搾取どころか内地から資金や物資を半島につぎ込んだため、内地に住む日本人の生活が苦しくなるほどでした。 しかも併合前は、そうなることを予見した人たちが併合に反対していたため、当時の日本の世論は併合賛成派と反対派が拮抗しており、日本人全員が朝鮮を併合しようと思っていたわけではありません。同様に大韓帝国内も併合賛成派と反対派に意見が分かれており、現在の韓国のようにほぼ100%反対ではありませんでした。 ちなみにアメリカとイギリスは併合に賛成、その他の主要国である清国、ロシア、イタリア、フランス、ドイツなどからの反対もありませんでした。つまり日韓併合は両国の国内に反対派がいたとしても両国政府が話し合いで合意し、かつ当時の国際法上何ら問題のないことで、今の韓国人が反対しているのは後付けの理屈でしかなく、百歩譲って日本の統治を非難するのであれば、その象徴である統監や総督を非難するべきなのですが、下表を見ればわかるように歴代10人の統監と総督のうち靖国神社に祀られているのは、朝鮮統治とは無関係の罪状で服役中に病死した小磯國昭ただ1人でした。 そもそも日韓併合に際して戦争は行われておりませんので戦死して靖国神社に祀られた将兵はいません。したがって日韓併合と靖国神社は無関係なのです。次回は靖国神社に「戦争犯罪人が祀られている」という韓国人の理屈がいかにおかしいかということについて説明をいたします。

  • Thumbnail

    記事

    デフレ崖っぷちの韓国、文在寅がハマる「財閥改革」の罠

    田中秀臣(上武大学ビジネス情報学部教授) 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は対外・対内的に厳しい環境の中での船出を強いられている。対外政策的には、さっそく大統領就任への「祝砲」ともいえる北朝鮮の弾道ミサイルの発射が待っていた。核開発・弾道ミサイル問題で緊張する北朝鮮情勢をめぐっての、近隣諸国との調整がほぼ待ったなしで待ち構えている。今回の「新型」弾道ミサイルの発射をめぐっての対応を含めて、内外で文政権の姿勢を問う声は大きくなっていくだろう。ソウルの大統領府で開いた国家安全保障会議で発言する韓国の文在寅大統領=5月14日(大統領府提供・聯合=共同) 日本とはさっそく安倍晋三首相との電話会談を行い、そこで日本と韓国の慰安婦問題をめぐる認識の違いが早くも明らかになっている。「慰安婦問題」と書いたが、現状で「問題」化させているのは韓国側であることは言を俟(ま)たない。 経済政策的には、朴槿恵(パク・クネ)前政権が倒れた要因の一つともいえる、若年層を中心にした雇用の悪化をどうするのか、という課題がある。さらに雇用悪化が長期的に継続したことにより、社会の階層化・分断化が拡大している事実も忘れてはいけない。 韓国の若年失業率(15歳から29歳までの失業率)は11%を超えていて、最近は悪化が続く。全体の失業率は直近では4・2%であり、韓国の完全失業率が2%台後半と考えられるので、高め推移の状態であることはかわらない。韓国経済のインフレ目標は消費者物価指数で前年比2%であるが、インフレ率は前年同月比では1・9%(総合)と、目標を若干下回るだけで一見すると良好に思える。だが、この点がくせ者であることはあとで再び考える。 文政権の経済政策は、基本的に雇用の改善を大きく力点を置くものになっている。もちろん、政権発足まもないのでその実体は不明だ。だが、新しい雇用を公共部門で81万人、民間部門では50万人を生み出す、さらに最低賃金も引き上げるという文政権の公約は、主に財政政策拡大と規制緩和を中心にしたものになりそうだ。 公共部門で従事している非正規雇用の人たちを正規雇用に転換していくことで、雇用創出と同時に正規と非正規の経済格差の解消も狙っているという。これはもちろん賃金など待遇面での政府支出が増加することになるので、文政権の公約では、前年比7%増の政府支出を計画しているという。 韓国経済は完全雇用ではないので、このような財政支出は効果があるだろう。ただし完全雇用が達成された後で、膨れ上がった政府部門をどのように修正していくかは大きな問題になるだろう。だが、その心配はまずは現状の雇用悪化への対処がすんでからの話ではある。韓国「インフレ目標」のカラクリ 増税の選択肢は限られたものになるだろう。政府の資金調達は国債発行を中心にしたものになる。政府債務と国内総生産(GDP)比の累増を懸念する声もあるが、完全雇用に到達していない経済の前では、そのような懸念は事態をさらに悪化させるだけでしかない。不況のときには、財政政策の拡大は必要である。ただし文政権の財政政策、というよりも経済政策の枠組みには大きな問題がある。 それは簡単にいうと、「韓国版アベノミクス」の不在、要するにリフレ政策の不在だ。リフレ政策というのは、現在日本が採用しているデフレから脱却して、低インフレ状態を維持することで経済を安定化させる政策の総称である。第2次安倍政権が発足したときの公約として、2013年春に日本銀行が採用したインフレ目標2%と、それに伴う超金融緩和政策が該当する。 韓国でもインフレ目標が採用されている。対前年比で消費者物価指数が2%というのが目標値であることは先に述べた。この目標値は、15年の終わりに、従来の2・5%から3・5%の目標域から引き下げて設定されたもので、現状では18年度末までこのままである。韓国の金融政策は、政策金利の操作によって行われている。具体的には、政策金利である7日物レポ金利を過去最低の1・25%に引き下げていて、それを昨年6月から継続している。その意味では金融緩和政策のスタンスが続く。 だが、韓国の経済状況をみると、最近こそ上向きになったという観測はあるものの、依然完全雇用には遠い。さらに財政政策を支えるために、より緩和基調の金融政策が必要だろう。だが、その面で文政権関係者の発言を聴くことはない。どの国でも金融政策と財政政策の協調が必要であろう。特に韓国のように、最近ではやや持ち直している物価水準でも、実体では高い失業と極めて低い物価水準が同居する「デフレ経済」には、金融政策の大胆な転換が必要条件である。3月29日、米ニューヨークで新型スマートフォンを発表するサムスン電子幹部(聯合=共同) 日本でも長期停滞を、現在の文政権と同様に財政政策を中心にして解消しようという動きが10数年続いた。だが、その結果は深刻な危機の回避(1997年の金融危機など)には一定の成功をみせたものの、デフレ経済のままであり、むしろ非正規雇用の増加など雇用状況は一貫して停滞した。雇用の回復の本格化がみられたのは、日本がリフレ政策を採用しだした13年以降から現在までである。もちろんさらに一段の回復をする余地はあるが、金融政策の大きな転換がなければこのような雇用回復は実現できなかったろう。「スワップ協定がないと韓国経済破綻」という誤解 文政権の財政政策主導で、なおかつ現状の微温的な金融政策では、本格的な雇用回復とその安定化は難しいだろう。具体的には、韓国銀行はインフレ目標を3-4%の目標域に引き上げ、同時にマネタリーベース拡大を中心にした超金融緩和政策に転換すべきだろう。そのとき政府の財政政策の拡大は、より効率的なものになる。 つまり毎年いたずらに政府支出の拡大を目標化することなく、その雇用増加の恩恵をうけることができるはずだ。リフレ政策のようなインフレによる高圧経済が持続すれば、非正規雇用の減少が民間部門中心にやがて起こるだろうし、また現在の安倍政権がそうであるように最低賃金引き上げもスムーズに転換できるだろう。 だが、実際には金融政策の大きな転換の意識は、文政権にはない。むしろ民間部門を刺激する政策として、財閥改革などの構造改革を主眼に考えているようだ。だが、この連載でもたびたび指摘しているが、そのような構造改革はデフレ経済の解決には結びつかない。 韓国の歴代政権が、超金融緩和政策に慎重な理由として、ウォン安による海外への資金流出を懸念する声がしばしばきかれる。しかし超金融緩和政策は、実体経済の改善を目指すものだ。さらに無制限ではなく、目標値を設定しての緩和である。日本でもしばしば聞かれる「超金融緩和するとハイパーインフレになる」というトンデモ経済論とあまりかわらない。 私見では、リフレ政策採用による韓国の急激な資金流出の可能性は低いと思うが、もし「保険」をさらに積み重ねたいのならば、日本など外貨資金が潤沢な国々との通貨スワップ協定も重要な選択肢だろう。ただし、日本とは現状では慰安婦問題によりこの協議は中止している。通貨スワップ協定は、いわば「事故」が起きたときの保険のようなものなので、事故が起きない限り必要にはならないものだ。この点の理解があまりないため、「日韓通貨スワップ協定がないと韓国経済が破綻する」という論を主張する人たちがいるが、それは単なる誤解である。2016年8月、第7回日韓財務対話を終え、笑顔で言葉を交わす麻生太郎副総理兼財務相(左)と韓国の柳一鎬経済副首相兼企画財政相=韓国・ソウル(共同) ただし保険はあるにこしたことがない。特にリフレ政策を新たに採用するときには、市場の不安を軽減させるためには、日韓通貨スワップ協定は相対的に重要性を増すだろう。その意味では、慰安婦問題を再燃させる政策を文政権がとるのは愚かなだけであろう。もっともこの点は、日本側からすれば相手の出方を待っていればいいだけである。 ただし、そもそも文政権がリフレ政策を採用する可能性はいまのところないに等しい。その意味では、韓国経済の長期停滞、特に雇用問題が本格的に解消する可能性は低い。

  • Thumbnail

    記事

    「文在寅の韓国」に日本が迫る踏み絵はたった一枚しかない

    櫻田淳(東洋学園大学教授) 「朴槿恵(パク・クネ)後」の韓国がようやく動き出す。2016年12月、韓国国会での大統領弾劾案可決によって朴槿恵前大統領の大統領権限が停止されて以降、韓国の国際政治上の位置は、「幽霊」のようなものであった。そのことは、ドナルド・J・トランプ米国大統領が政権を発足させた後の100日の間、韓国がトランプ大統領と紡ぐべき「縁」を紡げなかったことを意味する。 そもそも、トランプ大統領は、大統領就任以前からの言動から推察する限り、アジア・太平洋地域の事情に格別な関心を抱いていたわけではない。トランプ大統領が北朝鮮の脅威を切迫したものとして意識するようになったのは、トランプ大統領が安倍晋三首相をフロリダに迎えた2月の日米首脳会談以降、北朝鮮が相次いで「挑発」に走ったことに因る。 こうした国際政治局面の中で、トランプ大統領麾下の米国政府は、日本とは頻繁に連絡を取り、中国に対朝圧力の面での期待を表明したけれども、韓国には実質上「蚊帳の外」に置く対応をした。3月中旬、レックス・ティラーソン国務長官は、日本を「米国の最も重要な同盟国(our most important ally)」と呼ぶ一方で、韓国を「重要なパートナー(important partner)」と位置付けた。この発言は、「大統領の不在」状況下の韓国に与えられた国際政治上の位置付けを象徴的に表していたといえるであろう。THAADの搬入に反対し、警官隊と対峙する住民ら(手前)=4月26日、韓国南部の慶尚北道星州郡(聯合=共同) 確かに、トランプ大統領の対韓姿勢は、傍目から見ても冷淡な印象が強い。トランプ大統領が対韓関係の文脈で打ち出している政策対応は、米韓自由貿易協定(FTA)の「再交渉、あるいは破棄」の示唆にせよ、「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備に係る費用の追加負担要求にせよ、韓国の癇(かん)に障るものであろう。 もっとも、トランプ大統領の論理からすれば、米韓FTAの「再交渉、あるいは破棄」の示唆は、環太平洋経済連携協定(TPP)離脱や北米自由貿易協定(NAFTA)見直しと同様の趣旨の政策展開であろうし、THAAD配備費用の負担要求は、日本や北大西洋条約機構(NATO)に対するものと同様に安全保障上の「応分の負担」を求める対応であろう。THAAD配備の表向きの大義は、「韓国防衛」にあるのだから、そういう評価になる。 しかしながら、韓国政府にとっては、THAAD配備費用に絡む追加負担は、にわかに受け容れられまい。THAAD配備それ自体は、国内の紛糾を乗り越えてようやく決めた揚げ句、対中関係の悪化という代償を払ったのに、その上で費用まで拠出せよというのでは、理不尽な印象は確かに拭えない。トランプが韓国の「頭痛の種」をまいてきた思惑 ところで、「朴槿恵後」の韓国を統治することになったのは、文在寅(ムン・ジェイン)共に民主党前代表である。文在寅新大統領は政権発足早々、対米関係の文脈では米韓FTAとTHAAD配備の扱いに取り組まなければならない。文在寅新大統領は、従来の彼の言動から推察する限りは、THAAD配備費用負担要求を突っ跳ねるであろうし、事の次第によってはTHAAD配備同意それ自体の撤回に走るかもしれない。仮に、文在寅新大統領がそのような挙に出れば、米韓同盟の先行きはいよいよ怪しくなる。韓国大統領選の投票締め切り後、支持者の前に現れ声援に応える「共に民主党」の文在寅氏=5月9日夜、ソウル(共同) そうであるならば、米韓FTAとTHAAD配備の扱いに関して、トランプ大統領麾下の米国政府が、韓国にとっての「頭痛の種」をまいてきた思惑が浮かび上がる。一つの解釈は、韓国にとって癇(かん)に障る要求を突き付けることで、「文在寅の韓国」に「本当に『こちら側』に与(くみ)する気があるか」と「踏み絵」を迫ったというものである。 そうでなければ、もう一つの解釈としては、「文在寅の韓国」の「親北朝鮮・離米」傾向を見越した上で、北朝鮮情勢対応でささやかれる米中両国の「談合」の一環として、「西側同盟ネットワーク」からの韓国の「切り離し」を考え始めているというものである。米国にとってアジア・太平洋地域において絶対に維持されるべき「権益」が朝鮮半島ではなく日本であり、中国が朝鮮半島全域を自らの影響圏内にあるものだと認識しているのであれば、そうした解釈によるシナリオも決して荒唐無稽だとはいえまい。 「文在寅の韓国」は、果たして米国を含む「西側同盟ネットワーク」に忠誠を尽くすのか、それとも米中両国の「談合」に乗じて南北融和の夢を追うのか。韓国には、そうした旗幟(きし)を明確にすべき刻限が来ている。 日本政府が「文在寅の韓国」に対して示すべき政策方針は畢竟(ひっきょう)、一つしかない。それは、韓国が米国を主軸とする「西側同盟ネットワーク」の一翼を担うということの証しを立てさせることである。朴槿恵政権末期の永き「大統領の不在」状況に加え、文在寅新大統領が「親北朝鮮・離米」傾向をもって語られてきた政治家であればこそ、そうした証しの意義は重いものになる。 その証しには、具体的にはTHAAD配備の円滑な実行は無論、日韓慰安婦合意の確実な履行も含まれる。日韓慰安婦合意がバラク・H・オバマ米国前大統領麾下の米国政府の「仲介」によって成り、往時の米国政府の「歓迎」を得た文書であるならば、それは、「西側同盟ネットワーク」の結束を担保する文書でもある。この際、日本政府としては、日韓慰安婦合意を「歓迎する」としたオバマ前政権の評価をトランプ政権が踏襲していることの確認を求めるのが宜しかろう。 日本にとって対韓関係は、対外政策上の「独立変数」ではない。それは、「西側同盟ネットワーク」を円滑に機能させるための政策展開における一つの「従属変数」でしかない。そうした割り切った姿勢は、「文在寅の韓国」を迎える上では大事である。

  • Thumbnail

    記事

    盧武鉉の「生き写し」韓国新大統領、文在寅の末路が目に浮かぶ

    竹嶋渉(元在韓ジャーナリスト) 大方の予想通り、文在寅氏が第19代韓国大統領に決まった。日本では「反日」「従北」「反米」と評価される文氏が、大統領就任後にどのような国政運営を行うのか、また慰安婦合意や竹島問題、北朝鮮有事の協力など新政権誕生後の日韓関係はどうなるのか予測してみたいと思う。 ここで、大いに参考になるのが、第16代・盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の行跡と治績(ちせき)である。盧氏と文氏の経歴や政治姿勢は瓜二つであり、大統領を取り巻く政治状況や国際情勢も酷似しているからだ。 盧氏は1946年、慶尚南道金海の貧農に生まれた。高卒ながらも司法試験に合格し、判事を経て弁護士となり、法律事務所を開業。80年代には学生運動にかかわりを持ち、「人権弁護士」として80年代中盤の民主化運動にもかかわることになる。 88年4月の国会議員選挙で当選し、国会で全斗煥(チョン・ドゥファン)時代の不正を厳しく追及したことで有名となった。その後、数回の落選を経て98年の補欠選挙で再び国会議員に復帰するも、2000年の選挙では再び落選。金大中政権下では海洋水産部長官に任命された。2002年の大統領選挙に立候補し、同年に発生した在韓米軍における女子中学生轢殺(れきさつ)事件に対する反米感情が追い風(「盧風」と呼ばれた)になり、接戦を制して大統領に当選している。2007年5月、盧武鉉大統領(当時、右)と 秘書室長時代の文在寅氏 一方、文氏は1953年に盧氏の出身地に近い慶尚南道巨済の貧家に生まれた。釜山の高校を卒業後、慶煕大学校法学部に入学。75年、朴正煕政権に反対する民主化運動にかかわった容疑で逮捕された。 大学を卒業後、82年に弁護士となり、盧氏が当時運営していた法律事務所に入所、80年代中盤の民主化運動に取り組んだ。2002年の大統領選挙では釜山地域の選挙対策本部長を務め、盧氏が当選した後には青瓦台(大統領府)入りし、2007年には大統領秘書室長となっている。2012年の国会議員選挙で初当選、2012年の大統領選挙に立候補するも朴槿恵前大統領に僅差で敗れた。その後、朴氏が弾劾辞職した後、朴氏糾弾の世論の追い風を受け、今般大統領に当選した。 これだけ見ても盧氏と文氏の経歴が瓜二つであることが分かるだろう。二人とも韓国南西部の慶尚道出身。貧しい境遇から身を起こし、ともに司法試験に合格、法曹界を経て政界入りしている。保守色の強い地域の出身でありながら、二人とも民主化運動に参加し、「人権弁護士」として知られ、後に進歩系政党から大統領に立候補して当選している。ここまで似通った経歴を持った二人であるから、当然、新大統領の今後の行跡を予測するうえで、盧氏の行跡は大いに参考になるのである。文氏にとって盧氏は法律事務所の共同運営者であり、民主化運動の同志でもあり、側近として国政を補佐したわけでもあるから、政治的信条においても大きな影響を受けていることは容易に想像できる。文氏は盧武鉉を模倣する では、新大統領はいかなる政策を遂行するのか。ここでは文氏が核実験とミサイル発射を繰り返す北朝鮮にどのように対応し、また日韓関係はどのように変化するのか、この2点に絞って考えたい。 これらを予測するにあたっては、盧氏の行跡が参考になる。盧氏が金大中の「太陽政策」を継承し、ズブズブの親北朝鮮路線をとっていたことはよく知られている。あろうことか在任中に北朝鮮の核兵器開発やミサイル発射を容認する発言を行い、北朝鮮に手厚い経済援助を与えただけでなく、支持率が急落した政権末期には突然平壌を訪問して金正日総書記と何らの必要性もない会談を行っている。 文氏も米軍による戦術核の韓国再配置に否定的であり、THAAD(高高度防衛ミサイル)の配備にも及び腰である。その一方で、北朝鮮の開城工業団地を再開すると公約している。ちなみに今回の大統領選に出馬した有力5候補の中で開城工業団地の再開を公約していたのは文氏だけだった。 文氏は北朝鮮の核問題について「韓米同盟強化と周辺国家との協力を通じた根本的解決」を公約として掲げているが、いったい北朝鮮への融和的姿勢と「韓米同盟強化」をどうやって両立させるつもりなのだろうか。THAAD配備に及び腰なのは恐らく中国の顔色をうかがっているからだろうが、この辺り「東アジアのバランサー」という空虚な言辞を弄びながら、何の目算もなく親北朝鮮・反米反日的な発言を繰り返した末に、北朝鮮に核実験を強行された盧氏の外交姿勢を彷彿(ほうふつ)とさせるものがある。街頭演説に臨む「共に民主党」の文在寅候補 =5月8日、韓国・ソウル(川口良介撮影) 恐らく、在任中には対北朝鮮政策をめぐって日米と何の得にもならない摩擦を起こし、「民族和合」という美名の下に北朝鮮をあれこれ援助し、結局は金正恩のいいように手玉に取られるのではないだろうか。 むろん、日韓関係については「絶望的である」と言わざるを得ない。これまでもそうであったように、これからもろくなことが起こらないだろう。日本では朴前大統領が史上最悪の「反日大統領」だと思われているが、文氏はその比ではない。 なにしろ、日本政府との慰安婦合意を反故(ほご)にする、ということを堂々と選挙公約に掲げているのである。このような反日姿勢も、あらゆる機会を捉えて日本非難に熱を上げていた盧氏に通じるものがある。ちなみに今回の大統領選有力5候補はすべて「日本政府との慰安婦合意は無効」と主張していた。そう主張しないと落選することは火を見るより明らかであり、有権者の大多数が「反日」という韓国の内情をよく表している。このような有権者によって選ばれた大統領が反日であるのは当然の帰結であろう。 おまけに昨年には竹島(韓国名・独島)にも上陸しているし、「親日(派)清算をしたい」となどと公言し、「真実と和解委員会」なるものを設置して過去の歴史を総括する、とも述べている。これは盧政権下で結成された「親日反民族行為真相糾明委員会」が「親日派名簿」を作成し、一部の「親日派」の子孫の財産を没収したことの模倣と思われる。文氏の末期を予言する もちろん日本大使館の慰安婦像撤去にも反対で、おまけに釜山の日本領事館前の慰安婦像設置にも大賛成である。こんな人物が大統領に当選したわけであるから、日韓関係がますます悪化するだろうということは三尺の童子でも容易に理解できる。近いうちに済州にある日本領事館前にも慰安婦像が設置され、大使館や領事館前に設置されている慰安婦像の周囲にもさまざまな日本糾弾用の銅像が増殖するだろう、ということも付言しておく。 最後に新大統領の国政運営について予測してみたい。クリーンで民主的だが、実務経験に乏しく、国際感覚が欠如しており、民族至上主義で親北朝鮮である、という文氏の姿は盧氏の「生き写し」である。 恐らく文氏は公約にあるように旧政権の不正追及や財閥への規制、厳しい対日姿勢、融和的な対北朝鮮政策、過去史清算などでしばらくは点数を稼ぐだろう。過去に盧氏がそうだったように。来年2月の平昌五輪が終わる辺りまでは、そうした手法が人気を博するに違いない。ソウルの国会議員会館会見場に入り、支持者らと握手を交わす文在寅氏(川口良介撮影 問題はその後である。良好な対米関係を維持できず、北朝鮮の挑発を抑えきれなければ保守派の激しい反発を招くだろうし、雇用や福祉、格差解消に失敗すれば進歩派の支持も失うだろう。中韓関係の改善が望めなければ、中国依存度の高い韓国経済には負担とならざるを得ないし、北朝鮮に対して圧力を加えてもらうこともできない。こうした懸案に対して新政権が有効な手を打てるか、と問われれば甚だ心もとないと言わざるを得ない。「クリーンで民主的」というだけでは解決できない問題ばかりだからである。 数年のうちに内政、外交、経済、福祉で目立った成果がなければ、たちまちのうちに進歩派の「ロウソクデモ」や保守派の「太極旗デモ」が発生し、政権を窮地に追い込むということは、過去の政権において立証済みである。 最後に大胆な予言をしてみたい。数年の後に韓国人は文政権に失望し、「すべては文大統領のせいだ!」と叫び出すだろう。かつての盧政権末期がそうであったように。

  • Thumbnail

    テーマ

    「従北派」大統領再び、絶望の日韓関係

    盧武鉉元大統領の「生き写し」―。韓国新大統領に決まった文在寅氏の人物像をこう例えたのは、iRONNAに緊急寄稿した元在韓ジャーナリストの竹嶋渉氏である。親北反日政策で知られた盧氏と瓜二つというのであれば、文氏の対日政策も自ずと見えてくる。左派政権誕生は「絶望の日韓関係」への序章なのか。

  • Thumbnail

    記事

    文在寅政権になっても「財閥の呪縛」が続く韓国経済の悲哀

    加谷珪一(経済評論家) 韓国大統領選は事前の予想通り、「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏が当選した。文氏は盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の側近だった人物であり、盧氏と同じく人権派弁護士出身である。文氏の経歴などを考えると、文氏の政権運営は、盧武鉉時代の再来となる可能性が高い。本稿では主に経済面に焦点を当て、文政権の政策と日本への影響について考えてみたい。 今回の大統領選は、文氏と野党第二党である「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)氏による事実上の一騎打ちとなった。実はこの2人は、朴槿恵(パク・クネ)前大統領が当選した前回(2012年)の大統領選でも熾烈な争いを演じている。両氏は野党候補として立候補を表名したが、候補者一本化のため、安氏が出馬を断念した。 安氏はIT起業家として成功した人物で、政治不信が著しいといわれる若年層からの支持が厚いとされてきた。出馬を表明してから支持率が急上昇したものの、結局は息切れし、文氏にリードを許す結果となった。現代の若者の意識を体現しているであろう安氏が2度にわたって勝利できなかったという事実は、韓国社会を理解する上での重要なポイントとなる。 よく知られているように韓国経済は財閥とその関連企業に大きく依存している。中でも携帯電話など電子機器で圧倒的なシェアを持つサムスン電子の存在感は極めて大きい。サムスン電子の2016年12月期の売上高は約202兆ウォンであり、同社が生み出した付加価値は約82兆ウォンに達する。同じ年の韓国におけるGDPは1637兆ウォンなので、サムスン1社で全GDPの5%を生み出している計算になる。これに加えて財閥の関係会社や下請け企業が重層的な産業構造を形成しているので、韓国経済に対する財閥の影響力はさらに大きい。 極論すると現時点では、サムスンの経営が好調であれば韓国経済も成長し、サムスンがダメになれば韓国経済も下降するという図式になっている。リーマンショック後、世界経済の不振が続いたにもかかわらず、韓国が何とか成長を維持できたのはサムスンの競争力のおかげである。ソウル市ではためく韓国の国旗とサムスングループの旗 だが、経済運営が財閥に依存しているということは、国内のマネー循環も財閥中心になるということを意味している。経済が好調で財閥やその関係会社が潤っても、その恩恵はなかなか全国民にまでは回らない。韓国では格差が常に社会問題となっており、これが時に激しい感情となって政治を左右する。現代的でソフトなイメージを持つ安氏よりも人権派弁護士である文氏が勝つのは、弱者のための政策を国民が強く望んだ結果である。 では、文氏は反財閥的で左翼的な政権運営に邁進するのかというと、おそらくそうはならないだろう。先ほど筆者は、韓国は格差社会であると書いたが、日本でイメージされているほど韓国の格差は激しくない。 2016年における韓国の1人あたりのGDP(国内総生産)は約2万8000ドルと、徐々に日本に近づいている(日本は3万9000ドル)。11年における韓国の相対的貧困率(OECD調べ)は14.6%となっており、16.0%である日本よりもむしろ良好だ。 また、社会の格差を示す指標である「ジニ係数」を見ても、韓国は0.307、日本は0.336とほぼ同レベルとなっている。高額所得者による富の独占についても同様で、所得の上位10%が全体に占める割合は、韓国は21.9%、日本は24.4%とあまり変わっていない。 韓国は欧州各国と比較すれば、かなりの格差社会ということになるが、日本と比較した場合、それほど大きな差ではないというのが実情である。確かに韓国では格差問題は重要な政治テーマだが、それは財閥という一種の特権階級に対する反発というメンタルな部分が大きい。結局は韓国経済は政治より財閥 日本において格差解消や弱者救済が具体的な政策になりにくいのと同様、韓国でも急進的な格差是正策がスローガンとして掲げられることはあっても、現実的な施策にまでは至らないことが多い。 これは盧武鉉政権が格差是正という急進的スローガンを掲げながらも、財閥という韓国経済の基本構造に手をつけなかった(あるいは手をつけられなかった)という事実からもうかがい知ることができる。 一般的に盧武鉉政権は経済運営で失策が続き、これが企業出身である李明博大統領の誕生につながったと言われているが、必ずしもそうとは言い切れない。盧武鉉時代の後半はウォン高が進み、輸出に依存する財閥の経営が苦しくなったが、李明博政権では為替はウォン安に転じ、これが経済を下支えした。 続く朴槿恵政権も同様である。李明博政権以後、韓国の輸出は急激なペースで伸びており、2016年の輸出額は約66兆円と日本(約70兆円)に迫る勢いとなっている。これはサムスンなど財閥企業の業績が好調であることに加え、ウォン安がかなりの追い風となっている。韓国経済は結局のところ、政治的イデオロギーよりも財閥の経営状態と為替に左右される部分が大きいわけだ。大雨の中、支持を訴える「共に民主党」の文在寅候補=韓国・釜山(共同) 文在寅政権は、盧武鉉政権と同様、格差是正や反財閥を掲げながらも、経済的には従来と同じ路線を継続する可能性が高い。北朝鮮政策がどうなるのかという政治的側面を除外すれば、今後の韓国経済を左右する要素は、為替と米国経済ということになる。  日本と韓国を比較した場合、日本企業の方が高付加価値の製品を作っている割合は高いものの、基本的なビジネスモデルは類似している。日本や韓国は基幹部品を製造・輸出し、アジアや中国で製品として組み立て、最終的には米国市場で販売する。 トランプ政権の経済政策が効果を発揮し、米国の好景気が続けば、韓国経済もそれなりの水準で推移することになる。トランプ氏が掲げる減税とインフラ投資が実現すれば、理屈上、ドル高が進むので、これは韓国経済にとって追い風となる。リスク要因としては、やはり日本と同じく金利上昇ということになるだろう。 日本の場合、金利上昇の影響を受けるのは政府債務だが、韓国の場合には家計債務である。韓国は、政府の財政状況は良好だが、家計債務の比率が極めて高いという特徴がある。 ここで金利上昇が進むと家計の収支が苦しくなり、これが内需の低迷をもたらす可能性がある。低所得層のローン返済が滞れば、金融危機が発生するリスクもゼロではない。結局のところ、日本も韓国も、トランプ政権に左右されてしまうという点では似たような状況にある。

  • Thumbnail

    記事

    韓国大統領選の先に、日韓関係「史上最悪の5年」が待つ

     朝鮮半島情勢が緊迫するなかでの選挙戦を経て、韓国に新大統領が誕生する。候補者は「共に民主党」の文在寅氏(64)と、「国民の党」の安哲秀氏(55)だ。冷え切った日韓関係は、新政権の下で明るい未来を描けるのか。 現在、韓国はTHAAD配備など、米中の間で右往左往し、反日アピールまで手が回らない状況。だが左派新大統領が船出して早々の窮地に“現実”を直視して日韓関係改善に動く可能性はあるのだろうか。 産経新聞ソウル駐在客員論説委員・黒田勝弘氏は、初の左派大統領の登場となった盧武鉉政権(2003~2008年)の例を挙げて比較する。「盧武鉉は『反米だからどうだというのだ』と愛国主義を打ち出して強い支持を受けた。だが経済運営に行き詰まると、政権の後半には米韓FTA締結交渉をスタートさせ、親米路線に舵を切りました。当初、左派の支持母体は強く反発したが、盧氏がもともと左派のカリスマ的指導者だったので、批判を抑え説得ができた。同じことを保守系の大統領がやっていれば、反発はもっと広がっていたでしょう」 安倍首相が「心からのお詫びと反省」を表明した2015年末の日韓合意に対して、「日本国内で“謝る必要などない”という右派の批判がそこまで高まらなかったのは、保守層の厚い支持がある安倍政権がやったことだから」(政治部記者)という構図と似ている。「問題は韓国の左派新大統領に支持基盤の批判を抑えるカリスマ性が備わっているかどうか。文氏は人当たりこそ良いが、批判を顧みずに国益を優先した決断ができるかは疑問」(黒田氏) カリスマなき左派大統領であれば、現実的な方針転換はむしろ「変節」と指弾される。かつて人気取りで口にした慰安婦合意の破棄といった「反日公約」に縛られることになる。 注目すべきは、文、安両氏の出身地である釜山の日本総領事館前に、すでに違法に設置された慰安婦像に加え、日本の朝鮮半島統治時代の徴用工の像を設置する動きがあることだ。「韓国の左派ロビーは元慰安婦への国家賠償にこだわっていますが、その先には遺族も含めて100万人規模となる元徴用工への賠償請求につなげる狙いがある。それが今回の新しい像設置からも透けて見えます。新大統領が左派の反日要求を抑えられなければ、慰安婦問題が蒸し返されるだけでなく、新たに膨大な額の賠償を求められる可能性がある」(在韓ジャーナリスト) もちろん、1965年の日韓請求権協定で賠償問題が解決済みである以上、日本政府はいかなる賠償にも応じられない。日韓合意を受けて拠出した10億円も、あくまで元慰安婦を支援する基金への拠出である。そこに徴用工問題まで持ち出されれば、歩み寄りの余地は完全になくなってしまう。 小粒候補による争いとなった大統領選の先に待っているのは、日韓関係「史上最悪の5年間」である。関連記事■ 日本は北朝鮮の特殊部隊やテロリストの上陸を阻止できるのか■ 浜崎あゆみが売りに出した「南青山の大豪邸」、その売却額■ 稲村亜美が写真集で大胆ビキニ、魚ブラにも挑戦■ もはや韓国の世論は北朝鮮の核の前に屈してしまった■ 石原慎太郎氏 「尖閣購入時にオバマがCIAに私の暗殺命令」

  • Thumbnail

    記事

    韓国大統領選で先頭走る文在寅氏とは何者か

    澤田克己 (毎日新聞記者、前ソウル支局長) 9日の韓国大統領選は、進歩派(革新)である最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏が優勢のまま最終盤を迎えた。3月末から4月上旬に支持率を急速に上げた中道系「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)氏はテレビ討論の失敗で失速し、代わりに、文氏を北朝鮮に融和的だと攻撃する保守「自由韓国党(旧セヌリ党)」の洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏が急速に追い上げる。「文在寅に勝てる候補」を求めて安氏に流れた保守派が、安氏を見限って保守候補に回帰しているのだ。 一方で最左派「正義党」の沈相奵(シム・サンジョン)氏も支持を伸ばしており、10%台の得票をうかがうのではないかという見方が強まっている。こちらは、「勝てる候補」として文氏に集まっていた左派票が「どうせ文氏の勝ちだ」と考えて沈氏に戻った模様だ。文氏陣営は「高い得票率で当選してこそ国政運営をきちんとできる」と防戦に努めている。 結局、文氏の優勢は変わらないものの、安氏が沈み、左右両極の候補がそれぞれ支持を伸ばすというのが選挙戦最終盤の構図だ。今回は、優勢を保ったまま最終盤にきた文氏の人物像を紹介したい。 メディアに付けられたニックネームの中で文在寅氏自身がもっとも気に入っているのは「盧武鉉の影法師」だそうだ。盧武鉉元大統領が政権の座にあった間、最側近として常に脇を固めていたとして付けられたニックネームだ。 文氏が政界入りする直前だった2012年1月に当時人気のあったバラエティ番組に出演して、そう語っている。各界で注目される人物を呼んで硬軟取り混ぜた対談で人物像を描く番組で、前週の出演者は与党の大統領候補になることが有力視されていた朴槿恵氏だった。野党で朴氏に対抗しうる人物として登場したのだが、文氏はまだ国会議員にもなっていなかった。文氏が初めて議員バッジを付けたのは同年4月の総選挙で初当選してからである。文在寅氏が描かれた韓国国旗を持つ同氏の支持者=5月9日夜、ソウル(ロイター) 1年後に控えた大統領選へ向けて政界が動き始めた時期だ。文氏急浮上の背景には、盧元大統領の側近グループが復権を果たしたことがあった。盧政権は内政・外交ともにつまずきが目立ち、特に景気低迷の影響で支持率低迷にあえいだまま退陣した。その後は側近たちもなりをひそめていたのだが、盧氏が09年に自殺したことで雰囲気が変わった。追悼ムードの中で進んだ盧氏再評価を追い風に息を吹き返し、野党内の主流派に戻ったのだ。 文氏は番組で「盧大統領が亡くなっていなければ、政治の道に入ることはなかっただろう」と語った。文氏のそれまでの経歴を考えれば本音だろうし、盧氏の死がなければ側近たちが復権を果たすにはさらに時間が必要だったかもしれない。 当時の取材メモを見ると、康元澤ソウル大教授(韓国政治)は「保守派の李明博政権下で格差拡大が社会問題になっている。弱者を助けようとしたイメージのある盧氏に対する再評価が、盧氏側近グループへの期待が高まる背景にあるのだろう」と話していた。両親は朝鮮戦争で北から逃げた避難民 文在寅氏と朴槿恵氏は同い年だが、独裁者の娘として育った朴氏と朝鮮戦争の戦火を逃れて北から南に渡ってきた家庭に生まれた文氏の人生はあまりにも違う。朴氏の人生も平凡とは言えないが、文氏もまた波乱万丈の日々を送ってきた人物である。朴槿恵(パク・クネ)前大統領が収容されているソウル拘置所。拘置所前には前大統領の写真が掲げられている=5月7日、韓国京畿道義王市(川口良介撮影) 文氏の両親は開戦半年後の1950年末、北朝鮮北東部・咸興(ハムフン)市の興南(フンナム)地区から米軍艦艇に乗って脱出した。10万人近い民間人が米軍輸送船に鈴なりになって脱出した「興南撤収」と呼ばれる有名な出来事だ。釜山に近い巨済島に避難民キャンプが作られ、文氏は53年に巨済島で生まれている。 生活の基盤がまったくない異郷での生活が楽なわけはない。学校に弁当を持っていくこともできなかったという。韓国の学校では当時、弁当を持ってこられない学生たちには牛乳やトウモロコシがゆの給食が出たのだが、食器は用意されていなかった。弁当を持ってきた級友からフタを借り、そこに給食を盛ってもらって食べたという。 番組が放送された時、韓国では給食無償化の是非が話題となっていた。生活に余裕のない児童生徒に限った無償化という主張もあったが、それでは各家庭の経済状況を子供たちにわざわざ意識させることになるから全面無償化でなければならないという主張もあった。文氏は番組で「(どちらにしても)給食を食べる子供たちの自尊心を傷つけないよう細心の注意が必要だ」と語った。文氏にとって給食は、胸の痛む記憶なのだろう。 釜山の名門である慶南高校を卒業してソウルの慶煕大法学部に進学。高校時代から社会の不条理に対する怒りを抱くようになっていたといい、朴正煕政権に反対するデモの先頭に立った大学3年の時に逮捕された。そして、韓国人男性の義務である兵役。軍隊生活にはうまく適応できたといい、陸軍特殊戦司令部の空挺部隊で爆破任務を担う優秀隊員として司令官表彰を受けた。 除隊後に復学し、司法試験に挑戦した。1次試験に合格し、2次試験を受けたのが80年春。朴正煕殺害後の政治的混乱の中、民主化運動の弾圧で200人以上の死者を出した光州事件の直前だった。光州での鎮圧作戦が始まる前日に戒厳令が全国に拡大された際、文氏は「危険人物」として再び収監されてしまった。司法試験の合格通知を受け取ったのは、ソウル市内の警察署の留置場でだった。 面白いのは、合格の報を受けて留置場での扱いが一変したことだ。署長から「令監(ヨンガム)」という敬称を付けて呼ばれるようになり、お祝いに来た知人と留置場の中での酒盛りまで認められたそうだ。軍事独裁とはいえ社会におおらかな面があったことともに、科挙の伝統を持ち、知識人が支配勢力となってきた伝統を持つ韓国ならではの光景だと言えそうだ。盧武鉉弁護士とともに民主化運動 次席という優秀な成績で司法修習を終えると、ソウルの大手事務所からの誘いを断って釜山に戻った。そこで人権派弁護士だった盧武鉉氏に出会った。82年のことだ。故盧武鉉元大統領の肖像写真を掲げる文在寅氏の支持者=5月4日、韓国・高陽(ロイター) 文在寅氏は番組で「それまでに会った法曹界の先輩たちは、権威主義というかエリート意識を感じさせる人ばかりだった。盧弁護士にはそういった雰囲気がまったくなく、私と同じ部類の人間だと感じた」と語った。その場で意気投合して盧氏の事務所に加わり、民主化運動にも一緒に身を投じた。 盧氏は87年の民主化後、後に大統領となる金泳三氏に見出されて国会議員となったが、文氏は釜山で人権派弁護士としての活動を続けた。 2002年大統領選で盧氏が当選すると、盧氏に強く請われて青瓦台(大統領府)に入った。常に盧氏に寄り添う姿から「影法師」と呼ばれるようになり、政権後半には実質的なナンバー2である大統領秘書室長を務めた。04年に盧氏に対する弾劾訴追案が国会で可決された時には、盧氏の代理人弁護士として「弾劾棄却」を勝ち取ってもいる。 盧氏退陣後は釜山での弁護士活動に戻っていたが、09年に盧氏が自殺したことで状況が変わる。盧氏逝去を受けて設立された盧武鉉財団の理事となり、その後理事長に。そして、2年後には盧氏の遺志を継ぐ存在として大統領選に担ぎ出されることになった。 朴氏に惜敗した後は「5年後」をにらんで本格的な政治活動を展開。16年秋に朴氏を巡る一連のスキャンダルが発覚した際には辞任要求の先頭に立ち、最大で100万人以上を集めたとされる「ロウソク集会」も積極的に後押しした。 文氏と同じ「共に民主党」に所属する重鎮の政治家は私に「文氏はロウソク集会に大きな借りがあると感じている」と話した。ロウソク集会に代表される世論の高まりが朴氏罷免という事態を招き、大幅に前倒しされた大統領選で文氏が有利になったからだろう。今後は、その思いとともに盧政権での教訓をいかに活かしていくかが問われることになる。

  • Thumbnail

    記事

    もはや韓国の世論は北朝鮮の核の前に屈してしまった

     朝鮮半島の「赤化統一」を目論む金正恩にとって、最重要課題は韓国に従北政権を樹立させることだ。ジャーナリストの李策氏が、北朝鮮が長年続けてきた、韓国に対する心理戦について報告する。* * * 大統領選の候補者登録(告示)が締め切られる前日の4月15日、韓国のテレビには北朝鮮のニュースがあふれた。故・金日成主席の生誕105周年を祝って行われた軍事パレードを、北朝鮮メディアが中継。新型と見られる大陸間弾道ミサイル(ICBM)など戦略兵器が続々登場し、核武装が既成事実化した現実をまざまざと見せつけたのだ。 だが、それを見守る韓国の人々の表情は淡々としている。韓国紙記者が言う。「日本人だって、今や福島第一原発の放射能漏れや汚染水流出を誰も気にしないらしいじゃないですか。それと同じです。北朝鮮のやることをいちいち気にしたって仕方ないのです」 たしかに、韓国国民の生活が北朝鮮にかき乱されるようであってはならない。安定した日常は、強い社会の証明だ。しかし忘れてはならないのは、北朝鮮の行動には「意図」が隠されているということだ。韓国の公安捜査員が話す。「北朝鮮はわが国民に対し、絶え間なく心理戦をしかけている。その方法は巧みで、一般の人がそれと認識することはなかなかできない」 北朝鮮による心理戦の事例で有名なのが「火の海」発言だ。朝鮮半島が第一次核危機の最中にあった1994年3月、板門店での南北協議で北側の朴英洙(パクヨンス)・首席代表が、韓国側の宋栄大・首席代表にこう言い放ったのだ。「ソウルはここからそれほど遠くはない。もし戦争が勃発すればソウルは火の海になるだろう。宋さん、あなたはまず生き残れないだろう」 もちろん、協議は決裂。この様子を収めたビデオは当時の金泳三大統領の指示でテレビ放映され、北朝鮮の「危険さ」を全世界に認識させた。 だが、朴氏の「火の海」発言は、実は失言ではなく、意図的なものだったと言われている。実際、戦争になればソウルは北朝鮮の長距離砲部隊によって甚大な打撃を受ける。それを知っている韓国国民は、動揺せずにはいられないからだ。 それでもかつての韓国は、こうした北からの心理戦に対してかなりの耐性を持っていた。軍事政権下で徹底した反共教育が行われていたこともあって、北朝鮮による脅しに世論が強く反発し、国内保守派の発言力を強める構図があったからだ。北朝鮮シンパが暗躍北朝鮮シンパが暗躍 ところが近年の選挙では、これとはまったく逆の構図が現れるようになっている。端的なのが、2010年6月に行われた統一地方選挙だ。このときは地方選ながら、対北政策が最大の争点になった。同年3月26日、海軍の哨戒艦「天安」が突如爆沈して乗員46名が死亡。これが北朝鮮の魚雷攻撃によるものと判明し、北とどのように向き合うかがテーマとなったのだ。 このとき、保守派の李明博政権は、「北朝鮮をつけあがらせたのは、金大中、盧武鉉の10年間にわたる左派政権である」として、対北強硬策を次々に打ち出した。しかし、地方選で圧勝すると思われた与党は、まさかの惨敗を喫したのである。 理由については様々な分析があるが、早い話、韓国国民は現在の繁栄を賭けてまで北朝鮮と対決することを望まなくなったということだ。韓国国内の厭戦ムードは、時とともに顕著になりつつある。ソウル在住のジャーナリストが話す。「今回、保守派の自由韓国党から大統領選に出た洪準杓(ホンジュンピョ)候補が4月15日に釜山で行われた集会で、『有事の際には軍を北進させ、金正恩ら指導部を除去して国土を制圧する』とぶち上げたのですが、ネット上で『頭がおかしいんじゃないか』『ぜったいに投票しない』と叩かれまくっています。発言しているのは主に、息子を兵役に送っている親の世代。北朝鮮は核兵器を持って待ち構えているわけで、そんなところに息子を送るなどとんでもないと。この点は保守派も左派も差がなくなっているように見受けられます」 ということはもはや、韓国の世論は北朝鮮の核の前に屈してしまったとも言える。金正恩朝鮮労働党委員長は核兵器を使わずして、その心理的効果により、すでに大きな果実を手にしているわけだ。 一方、韓国社会が北朝鮮の心理戦につけ込まれてしまうのは、「左派のせいばかりではなく、保守派の責任も大きい」との指摘もある。人権NGOの専従活動家が言う。「韓国では軍事政権以来、政治と財閥が癒着し、労組運動にも権力が介入してきた。過激な労使闘争が長らく続き、労働者階級の権力への不信は根強い。そこに、北朝鮮シンパが活動の場を広げる余地ができてしまっている。シンパの中には北朝鮮の工作機関と接触を持ち、平壌からの指令を受けて動いている者もいる」●り・ちぇく/1972年生まれ。朝鮮大学校卒。日本の裏経済、ヤクザ社会に精通。現在は、北朝鮮専門サイト「デイリーNKジャパン」などを足場に、朝鮮半島関連の取材を精力的に行っている。関連記事■ 北朝鮮情勢 米国が先制攻撃できない理由■ 雑誌モデルからAVに転身して「救われた」女優の告白■ グラビア女王・吉木りさ 純白ビキニからのぞく谷間にドキッ■ 婚活中のカナ34歳 同棲までした商社マンはクーポン男だった■ 北朝鮮の特殊部隊 日本にとっては弾道ミサイルよりも脅威

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮の信念「38度線の南にあるソウルや釜山は領土の一部」

     昨年12月、朝鮮人民軍の特殊作戦大隊が韓国大統領府「青瓦台」を標的とする大規模襲撃訓練を行った。訓練を報じた北朝鮮メディアは「青瓦台を火の海にし、南朝鮮傀儡どもを殲滅する」と気炎を上げたが、朝鮮半島情勢に精通する拓殖大学大学院特任教授・武貞秀士氏が、北朝鮮が抱く半島統一の野望について解説する。* * *南北軍事境界線がある板門店 北朝鮮が核を手放す可能性は皆無に近い。北にとって「38度線の南にあるソウルや釜山は共和国(北朝鮮)の領土の一部」であり、そこを「侵略主義者の米国とソウルの傀儡政権が不法に占拠している」というのが彼らの信念なのである。 そして、北朝鮮は在韓米軍の縮小・撤退の動向を窺いながら時間稼ぎをして核放棄の圧力を凌ぎ、ミサイルの射程延長、弾頭の小型化、軽量化を進めてきた。 この時、北朝鮮の追い風となるのが、韓国内で勢力を拡大する対北融和派だ。朴槿恵大統領を弾劾に追い込んだ韓国国民は、既得権益を独占する保守層に強い怒りを抱いている。また、現在の韓国では2代続いた保守政権の反動で「次は北朝鮮と話し合いたい」と考える融和的な国民が増えている。 加えて、北朝鮮の影響が強い労働組合と教職員組合の懐柔策が効を奏し、韓国内では北朝鮮への対決姿勢が薄まっている。言わば、「精神的な武装解除」が進んでいるのだ。 しかも、次期大統領の有力候補である最大野党「共に民主党」前代表の文在寅氏や城南市長の李在明氏はいずれも対北融和派であり、同じ民族同士の話し合いによる平和統一が可能と考える。前国連事務総長の潘基文氏でさえ対話優先論をとっている。 対北融和派は、「米韓が軍事力をチラつかせるから北朝鮮はやむを得ず軍事力で対抗する」という発想のため、まず韓国側から脅威を与える軍事力を取り下げるべきだと主張するだろう。精神面に加えて現実的にも在韓米軍の高高度防衛ミサイル配備反対運動が勢いを増しており、北朝鮮の対南攻勢が勢いを増す結果となっている。●たけさだ・ひでし/1949年兵庫県生まれ。慶應義塾大学大学院修了後、防衛省防衛研究所(旧・防衛庁防衛研修所)に教官として36年間勤務。その間、韓国延世大学に語学留学。米・スタンフォード大学、ジョージワシントン大学客員研究員、韓国中央大学国際関係学部客員教授を歴任。2011年、防衛研究所統括研究官を最後に防衛省を退職。その後、韓国延世大学国際学部教授等を経て現職。主著に『東アジア動乱』(角川学芸出版刊)、『韓国はどれほど日本が嫌いか』(PHP研究所刊)、『なぜ韓国外交は日本に敗れたのか』(PHP研究所刊)などがある。関連記事■ 北朝鮮の悲願 朝鮮半島統一が叶う日■ 北朝鮮と韓国との全面戦争はあるか? 専門家はないと説明■ 韓国軍 安全第一と兵士気配り優先による平和ボケで弱体化■ 延坪島砲撃事件 北朝鮮難民の日本への不法流入を専門家懸念■ 拉致命じられ日本に潜入した韓国秘密工作隊の悲劇を描いた本

  • Thumbnail

    記事

    日本に災厄をもたらす次期大統領最有力「文在寅」の正体

    西岡力(東京基督教大学教授) 朴槿恵が弾劾訴追されたのは、朝鮮日報、東亜日報、中央日報という韓国の保守系新聞が誤報を繰り返しながらも、左派と同じトーンで朴槿恵叩きをやったことが一番の原因じゃないでしょうか。 今回、北朝鮮が朴槿恵の罷免決定から1日もたたないうちに北朝鮮が速報を流しました。昨年10月以降、韓国のマスコミが大々的に「崔順実スキャンダル」を報道し始めてから北朝鮮のメディアは継続して朴槿恵を弾劾すべきだ、逮捕すべきだと発信し、韓国のマスコミはよくやっていると書いていたんです。朴槿恵元大統領 朴槿恵退陣のデモを主催した団体の主体は親北の左派です。その中心勢力は民労総(全国民主労働組合総連盟)という極左の労働組合。国家保安法の反対やTHAAD配置の反対、北朝鮮と連邦制で統一すべきだと掲げ、デモをやってきた組織です。 一昨年には火炎瓶を投げたり、鉄パイプを振り回したり、過激なデモをやっていて、国民の支持はあまり得られなかったけど、今回は10月に保守系の新聞が大規模なキャンペーンをやったために、朴槿恵弾劾というスローガンに変え、暴力的な行動を謹んだ。 でも毎週土曜日に大集会をやって、その大集会の主催者もこの労働組合だったんですが、過激な主張を隠して「ろうそくデモ」をやったので、一般国民もマスコミの報道を信じてどんどん集まった。それに国会は与野党ともにろうそくデモの大衆動員を恐れて、拙速に弾劾訴追をやってしまったということです。 今回のデモの主催者がつくった主題歌は「これが国か」というタイトルですが、崔順実みたいなおかしなおばさんが国政を篭絡するなんて、これが国なのかという歌で、その歌を作詞作曲したのがユン・ミンソクというシンガーソングライターだった。 ユンは国家保安法違反で複数回逮捕されており、その理由のひとつに「金日成主席は人類の太陽だ」という歌を作ったという事実がある。この主題歌をつくったのはこんな人だということを一切報道せず、純粋な政府に対する反対運動なんだと書いた。 他にも「Kスポーツ」という財団をつくって、その財団を支配していた理事長が崔順実が通っていたマッサージ屋のおやじさんを使っていたと言っていたが、実はその理事長は、ソウル大学で博士号をとった体育学の専門家で、マッサージなんかしたことがない。いまだにその誤報を訂正していなくて、そういう印象操作をたくさんやって国民を怒らせた。ただ、国民の多くが弾劾に賛成しているのは、こうした誤報を信じていたこともあります。大統領有力候補、文在寅が危険なワケ 今、次期大統領の最有力候補とされている文在寅は日本にとって脅威になりかねません。前回選挙に出たとき、統合進歩党という極左政党と政策協定を結んで選挙協力し、統合進歩党は大統領候補を出したが、途中でおろして、文在寅を支持すると言って政策協定を結んだ。 統合進歩党は朴槿恵政権時代に、国会議員の自分の地下サークルをつくってそこで秘密演説をして、戦争になったら我々は武装蜂起すると言っていた。武器や爆薬を準備し、秘密サークルのメンバーに演説していて、そこに入った国情院のスパイが録音したテープを証拠として、国会議員を逮捕したんですね。そのような極左政党と連立政権を組もうとしていたのが文在寅なんです。文在寅氏と朴槿恵元大統領 文在寅が直接北朝鮮とつながっているという証拠はないが、かなり危険であることに間違いないんです。なぜなら、大統領に当選したら、ワシントンではなくて平壌に行くと言っているぐらい。さらに、日韓慰安婦合意は見直すべきで、THAAD配備についても延期すべきだと言っている。 盧武鉉政権時代の外務大臣が出した回顧録の本には、こんなエピソードもあるんです。盧武鉉政権が国連の北朝鮮人権決議に賛成か棄権するか揉めたとき、当時秘書室長だった文在寅が北朝鮮に意向を聞いて棄権したということが書いている。北朝鮮に政策を聞くのかとスキャンダルになったが、朴槿恵スキャンダルで消えてしまったんです。 文在寅は当選したら、最初に平壌で金正恩に会い、そして2000年の南北共同宣言で金大中と金正日の間で連邦制による統一をするという合意ができているので、その連邦制による統一を進める実務協議を始めるつもりのようです。連邦制による統一ができたら韓米同盟はいらない。米軍は撤退ということになり、これは大変危険なことなんです。 米軍が駐屯しているのは北朝鮮という仮想敵があるためで、統一ができたらもう必要ない。日本にとっては、朝鮮が赤化したら大変だが、アメリカにとってはそれほどでもない。中国は朝鮮戦争で北が勝ったのと同じことなのでもちろん歓迎するでしょう。 朝鮮半島全体が反日勢力に陥るのは、日本にとって地政学的に最悪の危機になる。白村江の戦いで負けたとき、モンゴルが高麗を滅ぼして朝鮮半島全体を散らしたときも日本が侵略の危機にさらされた。さらに日清、日露戦争も半島全体が敵対勢力の手に落ちないために戦った。在韓米軍が撤退したら 特に日露戦争は半島がロシアにとられたら日本は植民地になってしまうと思い、国力の差をわかったうえで戦ったんです。朝鮮戦争のときも日本を統治していたマッカーサーは、半島が全部とられたら日本を守れないと思っていた。マッカーサーは解任されたあと、米議会で、日本の大東亜戦争を侵略とは思えないと言ったのは、日本は朝鮮半島を守らなければならなかったからで、そのためには満州が必要だというのは理解できたんですね。 日本を守るという観点では、在韓米軍がいることで、日本は安全だった。でも、米軍が撤退し、半島全体が核を持つ反日勢力の手に落ちると、日本は危機にさらされる。白村江の戦いや日露戦争の負けたときと同じような状態になるんです。憲法裁判所近くで、朴槿恵大統領の罷免決定言い渡し後に機動隊と衝突する朴氏の支持者ら=3月10日、ソウル 韓国では今月、弾劾反対の30万人のデモがソウルで行われ、今日も判決が憲法違反だというデモが起きて死者も出ています。激しい保守派の抵抗もあって、大統領選で文在寅が勝つかどうかはまだ分からない。ただ文在寅が当選しても、保守派は体を張って阻止しようとするだろうから、流血の事態になるでしょう。そのときに国軍はどう動くかで、連邦が反対だと内戦状態になる可能性もあります。 北朝鮮も暴走が続いています。朴槿恵政権が当初は北との対話を目指したが、昨年2回の核実験を実施しました。発射後、韓国が核開発を止めないなら体制を倒すという政策を決めて、北朝鮮との心理戦をどんどんやったら、北朝鮮幹部が相次いで亡命していった。公開されていないが、高官が次々と飛んできて、朴槿恵政権が積極的に助けてきたんです。この状況に北朝鮮は朴槿恵を倒さなければ自分たちが倒されるという危機感を募らせているはずです。結局、韓国も北朝鮮も危機に瀕しており、どっちが先に倒されるかが注目されるところでしょう。(聞き手・iRONNA編集部、川畑希望)にしおか・つとむ 東京基督教大学教授、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)会長。昭和31年、東京都生まれ。国際基督教大学卒業、筑波大学大学院地域研究研究科修了。韓国・延世大学校国際学科留学。在韓日本大使館専門調査員、「現代コリア」編集長などを歴任。産経新聞「正論」執筆メンバー。主な著作に「よくわかる慰安婦問題」「日韓『歴史問題』の真実」「韓国分裂-親北左派vs韓米日同盟派の戦い」「日韓誤解の深淵」「拉致家族との6年戦争-敵は日本にもいた!」「北朝鮮の『核』『拉致』は解決できる」「朝日新聞『日本人への大罪』」などがある。

  • Thumbnail

    テーマ

    韓国はどうして壊れたのか

    韓国の朴槿恵大統領の罷免が決まった。「大統領の違法行為は国民の信任の裏切りにあたる」。韓国憲法裁判所は、憲政史上初となる弾劾認定の理由をこう述べた。国内のみならず、外交や安全保障でも懸案を抱える韓国。政情混迷が一層深まるのは必至だが、どうしてこんなにも壊れてしまったのか。

  • Thumbnail

    記事

    「朴大統領は妖怪だ」憲政史上最も長い日に韓国人は何を思ったか

    水野俊平(北海商科大学教授) 韓国の憲法裁判所が、韓国の国会で弾劾訴追され職務停止中の朴槿恵大統領について、憲法裁判官8人(欠員1)の全員一致で罷免を認めるとの審判結果を下した。韓国憲政史上初となる現職大統領の罷免という厳しい審判が下された理由は、朴大統領が部外者であるはずの知人女性を国政介入させたことに加え、国務遂行における収賄や職権乱用などの疑いが認められたからである。この決定により、朴槿恵大統領は罷免されて即時失職し、5月9日までに大統領選挙が実施される運びとなった。国会が弾劾訴追した朴槿恵大統領の罷免を言い渡した韓国憲法裁判所の法廷 =3月10日、ソウル 韓国全土では連日連夜、弾劾賛成派と反対派による集会やデモが相次ぎ、双方が互いに刺激を与え合いつつ論争が過熱した。昨年12月9日に韓国国会で弾劾訴追が可決されてから憲法裁判所の決定が出るまで、国論を二分する対立が続いてきた。とはいえ、形勢は賛成派が圧倒的多数だった。憲法裁判所の審理と並行して、特別検察官による朴大統領への一連の疑惑の捜査も進んでおり、その過程で明らかになった数々の不正と腐敗に国民は呆れ果てている。 一方の反対派も、朴大統領の指導力欠如や無能ぶりは半ば認めており、弾劾手続きに対する問題提起や弾劾賛成を主導してきたリベラル派に対する反発のみならず、賛成派のデモによる国家秩序の混乱に対する反感や、この間隙に乗じて北朝鮮が何か仕掛けてくるかもしれないという不安感が高まっている。言うなれば、決して朴政権に満足しているわけではないのである。 弾劾に賛成か、反対かの論争が渦巻く中で下された現職大統領の罷免決定。この日はいわば「韓国憲政史上、最も長くて重い日」となったわけだが、一連の経緯について、韓国人はどう受け止めているのか。私の周辺の韓国人の生の声を拾ってみると、興味深い答えが次々と返ってきたので、ぜひ紹介したい。「韓国の司法制度がまだ生きていたことを実感」 「当然、正さなければならないことが、正されただけです。今回の弾劾は始まりにすぎません。これからがもっと重要ではないかと思います。同じことが繰り返されないように、目をあけ、耳を開いて祈らなければならないと思います」 「朴大統領は一言でいうと妖怪だと思います。『孟子の四端』をご存じでしょうか? 惻隠(憐れみ)、羞悪(羞恥)、辞譲(へりくだる心)、是非(正しい判断)です。彼女はこの4つを全然持っていないと思います。私は伝統的な与党の支持者ですが、今回の弾劾は正しいという確信を持っています」デモに参加する男性=3月10日、ソウル 「大統領の義務は憲法と国民と国家の安寧を守ることです。これを守れなかった大統領が弾劾を受けるのはあまりに当然のことです。また、朴大統領は疑惑に対する捜査にもまったく非協力的でした。これでは国民が法を守らなければならないという意識を持つはずがありません。国家の法秩序を揺るがすことになってしまいます」 「私は弾劾賛成です。昨日の世論調査を見ると、賛成が70%、反対が20%でした。ろうそく集会が成し遂げた成果だと思います。我が国の歴史上、初めての大統領罷免という恥ずかしい結果から抜け出し、これを契機として、正義と民衆の意志が韓国を本当の民主主義国家に成長させる契機になることを祈っています」 「左派、右派という政治思想を離れて、私は小さな希望を見出しました。今までの積もり積もった澱を清算し、韓国の司法制度がまだ生きているということを実感した一日でした。しかし、ろうそく集会(弾劾賛成)と太極旗集会(弾劾反対)に象徴される国論対立は本当に心配です」 「私は好ましい結末ではなかったと思います。憲法裁判所が示した審判の基準(大統領の憲法の守護意志欠如、国民の信頼喪失など)が曖昧模糊としている、というのがその理由です」 「野党4党が改憲を通して憲法裁判所を廃止すると圧力をかけ、マスコミが一方的に大統領の下野を要求するなかで、憲法裁判所が『憲法守護』よりも『憲法裁判所の守護』を選んだ結果だと思います。大統領が本当に罷免されなければならないならば、裁判過程で十分な審理を行わなければならないのに、憲法裁判所があらかじめ結論を出し、裁判官が退任する前に急いで押し付けた判決だと思います」 「私は賛成です。当然の流れとして生じた結果が、国家を動かし、今回の弾劾となりました。私たち公務員は意見を明らかにはできる立場ではありませんが、みんな怒っていますよ」 「私は弾劾に賛成です。法によってこのような弾劾が認められたことは民主主義の発展の表れだと思います。しかし賛成、反対をめぐって世代が分裂したことは残念なことです。特に弾劾反対派の過激な行動は是正されなければなりません」「国民の勝利」 「憲法裁判所が大統領弁護団に十分な弁論の機会を与えず、180日以内に行えばよい審判を90~100日以内で下したということは理解しがたいことです。韓国の大統領は内乱陰謀・外患誘発の容疑でなければ弾劾されないという憲法上の規定があるのにもかかわらず、財閥に圧力をかけたり、知人の国政介入を許したりすることが弾劾の理由になるのかどうか、疑問だと思います。今回の審判結果は、マスコミと、国会、憲法裁判所が作り出した『演劇』であると思います」 朴槿恵氏の大統領罷免決定を喜び、デモ行進する人たち =3月10日、ソウル 「弾劾の認容にまずは安堵しています。朴大統領が憲政史上、初めて罷免される大統領となったことは国民の勝利です。弾劾に反対していた保守層は徹底して反省しなければならないでしょう。次期大統領の選挙では十分に熟慮して投票をしなければならないと思います」 「今日の弾劾は韓国人にとって非常に大きな教訓をもたらしました。李明博・朴槿恵両政権のもとで起こった民主化に対する逆コースという現象は、民主化を熱望する勢力にとっては大きな挫折でした。さらに大統領の知人・崔順実の国政介入と不正腐敗は、単純な汚職ではなく、韓国の保守支配勢力の腐敗を象徴するものと考えます。今回の弾劾はこうした挫折を克服し、正しく新しい歴史を作る方向へと向かう道標だと思います」 さまざまな意見が寄せられたが、弾劾には「賛成」という意見が多数を占めた。しかし、同時に弾劾の経緯や一方的なマスコミ報道、審判過程に対する疑問、国論分裂や世代対立に対する憂慮の声も聞かれた。 今後、韓国の政局は朴政権に対する一層の不正追及、5月の大統領選挙に向けて、さらなる激動の時期を迎えることは必至だ。今回の弾劾罷免の過程で経験した対立や葛藤を克服し、国民の大多数が支持できる「クリーンで非権威的な政権」を作り出していくことが、これからの韓国が直面する最大の課題であろう。

  • Thumbnail

    記事

    民主主義を守れなかった韓国、朴大統領の「罷免」が意味するもの

    重村智計(早稲田大学名誉教授) 韓国の憲法裁判所が、朴槿恵大統領の弾劾を妥当とする認定を言い渡した。裁判官8人全員の合意である。革新左派勢力と保守勢力は、憲法裁判所の法律判断に圧力をかけようと、それぞれ大規模な集会やデモを連日実施した。弾劾認定を受け入れないデモや集会は今も続く。韓国の民主主義は危機に瀕している。韓国憲法裁判所で開かれた朴槿恵大統領の弾劾訴追について、決定を言い渡す李貞美裁判官=3月10日、ソウル(共同) 弾劾認定は隣国裁判所の判断であり、日本人が内政干渉して、あれこれ言うべきではないだろう。ただ、決定の結果予想される今後の日韓関係について、日本が関心を示すのは許される。 また、韓国憲政史上初の罷免という重大な案件で、少数意見を示す裁判官が全くいなかった事実は、日本の法律家からもかなりの関心を呼ぶことになるだろう。今回の決定は、韓国の裁判官が世論の圧力に「弱い」との印象を残した、と言っても過言ではない。というのは、日本では政府と世論の圧力に屈せず、「司法の独立」を維持した裁判官が明治時代に既に存在したからだ。そう、児島惟謙である。韓国政治を揺るがした一連の経緯を振り返ってみると、韓国には児島はいなかったのだろうか、と改めて思う。 児島惟謙は、朝鮮王朝末期であった120年以上前の、明治政府の大審院長(今の最高裁長官)である。明治24(1891)年5月 11日、来日したロシア皇太子ニコライ・アレクサンドロビッチが、滋賀県大津で巡査の津田三蔵に斬られ負傷した事件が起きた。いわゆる大津事件である。当時、政府も世論もロシアの報復を恐れ、津田三蔵の死刑判決を求めたが、児島は「司法の独立」を主張し、最後まで求めに応じなかった。判決は無期懲役。児島の行動に批判的な主張もあるが、今では評価する声の方が高い。 こうした視点から、アジアにおける司法の独立と民主主義、法治主義と人権問題の視点から、韓国における民主主義と憲法裁判所の決定を考えるのは、許されるだろう。 憲法裁判所の李貞美裁判長は「主文、大統領朴槿恵を罷免する」と言い渡した。1987年の民主化によって設置された憲法裁判所は、国会が可決した「弾劾決議」が妥当かどうかを審議する機関で、なぜ「罷免する」と言い渡せたのか。三権分立の権限分担はどうなっているのか、やや違和感を覚えたのは私一人だけだろうか。 憲法と法律は、何のためにあるのか。アメリカの大学では「民主主義のため」と教える。日本の法学部では、必ずしも「民主主義のため」とは教えなかった。「権力者への牽制、權力濫用防止」や「国民の権利擁護」とは教えた。その一方で、統治の手段や秩序の維持との主張もあった。韓国では、どう教えるのだろうか。 憲法裁判所の公判と決定過程を分析すると、「世論尊重」「韓国的民主主義」と思えないこともない。韓国では、かつて朴正煕時代に「独裁」を批判され「韓国的民主主義」を主張した。国際的に高い評価を受けたシンガポールのリー・クアンユー首相も「アジア的文化」に触れ、民主主義を抑圧した。国民を思う指導層がいない悲劇 「民主主義とは何か」との説明と論議は、各国で異なるかもしれないが、民主主義の柱は「自由選挙」と「言論、報道の自由」である。米国の民主主義はこの原則を厳しく守り、自由選挙で選ばれた大統領と議会に多くの権限を与える。だから、法案の提出権は連邦議員にある。選挙で選ばれない官僚には、権限が法律で規制される。選挙で選ばれない閣僚も議会の徹底した審査を受ける。 この原則からすれば、選挙で選ばれた大統領の弾劾と罷免の要件は、米国では厳しい。憲法裁判所の裁判官は、自由選挙で選ばれたわけではない。それだけに、弾劾成立の構成要件の審理は、慎重かつ厳格におこなわれるべきだろう。 法律的な見地からすれば、憲法裁判所の認定は「大統領の犯罪」についての厳格な構成要件を欠いている、と思わざるを得ない。また、証拠も提示されなかったのは「罪刑法定主義」に反する。裁判官の客観的でない「判断」が示されただけだと、法律的には批判されかねない。サムスン財閥をめぐる「贈収賄疑惑」は、自白も証拠も提示されていない。「心証」が示されただけだ。 一方、朴槿恵大統領にも韓国の民主主義を守るとの意識は弱かった。憲法裁判所に出廷し、自らの立場を表明しなかった。「真相究明に協力する」と言いながら、記者会見も拒否し、法廷での発言もしないのでは、民主主義の手続きを大統領自ら壊したと批判される。そもそも産経新聞の加藤ソウル支局長を起訴し、民主主義の基幹である報道の自由を否定した。1月1日、韓国大統領府で記者団と会った朴槿恵大統領(ロイター) また、朴槿恵大統領や与党の政治家には、国民と国家のために自分を犠牲にする覚悟はなかったと批判されても仕方がない。その代表は、大統領選出馬を表明した潘基文前国連事務総長だ。韓国のある大物政治家に「国家と国民のために、自分の人生を犠牲にする覚悟なしに出馬してはいけない」と指摘されたことがあった。それなのに、国民と国家を投げ捨てて途中で逃げ出してしまった。「国家と国民を思う政治家が韓国にはいない」と嘆く国民は少なくない。 一連の問題は、大統領が知人女性に演説文を相談した事実が明らかにされ、一大スキャンダルに発展した。事件の背景にあるのは、独立以来韓国を二分してきた保守勢力と、革新左派の激しい対立である。韓国の左派勢力は、保守が主導権を握る「大韓民国」の正統性を否定してきた。半面、日本帝国主義に勝利したとする北朝鮮の正統性に魅力を感じてきた人々である。 今回の事件の背後に横たわり、次の大統領選挙の隠れた最大の争点は「大韓民国の正統性」である。支持率ナンバーワンの大統領候補、文在寅氏と革新左派勢力は、朴槿恵大統領を象徴とする独立以来の「大韓民国」の正統性を否定し、自由も人権もない北朝鮮に優しい「大韓民国」に変えようとしている。だからこそ、日韓慰安婦合意の破棄を堂々と主張する。 隣国の政治状況は、韓国民衆運動のシンボル的存在だった思想家、咸錫憲が「国民を思う指導層がいない」と嘆いた朝鮮王朝の悲劇を回想させる事態とも言えよう。

  • Thumbnail

    記事

    韓国を揺るがしたルサンチマン 不気味な「恨」が世界にもうずまく

    西尾幹二(評論家) 朴槿恵大統領の職務剥奪を求めた韓国の一大政変には目を見張らせるものがあり、一連の内部告発から分かったことはこの国が近代社会にまだなっていないことだった。5年で入れ替わる「皇帝」を10大派閥のオーナーとかいう「封建貴族」が支配し、一般民衆とは画然と差をつけている「前近代社会」に見える。一般社会人の身分保障、人格権、法の下での平等はどうやら認められていない。12月10日、韓国・ソウルの大統領府近くで開かれた、朴槿恵大統領の退陣を要求する集会(共同) ただし李王朝と同じかというとそうではない。「近代社会」への入り口にさしかかり、日本や欧米を見てそうなりたいと身悶(もだ)えしている。騒然たるデモに荒れ狂った情念は韓国特有の「恨(ハン)」に国民の各人が虜(とりこ)になっている姿にも見える。「恨」とは「ルサンチマン」のことである。完全な封建社会では民衆は君主と自分とを比較したりしない。ルサンチマンが生まれる余地はない。 近代社会になりかかって平等社会が目指され、平等の権利が認められながら実際には平等ではない。血縁、財、教育などで強い不平等が社会内に宿っている。こういうときルサンチマンが生じ、社会や政治を動かす。 恨みのような内心の悪を克服するのが本来、道徳であるはずなのに、韓国人はなぜかそこを誤解し脱却しない。いつまでもルサンチマンの内部にとぐろを巻いて居座り続ける。反日といいながら日本なしでは生きていけない。日本を憎まなければ倒れてしまうのだとしたら、倒れない自分を発見し、確立するのが先だと本来の道徳は教えている。しかし、恨みが屈折して、国際社会に劣情を持ち出すことに恥がない。吹き荒れる「ホワイト・ギルト」 ところが、困った事態が世界史的に起こりだしたようだ。ある韓国人学者に教えられたのだが、恨に類する情念を土台にしたようなモラルが欧米にも台頭し、1980年代以後、韓国人留学生が欧米の大学で正当評価(ジャスティファイ)されるようになってきた。 世界が韓国的ルサンチマンに一種の普遍性を与える局面が生じている、というのである。こういうことが明らかになってきたのも、今回の米大統領選挙絡みである。 白人であることが罪である、という「ホワイト・ギルト」という概念がアメリカに吹き荒れている、と教えてくれたのは評論家の江崎道朗氏だった。インディアン虐殺や黒人差別の米国の長い歴史が白人に自己否定心理を生んできたのは分かるが、「ホワイト・ギルト」がオバマ政権を生み出した心理的大本(おおもと)にあるとの説明を受け、私は多少とも驚いた。トランプ氏は歪みを正せるか この流れに抵抗すると差別主義者のレッテルを貼られ、社会の表舞台から引きずり下ろされる。米社会のルサンチマンの病もそこまで来ている。「ポリティカル・コレクトネス」が物差しとして使われる。一言でも正しさを裏切るようなことを言ってはならない。“天にましますわれらの父よ”とお祈りしてはいけない。なぜか。男性だと決めつけているから、というのだ。 あっ、そうだったのか、これならルサンチマンまみれの一方的な韓国の感情論をアメリカ社会が受け入れる素地はあるのだと分かった。両国ともに病理学的である。 20世紀前半まで、人種差別は公然の政治タームだった。白人キリスト教文明の世界に後ろめたさの感情が出てくるのはアウシュビッツ発覚以後である。それでも戦後、アジア人やアフリカ人への差別に気を配る風はなかった。80年代以後になって、ローマ法王が非キリスト教徒の虐待に謝罪したり、クリントン大統領がハワイ武力弾圧を謝ったり、イギリス政府がケニア人に謝罪したり、戦勝国の謝罪があちこちで見られるようになった。トランプ氏は歪みを正せるか これが私には何とも薄気味悪い現象に見える。植民地支配や原爆投下は決して謝罪しないので、これ自体が欧米世界の新型の「共同謀議」のようにも見える。日本政府に、にわかに強いられ出した侵略謝罪や慰安婦謝罪もおおよそ世界的なこの新しい流れに沿ったものと思われるが、現代の、まだよく見えない政治現象である。 各大陸の混血の歴史が示すように、白人は性の犯罪を犯してきた。旧日本軍の慰安婦制度は犯罪を避けるためのものであったが、白人文明は自分たちが占領地でやってきた犯罪を旧日本軍もしていないはずはないという固い思い込みに囚(とら)われている。 韓国がこのルサンチマンに取り入り、反日運動に利用した。少女像が増えこそすれ、なくならないのは、「世界の韓国化」が前提になっているからである。それは人間の卑小化、他への責任転嫁、自己弁解、他者を恨み、自己を問責しない甘えのことである。2月28日、米上下両院合同会議で就任後初の施政方針演説に臨むトランプ大統領=ワシントン(AP=共同) トランプ氏の登場は、多少ともアメリカ国内のルサンチマンの精神的歪(ゆが)みを減らし、アメリカ人を正常化することに役立つだろう。オバマ大統領が許した「アメリカの韓国化」がどう克服されていくか、期待をこめて見守りたい。 

  • Thumbnail

    記事

    朝鮮日報「韓国はみんな狂っている」の警告は韓国民に届くか

    韓国はみんな狂っている、まともではない」。ネット掲示板かと見紛うタイトルのついたコラムが、1月27日、韓国最大の日刊紙・朝鮮日報に掲載された。執筆者は日本特派員の経験もある朴正薫論説委員。〈国家が理性を失いつつある〉とまで自国を評した内容は、大きな反響を呼んだ。ソウル在住ジャーナリスト・徐台教氏がレポートする。* * * 朴正薫氏のコラムを呼んで冷静さを取り戻した読者は、こう思ったに違いない。我が国は今、どうなっているのか。韓国で「朴槿恵─崔順実ゲート」と呼ばれる一大スキャンダルの追及が本格化したのは昨年10月のことだ。以降、5か月近い政治危機が続いている。2月4日、ソウルで開かれた朴槿恵大統領支持派の集会に出席した与党セヌリ党の議員(手前)ら(聯合=共同) 朴氏のコラムは冒頭から〈大統領の『ヌード風刺』は芸術などではなく、政治の現実を表すスキャンダルだ。政治はまともでない〉と激しく切り捨てる。これは1月20日から韓国の国会内で開かれた展示会で野党・「共に民主党」議員によって掲げられた、マネの名画「オランピア」をパロディーした作品をめぐるドタバタを指す。 娼婦とされるベッドに横たわった全裸の女性の顔が朴大統領に差し替えられ、使用人の黒人女性は崔順実氏の顔をしている。使用人が持つお盆の上には美容注射を好んだとする朴大統領への風刺で、注射器が載せられている。 ちなみに筆者もこの作品を見たが、完全に“アウト”であった。当時、与党のセヌリ党が分裂し、共に民主党が第一党に躍り出たこともあり、同党の驕りを示す一例と言える。「政治家は扇動し、大衆は集団で狂気を発散する」 朴氏はさらに〈大衆の暴走が攻撃性を帯び暴力化する〉との危うさも指摘する。 1月19日に韓国ナンバーワン企業サムスン電子のトップ・李在鎔副会長に対する逮捕令状が棄却された時のことだ。逮捕必至と見られた李氏の令状棄却は、財閥の横暴に怒る人々を動かした。彼らは棄却判決を下した判事に対し、ネット上で流言飛語を展開し、電話で猛抗議するなどした。 韓国のネット世論は左派系に偏る。「崔順実ゲート」に関わり利益を得たと見られる人々は徹底的に攻撃されている。SNSはもちろん、携帯電話のショートメッセージを使った「大量メール攻撃」もお手のものだ。全国会議員の個人携帯電話番号もすべて流出している。 朴氏は次いで、「見切り発車」状態の大統領選挙についてもたたみこむ。〈大統領になろうとする指導者たちは権力欲に目がくらんでいる。政治家は扇動し、大衆は集団で狂気を発散する〉 押さえておきたいのが、憲法裁判所の判決によって今後が左右される点だ。弾劾「認容」判決の場合は朴大統領は罷免となり60日以内に次期大統領選挙が行われる。現状では3月10日頃に「認容」判決が出るとの見方が支配的だ。となると、5月10日頃が投票日となるため、選挙戦期間は約2か月しかない。このため「待ってられない」とばかりに選挙戦が年明けから本格化しているのだ。 ただ、その有り様がやや短絡的だ。〈刺激的で煽情的であるほど、大衆の人気は上がっていく。政治家は迎合する〉 左右の政治家ともに憲法裁判所に公然と圧力をかけ、三権分立を揺るがしている。その上、野党候補たちは市民の集まりであるはずの「ろうそくデモ」に便乗することで票を集めようとする一方、与党候補は朴槿恵大統領を支持する団体が主催する「太極旗デモ」の壇上に直接立ち、激しい言葉で参加者を煽る。 筆者も数度取材したが、まさに熱狂の現場である。【PROFILE】1978年生まれ、群馬県出身の在日コリアン三世。日韓で北朝鮮報道に携わったのち、現在はソウル在住。ニュースサイト「韓国大統領選2017」(http://kankoku2017.jp)の編集長を務める。関連記事■ 長期大統領不在、混乱拡大の選挙戦 韓国は「すべて非正常」■ 「喜び組」の定年は25才 口にするのも…な酷い罰ゲームも■ 18kg減の愛子さま 宮内庁は報道陣に「アップ写真使うな」■ 小川彩佳アナの巨大指輪 櫻井でなく後輩からの贈り物■ 「仏像返そう」韓国メディアが突然まともになるも慣れぬ文章

  • Thumbnail

    記事

    なぜ韓国は大統領の「汚職」が繰り返されるのか

    下條正男(拓殖大教授) 韓国の憲法裁判所が「罷免」の結論を出したことはやはり、世論に押されたと言うことでしょう。これまでに廬武鉉も大統領だった際に弾劾訴追を受けましたが、その時の世論はマスコミも含めて罷免への反対が多かった。 でも、朴槿恵の場合はその逆だったために罷免になったとみるのが妥当です。要は多くの人がなんとなく感じていると思いますが、韓国の司法そのものが本来の機能を有していない。そうした未成熟な国であることの認識が日本人はまだ薄いだけに、韓国で起きる一連の事象に驚くわけです。 そもそもアメリカや日本といった国は民主主義というものをきちんと経験していていますが、中国や韓国といった国々は本当の民主主義を知らないんです。それでいて中央集権的な政治なので、支配する側と支配される側の構造しかないから常に双方が反発する。朴槿恵大統領の罷免を憲法裁判所に求める集会の参加者=2017年2月、ソウル中心部(共同) 結局、今回も国民が反発して朴槿恵政権を潰したわけですが、教訓を生かして次のステップに上げる体制を作れるかというと、できないでしょうね。なぜなら壊すことはできても作ることはできないからです。それが韓国や中国の傾向で、だから絶対的な権限を持つ大統領を利用して、近親者が不正に手を染め政権を危機に陥らせることを繰り返してしまうんです。 アメリカの場合であれば、大統領の任期ごとに軌道修正をすることができる。それは市民権や民主主義というものを知っている人たちがいるからです。でも韓国や中国などは社会が本当の民主主義を経験したことがないんです。韓国は急に独立してしまって、プロセスを経て国を作ったことがないので、どうやればいいかわからない。 だからいったん混乱状態になると抑える人がいない。そこを我々は理解しておかないといけないのに、日本の評論家の多くはあの韓国での「ろうそく集会」を民主主義の典型だと言う。それは全く違いますよ。韓国はまだ壊すばかりで作ることができないんです。民主主義が浅いために何をどうしていいのかわからず、今までは反発勢力を押さえつけるだけだったわけです。 では、なぜこうした状況になっているかを考えると、明治維新以降、朝鮮や中国、ベトナムなども明治維新をモデルにしたけど、全部失敗したんです。準備ができていないのに、急に中央集権を地方分権に変えようとしても無理があった。 これをどうかしないといけないと動いたのは伊藤博文だった。朝鮮半島を近代化しようと政策を実行し、一定のレベルまでいったが、協力する人たちが戦後に「親日家」の烙印をおされてしまった。そんな状況が続く中で、日本が先の大戦について一方的に謝罪する「村山談話」が出てきたために、韓国のブレーキが効かなくなり、元に戻ってしまったんです。 日本側の対応のまずさを象徴的するのは、慰安婦問題です。日本側が10億円を拠出して、せっかく合意に至ったかと思いましたが、結局、釜山に慰安婦像を設置する事態になった。日本の駐韓大使と釜山の総領事が帰国しましたけど、2カ月間も経過してしまい、タイミングを完全に逸してしまった。新政権で強まる「反日」 これは韓国に問題があるのは言うまでもないですが、やはり日本側の対応にも大いに責任があるんです。安倍政権の支持率は高いでしょうが、やはり韓国という国の現状をきちんと理解して対処できているとは言えません。もちろん野党も同じで、民進党にもできない。 現時点で適切な対処ができる政治家は日本にどれだけいるでしょうか。なぜかと言えば、日本は中央集権と地方分権を両方経験してきたけど、地方分権的な思考が強いだけに対処法を知らないから、それをできるリーダーが育たない。国会を見ていると、田舎の議会みたいな議論ばかりしているじゃないですか。結局、政治というものを分かっていないんです。 安倍首相を「猛獣使い」だと評価する人もいますが、重要な政治判断で小回りはきくけど、大局ではできない。ゆえに日本はトランプのような人物が大統領になったアメリカにどう対応すればいいか分かっていない。ロシアも含めて振り回されるだけになっている。 安倍首相以外に適任者がいないから目立っているだけ。巷間で奥さんとの不協和音が流れて来る人が、トランプやプーチン、習近平らとうまくやれるはずがないじゃないですか。 本来、慰安婦問題で日本が大使らを帰国させたのなら、同様な両国の認識で対立する別のカードを切らなきゃいけない。それが竹島なんですよ。そういうことが分かっている政治家は少ないのではないでしょうか。安倍首相には人選を厳しくしてほしいものです。ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の横で抗議する若者ら ドイツにも慰安婦像設置だとか言ってますが、日本がこんな対応しかできないならヨーロッパ中に設置されて、そのつど日本がアタフタするだけ。慰安婦問題でドイツと対立するのは賢明ではありません。 近く韓国は大統領選をすることになりますが、有力なのは左派の文在寅です。朴槿恵が罷免にならなければ、有力候補に変化もあったかもしれませんが、すでに保守派は分裂しているし、こういう結果になった以上、左派で親北朝鮮の野党が躍進していくでしょう。 金正男暗殺などで北朝鮮への危機感は募ると考えがちですが、もともと韓国に北朝鮮シンパも多いわけですから、文在寅が有力であることは変わらない。もはや韓国国民が北朝鮮情勢を考慮して大統領を選ぶことはない。 そして、新政権は当然、朴槿恵政権をすべて否定してきますから、日本との関係改善をすべて反故にして、「反日」的な傾向は強くなっていくと思います。だからこそ、日本は韓国の新政権に対処できるよう、韓国がどういう国なのかを冷静に認識する必要があるのです。(聞き手・iRONNA編集部、津田大資) しもじょう・まさお 拓殖大教授。昭和25年、長野県生まれ。國學院大大学院博士課程修了。58年に韓国に渡り、三星綜合研修院主任講師。平成10年まで三星電子マーケティング室諮問委員を務めた。専攻は日本史。18年から「島根県竹島問題研究会」座長。著書に『日韓・歴史克服への道』(展転社)、『「竹島」その歴史と領土問題』(竹島・北方領土返還要求島根県民会議)など。

  • Thumbnail

    記事

    韓国機密漏洩事件 「検察のコート王」に韓国マダムが釘付け

    上がったのは11回。2003年の対北朝鮮送金疑惑、2012年の李明博前大統領の私邸用地不正購入疑惑…韓国を揺るがす大事件のたび、彼らの姿はそこにあった。『特別検察チーム』、通称『特検(トッコム)』。彼らは大統領や司法関係者、検察の同僚などがかかわる、政権がらみの重大スキャンダルを捜査するための特別チームだ。チームの構成員は、弁護士や検事などさまざまなキャリアを持った精鋭たち。活動期間があらかじめ決まっていることも特徴だ。今回は、準備に20日間、捜査に最長100日間、合計120日間が与えられた。 弁護士として活躍していたパク・ヨンス(61才)が特別検察官を務め、彼を特別検察官補4人が支える。その下に検事や弁護士などのキャリアを持つ検察官約100人がチーム一丸となって、今、韓国最大の疑惑に挑んでいる。 2016年10月31日、実業家を名乗る中年女性、チェ・スンシル(60才)が緊急逮捕された。肩書は実業家でシャーマン、そして韓国大統領、朴槿恵(64才)の大親友。その彼女が外交や北朝鮮対策などにかかわる国家機密や、大統領の演説文を受け取り、国政に深く介入していたことや、政治資金を流用したことが逮捕理由だった。記者会見する韓国の朴槿恵政権の不正を調べた特別検察官の朴英洙・元ソウル高検検事長=3月6日、ソウル(共同)「苦しい時にも助けてくれたから、何でも相談できる間柄だった」 両親を暗殺され、信用できる人間がいなかった朴槿恵は、そう言って彼女を擁護し、アドバイスをもらってはいたものの、疑惑そのものは否定した。しかし、事態は収束するどころか、この逮捕を発端に韓国を揺るがす一大スキャンダルへと発展している。 チェ・スンシルの娘、チョン・ユラの名門女子大不正入学疑惑、サムスンやロッテなど大財閥の不正献金疑惑、そして朴槿恵が公費で整形や美容注射を打っていた疑惑などが相次いで浮上。ついには2014年4月16日、セウォル号沈没事故の当日、整形の施術を受けていたのではないかという疑惑まで飛び出した。「悲劇のお姫様から一転、とんでもない女に国政を任せてしまっていた…」 戸惑い、怒れる国民たちは朴槿恵の退陣を求め連日デモを行った。その声に押されるように、2016年12月9日、国会で朴槿恵の弾劾訴追案が可決した。これは2004年の盧武鉉大統領以来、2人目となるものだ。「右腕」は眼鏡の奥に熱い闘志をたたえる 今回の弾劾訴追案は憲法裁判所で審議され、訴追案可決から180日(6月6日)以内に判断が下されるものの、朴槿恵側が「弾劾される理由はない」と徹底抗戦の構えで、今も大統領官邸「青瓦台」で暮らしている。「私たちは真実が知りたいだけなんです。この国はいつからこうなっていたのか? ただでさえ北朝鮮の脅威にさらされているなか、国の代表はいったい何をしていたんでしょうか? それを知る権利が、私たち国民にはあるはずなんです」(40代主婦) そんな国民の期待を背に、2016年12月21日、特検は立ち上がったのだった。「国民経済等に及ぼす状況も重要だが、正義を立てることがますます重要と判断しました」 パク・ヨンスの右腕ともいえる、特別検察補佐であるイ・ギュチョル氏(53才)は、眼鏡の奥に熱い闘志をたたえたまなざしで韓国国民の胸に訴えかけている。彼は今や「コート王」と呼ばれ、その一挙手一投足が注目を集めているヒーローだ。特別検察官の事務所で記者会見する捜査チーム幹部(手前)=2月23日、韓国・ソウル(聯合=共同) 慰安婦問題で再び緊張状態の日韓関係。しかし、韓国の地で国民が一刻も早く事態を究明してほしいと願っているのは、朴槿恵問題にほかならない。そのスタンスに違いはあれど、学生から老人まで、すべての国民が政治と向き合っている。 2人集まり口を開けばこの問題。それゆえなのか、この問題を報じるジャーナリストや記者の間には『暗殺説』なるものもまことしやかにささやかれている。 捜査の手は、大財閥・サムスンや現職閣僚にも伸びている。そのたびに喝采をあびる特検の中で、今主婦たちのハートを熱くさせているのが、イ・ギュチョル氏だ。「コート王、今日はキャメルだったわね」「私はサムスンの人を捕まえた時の黒いコートとマフラーの組み合わせがシックでとっても素敵だと思ったわ! 『経済よりも正義!』と言い切ったのもかっこよかったし」 彼の役割は、捜査の内容を国民に伝えるスポークスマンだ。記者たちへの神対応も話題に「会見の言葉がものすごく熱くて、心に響くしコートとマフラーの組み合わせも渋い韓流スターみたいに完璧。だけどたまに水玉のお弁当袋とか、ピンク色の水筒を持って事務所に入って来るんです。ああ、きっといい奥さんがいるんだなあ、家族を大事にする人なんだろうなあって思ってほっこりします」(ソウルの主婦) もちろん、見た目やキャラクターだけではなく経歴や人格もパーフェクト。コート王として活躍する前の弁護士時代には、「依頼人と信頼関係を築いて、少しでも心の負担を減らしたい」をモットーに、依頼人が必要な時はいつでも電話やときには直接会いに行って相談に乗る、親身な弁護士として評判だった。また、連日事務所に詰めている記者たちへの神対応も話題になっている。「捜査に会見にいろいろ忙しいはずなのに、毎朝来る記者からの電話取材に、すごく丁寧に対応していると聞きます。それだけじゃなくって、たまに見せるお茶目さがたまらない。例えば、去年のクリスマスイブも当然仕事で、いつものように朝の電話対応をしたあとに、イブだった、って気がついたみたいで、その後の記者会見で『イブだとすっかり忘れて普通の挨拶をしてしまいました』って謝ったそうです。だって、イブといってもキム・ヨンジェ医師の家宅捜索4日前でしょ? 余裕がなくて忙しいはずなのに」(50代主婦) しかし、だからこそ、国民の脳裏には、これまで胸をドキドキさせて見てきたドラマのさまざまなシーンが蘇る。「ドラマや映画だったら、次に標的になるのは彼ですよね…? これだけ多くの人が暗殺されているといわれているなか、彼は大丈夫かしら…漢江に沈められたりしないかしら…」「お弁当を作ってくれている奧さんや子供が誘拐されなければいいけれど」関連記事■ 『SAPIO』人気連載・業田良家4コマ「何かに操られる国」■ 金泳三政権の愛国キャンペーン「日帝風水謀略精算」とは■ SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画【1/2】「根拠のないデマ」■ 朴槿恵氏スキャンダル スクープしたのは「韓国の池上彰」■ SAPIO人気連載・業田良家4コマ「北にそっくり」

  • Thumbnail

    記事

    韓国次期大統領、リベラルが勝てば米韓関係は緊張する

    究所論評集】 米ヘリテージ財団のクリングナー上席研究員が、12月9日付のDaily Signalで、韓国の内政について解説し、トランプ政権が日韓両国に対する抑止力を再確認し、日米韓三国間の軍事協力を進めるべきであると論じています。要旨は以下の通りです。朴槿恵大統領の即刻退陣や罷免を求める集会で、レッドカードをイメージした赤い紙にスマートフォンの光を当てる参加者ら=2月18日、ソウル(共同) 韓国国会で朴大統領の弾劾訴追案が圧倒的多数で可決されたことで、同大統領の職務執行権限が停止され、黄教安首相が職務を代行することとなった。リベラル派の最大野党は、黄首相が今回の政治危機に関与しているとして同首相による職務代行に反対している。これに対し、保守派の与党は憲法の手続きに従うべきであると反論している。 朴大統領の親友に関わるスキャンダルが暴露されたことにより、韓国は過去2カ月にわたり大規模なデモに曝されている。大統領が韓国の経済問題を解決できず、孤高の統治姿勢を維持し、多くの陰謀論が蔓延していることで国民の不満が鬱積し、抗議行動を煽っている。 各政党は朴解任の場合の次期大統領選挙に備える。保守派のセヌリ党は朴が党首であるので、重大な打撃を受け、分裂することになりそうである。本年12月末に退任する潘基文国連事務総長が出馬する場合には、セヌリ党の残留派とともに新党を結成することとなろう。 盧武鉉大統領の秘書室長を務めた文在寅を含むリベラル派の候補は今回の不祥事で有利になった。盧大統領は2002年の大統領選で「反米で何が悪い?」と公言した人物である。今回の政治危機により、韓国では野党側の反対により朴大統領の政策の多くが実行に移されず、機能不全が起こっている。 次期大統領選挙でリベラル派が勝てば、米韓関係が緊張するリスクは高まろう。リベラル派は、朴大統領が米国の強い支援の下に推進してきたTHAADの国内配備、北朝鮮に対する制裁強化、日本との関係改善に反対してきた。リベラル派の諸政党は、開城と金剛山での北朝鮮との経済協力活動の再開を推進し、厳しい条件をつけずに北朝鮮を支援することになるだろう。 トランプ政権は米国の政権が変わっても、友邦を防衛する米国の公約と決意は変わらないことを同盟国に再保証すべきである。米国は韓国と日本に対する軍事的抑止力の提供を無条件で再確認すべきである。そのためには、オバマ政権の下で進んだ兵力レベル、調達、作戦予算の大幅削減を埋め合わせる為の軍事予算の全面的復活が必要となる。米、韓、日の軍の三角協力は各国の特有の能力を活かすことにより同盟の抑止力と防衛能力を向上させる。ワシントンは韓日両国に対し2015年12月の慰安婦問題に関する合意と二国間の包括的軍事情報保護協定の推進を奨励すべきである。ワシントンは米国法、国際法、国連安保理決議に関する北朝鮮の度重なる違反に対抗し制裁や標的を絞った金融措置を強化すべきである。出 典:Bruce Klingner‘As South Korea Impeaches President, US Must Remain Steady Ally’(Daily Signal, December 9, 2016)http://dailysignal.com/2016/12/09/as-south-korea-impeaches-president-us-must-remain-steady-ally/ 朴大統領は弾劾されるのか? 韓国の憲法裁判所が、朴大統領の弾劾訴追につき、いかなる時点でいかなる判断を下すことになるのか不明なまま、韓国の内政は混迷を深めています。憲法裁判所は、唯一の先例である2004年の盧武鉉大統領の弾劾訴追裁判では、約2カ月で弾劾棄却の決定を出しています。 その際の決定文の中に「大統領を罷免するほど重大な違反」として「大統領の権限と地位を乱用し、収賄や公金の横領などの不正腐敗行為」など五つの例示があります(朝日新聞参照)。弾劾訴追裁判は、高度の政治性を伴うものでありますので、今回のケースについて、この例示が適用されるか否かは不明です。朴大統領は弾劾されるのか? 憲法裁判所は9名の裁判官で構成され、9名のうち6名以上が弾劾を支持すれば弾劾が決定されます。決定書には裁判官一人一人が意見を書くこととなっています。弾劾が決定されれば、60日以内に次期大統領選挙が行われることとなります。弾劾が棄却されれば、朴大統領が任期満了まで留任する可能性も出てきます。 与党セヌリ党内では、親朴派と非親朴派の双方が相手方の離党を要求し、収拾がつかない状況です。分裂した場合、現在のセヌリ党に、潘基文国連事務総長の大統領選出馬の受け皿となる新党の核となる能力が残っているか否かも不明です。 韓国の政情は、米中関係や北朝鮮の動向によっても大きな影響を受けます。米国のトランプ政権の対中政策や対北朝鮮政策の方向性が重要な鍵となります。トランプ政権が日韓両国に対する核抑止力の提供を再確認し、日米韓の軍事協力の強化を図ることを推奨するクリングナーの主張は適切です。日本としても引き続き韓国との結束強化に努力することが重要となるでしょう。

  • Thumbnail

    記事

    少女像をご本尊と崇める韓国「慰安婦信仰」の実態

    で問題になってきたのは周知のとおりである。 実は、同種の少女像は日本大使館や領事館の前だけではなく、韓国全土に50基以上も設置され、アメリカ・カナダ・オーストラリア・中国などにも設置されている。韓国国外で設置された少女像は、現地日本人との間に少なからぬ反発を呼び起こしてもいる。しかし、将来に向けてさらに数多くの少女像が設置される見込みである。日本総領事館前の慰安婦像=韓国・釜山、2015年12月10日 なぜ、日本の大使館や領事館の前に少女像が設置され、また、なぜ韓国の国内外で少女像がどんどん増殖しているのか。ここでは便宜上、ソウルの日本大使館と釜山の日本領事館の前に設置された少女像のみを考察の対象とする。日本大使館の前に設置された少女像は、2011年12月、慰安婦女性の支援団体である「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が、毎週水曜日に日本大使館前で行っている「水曜デモ」が1000回に達したのを記念し、無許可で設置したものである。 その後、韓国の国内外で少女像の設置が相次ぎ、この流れを受ける形で釜山の日本領事館の前にも少女像が設置されるに至る。釜山の少女像は昨年12月28日、釜山の大学生・市民団体によってやはり無許可で設置されたものである。当初、この少女像は当局により撤去されたが、市民からの抗議に屈する形で30日に設置を認めている。設置を強行した市民団体は「日本政府と日本人の反省を促すためにやった」などと主張しているようだが、日本人にとっては日本に対する嫌がらせやストーカー行為としか思えないだろう。 少女像をめぐる一連の事態を理解するためには、「従軍慰安婦」に対する韓国人の「信仰」を理解する必要がある。現在、韓国で慰安婦像の設置運動を行っているのは、主に元「従軍慰安婦」を支援する市民団体・学生団体である。慰安婦問題が顕在化したのは90年代の初めだが、四半世紀が経過した今、元慰安婦女性は神格化され、慰安婦支援運動は宗教の次元に近くなっている。絶対に風化させないための少女像 元慰安婦女性の意思とは関係なく、彼女らは抗日民族運動の象徴となり、韓国内では、その言動を批判したり、支援団体の主張に反する言動を取ったりすることはご法度になっている。韓国内では「小学生(国民学校生)まで慰安婦として動員された」「朝鮮人従軍慰安婦は20万人いた」「軍による慰安婦狩りがあった」などという真偽のほども定かではない言説が堂々と語られているが、これらの言説を公の場で批判するのははばかられる雰囲気である。また、慰安婦支援団体および一部元慰安婦女性の意に沿わないことを著書(『帝国の慰安婦』)に書いたという理由で、世宗大学校の朴裕河教授が刑事告訴され、民事訴訟まで起こされたのは、その好例と言えるだろう。 しかし、今や生存している元慰安婦女性も残り少なくなっている。さらに、昨年の日韓合意に基づき設立された財団(「和解・癒やし財団」)から、日本政府による拠出金を受け取った元慰安婦女性も相当数にのぼっている(このことについては韓国ではほとんど報じられていない)。日韓両政府が合意を交わしてから1年、合意に反対する集会で 少女像に自分のマフラーを巻く女性 =2016年12月28日、ソウルの日本大使館前 もし、元慰安婦女性がすべて他界してしまったり、全員が日本政府からの拠出金を受け取ったりしてしまったら、支援運動のよりどころがなくなってしまう。そうなると慰安婦問題は風化してしまい、支持者の支援もなくなり、韓国国民一般の関心も薄れてしまう。それを防ぐためには、絶対に風化しない、よりどころが必要となる。それが「少女像」なのである。 このことは仏教における仏像に置き換えると、理解しやすい。仏像は釈迦の生存時や入滅当初には作られなかった。しかし、入滅後には仏教の教理を民衆に広めるという必要に迫られ、仏像はアジア各地で作られていくことになる。少女像もこれと同様である。お気づきの方も多いと思うが、少女像の画像や動画を見ていると、支援者たちは像にマフラーを巻きつけたり、帽子をかぶせたり、傘を差しかけたり、はなはだしくは使い捨てカイロを貼り付けたりしている。お地蔵様によだれ掛けや頭巾をかぶせたりするのと似たような趣向である。少女像が単なるオブジェならば、こうしたことは行わないはずである。少女像が元慰安婦女性に代わる、老化も他界もしない「ご本尊」としての役割を果たしていることのあらわれである。 この少女像であるが、ソウルでも釜山でも公道上にこうした銅像を建てるのは法律違反である。また、日本政府が繰り返し主張しているように外国公館の尊厳を定めたウィーン条約にも明らかに違反している。慰安婦像はそうした条約や法律を超越した、神聖にして犯すべからざる存在なのである。これに異論をさしはさむ輩は「異端者」「背教者」である。少女像はすでに宗教的な高みに 一般の宗教でもそうであるが、信仰に熱心な信者は自分が特に篤い「信仰」の所有者であることを周囲に示そうとするものである。日本ではあまり知られていないが、一昨年の8月12日には一人の市民運動家が「従軍慰安婦」をめぐる日本政府の対応に抗議して、ソウルの少女像の前で揮発油をかぶって火をつけるという事件が起こった。日本ではこうした行為を「焼身自殺」と呼ぶが、これは適切ではない。焼身自殺は死ぬのが目的であるが、これは抗議活動の一種であり、韓国では「焚身(自分の体を燃やす、という意味)」と呼ぶ。この男性は9日後に死亡しているが、韓国のマスコミはこの男性について、まるで抗日運動に殉じた志士のごとく報じていた。遺体が安置された病院には遺影が飾られた祭壇と記帳所が設けられ、遺体は男性の居住地まで運ばれ「民主市民葬」なる葬礼が挙行されている。こうした「殉教者」の出現からも、少女像がすでに宗教的な高みに押し上げられていることが理解できるだろう。日韓両政府が合意を交わしてから1年、合意に反対する集会に 登場した大型の少女像=12月28日、ソウルの日本大使館前 日本の一部識者は、未だに少女像の問題を日韓間の問題と捉えているようであるが、すでに事態は日韓政府の話し合いで済む次元の状況ではない。少女像の問題はすでに韓国の国内問題、それも思想信条(信仰)の問題となり、これに政治的な思惑も絡んでさらに解決困難なものとなっている。 日韓合意の1周年目に日本大使館の前で開かれた抗議集会には、朴元淳・ソウル市長や秋美愛・「共に民主党」代表が参加した。これは何を意味しているのだろうか。言うまでもなく朴市長や秋代表は、朴槿恵大統領と対立する野党系の指導者である。また、朴市長は次期大統領の有力候補でもある。この二人にしてみれば、朴槿恵政権が日本との間で合意した取り決めは日本に対する屈服であり、元慰安婦女性を10億円で売り渡した国辱でしかない。朴市長にしても、秋代表にしても日韓間で慰安婦問題をどう円満に解決するか、などといった腹案など何もないのだが、とりあえず日韓合意をネタに朴大統領を非難していれば、世論を味方につけることができ、自らの政治的立地も強化され、ひいては大統領選挙に出馬する自分や自党の候補に有利に働く、といった計算が働いているのである。朴市長や秋代表だけではない。前回の大統領選挙で朴大統領に敗れた文在寅氏や、後先考えない毒舌で「韓国のトランプ」などと呼ばれている李在明・城南市長も日韓合意を非難し、これを反故にすると公言してはばからない。朴槿恵大統領でさえ反日と批判 問題をさらに複雑にしているのが、韓国政府の無能ぶりと最近の反政権運動にともなう朴槿恵政権の凋落である。韓国政府は世論を意識するあまり、日韓合意から1年が過ぎても少女像については何ら有効な手を打つことができなかった。さらに朴槿恵大統領は自身の側近のスキャンダルにより、国会の弾劾決議を受け、現在は職務停止状態である。 日本では朴大統領は最悪の反日大統領と思われているようであるが、実は韓国ではそうではない。朴政権に反対する野党や左派勢力(自称「民主化勢力」)は何と「朴大統領は親日派である」と主張している。実際に朴大統領が親日的な政策を行ったことなどないのだが、父親が日本軍の将校出身であったことと、朴槿恵政権が今回の日韓合意を主導したため、そうした非難を行っている。そうすることによって自らを反日愛国の闘士としてアピールできるからである。ちなみに韓国において「親日派」は「売国奴」と同義である。朴大統領が完全に指導力を失い、「売国奴」呼ばわりされている現状では、韓国政府に問題の解決を期待するのは難しい。 日本政府は釜山の少女像設置に対して4項目の対抗措置(大使・領事の一時帰国、日韓通貨スワップ協定協議の中断、日韓ハイレベル経済協議の延期、釜山領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせ)を発表しているが、どこまで効果があるのかは未知数である。韓国・釜山の日本総領事館前に設置された少女像に 黙とうする女性たち=2017年1月6日 ちなみに、釜山の領事館前に少女像を設置した市民団体は毎週水曜日に「水曜集会」という名の「記者会見」を行う、と主張している。これは、警察が領事館前のデモの届け出を受理しないための方便であるが、今後、ソウルの日本大使館前でのように「水曜集会」が恒例化する恐れは多分にある。釜山の総領事館関係者によると、1月11日には「水曜集会」こそなかったものの、学生たちが自主的に集まっていたそうである。 前でも述べたように、従軍慰安婦支援運動はすでに「信仰」の次元にまで昇華され、少女像はその「ご本尊」である。さらには、この少女像が朴槿恵打倒を掲げる反政権運動や、次期政権を狙う大統領志望者らによって政治的に利用されているという事情もある。そして、一方の当事者でもある韓国政府は無能無策である。このような状況下では、少女像をめぐる日韓間の対立が早急に解消されることは望めず、今後も相当な長期間にわたって続くだろうと予測される。また、これ以上、日本側から何らかの打開策や譲歩を示したとしても、少女像が撤去されることはないだろう。日本政府は問題が長期化することを覚悟し、安易な妥協をなさず、これ以上公館の前で少女像が増殖しないよう、断固とした姿勢で臨んでゆくべきだろう。

  • Thumbnail

    記事

    韓国外相はなぜ表に出て来ない! 文明国家の品位欠く「慰安婦暴走」

    はこの措置は今後の日韓友好関係のためになる大切な決断だと考える。 2015年12月の慰安婦合意では「韓国政府は、日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し、公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し、韓国政府としても、可能な対応方向について関連団体との協議を行う等を通じて、適切に解決されるよう努力する(下線西岡)」と尹炳世外相が約束した。 しかし、韓国政府はソウル大使館前の慰安婦像を設置した挺身隊問題協議会(挺対協)と慰安婦像移転のための協議を一度も持っていない。その上、釜山の慰安婦像を不法に設置した左派団体に対しても事前に協議の申し入れをしていない。「関連団体との協議を行う等を通じて、適切に解決されるよう努力する。」という約束を履行していないのだ。韓国南部の釜山市中心部にある日本総領事館前に座り、 1人でデモをする女性=2016年1月 釜山慰安婦像を設置したのは「未来世代が立てる少女像推進委員会」だ。同委員会の馬ヒジン代表は釜山大学航空宇宙学科3年の学生である。彼女は親北左派団体である「ウリギョレ(我が民族)ハナテギ(一つになる)釜山運動本部」の学生部代表として活動する中で、慰安婦問題を知って像設置運動を開始したと韓国紙とのインタビューで語っている。 また、推進委員会に加わっている団体の一つに「平和ナビ(蝶)」があるが、これは北朝鮮を支持して暴力革命を目指すとして解散させられた統合進歩党の青年部が母体となっている。ソウルの挺対協が北朝鮮と密接な関係を持っていることは関係者周知の事実だ。 だから、韓国政府がソウルや釜山の慰安婦像設置団体に移転のための協議を申し込んでも拒否されるだけだろう。しかし、たとえばサードミサイル配備決定に当たっては黃教安首相(現在の大統領権限代行)が予定地である星州まで足を運んで反対運動を続ける住民に説明を行ない、反対派住民3000人に取り囲まれて6時間監禁された。そのような努力を慰安婦合意の当事者である尹炳世外相は一切行わず表に出てこない。 安倍政権は、日本は合意を忠実に実行している、次は韓国の番だと主張している。先に見たように合意で韓国は慰安婦像の移転を約束してはいない。約束したのはウィーン条約違反である外交施設(大使館、総領事館など)前の慰安婦像の移転のため「関連団体との協議を行う等を通じた努力」だ。 なぜ、尹外相は釜山に行ってウィーン条約を説明して韓国が国際的に通じる当たり前の国になるためには条約を守る、すなわち慰安婦像を外交施設の周囲には立てないことを守る必要があると説得しないのか。ウィーン条約履行は大統領弾劾とはまったく関係ない外交問題であり、朴槿恵政権の発足以来外相の地位をずっと守っている尹外相こそ責任者として関係団体と会うべきなのだ。韓国の保守系新聞は自国批判も その努力があれば、たとえ釜山市が中央政府の方針に違反する決定を行っても、日本政府は韓国国内法の手続きを待つ余裕はあるはずだ。沖縄の米軍海兵隊基地移転問題でも日本政府と沖縄県の立場が対立し、日本は米国に対して行った約束を果たせないまま時が過ぎている。それでも中央政府が毅然として外交約束を守る姿勢を堅持しているから日米関係は悪化しない。 安倍政権は少なくとも尹炳世外相が釜山に行って関係団体と協議するまでは、今回の措置を続けるべきだ。今回の措置の結果、左派新聞は加害者である日本が被害者である韓国を圧迫するのは許せないと安倍非難一辺倒だ。たとえば左派系の京郷新聞は1月9日社説「誰が歴史の加害者安倍が大きな声を出せるようにしたのか」で「力のない隣のうちの妻子を連行して悪いことをおこなってからまとまったカネを握らせて『口を開いたらひどいぞ』と脅迫するやくざと変わるところがない」と安倍首相を誹謗している。破られているのが見つかった慰安婦像付近の横断幕=1月6日、韓国・釜山 しかし、保守系の朝鮮日報と東亜日報は安倍批判をしながらも社説でウィーン条約を紹介して韓国側にも非があることを伝えはじめた。朝鮮日報1月10日社説「日本の『慰安婦像』攻勢、危険だ」では全体としては日本批判をしながらも「外国の忌避施設をその国の公館の前に設置することに対する疑問は韓国内にもある。 国際協約は『相手国の公館の安寧と品位を守る責務』を規定している」、東亜日報1月10日社説「日本安倍の『慰安婦暴走』…黃代行は外交リーダーシップを発揮せよ」もやはり日韓合意とウィーン条約に言及してこう書いた。「日本大使館前の少女像に対して『関連団体との協議を通じて適切に解決するように努力する』と明らかにした韓国政府はその後、どのような努力をしたのか振り返る必要がある。ウィーン条約第22条は『相手国の公館の安寧と品位を守る責務』を規定していて、大使館と総領事館の前の少女像設置が論難の余地があるのも事実だ」。 そして、在野の保守団体である国民行動本部は「少女像をめぐる韓日関係悪化を憂慮する」という声明を出して「釜山の日本総領事館の前に『慰安婦少女像』を再設置したことは韓日間合意精神に背くだけでなく何よりも不法行為だ。文明国家としての国の格を守るためにも法の通りしなければならない。 政府は『慰安婦少女像』を撤去して韓米日同盟関係を修復しなければならない」と主張した。 日本が自己主張をすることで韓国人にウィーン条約を破っている自国の在り方がおかしいのではないかと考えさせる契機を与えることになる。真の日韓友好は健全な相互批判の上にしかないと強調したい。

  • Thumbnail

    記事

    日本のテレビは猛省せよ! 朴槿恵退陣「失政の本質」はそこじゃない

    ャンダルについて事細かに報じ、タレントがああでもないこうでもない、と無責任な論評を繰り広げる。まるで韓国政界が混乱しているのを楽しむがごとくである。韓国の朴槿恵大統領の即刻退陣を求め、サンタクロースの姿でデモ行進する若者たち=12月17日、ソウル(共同) こうした番組を毎日見ていたら、朴大統領は一民間人の操り人形であり、公私混同して政治を混乱させた無能な政治家、という負の印象を抱く人が多いだろう。無理からぬことだ。確かに、朴槿恵大統領と崔順実氏の関係と、実際にどのような不正行為があったのかは司直の手で明らかにされねばならないが、朴大統領がこれまで行ってきた政治の評価を無視して、一方的に非難を浴びせかけるのはいかがなものか。もっと本質的な議論が必要なのではないか。 この短期間のうちに“韓国政治を知った風な人”を増やしたテレビには猛省を促したい。しかも、安全保障の面からの議論がすっぽり抜け落ちている。では、どのような視点が欠けているのか? 韓国の政治が停滞し、野党が政治のイニシアチブをとるようになると、どのような影響が我が国に及ぶかについて掘り下げた報道はほとんどない。筆者は、2012年の9月末、大統領選挙の取材で韓国入りした。その時は、朴槿恵候補、文在寅(ムン・ジェイン)候補、安哲秀(アン・チュルス)候補の三つ巴の戦いだった。その時インタビューした文在寅候補のブレーン、文正仁(ムン・ジョンイン)延世大学政治外交学科教授をインタビューした。文教授は、NSC(青瓦台国家安全保障会議)などのメンバーで、廬武鉉大統領の特別顧問などの経歴を持つ(当時)。 彼が話し出してすぐにわかったのは、北朝鮮に対する姿勢である。明らかに「太陽政策」なのだ。それは盧武鉉(ノ・ムヒョン)前大統領と北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)前総書記が2007年10月に行った2回目の南北首脳会談後発表した「10・4首脳宣言」において明確だ。宣言には、北朝鮮の鉄道や高速道路の改修・補修、白頭山観光事業への支援等の経済協力が盛り込まれている。履行には14兆ウォン(約1.4兆円)の費用がかかるとされている。 文教授は「北朝鮮に対する1兆円規模の経済支援は朝鮮半島の緊張緩和にとって不可欠だ」と強い口調で自説を展開した。わかっていたこととはいえ、実際に太陽政策の信奉者の言葉を直接聞くのは初めてだったので若干の驚きを感じたのは事実だ。これだけ北朝鮮が核ミサイル開発に血道を上げ、極東アジアの緊張を高めているというのに、だ。この太陽政策が北朝鮮の瀬戸際外交抑止に全くなっていないことは明らかだ。「崔順実ゲート」は北朝鮮の千載一遇のチャンス 北朝鮮は今年になって弾道ミサイルを13回、短距離発射体や短距離地対空ミサイルを4回も発射している(防衛省調べ。2016年9月8日時点。その後10月15日、20日にもムスダンを発射、失敗しているとの報道あり)。北朝鮮の暴走は止まるどころか、むしろ加速しているのが実情で、太陽政策でそれにブレーキをかけるのは非現実的だと言わざるを得ない。 そうした中、最近の報道では、太陽政策とそれに対峙する「北風政策」について何故かほとんど触れられないが、現朴槿恵政権が前金大中・廬武鉉(ノ・ムヒョン)政権に比して、北朝鮮に対して厳しい態度を取っているのは間違いない。その最たる例が、2016年2月の南北経済協力事業の象徴、開城(ケソン)工業団地事業の操業停止であろう。 また、中国が猛反発し遅れに遅れていた、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「THAAD」(サード:Terminal High Altitude Area Defense missile:高高度防衛ミサイル)の在韓米軍への配備も7月に決定した。11月23日には、日韓間で安全保障分野の情報共有を可能にする協定「GSOMIA」(ジーソミア:General Security of Military Information Agreement:日韓軍事情報包括保護協定)も難産の末、締結された。ソウルの日本大使館前に不法に設置されている慰安婦像の撤去も昨年12月の日韓合意で確認されたことも忘れてはならない。 まさに日本にとっては対北朝鮮強硬策で同一歩調を取ってくれる大統領だったのだが、その側面は全く日本のテレビ報道では無視され、ひたすら揶揄の対象にされているのを見るにつけ、大きな違和感を覚える。 実は「崔順実ゲート」は北朝鮮にとって千載一遇のチャンスである。対北朝鮮強硬姿勢を取っている朴政権が勝手にこけようとしているからだ。日本のテレビ報道を見ていると、「アラブの春」や香港の「雨傘革命」ではないが、ソウルで行われているデモを、それらと同種の「市民革命」の如く扱っている印象を持つ。少なくとも、その背後に北朝鮮の関与があるとの見方はほとんど報道されない。野党有力候補への支援を支持した金正恩 朝鮮半島情勢に詳しいコリア国際研究所の朴斗鎮所長は、「北朝鮮の金正恩政権がこのスキャンダルを最大限利用し、朴槿恵政権を退陣に追い込み、守勢を一気に逆転させるための方針を決定した、との情報が北朝鮮内部消息筋からもたらされた」と指摘する(コリア国際研究所「北朝鮮、韓国の大規模デモ事態に本格介入」より2016年11月23日)。また、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は当面核ミサイル実験を見合わせ、朴政権退陣に全力を集中するよう統一戦線部に指示し、偵察総局に対して、現在のデモが暴力化したら、即介入できる準備を整えるように指示したという。その一方で米国のトランプ新政権を対話に引き込むために「駐韓米軍の撤退があれば核を放棄してもよい」との欺瞞情報を流すことも指示した模様、と報じている。外国メディアと記者会見する韓国の次期大統領選の有力候補で最大野党「共に民主党」の文在寅前代表(中央)=11月15日、ソウル(共同) さらに朴氏によると、金委員長は、韓国の混乱拡大を狙い、新北朝鮮である野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表の支援を統一戦線部に指示した、という。文氏は次期大統領選の有力候補だ。その文在寅氏は11月26日演説し、「開城(ケソン)工業団地閉鎖は理解できなかったが、いまになって疑問が解けた。その背後で崔順実が作用したのだろう。そうでなければとうてい理解することはできない」と述べた。朴槿恵大統領の開城工業団地閉鎖決定の黒幕は崔被告だとの主張だ。 更に文前代表は「北朝鮮に市場経済を伝播し、北朝鮮に資本主義体制と自由民主主義体制の優越性を見せ、北朝鮮住民たちをわれわれの側に引き込み、そして有事の際には北朝鮮が中国に手を差し出すのではなく、われわれ大韓民国に手を差し出すよう大韓民国に依存するようにしなければならない」とも力説したという(中央日報日本語版2016年11月27日)。まさに太陽政策そのものではないか。 「崔順実ゲート」を朴政権転覆の為に最大限利用しようとする野党側の戦略は明白で、これは北朝鮮の思惑と合致する。朴大統領が退陣した後にこうした野党勢力が政権を担うことが日本の国益に叶うのかどうか、という視点はテレビからは全く聞こえてこない。先に上げた朴政権下の「成果」がちゃぶ台返しの憂目にあうかもしれないのだ。とても対岸の火事として見てはいられない。 2017年、アジア情勢は風雲急を告げる。まず、アメリカではトランプ政権が発足する。トランプ氏は、金正恩委員長と直接話す意思がある、と語っている。また、日韓の駐留米軍費の負担も求めている。また、台湾の蔡英文総統と電話会談し(2016年12月2日)中国を刺激しており、今後の中国の出方が要注意となった。 朝鮮半島情勢の安定、すなわち対北朝鮮外交の要は日米間の緊密な連携だが、それがどう変化するか、トランプ氏が変数として入ることにより予測は困難になった。また、トランプ氏はロシアのプーチン大統領とも良好な関係を築こうとしている。 今はすっかり鳴りを潜めているが、対北朝鮮外交は、日米韓中露5カ国と北朝鮮とによる「六カ国協議」の枠組みで行われてきた。北朝鮮以外の5カ国の足並みが乱れれば、金正恩体制を存続させるばかりでなく、核ミサイル開発が進み、極東アジアの脅威は高まるばかりだ。なぜ北朝鮮に厳しい識者が登場しないのか 翻って日本はようやく平和安全法制が成立したばかりである。軍事面では、高まる北朝鮮のミサイル脅威から我が国を守る為に、THHADの国内配備やイージス艦のシステムを陸上に設置してSM-3迎撃ミサイルを運用するイージス・アショア(Aegis Ashore:陸上型イージス)の配備などの議論も進めなければならない。 経済的要因も無視できない。トランプ氏が大統領になることで米抜きとなるTPP(Trans-Pacific Partnership:環太平洋経済連携協定)に対し、RCEP(Regional Comprehensive Economic Partnership:東アジア地域包括的経済連携)ががぜん注目を集めている。RCEPは、ASEAN10か国+6か国(日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、インド。以下「FTAパートナー諸国」)が交渉に参加するメガ自由貿易協定(FTA)交渉で、TPPに比べGDPこそ劣るが、域内人口は4倍超、その成長性に期待する声も大きい。アメリカは参加しておらず、中国がイニシアチブを取ろうとしている。 テレビは同じようなコメンテーターばかり使っているが、北朝鮮に厳しい論調の識者は登場しない。先に引用したコリア国際研究所の朴斗鎮氏に加え、関西大学経済学部の李英和(リ・ヨンファ)教授にアジアプレス大阪オフィス代表の石丸次郎氏らは画面で最近見たことが無い。 朴氏は2014年5月に写真週刊誌で「朝鮮総連のテレビ局への圧力により出演を断わられた」と告発したこともある。この問題は国会でも取り上げられた。(衆議院「北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会」2014年5月9日議事録 質問者:日本維新の会・三宅博議員(当時))報道の独立性は一体どうなっているのか。 放送法は多様な意見を視聴者に提示することを求めている。朝鮮半島情勢は、単に極東の一地域の問題ではなく、グローバルな安全保障の枠組みで考えるべきである。「崔順実ゲート」そのものに議論を矮小化させず、日本の軍事・経済安全保障の観点を第一義に議論すべきだろう。 昨今のテレビは報道とワイドショーの垣根がなくなり、むしろ朝から午後にかけてのワイドショーで国際情勢問題を取り上げることが少なくない。しかし、出演しているのはタレントがほとんどであり、内容も本稿で指摘したような視点が欠けている。10月31日、韓国ソウル中央地検前でメディア関係者や朴槿恵大統領の退陣を求める市民らに取り囲まれる崔順実氏(AP) 「崔順実ゲート」が日本に与える影響は深刻である。ワイドショーで扱うのも結構だが、出演者、中身を含め、真剣に見直さなければ、下手をすると北朝鮮を利することになり国益を損なう可能性すらある。このままでは視聴者をミスリードすることになると警鐘を鳴らしておく。

  • Thumbnail

    テーマ

    韓国大混乱、実は朴槿恵の方がマシだった?

    韓国の朴槿恵大統領の弾劾訴追はあっけなかった。日本でも連日ワイドショーをにぎわし、まるで韓国政界の混乱を楽しんでいるかのような報道ぶりが目立った。ただ、朴氏のこれまでの政治家としての評価まで無視していいのか。日本のテレビ報道を見る限り、本質的な議論が決定的に抜け落ちてはいないだろうか。

  • Thumbnail

    記事

    朴氏失脚で息吹き返す金正恩 韓国左派政権誕生の最悪シナリオ

    重村智計(早稲田大学名誉教授)米韓同盟崩壊の危機 来年は、韓国に親北政権が誕生し、韓国が衰退に向かう可能性が高く、朝鮮半島をめぐる安全保障が激動の時代を迎えそうだ。これは、韓国の保守与党が、国民から見放されたためだ。 ソウル大研究所の最近の調査では、保守与党「セヌリ党」の支持率は、30.3%から9.2%に急落した。保守勢力は、与党セヌリ党を解散して、党名を変え新たな保守政党を発足させないと、大統領選勝利は難しい。韓国・国防省前で米軍の最新鋭高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に反対する人々=10月20日(AP) 野党指導者たちは、日韓の慰安婦合意破棄を主張し、米軍のTHAAD(高高度防衛ミサイル)韓国配備にも、反対している。強硬な対北制裁にも、批判的だ。親北野党からの大統領誕生で、日米韓の安保協力は難しくなり、米韓同盟も弱体化する。拉致問題解決にも、協力しなくなる。 韓国は、政党が大統領を作り出すのでなく、大統領が政党を創出する政治だ。与党セヌリ党は、朴槿恵大統領当選後に、ハンナラ党から改名した。盧武鉉大統領は、ウリ党を創設した。また「風の政治」とも言われる。およそ3カ月で、世論と政治の「風向き」が変わる。韓国政治は風が吹くと、一斉に同じ方向に走り出し、少数反対意見は抹殺されかねない。儒教文化による「大衆全体主義」の性向だ。 韓国政治の底流には、親北左翼と保守勢力の長い対立がある。政治は、儒教的価値で動かされる。「正統性」と「大義名分」である。左翼は、「正統性は、日本帝国主義と戦闘した北朝鮮にある」との主張で、若者を引きつけた。 金大中政権の登場以来、親北左翼勢力が政治と社会の実権を、10年間も握った。発言権を失った日本の左翼勢力や北支持の学者らが、韓国左翼の応援に国境を超える。帝国主義的行動だが、韓国の左翼が招き入れる。半島国家特有の、周辺勢力を国内政治に「巻き込む」作戦だ。親北・反日政権が誕生する 次期大統領選立候補予定者の支持率は、ソウル大研究所の調査では、第一野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表23.1%、国連事務総長の潘基文(パン・ギムン)氏18.8%、ソウル近郊の城南市の李在明(イ・ジェミン)市長(野党)16.2%、第二野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)前代表8.0%だ。この他に、親北傾向の強い朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長も、立候補を視野に置く。朴市長は、慰安婦問題の「女性国際戦犯法廷」で北朝鮮工作機関の幹部とともに、重要な役割を演じた。日本の公安当局は「北朝鮮のエージェント」と、疑う。 韓国政治は、根深い地域対立が基本だ。保守の地盤は、日本海側の慶尚道である。朴正煕、金泳三、李明博、朴槿恵大統領らの故郷だが、今回の事態で分裂し、保守の地盤が失われた。野党と革新・左翼勢力の地盤は、古代百済地域の全羅道とソウル近郊地域だ。全羅道は金大中大統領の故郷で、盧武鉉大統領にも投票した。 野党候補は、当選のために親北左翼勢力の政策を取り入れる。それは①慰安婦合意の解消 ②日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄 ③在韓米軍撤退 ④反日、反米政策の展開 ⑤北朝鮮経済支援の再開 ⑥開城工業団地の再開-だ。韓国の左翼勢力は、日韓関係の悪化で、北朝鮮が利益を得ると判断する。また「反日」は、南北統一の際の「国民共通のアイデンティティー」になる、と考えている。 金大中政権と盧武鉉政権は、韓国軍幹部や情報機関幹部を、全羅道出身者や対北融和派、左翼系の人物に入れ替えた。その影響は、今も残る。新聞・テレビの編集局長、報道局長も左翼系の人物に変えさせた。北朝鮮が息を吹き返す北朝鮮が息を吹き返す 野党の大統領立候補予定者は、誰が大統領になっても、金大中政権と同じような対北支援政策を実行するだろう。かつての左翼政権は、総額で1兆円にも達する対北経済支援を実行した。来年の選挙で政権を奪還すれば、二度と保守勢力に政権を渡さない戦略が、展開される。保守派の有力者が逮捕され、報道機関は税務調査で脅される。 韓国情報機関の極秘情報も、北朝鮮に流れる。金大中、盧武鉉政権時代に、北朝鮮の工作機関統一戦線部と韓国の情報機関が「情報交換」していた事実は、広く知られる。これに怒った米国は、韓国に重要情報を教えなくなった。韓国に伝えた情報の60%が北に流れたと見ていた。 トランプ米次期大統領は、在韓米軍の費用負担増と撤退に言及している。韓国の左翼勢力は北朝鮮の意向を受けた反米活動を活発化させ、在韓米軍撤退運動を展開するだろう。かつて、金大中は在韓米軍の中立化に言及し、盧武鉉は米国が持つ戦時作戦権の返還と、在韓米軍撤退を目指した。同じ政策が、推進される可能性がある。12月1日、砲兵部隊の演習を視察する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同) 北朝鮮もまた、トランプ政権に期待をかけている。在韓米軍撤退に言及しているからだ。在韓米軍撤退は、金日成主席以来の北朝鮮の統一戦略の基本で、長年の夢だ。撤退が実現すれば、金正恩朝鮮労働党委員長の偉大な業績になる。在韓米軍が撤退すれば、韓国で革命を起こし軍事統一する戦略を、今も堅持している。 平壌(ピョンヤン)からは、国連や日米韓の制裁に困り果てている、との情報が流れている。北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソンヒ)米州局長は、11月中旬に米元外交官らに「来年2月までは、米朝対話の可能性を断つような行動をしない。来年2月の米韓合同軍事演習の中止を求める」と述べた。わずかな期待を、トランプ時期米大統領にかけるほどの、苦境にあるわけだ。米韓合同軍事演習に、北朝鮮がいかに困り果てている事情が、よくわかる。 ソウル大研究所の調査では、第一野党「共に民主党」の支持率は36.3%から22.9%に。第二野党「国民の党」も、12.8%から5.9%に激減した。その一方で、無党派層が17.2%から53.4%に急拡大した。親北野党政治家の李在民市長は、無党派層に期待して、立候補するだろう。野党の候補者が複数立候補すれば、保守政党の候補者にも当選の可能性が生まれる。 潘基文氏が、保守政党の候補者として当選すれば、慰安婦合意やGSOMIA協定の変更はない。米韓同盟も維持される。ただ彼は忠清道出身のため、慶尚道の保守票をまとめられるかが課題だ。北朝鮮が、2月以降に核実験を再開し、ミサイルを発射すれば、在韓米軍撤退の可能性は消え、「風」は保守に流れる。その「風力」が韓国の運命を決める。

  • Thumbnail

    記事

    対北強硬の朴槿恵退陣が招く金正恩「東京火の海」作戦の現実味

    李英和(関西大学教授) 韓国の朴槿恵大統領は任期満了前の退陣が確実となった。韓国の政局は事実上、次期の大統領選挙に向けて動き始めている。現在、支持率で首位を走るのは最大野党「共に民主党」の文在寅候補。かつて盧武鉉大統領の下で秘書室長を務めた親北急進左派の代表格だ。韓国の次期大統領選の有力候補の文在寅前代表 とはいえ文候補の支持率は3割ほど。最大勢力は4割近くの「無党派層」だ。韓国の大統領選挙で下馬評は当てにならない。勝負所は投票日の1週間前の世論だ。この留保条件は付くが、目下の所、韓国世論は大統領弾劾の波に流され、文在寅氏有利に大きく傾く。2期ぶりの親北左派政権誕生が現実味を帯びる。 そんな政情を眺めて、韓国の内外で心配が募る。金大中と盧武鉉の両政権で10年間続いた韓国政治の迷走ぶりがまだ記憶に新しいからだ。なかでも対北宥和策の「太陽政策」への逆戻りを心配する声が大きい。 左派政権の誕生を危惧する点では、筆者も同意見だ。国内政治と経済の迷走は避けられそうもない。大衆迎合主義による闇雲な「大企業叩き」が横行しそうだ。そうなると、前例に照らせば、韓国経済は低迷と混乱をきたす。国内政治も不安定化を免れない。 野党が挙げる朴大統領の弾劾理由は「憲法と法秩序の紊乱」だ。その根拠は「友人(霊媒師)による国政介入」で、国民主権を踏みにじったというもの。そうだとすると、文在寅氏も危うい。見方によれば、朴槿恵大統領をはるかに上回る弾劾理由に発展しかねないからだ。 金大中政権が500億円以上を北朝鮮に秘密送金した事件では裁判で有罪が確定している。盧武鉉政権でも似たような疑惑がささやかれた。極めつけは、盧武鉉政権が国連の北朝鮮人権決議に棄権票を投じたことだ(2007年)。 その際、事前に北朝鮮と相談して棄権を決めたことが、当時の外務大臣の回顧録で最近暴露された。「友人の国政介入」どころか、「敵(北朝鮮)との内通」疑惑だ。 もしも文在寅政権の誕生となれば、新種の弾劾政局が早期に訪れる可能性をぬぐいきれない。そうなると向こう数年間、韓国の政情は不安定が続く。国内での政治と経済の失敗は、韓国民の政権選択による自己責任だ。呆れはするが、他人が口出しする問題ではない。問題なのは「はた迷惑」だ。北朝鮮の核ミサイル問題に及ぼす悪影響である。 私見では、北朝鮮の核弾頭は既に小型化が完了し、短距離核ミサイルは実戦配備の段階にある。今秋に起きた日本近海への弾道ミサイル3連射はそのことを陰に陽に知らしめるためだった。「ソウル」から「東京」がターゲットに 米国領土を狙う中距離と長距離の弾道ミサイルも完成段階に近づく。北朝鮮の核ミサイル脅威は、韓国次期政権の任期内には確実に煮詰まって焦げ臭くなる。 その時機での親北左派政権の登場が好ましいはずはない。北朝鮮への国連制裁が強まる中で、さしもの左派政権も秘密送金などの露骨な対北支援はさすがに難しいだろう。 とはいえ、人道をうたい文句にした経済援助の再開や中国へのすり寄りに動くのは疑いない。つまりは日米韓の安全保障の三角同盟は足並みが乱れる。 だが、筆者はそれほど心配していない。世に「禍福はあざなえる縄のごとし」「万事塞翁が馬」のことわざあり。その段で、韓国での親北左派政権の誕生は、北朝鮮核問題の解決で、肯定的な意味での転換点となる可能性があるからだ。 北朝鮮の伝家の宝刀は「ソウル火の海」戦術だ。米国との軍事的緊張が高まると、北朝鮮は決まって「ソウル火の海」発言を繰り出す。ソウルを北朝鮮軍自慢の長距離砲弾をソウルに雨あられと降らせて焦土化する、という脅迫だ。 例えば、第1次核危機(93年)の際には、この「ソウル人質」作戦が功を奏した。クリントン政権は韓国政府(金泳三政権)の猛反対に遭い、北朝鮮爆撃作戦を撤回する煮え湯を呑んだ。 ところが、その後の歴代左派政権の時には発言を慎んだ。金大中と盧武鉉の両政権は「平壌のATM(現金自動支払機)」とやゆされた。親北政権を窮地に追い込むのは得策ではない。「ATM」は焼き払うには余りに惜しい。 そう考えると、核ミサイル問題が煮詰まった時点で、韓国での親北左派政権の誕生は、北朝鮮にとっては「痛し痒し」の面がある。「ソウル人質」作戦の効能が落ちることだ。朝鮮中央通信が報じた、北朝鮮による潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験発射(朝鮮中央通信=共同) 理由は二つだ。一つは、北朝鮮との内通疑惑の火種を抱える文在寅政権相手に、「ソウル火の海」の脅し文句は決めにくい。もうひとつは、文在寅政権が日米韓三角同盟から脱落すれば、日米両国にとってソウルは「人質」ではなくなる。 それでなくも米国のトランプ次期大統領は「アメリカ第一」を掲げる。北朝鮮が中・長距離の弾道ミサイルを完成させれば、トランプ政権は自衛的な先制攻撃を真剣に検討するだろう。その時にソウル人質作戦が通用しなければ、北朝鮮は最大の体制危機を迎えることになる。 その前に、北朝鮮は新たな「人質」を急いで探し求めることになる。「東京を核ミサイルで火の海にする」という人質作戦を繰り出す公算が高い。

  • Thumbnail

    記事

    北の核「もはや危機は我々の戸口にまで来ている」

    ます安全保障面での課題となろうと述べています。要旨は、次の通りです。生死にかかわる脅威iStock 韓国政府関係者達は、北朝鮮の核について、「生死にかかわる脅威」、「差し迫った危険」、「喉元に突き付けられた短剣」といった表現を使い、長期にわたる瀬戸際政策が新たな段階に入ったことを米国側に伝えようとしている。 ある韓国高官は、「北朝鮮の核ミサイルは4、5分でこの事務室に着弾できる。もはや危機は我々の戸口にまで来ている」と述べた。 米軍の高官も、「核の新たな脅威は朝鮮半島の外にも危険を及ぼす」と述べた。北朝鮮の核問題は次期米国大統領を悩ます筆頭の安全保障課題になるかもしれない。韓米両国は、金正恩が近隣諸国と米国を攻撃出来る核・ミサイル能力を獲得するために猛進していると見ている。 米韓両国の当局者たちは、北朝鮮の核保有への執拗な前進を阻止できなかったことに不満を感じている。外交対話、国連の経済制裁、軍事力による威嚇もすべて失敗に終わった。北朝鮮は、核・ミサイル計画以外の面では、哀れなほど遅れた国である。 中国の影響力にも限界があるようだ。アナリストたちの多くは中国なら北朝鮮に対して成功裏に圧力をかけることが出来ると見てきた。しかし、昨年、中国が4回目の核実験を行わないよう警告する特使を派遣したにもかかわらず、1月には実験が行われた。3月に、中国は、北朝鮮を非難し制裁を加える国連安保理決議を支持したが、これに対し、9月、金は5回目の核実験を行った。 この厄介な問題に米国がどのように対応すべきかについて、韓国の高官たちから有益な提案があった。第1の提案が、制裁の強化である。韓国は、北朝鮮が中国に対し石炭を輸出することを認める例外措置の廃止を求めている。石炭輸出は昨年10億ドルに達し、核計画に必要な外貨の収入源となっている。しかし、中国は隣国をこれ以上締め付けることを渋っている。 韓国のもう1つの提案は、金と北朝鮮エリートとの間に楔を打ち込むことである。朴大統領は、北朝鮮の高位層の亡命が増えているのは金体制の弱体化を示すものであり、韓国は脱北を更に奨励すべきであると述べた。 韓国が米国に最も求めていることは北朝鮮を軍事的に抑止することである。朴はTHAADミサイル防衛システムの配備に同意したが、2017年12月までは準備が整わない。韓国側は核の傘の信頼性に不安を抱く国民を米国が安心させることを求めている。具体的には、B-52、B-1爆撃機の領空飛行、米国高官の韓国訪問、両国間防衛対話等をより頻繁に行うことである。 韓国では、北朝鮮との対話再開について、世論の支持はほとんど無いが、韓米両国とも対話の扉は開けている。面子が立つ一つの方法は、米国が非核化について北朝鮮と秘密裏に予備的な対話を始め、何れ中国の協力も得て、公式の対話に繋げることである。但し、北朝鮮がそのような対話を望んでいる兆候はない。 以上のようなすべての努力が失敗に終わり、金が米国領土に届く核ミサイルを配備するに至った場合に何が起こるであろうか?「先制を優雅に云う表現が必要になる」と米国の元高官が発言した。言葉はどうであれ、次期米国大統領は、不快な軍事的選択に直面する他なくなるかもしれない。出 典:David Ignatius‘North Korea is scarier than ever’(Washington Post, October 13, 2016)https://www.washingtonpost.com/opinions/global-opinions/north-korea-is-scarier-than-ever/2016/10/13/....必要なことは制裁の強化 イグネイシャスが指摘する通り、金正恩が核・ミサイル開発を強力に推進し、中国がこれを許容する状況が継続すれば、次期米国大統領は不快な軍事的選択に直面する他なくなるかもしれません。必要なことは制裁の強化 国際社会がまず取り組むべきことは制裁の強化です。9月9日の北朝鮮の5回目の核実験に対する国連安全保障理事会の制裁措置はいまだに決まっていません。制裁強化に消極的な中国に対する説得努力を続ける必要があります。なお、9月下旬に米国政府が中国丹東市の貿易会社とその役員4名を北朝鮮の大量破壊兵器計画に関与したとして制裁対象に指定したケースでは、事前通報を受けた中国当局が同社の幹部らを拘束し捜査を行っていると伝えられています。 北朝鮮の核・ミサイル能力の向上に備えて米韓の「拡大抑止」能力の強化が不可欠です。米韓両国は10月10日から15日まで韓国近海で定例の合同海上訓練「不屈の意志」を米国の原子力空母も参加する史上最大の規模で実施し、10月18日にはワシントンで米韓外務・防衛担当閣僚会議(「2+2」)が開催されました。韓国の韓民求国防相は、10月14日の国会答弁で日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について「軍事的必要性を十分認識している。必要性が高まった」と述べています。 一方において、北朝鮮との対話の道を閉ざさないことも重要です。18日、北朝鮮の韓成烈外務次官が北京に到着しましたが、近く東南アジアで米国政府の元高官らとも会談すると伝えられています。

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮の核実戦配備は最終段階へ、3つの抑止策とは

    や指揮命令系統の信頼性の確保など、まだ初歩的な段階に過ぎないのである。 しかし、仮に北朝鮮が、米国や韓国への抑止力を確保したという認識を一方的に持った場合、地域における小・中規模の軍事的挑発行為を誘発する可能性も高まる。これが北朝鮮の核能力を過大評価することの危険性である。 我々は以上の過小・過大評価を慎重に避けつつ「核兵器の実戦配備は現実的段階にあるが、信頼ある対米抑止力の確保には至らない」ということを情勢判断の基礎に据えるべきである。北朝鮮の戦略的優位を阻む、不断の抑止態勢を築け 北朝鮮の核・ミサイル開発の進展は、日本を含む北東アジア諸国にとり、現実的で差し迫った問題となっている。 しかし、6カ国協議の再開の目処が立たず、北朝鮮が6カ国協議の共同声明を反故にするなかで、膠着状態に陥った多国間外交に打開の可能性を見出すことは難しい。今年の3月に制裁措置を追加・強化した国連安保理決議2270が全会一致で採択されたことは重要な成果だが、北朝鮮の核・ミサイル開発の制止に向けた効果を見出すことはできていない。制裁の効果の鍵を握る中国も北朝鮮の体制の動揺・崩壊に繋がるような圧力の強化には依然として及び腰である。 こうした中で重要性を増すのは、北朝鮮に新たな能力獲得によって戦略的な優位をもたらさない、不断の抑止態勢の整備の必要性である。第1に重要なのは、日本の弾道ミサイル対処能力の総合的な向上の必要性である。近年の北朝鮮の多種・多様なミサイルとその運用態勢に対応するためにも、隙のない即応態勢や同時・継続的な対処能力を強化する必要がある。北の挑発行動の拡大抑止の鍵 第2に、日米韓の安全保障協力を一層強化する必要がある。在韓米軍のTHAAD導入決定を重要な機会と捉え、韓国における早期警戒情報やXバンドレーダーの情報を日米韓がリアルタイムに共有することは日本のミサイル防衛の精度向上に不可欠となる。軍事情報包括保護協定(GSOMIA) (出所)各種資料をもとにウェッジ作成 そのためにも、日米韓でミッシングリンクとなっている日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の早期締結は急務だ。また、本年実施した日米韓のミサイル防衛合同演習を定例化・活性化させるとともに、米韓合同軍事演習への自衛隊の参加や、日米共同統合演習における北朝鮮の挑発・エスカレーション事態の重視など、平素の安全保障協力の基盤強化が重要となる。 第3は米国の核拡大抑止(核の傘)の重要性を日米及び米韓が不断に確認することである。北朝鮮の核・ミサイル開発の実態を踏まえつつ、北朝鮮のあらゆる事態に適合した米国の核態勢の維持は、北朝鮮の挑発行動の拡大を抑止するための鍵となる。その意味でも、米次期政権の下で策定される「核態勢見直し」が北東アジアの現実を見据え、核戦力の戦域展開を担保するものであってほしい。性急な核戦力の削減や「先制不使用」は北東アジアの現実とは相容れないのである。 以上の抑止態勢の整備によって、北朝鮮の核・ミサイル開発が限定的な効果しか生み出しえない戦略環境を作るべきである。こうした戦略的膠着が定着してこそ、北朝鮮に外交オプションを真剣に追求する機会を促すことができる。北朝鮮の核・ミサイル能力の過大評価に基づく必要以上の外交的妥協や、逆に過小評価に基づいて実態に向き合わないことの双方が、大きな安全保障上のリスクとなるのである。この記事は、現在発売中のWedge11月号の「核の実戦配備が迫る北朝鮮 抑止態勢の強化を急げ」から転載しております。 ⇒PART2「北朝鮮制裁は抜け穴だらけ、元国連担当者が語る真実」はこちら

  • Thumbnail

    記事

    最終かつ不可逆的な日韓合意がひっくり返されるか

    キャンダルの裏で、彼女の墜ちていく姿を見て勢いづく者も存在する。慰安婦問題を何度も蒸し返そうとする「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」をはじめとする勢力だ。昨年12月に日韓両政府が慰安婦問題の解決について「最終かつ不可逆的な合意」とされたが、これを認めていない。彼らを単なる反日活動団体と侮ることはできない。在韓ジャーナリストの藤原修平氏はこういう。「1993年11月に挺対協は、慰安婦問題も含めた『日本の戦後処理問題に関する国際討論会』という目的で、北朝鮮の招待を受けて渡航している。そのときから北朝鮮とのパイプができたと考えられます」崔順実氏の国政介入疑惑を批判する集会で、慰安婦問題解決を確認した日韓合意の破棄を訴える元従軍慰安婦と支援団体メンバーら=11月3日、ソウル(共同) 挺対協代表・尹美香(ユンミヒヤン)氏の夫である金三石(キムサンソク)氏と、その妹の金銀周(キムウンジュ)氏は、日本で北朝鮮工作員と接触した容疑で、1993年に韓国でスパイとして逮捕され、国家保安法違反で有罪が確定している。 また、挺対協は韓国最大野党「共に民主党」などと関係が深く、今回の朴大統領スキャンダルで保守系の与党が政権から転落すれば、さらに力を増す可能性がある。 実際、次期大統領として取り沙汰されている「共に民主党」の文在寅(ムンジエイン)氏は、2012年に挺対協の集会に参加しており、日韓合意の直後には、「合意は国会承認を得ておらず無効だ」と主張した人物だ。「もう1人の大統領候補、『国民の党』共同代表の安哲秀(アンチヨルス)氏は、ソウル大学で文氏やソウル市長の朴元淳(パクウオンスン)氏と同窓で、一緒に行動していた。2人に非常に近い人物です」(藤原氏) ここで出てきたソウル市長の朴元淳氏とは、弁護士出身で、日本の女性団体・バウネット・ジャパンなどが2000年12月に開催した「女性国際戦犯法廷(※)」で、韓国代表の“検事役”として昭和天皇を慰安婦の強制連行や虐待の罪で“起訴”した人物である。【※「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク(バウネット・ジャパン)を中心とする団体が2000年に始めた抗議活動。第2次世界大戦中に旧日本軍が行なった戦争犯罪を模擬裁判で裁くもので、慰安婦問題も追及している】 朴大統領が政権転落の危機に瀕しているということは、とりもなおさずそうした“反日・親北”勢力を利する状況が生まれているということだ。「もし文氏や安氏が大統領となれば、慰安婦合意を反故にするのは間違いないでしょう。日本がすでに財団に拠出した10億円は水の泡です。朴大統領の支持率急落とともに、保守系の後継候補の支持率も急降下しているだけに、現実味のあるシナリオになってきた」(前川氏) またもや「最終かつ不可逆的な合意」がひっくり返される日がやってくるということだ。関連記事■ 朴槿恵氏スキャンダルで日韓合意を認めぬ挺対協が勢いづく■ 韓国が小中高生向けに作成した慰安婦教材 史実歪曲した内容■ 米軍慰安婦で問われる朴槿恵氏の「歴史と向き合わぬ国」発言■ 前駐韓大使 慰安婦問題の妥結は日本より韓国にかかっている■ 反日勢力の急先鋒 韓国挺身隊問題対策協議会はどんな団体か

  • Thumbnail

    記事

    「朴槿恵は日本のスパイ」と煽る「韓国のトランプ」登場

     友人に機密情報を漏洩していた問題で、韓国の朴槿恵・大統領がいよいよ瀬戸際まで追い込まれている。そんななか、さらに追い打ちをかける問題が浮上した。「朴槿恵は日本のスパイだ」という批判に晒されているのだ。李在明・城南市長 発端は11月14日、日韓両政府が軍事情報包括保護協定に仮署名したことだった。北朝鮮の脅威に備えて日韓で軍事情報を共有することを目的とした協定だが、朴大統領への辞任要求が高まるなか、政府が野党からの反対意見を無視して強行署名したとして批判が噴出した。 特に注目を集めるのが、野党・民主党の李在明・城南市長がフェイスブックに書き込んだ発言だ。「我々を侵略し独島(竹島の韓国名)への挑発を続けている事実上の敵国である日本に軍事情報を無制限に提供するこの協定を締結するなら、朴槿恵は大統領ではなく日本のスパイだ」 すると韓国のネットユーザーから「絶対に防がないといけない」「また日本の植民地になるかと思うと怖い」と同調する声が相次ぎ、李市長を勢い付かせた。「大統領は売国親日将校(朴正煕・元大統領のこと)の娘であり、大統領弾劾が議論されているのにもかかわらず、売国協定の締結を急ごうとしている」「無能な皇帝と、売国大臣が国権をひとつずつ移譲した旧韓末(日本に併合される前の大韓帝国末期)の姿がそのまま再現されている」 そして「権力にしがみつく彼らを倒す道は、全国民の下野闘争と政界の弾劾手続きだ」と呼びかけると、またしてもネットが沸騰。民主党も「昨年の慰安婦合意に続く親日売国外交と規定し、総力を尽くし防ぐ」と呼応し、燃えさかる朴大統領批判に「反日」という新たな燃料が次々と投下されている。◆次期大統領候補に 興味深いのは、これを煽動する李市長が、次期大統領候補として急浮上している点だ。李市長は城南市の行政官出身で中央政治の経験はないが、実務能力に長ける一方、「親日残存勢力の一掃」などの過激な発言で人気を博してきた。今回のスキャンダルを機に朴批判の急先鋒となり、市民デモに積極的に参加しては、壇上で朴大統領の退陣を求め支持を広げている。韓国を取材するジャーナリストの河鐘基氏が言う。「李市長が見据えているのは、朴大統領辞任後の大統領選挙です。既得権益層の癒着体質に国民がうんざりするなか、李市長は政治家一族ではなく地方の行政官出身であることが好感を持たれて、大統領候補の支持率調査では4位に浮上した。さらに、反日・反北朝鮮でも国民の支持を集めている。韓国の既得権益層を批判し、過激にナショナリズムやポピュリズムを煽るという手法で、“韓国版トランプ”になりつつあります」 すでに李市長は、「韓国の既得権システムを制止し、新たな秩序を作るのに寄与すると心に決めた。今年中に公式に大統領選出馬宣言を準備している」とトランプさながらの発言を始めている。もっとも、支持率のために「反日」を利用する姿勢は、日本から見ると既視感しかないのだが。関連記事■ 高畑裕太の芸能界復帰説 二世仲間の渡辺裕太「応援しない」■ 上沼恵美子、溺愛するキンコン梶原にロレックスを購入■ 中谷美紀 外国人男性と夜の西麻布で密着デート■ 亀梨和也と交際の深田恭子、外で堂々会えないのが悩み■ フジ2017年カレンダーから「生野陽子アナ落選」の理由

  • Thumbnail

    記事

    スマホ爆発で儚く散ったサムスン 凋落が暗示する新たな韓国リスク

    渡邉哲也(経済評論家) 韓国経済が苦境に立たされている。韓国のGDPの20%を1社で稼ぎ出す最大財閥、サムスン。そのサムスンにも、今年8月に発売されたばかりのスマートフォン「ギャラクシーノート7」の爆発問題で暗雲が立ち込めている。リコール品がさらにリコールされたことで、その費用がかさむとともに、ギャラクシーブランドのイメージ悪化の影響が長期に及ぶ可能性が高い。しかも短期的な損失だけではなく、それ以上に中長期的影響が懸念されているのである。今回のリコールに関して、まだ原因が突き止められていないことも、サムスンの品質管理に大きな疑念を抱かせる結果になっているわけだ。 これまでサムスンは、迅速かつ大胆な「選択と集中」による業態変更と事業集約で業績を上げてきた。単なる家電メーカーに過ぎなかったサムスンだが、会長である李健熙(イ・ゴンヒ)氏の指揮の下、半導体や液晶、PC、携帯電話など時代のニーズに合わせた大規模な業態変更と設備投資を行い、規模のメリットを活かして好業績を上げ続けた。サムスン・グループの李健熙氏と洪羅喜夫人 しかし、この事業モデルにも暗雲が立ち込めている。2014年5月にカリスマ経営者だった李会長が心筋梗塞で倒れたことがつまづきの始まりだった。現在も意識のない状態が続いており、まさに「司令塔」がいない状態に陥っているのだ。サムスンにとって最大の稼ぎ頭は、利益の7割近くを稼ぎ出す携帯電話事業だったわけだが、オーナー不在の状態ではその次の方向性さえ見えない危機的状況にある。 今回のリコールがなかったとしても、市場ではサムスンの携帯電話事業は、ピークアウトしているという見方が強かった。なぜなら、高付加価値の高級機はアップルが抑えており、中低価格帯は同じアンドロイド陣営の中国の新興メーカーが大きく躍進しているからである。そのため、サムスンが現在の地位を確保するためにはアンドロイド最高級機を出し続ける必要があり、その焦りもあってか、iPhone7の発売を過剰に意識して開発を急ぎすぎたこともリコールの原因の一端になったと言われている。 現在、携帯電話各社は、顧客の抱え込みとつなぎとめに必死になっており、自社の新型機への買い替えに割引や特典をつけ販売している。サムスンも例外ではなく、いったん他社に流れたユーザーを自社に引き戻すのは容易ではない。中国メーカーのダンピングもあり、イメージが悪化したサムスンにとっては非常に厳しいものになるという見方が強い。ちなみに7-9月期のサムスンの推計シェアであるが、23.3%から20%にまで低下した。(IDC調べ) 10月27日に発表された2016年7~9月期のサムスンの決算では、携帯電話事業を抱えるITモバイル部門の営業利益はかろうじて黒字を維持したものの、前年同期比で96%減の約1000億ウォン(約92億円)にまで落ちこんだ。それでも全体の営業利益は約5兆2000億ウォンの黒字を維持しており、即座に経営不安が出る状況にはない。ただし、今回のイメージ悪化の影響が中長期的にサムスンを蝕むことになるのは間違いないだろう。また、今回のスマホ爆発事故に連動する形で、過去の洗濯機の爆発事故もクローズアップされており、影響は他分野に及ぶ可能性が高い。現代自動車を悩ます労働組合 また、サムスンだけでなく、韓国を支えるもう一つの軸である現代自動車も業績が急激に悪化している。こちらも国内でオイル漏れの「リコール隠し」が発覚し、米国でも「シーター2エンジン」欠陥をめぐる集団訴訟に敗訴。損害賠償は少なくとも1000億円程度になるとみられている。また、燃費のごまかし問題も米国で発覚し、和解金を支払わされている。これは韓国国内でも問題視されており、米国同様の訴訟に発展する可能性が指摘されている。 そして、現代自動車を悩ますもう一つの大きな問題が労働組合である。一般的に韓国の労働組合は組織として強く、経営側に対しても強硬な対応を取ることで知られる。特に資本力のある財閥系や自動車鉄鋼関係はその傾向が強く、「強すぎる組合」が企業を破綻に追い込んだ例も散見される。 現代自動車労組は、今年に入り24回のストを行い、9月には全面ストまで行った。その結果、9月の自動車出荷台数は前年比20%マイナスになっており、7~9月期連結決算では、営業利益が前年同期比29%減の1兆680億ウォン(約960億円)にまで落ち込んでしまった。こちらも黒字ではあるが、中長期的な影響が懸念されている。日韓財務対話を終え、笑顔で言葉を交わす麻生太郎副総理兼財務相(左)と韓国の柳一鎬・経済副首相兼企画財政相=8月27日、ソウル また、先日破綻した韓進海運の物流延滞の影響が他の輸出企業にも出始めており、違約金が必要になる企業や販売機会を逃した企業も出始めている。また、海運では現代商船も事実上の破綻状態にあり、国からの支援でなんとか経営を維持している状態にある。韓進に続き現代商船も破綻すれば、韓国の国際物流は壊滅的状況になる。そして、表裏一体にある造船会社も、大手はほぼ全てが過去のダンピング受注と納期遅れの違約金で売上よりも赤字額が大きい状態にあり、実質破綻状況にある。 もし、これらが破綻した場合、支援している国策銀行の行方も危ぶまれている。輸出入、産業、企業銀行がこれらの企業の株主や債権者になっているわけだが、破綻処理の過程で、国策銀行そのものが資本不足に陥る懸念が大きい。そして、造船大手の大宇造船は産業再生状態にあり、いつ破綻してもおかしくない状態なのである。ここが破綻した場合、産業銀行と輸出入銀行を「道連れ」にする可能性まで指摘されている。  また、国策銀行には政府の保証がついており、国策銀行の破綻が韓国政府の財政危機を悪化させるのは間違いなく、東アジア通貨危機の再燃が懸念されている。韓国政府が日本とのスワップを強く求めた背景にはこうした問題があったとされ、日本企業への影響や他のアジア諸国への波及なども考慮し、日本政府はこれを認めたと言われている。

  • Thumbnail

    記事

    サムスン不振で見えた「未成熟」韓国経済と日本の実力差

    加谷珪一(経済評論家) このところ韓国財閥の不振が目立っている。韓国を代表する企業であるサムスン電子は最新の決算で大幅な減益となったほか、韓国の海運最大手である韓進(ハンジン)海運は経営破綻した。日本を起源とするロッテ財閥は、グループの重光昭夫会長らが韓国検察から在宅起訴されるという事態に陥っている。財閥企業の経営不振から一部では韓国経済が急降下するのではとの懸念も出ている。一連の背景にあるのは韓国経済における慢性的な資金不足である。業績不振や不祥事が相次ぐサムスン 韓国経済は1997年に発生したアジア通貨危機の後、めざましい回復を見せ、2015年のGDP(国内総生産)は約140兆円と日本の3割に近い水準となっている。韓国経済が躍進する原動力となったのは、財閥系企業の活動であることは説明するまでもない。特にサムスン電子は、日本メーカーを完全に追い抜かし、最強のグローバル企業の一つに成長した。そのサムスンが大幅な減益となったことを考えると、産業界におけるショックは大きいだろう。 だが普通に考えて、国内の有力企業の経営が傾いたからといって、その国の経済がすぐにダメになるということはあり得ない。それにもかかわらず、財閥系企業の業績低迷が韓国経済そのものへの懸念につながっている。これには韓国経済特有のある事情が深く関係している。それは財閥系企業の影響力が圧倒的に大きいことと、国内の資本蓄積が経済規模に比べて貧弱なことである。 サムスン電子の2015年12月期の売上高は約206兆ウォンであり、同社が生み出した付加価値は77兆ウォンに達する。同じ年の韓国におけるGDPは1559兆ウォンなので、サムスン1社で全GDPの5%を生み出している計算になる。韓国経済のかなりの割合が、こうした財閥系企業の活動によって支えられているのだ。ちなみにトヨタが1年に生み出した付加価値は約5兆円であり、日本のGDPは約500兆円なのでトヨタの占める割合は1%である。 これに加えて経済の基本的な構造も日本とは異なっている。日本の場合、GDPに占める消費の割合は約6割となっているが、韓国は半分程度しかない。一方、設備投資がGDPに占める割合は、日本は2割だが韓国は3割に達する。GDPに占める消費の割合が高いということは、十分なインフラがすでに整備されており、安定した消費経済が存在することを意味している(ちなみに米国経済における消費の割合は7割に達する)。発展途上の韓国経済 つまり韓国経済は新興国から先進国に移行する途上であり、企業活動が経済全体に及ぼす影響は依然として大きい。サムスンなど大手企業の業績が低迷すると、設備投資が大きく減少するので、景気全体を冷え込ませてしまう。株価指数が映し出されたモニターを見つめるトレーダー。韓国経済は先行きの見通しが立たない 日本では企業の経営不振が長く続いているにもかかわらず、国内経済はそれほど壊滅的な打撃を受けていない。その理由は、企業活動とは直接関係しない、層の厚い消費経済が確立しているからである。日本の製造業はすでに衰退フェーズに入っているわけだが、これが逆に景気のバッファになっているのだ。 日本がこうした消費経済の恩恵を享受できるのは、長年かけて資本の蓄積を行ってきたからである。過去20年を取っても日本は累積で約280兆円の経常黒字の蓄積がある。韓国は最近ではかなり金額が伸びてきているが、同じ期間で58兆円程度の蓄積しかない。 経常収支は赤字・黒字という表現をするので国の儲けと認識している人も多いが、お金の出入りを示しているだけで、経常黒字そのものが国の利益につながっているわけではない。だが日本や韓国のような加工貿易を中心とした国の場合、輸入の代金や海外への投資に際して必ず外貨が必要となる。豊富な外貨の蓄積があることは、企業活動に極めて有利に働くことになる。 韓国はこうした資本蓄積が薄いことから、多くの必要資金を海外からの借り入れに頼っている。こうした資金に対しては金利を支払う必要があるほか、金融システムに異常があると、資金を調達できなくなるリスクを抱える。少なくとも韓国企業はこれまで大きな利益を得てきたので金利の支払いには苦労していないが、問題は資金不足の方である。韓国は1997年の通貨危機の際に、国内の決済資金が不足しIMFからの支援を受けている。韓国は日本との間で通貨スワップの協定を結んでいるが、いざという時に資金不足に陥らないようにすることが目的である。明確な実力差がある日本と韓国の経済 サムスン財閥やロッテ財閥はかねてから循環出資と呼ばれる手法を多用し、経営の不透明性が指摘されてきたが、韓国における資金不足は実はこうした経営の不透明性の遠因にもなっている。循環出資とは文字通り、財閥系企業が循環的に相互に出資する形態のことを指している。例えば、サムスン電子はサムスンカードに出資し、サムスンカードはサムスンエバーランドに出資する。サムスンエバーランドはサムスン生命に出資し、そしてサムスン生命はサムスン電子に出資する。こうして一連の出資はグループ企業をグルグルと回り続けることになる。サムスン電子本社 なぜこのような仕組みになっているのかというと、経済全体で十分な資本がなく、各財閥のオーナーが限られた資金力の中でグループ全体を支配するためである。各グループ会社に少しずつ出資しているサムスンのオーナー一族だけが、会社全体に影響力を行使することができるという仕組みだが、これは一種の資本マジックといってよい。ロッテもサムスンと同じような構造になっており、これが近年になって不透明性の温床であるとして批判の的となっている。 日本もかつては株式の持ち合いなど、循環出資的な慣習が残っていたが、社会の成熟化とグローバル化の進展で現在ではこうした慣行は急速になくなりつつある。一連の韓国経済に対する不安というのは、韓国が社会の成熟化、経済のグローバル化において未だ途上であることに起因している。 近年、グローバルな経済システムに対する否定的な見解を目にする機会が増えているが、日本と韓国の実力差は、日本がいち早く経済のグローバル化を達成したことによって得られたものである。先進国であることとグローバルな経済システムの運営は極めて親和性が高い。日本が強い先進国であり続けることを望むのであれば、こうした現実から目を背けてはならないだろう。

  • Thumbnail

    記事

    韓国で広がる財閥叩き 日本の「身代わり」に迎合する朴政権の終焉

    上念司(経済評論家) 私は韓国に対して差別的な感情を持っていない。事大主義やケンチャナヨ文化といったものは確かに韓国の停滞の原因かもしれないが、それをもってそれが劣ったことだなどと認定する気もない。本稿では、あくまで一人のエコノミストとして韓国経済の停滞について語ろうと思う。そして、最近バッシングにさらされている財閥の問題について、なぜこの時期にそれが始まったのかを考えてみたい。 よって、本稿は韓国批判を目的としたものでもなければ、いわゆる「嫌韓」的なものでもない。韓国経済の現状と課題について、私が思うことを語るのみである。 どの国の経済を語る上でも、統計を見ることが重要である。支那のように統計がまったく信頼に値しない国もあるが、韓国はさすがにそこまで酷くないだろうという前提で確認してみよう。まずは、経済政策が成功しているか失敗しているかを端的に表す数字から。失業率2013年 3.1%2014年 3.5%2015年 3.6%データ出所:JETRO 2013年に朴槿恵氏が大統領に就任して以降、韓国の経済政策は失敗続きだったと言っていいだろう。経済政策とは、一義的には失業を減らすために行うものである。失業率の推移が表すところを見れば、朴槿恵政権はそれに失敗している。 ちなみに、失業率は物価上昇率と逆相関の関係にある。つまり、物価上昇率が上がると失業率は下がり、物価上昇率が下がると失業率が上がるということになる。失業を減らすためには物価上昇率を一定以上になるようにコントロールしなければならない。その仕事を担っているのが韓国の中央銀行である韓国銀行だ。では、その仕事ぶりを見てみよう。消費者物価上昇率2013年 1.3%2014年 1.3%2015年 0.7%データ出所:JETRO 物価上昇率は低下中だ。こちらもまた見事に失敗しているとみていいだろう。つまり、朴槿恵政権成立以降、政府も中央銀行も政策運営に失敗しており、その結果として景気が低迷して失業が増えているのだ。 かろうじて物価上昇率はプラス圏にあるものの、このままでは日本がかつて経験したようなデフレに陥る可能性すら出てきた。あれほど日経新聞など日本のメディアが称賛した韓国経済は一体どうしてしまったのだろうか?とんでもないババを引いた韓国 そもそも、韓国製品がバカ売れした時代は日本が誤った経済政策によって勝手に自滅していた時期である。日本銀行はデフレを放置し、政府の景気対策も金融政策のサポートなしにはまったく効果を発揮できなかった。リーマンショックの発生によって各国中央銀行が大量に貨幣を発行して自国経済の救済に走ったが、日銀は一人何もせず放置した。その結果、日本円が国際市場で希少となり、1ドル70円台という超円高が襲ったのだ。韓国が漁夫の利を得たのは、日本の自滅によるところが大きい。GDPの4割近くを輸出が占める韓国経済にとっては恵みの雨だった。 しかし、安倍政権の成立と同時に、日本政府は経済政策を180度転換させてしまった。もう超円高は二度と来ない。韓国企業は円高ウォン安という追い風なしに、自力で日本企業と競争せざるを得なくなったのだ。ところが、このタイミングで朴槿恵政権という最悪の政権が誕生してしまった。この政権は、日米を捨て、支那に走るという誤った外交政策だけでなく、経済政策まで間違っていた。会談で握手を終え、すれ違う韓国の朴槿恵大統領(右)と 中国の習近平国家主席=9月5日、中国・杭州 最大の失敗は日韓通貨スワップを更新できなかったことだろう。もちろん、これは支那重視という誤った外交方針と整合性を取ったことの論理的な帰結である。韓国は支那とも通貨スワップを結び、支那が韓国の通貨防衛に協力してくれるはずだった。しかし、実際にはどうなったか? 本来援助の手を差し伸べてくれるはずの支那が人民元の暴落に怯え、自国のことで手一杯になってしまった。韓国はとんでもないババを引いたものだ。 韓国経済は巨額の対外債務によって支えられているため、常に資本流出の恐怖に怯えている。ウォン安が加速度的に進むと、海外の投資家が韓国から資金を引き揚げてしまうため、景気が悪化してしまうのだ。景気が悪化すればますます利回りが期待できない韓国からより多くの資本が引き出され海外に流出する。結果としてウォンは大量に売られて為替レートが暴落する。これがアジア通貨危機で実際に起こったことである。韓国政府は常にこの影に怯えているのだ。 ふつうは国内の景気が悪化し、失業が増えてきたら、金融緩和や財政出動を行って景気を下支えしなければならない。韓国の現在の経済状態ならすぐにそれをすべきだ。しかし、通貨の暴落に怯える韓国政府は安易にそういった政策が採用できない。なぜなら、ウォンを刷り過ぎれば為替レートが暴落し、アジア通貨危機が再来してしまうかもしれないからだ。弱い者いじめで国民の批判の目を逸らす朴政権日韓財務対話で握手を交わす韓国の柳一鎬・経済副首相兼企画財政相(左)と麻生財務相=8月27日、ソウル ある程度ウォンを刷っても為替レートが暴落しないようにするためには他国の援助が必要だ。それは「経済大国」による手形の裏書であり、具体的に言えばそれは日韓通貨スワップだったのだ。しかし、愚かなことに朴槿恵政権はいとも簡単にこの伝家の宝刀を手放してしまった。極めて愚かなことである。そのことによって、本来やるべき金融緩和や財政出動が十分にできない。これこそが韓国経済低迷の原因だ。 もちろん、韓国には財閥を中心とした非効率な経済システムが温存されていることにも問題はあるかもしれない。しかし、そういった構造問題は長期的に取り組むべき問題であって、数年単位で解決できることではないだろう。それよりももっと重要なことはマクロ経済政策の転換であり、それを実現するために必要なのは外交政策の転換である。政策の転換には、世界各国に慰安婦像を立てて日本を貶める活動を即座に中止し、日韓合意に従ってこの問題を不可逆的に解決することなども含まれる。そして、日韓通貨スワップを復活してもらうよう、日本にもメリットのあるディールをきちんと提案すべきである。 もちろん、韓国政府もバカではない。ここのところ韓国には日本に対して融和すべきだという意見もあるし、多少そういった動きもみられる。しかし、朴槿恵政権はどうもメンツにこだわっているようで動きが鈍い。また発言もよくブレる。関係改善は少しずつしか進んでいない。 しかし、そんな悠長なことをしていたら、韓国の人々の政府に対する不満が爆発する。朴槿恵政権はピンチだ。では、どうするのか? 一番手っ取り早いのは弱い者いじめで国民の批判の目を逸らすことである。 いま、韓国では財閥バッシングが幅を利かせている。これはまさに論理的帰結なのではないかと思っている。特に、ロッテという在日韓国人の企業がやり玉に挙がっているのは象徴的だ。スケープゴートとしては上出来 いま韓国は日本に助けを請う立場にある。日韓合意の件もあるし、政府が先頭になって日本叩きをすることができない。もちろん、支那やアメリカは大国なので叩けない。北朝鮮には口だけで文句は言えるが、実際には何もできない。消去法で財閥バッシングなのだ。韓国の朴槿恵大統領 特に、日本から来たロッテという財閥をターゲットとし、その不正をこれ見よがしに暴き、徹底的に叩くのだ。ロッテは日本の「身代わり」として人民裁判の法廷に引きずり出されたとみていいのではないか。そして、ロッテスキャンダルのとばっちりで、それ以外の財閥も大きなバッシングを受けているという。スケープゴートとしては上出来である。 確かに財閥支配は問題だ。韓国経済の効率性から考えてもいずれは解体されなければなるまい。財閥が存在し続ければ、多くの人が独自の視点でチャレンジし、成功した人がお金を稼ぐという経済のインフラが脆弱になる。なぜなら、財閥の意に沿わない事業には資金が集まらないとか、物件を貸してもらえないとか、仕入れを止められるといったことが往々にして起こるからだ。韓国ではスモールビジネスがある一定のサイズに成長すると、財閥が横やりを入れてその事業を奪ったりすることがままあるそうだ。これではリスクを取って起業しようとする人はいないだろう。だから、長期的にはこういった問題は解消されるべきである。 とはいえ、現状の景気低迷はこういった財閥を起因とする構造問題だけでは説明がつかない。むしろ、その原因の大半は朴槿恵政権の経済政策の失敗にある。さらに言えば、経済政策の失敗に輪をかけて外交政策の大失敗という問題がある。これは朴槿恵政権成立当初からの大きな方針だったので、本来なら責任逃れはできないはずだ。だからこそ、財閥を叩いて問題をすり替えようとしているのかもしれない。 しかし、いくら財閥叩きに迎合したところで、問題は何も解決しない。韓国国民はその点についてもう少しよく考えてみるべきではないだろうか? 次の大統領選挙ではよくよく考えて候補者を選ぶべきだ。老婆心ながら忠告しておきたい。

  • Thumbnail

    テーマ

    サムスン凋落が暗示する韓国の限界

    韓国最大の財閥、サムスングループが業績不振や不祥事に喘いでいる。旧態依然の財閥支配は弊害ばかりが表面化し、国内では「財閥叩き」が過熱する。一方、自身の疑惑で求心力と国民の信頼を失った朴政権にとっても、経済崩壊とのダブルパンチで終焉が近づくばかり。韓国はもはや「限界」なのか。

  • Thumbnail

    記事

    トップ不在中に火を噴いた 「サムスン・クライシス」が現実に

    機的状況であると同時に、これ以上ブランドが傷ついたり、傷口が広がるのを防ぐ狙いがあったといえますね。韓国サムスン財閥創業家の長男、サムスン電子の李在鎔副会長(ロイター) ご存じのように、サムスンは近年、世界のスマホ市場において、アップルと鍔迫り合いをくり広げてきました。そのスマホの主力商品であり、稼ぎ頭である最先端機種を打ち切るとは、大きな決断です。間違いなく、実質トップの創業家三代目、李在鎔さんが意思決定に関わっているでしょう。 「ギャラクシーノート7」は、サムスンが今年8月、韓国や米国などで発売しました。直後から、発火事件が相次ぎ、9月に入って、サムスンは「一部の電池に異常がある」として、ほぼ全量にあたる250万台のリコールを表明。不具合品を新品に交換する処置をとりました。 ところが今月4日、交換済みの「ギャラクシーノート7」が、航空機内で発火事故を起こしました。「原因は電池にある」としたことさえ確かではなくなり、11日、サムスンは生産、販売停止を発表。全製品を交換もしくは返金するとしました。 その後も、同15日、米連邦航空局は「ギャラクシーノート7」を航空機内に持ち込むことを禁止。日本の国土交通省も17日、これに続きました。 私は2011年、『サムスンの戦略的マネジメント』(PHPビジネス新書)、また、冒頭で述べたように15年『サムスン・クライシス』(張相秀氏との共著・文藝春秋)を上梓しました。 これらの執筆にあたり、複数のサムスン関係者を取材しましたが、11年、あるサムスン幹部がこう話したのが強く印象に残っています。「今後5年間に必要とされる人材は、すでに手当てしたから大丈夫だ」と。 その11年から、今年が5年目にあたります。いま、サムスンは大きな変化のときを迎えているのは間違いありません。「火噴きスマホ」に隠されたふたつの問題 今回の事故には、複数の問題が隠されています。以下に、二つだけ指摘してみます。 一つ目は、トップ不在中というタイミングです。『サムスン・クライシス』を執筆中だった14年5月、サムスン躍進の立役者である創業家2代目会長の李健煕氏が倒れ、現在にいたるまで入院、療養しています。 李健煕氏には、一人の息子と二人の娘がいて、みなサムスングループ内の企業経営に携わっていますが、グループ会長になるのは息子の李在鎔さんに間違いありません。14年に李健煕氏が倒れて以降、李在鎔さんは、実質的に会長の役割を務めてきましたから、実力不足が問題なのではありません。問題は、タイミングなんですね。 韓国は、儒教社会です。親の存命中に、子が親を差し置いてトップに就任することを、よしとしません。しかし、李健煕氏が経営にまったく関与できないまま、長期間トップ不在の経営が続くこともまた、避けなければならない。 李健煕氏が倒れてから、すでに2年半が経ちます。おそらく、李在鎔さんは、そろそろ本格的に三代目会長に就任する予定だったはずです。そのタイミングに合わせるように、今回の発火事故が起きました。つまり、三代目による「新生サムスン」を打ち出すタイミングとしては、最悪です。 二つ目に、人づくりの問題です。「今後5年間に必要とされる人材は手当てした」という話に触れましたが、サムスンは11年からの5年間に、世界市場における立ち位置が大きく変わりました。 従来のサムスンは、いわゆる「二番手商法」で急速に成長してきました。しかし、テレビやスマホをはじめとする市場で世界トップに立ったいま、求められる人材は、大きく変化しています。そこに、対応できていないんですね。 「ギャラクシーノート7」は、虹彩認証技術、防水防塵など初搭載の最先端技術を複数投入していました。今回の発火事故は、技術の検証や商品試験が十分でなかったとか、品質に対する過信に陥っていたのではないか。 ズバリいってしまえば、世界トップメーカーに求められる経営に、人材が追い付いていないということですよね。 サムスンは、いま、大きな危機に直面しているのは、間違いありません。まさしく『サムスン・クライシス』です。業績からいえば、一時的な落ち込みはそれほど深刻ではないといえます。しかし、世間の風当たりからすると、三代目の李在鎔さんの船出はかなり厳しいものになるでしょう。 ただし、例えばトヨタの豊田章男さんは、就任直後、品質問題で米国議会の公聴会を乗り切り、一流の経営者となりました。同じように李在鎔さんも、危機の乗り越え方次第では、一流の経営者として、内外から認められる経営者になるチャンスともいえますよね。 『サムスン・クライシス』でも書いた通り、サムスンには、「キャッチアップ型から市場創造型へと転換」することが求められています。一ついえるのは、サムスンは、そんじょそこらの企業ではありません。長い歴史をもち、しっかりとした経営理念や哲学、知恵を備える、強くしたたかな企業です。 いかにこの危機を乗り越えるか。その方法に、日本企業としてはしっかりと注目する必要があります。(ブログ「片山修のずだぶくろII」より2016年10月18日分を転載)

  • Thumbnail

    記事

    スピード出し過ぎで負けたサムスンが泥沼から抜け出す方法

    李受玟(韓国大手経済誌記者) 『韓国のプライド』三星(サムスン)電子がGalaxy Note7(ギャラクシーノート7)の発火事件のせいで最大の危機に陥った。原因が明確になっていないため、米国と日本をはじめ、多くの国で乗客の安全を理由に、この機器の機内に持ち込み禁止令を下すなど、10月11日販売中止の決定が出た後も事件の影響はまだ残っている。サムスン電子「ギャラクシーノート7」の販売中止を案内する韓国の携帯電話ショップ=10月11日、ソウル(AP) 5年ぶりに初めてサムスン電子の年売り上げが200兆ウォン(18.4兆円:1ウォン=0.0921円 2016年10月20日時点)を下回るものと予想される中、消費者の信頼を回復して再びアップルのiPhoneと対等な競争ができるかどうか注目される。 韓国のメディアはGalaxy Note7を、韓国のスマートフォンの歴史の中で最も短い寿命を記録した製品だと呼んだ。約50日間だけ販売されたGalaxy Note7の歴史は次の通りだ。 今年8月2日、サムスン電子は米ニューヨークで「今までのどのスマートフォンより優れている」といいながら、Galaxy Note7を公開した。この機器は同月19日から米国など世界各国で販売された。しかし5日後の24日、韓国のあるインターネット・コミュニティーで、「火と煙が出る」との書き込みが掲載され、サムスン電子の悩みは始まった。 米国や豪州でも発火が相次ぎ、サムスンは必死に原因を探し始めた。 機器の公開1ヵ月後の9月2日、サムスン電子はバッテリーの欠陥を公式的に確認し、「この時まで販売した機器すべてを新品に交換する」と発表した。バッテリーを納品した中国の会社で規格通りに製品を生産してないという点を原因として挙げた。韓国と米国ですぐ交換が始まった。しかし、問題は続いた。9月26日、中国で交換された機器でまた出火。10月1日には韓国でも新しい機器の発火事件が報告された。「バッテリーが原因」といわれていたサムスンの言葉は、消費者らにこれ以上信頼できない主張になった。欠陥を修正したという製品が再び爆発したその時点で「信頼のサムスン」はいなくなっていた。 事態がここまで来ると、韓国はもちろん、世界中でサムスン電子を信じて新製品を購入した人たちは不安になった。多くの韓国人たちはこう心配した。『私が寝ている時にスマートフォンで火が出たらどうする? 知らないうちに家が燃えてしまったら?』『子供が持って遊んでいる途中に火が出たらどうしよう』など。 結局、サムスン電子は、グループの研究所と政府機関に分析を依頼し、バッテリー自体の欠陥はないが、外部の衝撃で発火するという答えを得た。しかしスマートフォンを落とすことはいつでもある。消費者はGalaxy Note7を避け始めた。サムスン電子はこれ以上後退する場所もなかった。最後の決断がくる時だった。 今月11日、Galaxy Note7の販売と交換をすべて停止するという発表は、事態がさらに拡大することを防止しようとするサムスン電子が出した決断だったが、次の悪い道が待っていた。販売を強行して人がけがをしたり、死亡したりするかも知れない。ブランドのイメージは取り返しのつかないところに落ちてしまったが、最後まで行くのではない。そういう面で追加発火の可能性を事前に断ったサムスン電子の選択は正しかった。しかし、この事態が売上に残した影響は否定できない。 サムスン電子は今年4四半期から来年1四半期までGalaxy Note7の販売の機会を失うことで、被る損失が3兆ウォン(約2760億円)以上に達すると発表した。今までの販売中止による直接的な費用は既に4四半期の業績に反映したが、少なくとも2四半期以上の売上が打撃を受けると予想される。一部メディアでは北米地域のブラック・フライデーなど、スマートフォン販売シーズンの第4四半期に6兆ウォン程度の売り上げが発生する機会が空中分解したと報道した。「年売り上げ200兆ウォン」は絶望的に これについてサムスン電子のコミュニケーションチーム(広報部)は「Galaxy S7とS7エッジなど既存商品の販売を拡大して早めに正常化する計画だ」と話した。にもかかわらず、主要モデルの空白があまりにも大きいため、2011年以降続いていた『年売り上げ200兆ウォン』が実現されることはないと思う。 一方、Galaxy Note7の事態の根本的な原因は『技術開発競争のスピード出し過ぎ』のせいだという指摘も強がっている。世界のスマートフォン市場の成長の鈍化がますます進行し、消費者の目を引くことのできる新しい技術の開発に追い込まれた各社が無理にスピードを高めたということだ。特にIT分野の専門家たちは、グローバル・スマートフォンの市場の1位であるサムスン電子が今の席を守る同時に革新的な技術を出さなければならない、この二つの目標のため、競争を限界まで推し進めたと判断した。IBK証券の李・スンウ研究員は「サムスンの強さはスピードだが、協力社の技術力とスピードを考慮せず独走したのが原因だ」と語る。誰よりも早く、最高の機能を数多く搭載しなければならないという目標が、現在の技術の状況と合わず生じた問題という意味だ。 米国のオンライン・メディア・スレート・ドット・コムもGalaxy Note7の生産中止の原因について、「革命的な製品を出さなければならないスマートフォン・メーカー各社の激しい競争が物理的な限界にぶつかった」と報道した。同メディアはまた「Galaxy Note7の電池の爆発の原因はまだ正確に分らないが、メーカーがリチウムイオン電池の限界まで(機能を)増やしてきた事実は知っている、特にサムスンが一つの端末に様々な機能を可能な限りたくさん入れたために発生した問題ではないか」と推定した。 サムスン電子が、泥沼から抜け出すためには、多くの人々が触れたように、『狂ったスピード競争』でどんなものを失ったのか振り返る必要がある。まず、経営者は特定した機能や性能を実現するために発生し得る問題を取り上げる技術者たちの言葉に耳を傾ける必要がある。その上、開発の期限を守るために協力社を追いつめるより、徹底な機器の点検を行うことが望ましい。時間も費用も増える道だが、方法はただそれだけだ。

  • Thumbnail

    記事

    韓国経済の先行き暗い 最大輸出先・中国の「韓国離れ」

     韓国経済が苦境に陥っている。新型スマホ「ギャラクシーノート7」が発火事故を頻発させていることから製造中止に追い込まれたサムスンや、ストライキが相次ぐ現代自動車などの製造業だけでなく、韓国ロッテグループは、今年に入ってソウル中央地検が創業家に対する横領・背任疑惑の捜査に着手。ついに9月19日、重光昭夫・現会長が在宅起訴されるに至った。創業者の武雄氏、そして昭夫氏の兄の宏之氏らも同日に起訴され、一連の捜査で創業家5人が起訴されるという前代未聞の事態となった。逮捕状審査のため、ソウル中央地裁に出頭した韓国ロッテグループの重光昭夫会長=9月28日(共同) ロッテは創業家のお家騒動が勃発し、まだ解決に至っていない。昨年1月、創業者の重光武雄氏が日本のロッテHDの副会長だった長男・宏之氏を解任したことに始まり、韓国事業を統括していた次男・昭夫氏は取締役を解任されるなど、親子間、兄弟間の争いが続いている。 ロッテグループだけでなく、世界7位のコンテナ積載量を誇る海運最大手の韓進海運が経営破綻するなど、韓国を支えてきた巨大財閥系企業が、総崩れに陥っている。さらに先行きを暗くするのが、最大の輸出先である中国の「韓国離れ」だ。 韓国の対中輸出は全体の25%に達する。ところが近年、中国は自前の産業育成に取り組んでいる。価格競争力で勝る中国企業は造船、鉄鋼、石油化学などの伝統的産業で世界シェアを伸ばし、今や韓国の競争相手となっている。 お得意様にシェアを奪われる状況は、韓国経済の成長を支えた電機、自動車産業でも同様だ。「3年前、中国のスマホ市場でトップだったサムスンは中国企業のシャオミなどに追い抜かれ、いまやトップ5にも入っていない。長安自動車や長城自動車に追い上げられた現代のシェアも低下した」(前出・韓国人ジャーナリスト) なぜ、韓国企業は苦境に陥ったのか。『週刊東京経済』元編集長の勝又壽良氏は、韓国企業の「強み」のなさを指摘する。「元々、韓国企業の技術は日本の支援で培われたものです。例えば、サムスンは1980年代に日本人技術者を週末のソウルに呼び、高額のバイト料を払って技術を学んだ。 彼らはウォン高にあぐらをかいて自前の技術開発や技術投資を怠り、今や韓国の主要産業で中国との技術差はなくなり、中国が韓国から製品を買う理由もなくなった。追い詰められた韓国はTPP参加に活路を見出そうとしているが、『売れるモノ』を持たない韓国に展望はない」関連記事■ 韓国経済が失速 中国が得意分野を取って代わる構図で打撃■ パナソニック幹部「韓国台湾企業の技術、販売力は日本以上」■ 賃金払わず夜逃げした韓国企業に「民度が低い」と中国人非難■ 中国で松下幸之助や稲盛和夫らの日本人の経営哲学が広く浸透■ 中国で嫌韓がピーク「韓国人は何かと自国の優位を口にする」

  • Thumbnail

    記事

    経済状況は危機水準 行き詰まる韓国が日本に及ぼす嫌な影響

    ッテルを貼られるリスクを抱えます。経済副首相が「非常対応体制に入る」 私がもっと気にするのは8日付で韓国の経済副首相が「経済状況を危機水準と認識し、非常対応体制に入ると明らかにした」(中央日報)という報道であります。「薄氷を踏むように非常に危険」であり「必要に応じて市場安定化措置を速やかに取る」体制を敷くことを決定しています。一連の不正資金疑惑の中、海外逃亡生活を続けていた韓国財閥の旧大宇グループの金宇中・元会長。2005年6月、逃亡先のベトナムから帰国後、当局に拘束された(ロイター) これで思い出すのが1997年の韓国危機。韓国第2の財閥(当時)、大宇グループが破たん、解体され、国家はIMFで管理された屈辱の歴史でありますが、あの時も97年12月の大統領選で金大中氏が当選し、翌年2月に金泳三大統領が退任した歴史を踏んでいます。つまり、大統領交代を伴う経済危機と合致しています。 今回の問題のキーは大統領の影響力が財閥にどれだけ及んだか、であります。朴大統領の親友の崔順実が支配するミル財団とKスポーツ財団に韓国財閥より70億円相当の寄付があったとされますが、その財閥とはサムスン、現代、LG、SK、ロッテと見事にそろい踏みであります。 日本は資本家と労働階級という明白な区別がない、と先日指摘しましたが、韓国は財閥を通じた欧米と同じような格差が存在することで同国が常に強固な労働組合と対峙し続ける構図を作り出していました。そして現代韓国の歴史であれだけ問題になった財閥解体は今でも行われず、腐敗と権力闘争を繰り返しています。まさに変われない国民性とも言えましょう。 日本と韓国は双方、貿易相手国として第3番目の規模を誇ります。その貿易額は15年で8.57兆円に及びます。韓国経済の行方に暗雲が立ち込めれば当然日本に跳ね返って来ます。これは日米関係という大枠と違い、目先のビジネスへの影響という点は否めないでしょう。 韓国は国内事情だけではなく、北朝鮮との問題は緊迫した状態にあります。THAADに伴う中国との微妙な温度差もあります。朴大統領から実権が誰かに移った場合、朴政権の政策と判断をひっくり返すことも大いにありうるでしょう。それぐらい同国の基盤はガタガタであり、危機的状況という高官のコメントは現実味を増しているとも言えそうです。(ブログ「外から見る日本、見られる日本人」より2016年11月9日分を転載)

  • Thumbnail

    記事

    サムスン・ショック 大失態の要因は極端なコスト削減

     「サムスン・ショック」に韓国が揺れている。最近の韓国経済は半導体・自動車・鉄鋼・造船の4大産業がことごとく苦境に陥っているのだ。サムスンの洗濯機(手前3種類、ロイター) とくに中小企業の低迷は深刻で、全企業の約4割にあたる8万社が借金の利息さえ払えない状態にある。 だが、そうした事実が指摘されても、韓国の危機意識は高まらなかった。韓国のGDPの2割を占めるともいわれる世界最大規模の電機企業であるサムスンがいる限り、韓国経済は安泰──そんな「サムスン神話」があったからだ。 しかし、その神話は粉々に打ち砕かれた。同社が8月に発売した新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」が世界中で爆発事故を起こしたのだ。 当初、サムスンはバッテリーが発火原因であると発表し、リコール(無料回収・修理)を実施したが、10月には交換した製品が米国の飛行機内で発火し、あわや大惨事となるところだった。 サムスンのお粗末な対応に米連邦航空局は、同製品の機内持ち込みを全面的に禁止した。日本の国交省なども追随し、世界中でギャラクシーノート7は“搭乗禁止”となる。そして年末商戦を控えたタイミングにもかかわらず、わずか2か月で製造・販売中止に追い込まれた。『週刊東洋経済』元編集長の勝又壽良氏が解説する。「企業の製品事故に伴う損失コストは、設計段階のミスなら初期コストの10倍程度だが、製品販売後では1万倍を要するとされます。今回は最低3000億~5000億円の損失が見込まれている。サムスンブランドの失墜などを加味すると、最終的な損失額は計り知れない」 3年前に豪州でサムスン製の洗濯機が爆発する事故が起きた際、同社の売り上げは約15%低下した。今回はサムスンにとって「事業の大黒柱」であるスマホで発生しただけに、経営の根幹を揺るがしかねない。 それほどの大失態の要因は、極端なコスト削減にあると韓国人ジャーナリストは指摘する。「昨年からサムスンは生産単価を下げるため、IC(集積回路)やタッチパネルなど主要部品を自社製造に切り替えた。その一方で、外部パートナーから購入する部品には最低価格公開入札を導入。安全よりコストを優先した姿勢が爆発事故の背景にあると指摘されている」 同じくスマホで世界進出するLGエレクトロニクスもシェアを落とし、「2014年に4・3%だった世界市場シェアは今年上半期に2.7%まで下落し、韓国内では経営陣の失策が批判されている」(同前)状況にある。関連記事■ サムスンに引き抜かれた人材を日本企業の幹部「裏切り者だ」■ サムスン株急落で「ざまぁ」の声出るも「日本経済が困るよ」■ サムスン 長年の仇敵もいまや日本企業にとっては運命共同体■ 韓国企業が仕方なく始めた独自のイメージ戦略の結果は散々に■ 韓国の財閥 国内は市場ではないと認識し国民の貧乏を歓迎

  • Thumbnail

    記事

    朴氏疑惑を最も喜んだのは誰か? 崔順実で霞むもう一つのスキャンダル

    西岡力(東京基督教大学教授) 韓国政治が大きく揺れている。朴槿恵大統領の古くからの友人である崔順実氏が、民間人でありながら国政の機密文書を入手し、大統領に政策や人事そして服装などについてアドバイスしていたことが暴露されたことがきっかけだ。崔氏が廃棄したタブレットパソコンを入手した中央日報系のニューステレビ局のスクープ報道だった。ソウル中央地検に出頭し手で顔を覆う、韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実氏(中央)=10月31日(共同) ただし、今年初め、崔氏が実質的に支配するスポーツと文化振興のための二つの財団が突然作られ、その金集めに大統領府が協力したことと、2つの財団が朴槿恵大統領退任後の活動の拠点になるという疑いが報じられたことが、その伏線としてあった。批判を受けた2つの財団は、崔氏の影響力を完全に排除する形で再発足させられ、崔氏は娘とともにドイツに逃避していた。実は、崔氏一家が慌てて出国する過程で、ある人物に廃棄を依頼したパソコンが記者の手に渡ったのだ。 大統領は会見を開いて大統領選挙当選後、就任するまでの間に、一部の機密文書を崔氏に見せていたことを認めて謝罪した。しかし、大手のメディアの暴露合戦が続き、野党だけでなく与党も大統領の「道徳性」を批判する中、政界、言論界で誰も大統領を守ろうとせず、支持率も10パーセント台に急低下し、政治混乱が続いている。 ちょうど舛添前東京都知事のずさんな政治資金の使い方や贅沢な出張などが連日、暴露合戦で報じられていた状況とよく似た雰囲気が醸成されている。親北左派はもちろんのこと、従来からの朴槿恵支持派も「このような大統領を持って恥ずかしい」と憤慨している。 ただ、報道で伝えられる朴槿恵大統領の違法行為は、大統領就任前に引き継ぎ段階で入手した外交や南北関係に関する秘密文書を民間人である崔氏に見せ、自身の演説などに対してアドバイスをもらっていたことが大統領記録物管理法や刑法違反になる可能性があること、また、大統領就任後、機密文書である大統領の日程を事前に崔氏に伝えて着ていく服などについてアドバイスをうけていたこともやはり同じ容疑がある。崔順実スキャンダルで一番得をしたのは? 崔氏は外交や安保、経済政策についての専門知識を持っておらず、内政に関与したと言われているのは文化やスポーツ政策だ。報道によると彼女のアドバイスによって人事や予算が恣意的になって、彼女に利益を与えていた疑惑があるが、大統領の政治責任は重大だが、刑事責任を問えるかは現段階では不明だ。ソウル中央地検に出頭した韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実氏=10月31日 一方、この崔順実スキャンダルによって、野党の有力大統領候補である文在寅氏と北朝鮮の間のスキャンダルがかすんでしまった。実は崔スキャンダルが浮上する直前には、2007年盧武鉉政権が国連の北朝鮮人権決議案の採決前に北朝鮮に意見を求め、それにしたがって前年に賛成していた同決議採決を棄権したというスキャンダルが噴出していた。 当時外交通商部長官だった宋旻淳氏が最近出した回顧録によると、政権内で決議に賛成するか棄権するか対立が起き、大統領秘書室長だった文在寅氏が、2007年11月16日に行われた会議で、自分が外相でいる限り賛成しかないと主張した宋旻淳氏をおさえて、南北ルートで北朝鮮の意向を聞くという結論を出したという。外交政策について事前に北朝鮮に問い合わせをしていたという、当時の外相による暴露で文在寅氏は世論の批判を浴びていた。 北朝鮮は、朴槿恵大統領が今年に入り、金正恩政権批判を強め、大量亡命を促したり、金正恩暗殺作戦の演習を公然と行うことを激しく非難してきた。朴槿恵大統領の今回のスキャンダルはまさに北朝鮮と韓国内親北勢力を、結果として利するものとなっている。 韓国政治は、儒教的血縁主義の呪縛を脱することができず、歴代の大統領は保守、左派を問わず、肉親が不正で逮捕されてきた。全斗煥大統領は実弟と夫人の親族、盧泰愚大統領は夫人のいとこ、金泳三大統領は次男、金大中大統領は3人の息子、盧武鉉大統領は実兄、李明博大統領は実兄が逮捕されている。 独身である朴槿恵にとって崔順実は肉親に近い存在だったが、彼女が逮捕された。同じことの繰り返しだ。権力が大統領に集中する中、公私の区別よりも身内最優先が当然という政治文化の中で、大統領に近い人物を周囲がほっておかず、大統領も最終的に信じられるのは身内しかいないという思考方式から脱けられないことがこの背景にあった。父、朴正熙の甘さがスキャンダルを生んだ 朴槿恵大統領の父である朴正熙大統領はそのような儒教的政治文化と激しく戦い、大統領府に親戚が自分の名前を語って不正をしていないかを監視する秘書官を置いていた。しかし、朴正熙大統領も母を北朝鮮のテロで失ったあと、娘である朴槿恵がファーストレディとして激務をこなしていることをみて、崔順実の父親が娘に接近して彼女を利用しておかしな活動をしているという報告を受けながら、それを厳しく取り締まることをしなかった。娘に対する甘さが今日のスキャンダルを生んだことになる。韓国中部鶏竜で開かれた「国軍の日」の記念行事で演説する朴槿恵大統領=11月1日 朴槿恵大統領は局面打開のため、盧武鉉政権時代に副首相と大統領府政策室長を歴任した大学教授を首相に指名した。しかし、野党は朴槿恵スキャンダルが来年末の大統領選まで続くことを内心望んでいるので、その人事に反対しているから、国会での承認が順調に進まない可能性が高い。憲法上、大統領は内乱罪など以外は訴追されないが、機密漏洩などについては検察の捜査に応じることが先ず必要だろう。 一体、崔順実と朴槿恵の不明朗な関係が、どのくらい韓国の国益を害したのか、法律上の違法行為は何があったかを国民の前に明らかにした上で、与党を離党して、安保と外交、経済に専念し、来年の大統領選挙を公正に管理すると宣言するしか混乱を治める道がない。趙甲済氏ら保守派のリーダーはそのようにアドバイスしているが、崔順実氏以外に信頼する側近を持っていない大統領が、自身の法的、政治的責任を認め、退任後、逮捕されることを覚悟して、自己犠牲の上に政局を治められるかどうか、韓国の自由民主主義は正念場を迎えている。

  • Thumbnail

    記事

    朴槿恵の心の闇につけ込んだ「霊夢」 崔順実ゲート事件の内幕

    竹嶋渉(元在韓ジャーナリスト) 現在、韓国政界を揺るがせている「崔順実ゲート」事件。事件の内幕が徐々に明らかになるにつれて、朴槿恵政権をも揺るがしかねない事態になっている。 この事件は女性実業家・崔順実氏(60)が朴槿恵大統領を通して国家機密情報を入手し、国政の運営や政府の人事に関して大統領に助言を与えていたほか、崔順実の血縁者が文化・体育関係の財団を相次いで設立し、そこで不正をほしいままにしてきた、というものである。崔順実氏の娘・鄭ユラ氏にも不自然な特例入学や恩恵付与が報じられてもいる。 韓国では、過去に大統領の近親者や周辺人物が権力を背景に大規模な不正を行った事例があり、これだけでは特に驚くに当たらない。  今回の事件が特異だったのは、「大統領の周辺人物」が新興宗教関係者であったこと、親子2代にわたって濃密な関係を結んでいたことだろう。崔順実氏の父・崔太敏氏(1912~1994)は1970年代に新興宗教・「永世教」を興し開祖となった人物。崔太敏氏は、朴槿恵氏の父・朴正煕大統領の時代から大統領府に出入りし、権勢をほしいままにしていたという。 1974年8月、朴槿恵氏の母親・陸英修女史が狙撃されて死亡する事件が起こるが、このころ崔氏は朴槿恵氏にも接近。1975年に「大韓救国宣教団」なる団体を創設して総裁に就任、朴槿恵氏を名誉総裁に迎えている。1977年には朴正熙大統領から不正疑惑を直接追及されているが、この際には処罰を免れている。1979年に「大韓救国宣教団」を「セマウム奉仕団」に改称し、大学や企業の内部でその勢力を伸長させた。1970年代の朴槿恵氏(大韓民国大統領秘書室編『セマウル』(1975年)より) 崔太敏氏は6人の妻との間に8人の子(3男6女)をもうけたが、崔順実氏は5女にあたる。崔太敏氏は自らの「霊性」を継承する存在として、崔順実氏を特に寵愛していたという。崔順実氏が朴槿恵氏と本格的に親交を深め始めたのは1977年ごろとされている。1977年に崔順実氏は「セマウム奉仕団」の全国大学生連合会会長となり、1979年6月に開かれた「セマウム奉仕団」の体育大会では朴槿恵氏の横の席に座っていたことが確認されている。 1979年10月に朴正熙大統領が暗殺された後、崔父娘はますます朴槿恵氏に食い込み、故・陸英修女史が設立した児童福祉財団・「陸英財団」の幹部も務めた。この財団の運営をめぐり、朴槿恵氏の妹・朴槿令氏と崔父娘との間に摩擦が起こり、朴槿令氏が崔太敏氏の処罰を求めて大統領府に嘆願書を出すという事態が起こっている。もっとも、朴槿恵氏はこの事態の経緯について、自叙伝などでも詳しく触れていない。 「一部では、私が育英財団の運営から退いたことについて、いろいろな憶測を流しています。母が生前建てた子供会館が、姉妹のあいだのいざこざを生んだかのように見られることは、あってはならないことだし、いかなる理由でも許されないことなので、妹にその職を譲った(1990年)。その後、問題が起きたというニュースに接する度、歯がゆい思いをするが、私は妹がよくやってくれていると信じている(朴槿恵氏の側近に対する槿令氏側の批判が発端となり、理事長職を辞任。その後も運営をめぐりトラブルが報じられていた)。」(朴槿恵著『絶望は私を鍛え、希望は私を動かす-朴槿恵自叙伝』晩聲社より)朴氏に欠けていた「実務能力」 自叙伝では一言も触れられていないが、朴槿令氏の嘆願書は「私の姉(朴槿恵)には何の罪もありません。崔太敏に徹底的に騙されていたという罪だけです。騙されている姉が可哀そうで仕方ありません」(李相哲著『朴槿恵の挑戦-ムクゲの花が咲くとき』中央公論新社より)という文章で始まるものだった。韓国の朴槿恵大統領と友人の崔順実氏のお面をかぶって抗議する市民=10月27日、ソウル(ロイター) 1980年、朴槿恵氏は大邱にあった私立総合大学・嶺南大学校の理事長にも就任しているが、ここにも崔太敏氏の近親者が食い込み、不正入学や奨学金横領などの不正を働いたことが明らかになっている。 崔太敏氏は1994年に死亡したが、崔順実氏はその後も20年以上にわたって朴槿恵氏との関係を保ち、朴氏が政界入りした後にはさらに大きな影響力を行使するようになった。ちなみに崔順実氏の前夫・鄭允会氏は崔太敏氏の元秘書であり、朴槿恵氏が国会議員であった期間には、朴氏の秘書室長を7年も務めた。このような癒着がすでに報じられているような数々の不正を生んだことは想像に難くない。 では、なぜ、崔父娘がここまで朴槿恵氏に食い込むことができたのだろうか。まず、朴槿恵氏が20代の若さで相次いで両親を失うという悲劇に見舞われたことが挙げられるだろう。朴槿恵氏は「無所不為(できないことは何もない)」とまで呼ばれた強権的な大統領の娘である。傷心の朴氏につけ入って何らかの利益をむさぼろうとする輩が現れたとしても、特段、不自然なことではない。 また、朴槿恵氏の自叙伝を読む限り、韓国で広範囲に信仰されているキリスト教や仏教など、既存の宗教を信仰していた形跡がない。崔太敏氏は母親・陸英修女史の「霊言」「霊夢」などを口実に朴槿恵氏に接近したが、特別な信仰のない朴槿恵氏にとっては受け入れやすいものだっただろう。また、朴槿恵氏は、とかく「親日派」「独裁者」などと批判を受けてきた父親の業績が正当に評価されることを望んでおり、こうしたことも父親の時代から関係を保ってきた崔父娘との関係を断ち切りがたいものにしたはずである。1970年代の朴槿恵氏(大韓民国大統領秘書室編『セマウル』(1975年)より) 「選挙の女王」などと呼ばれ、政治的な機微に優れているとされる朴氏であるが、政界入りする前までは、実質的な役職に就いたことがない。朴槿恵氏が政界入りする前に就いた代表的な役職は「陸英財団」「嶺南大学校理事長」であるが、いずれも名誉職的なもの。この二つの組織の内部で崔父娘とその近親者が不正をほしいままにしていたわけだから、朴氏には実務をつかさどる能力が欠けていたと言わざるを得ない。こうした実務能力の欠如が、甘言を弄する周辺人物の助言に依存する結果となったと思われる。それが数々の不正を生み、政権末期になってそれが一気に噴出し、ついには政権を揺るがす事態になった、というのが今回の事件の内幕であろう。 大統領夫妻の暗殺という悲劇と、親子2代にわたる腐れ縁が生んだ、更なる悲劇と言わざるを得ない。

  • Thumbnail

    テーマ

    朴槿恵を操る「宗教家」の正体

    いつの世も権力者というのは孤独なのだろうか。韓国の朴槿恵大統領をめぐる政治スキャンダルのことである。朴氏の「心の友」とされる崔順実(チェ・スンシル)氏とのただならぬ関係に司法のメスが入ったが、新興宗教家の父を持つ彼女の政治介入が事実だとすれば、まさに怪僧、ラスプーチンの再来である。彼女は一体何者なのか。

  • Thumbnail

    記事

    暴走する朴槿恵のホンネとタテマエ 国政介入招いた「やりすぎ」の構造

    佐藤健志(作家・評論家) 韓国は目下、朴槿恵大統領の長年の親友といわれる女性・崔順実(チェ・スンシル。ただし現在では「チェ・ソウォン」を名乗っているという)氏が、公職についてない民間人であるにもかかわらず、国政に深く介入していたとされる疑惑に大きく揺れている。 10月25日には、この件に関連して朴大統領が謝罪。10月31日には、検察に出頭した崔順実氏が緊急逮捕されたが、真相究明はこれからとされており、大統領の弾劾や、辞任を求める声まで高まるにいたった。大統領の支持率は日を追って下落、今や10%前後にまで落ち込んだと言われる。崔順実氏(韓国誌「時事IN」提供・共同)国政介入の問題点は何か 報道を見るかぎり、崔順実氏をめぐる疑惑の内容は、主として以下の三点にまとめられる。 (1)自分が関与した二つの財団の理事職に、多数の知人を送り込んだ。また大統領との関係を利用して(あるいは「青瓦台」、つまり大統領府の圧力で)、両財団への出資を財界に求めたうえ、当の資金を私的に流用した可能性もある。 (2)大統領と親しいというだけで、政府の高官たちと接触、人事や政策に口を出した。 (3)大統領の演説草稿や閣議資料など、公務に関わる機密文書を入手し、内容について介入した。(※)娘を名門女子大に不正入学させたという疑惑も持ち上がっているが、これは脇に置くことにしたい。 事実だとすれば、どれも感心しない話だが、とくに重大なのは(3)だろう。韓国紙「中央日報」日本語版が10月26日付で配信した記事によれば、崔順実氏のパソコンからは、わが国の特使団を含めた内外要人と会見したり、電話で話したりするにあたって、事務方が用意したとおぼしい資料のファイルが多数発見された。 日本特使団との会見資料には、竹島や慰安婦の問題などに関する対応指針も記されていたと言われる。しかもこれらのファイルが崔氏のパソコンに保存されたのは、会見や通話が行われる前のことだったのだ。http://japanese.joins.com/article/028/222028.html?servcode=200§code=200 このような機密性の高い文書(北朝鮮との極秘接触に関するものもあったと報じられている)が、事前の段階で民間人の手に渡ることは、国益に重大な支障を及ぼしかねない。政治や外交、安全保障の専門家でもなく、公職にもついていない崔順実氏が、内容に口出しすることの是非はもとより、かりにファイルが彼女のもとから流出、インターネットを通じて拡散でもされたら、どうするつもりだったのだろうか。 朴槿恵氏は大統領としての見識を疑われても仕方ないと言わねばなるまい。真偽のほどは不明ながら、崔氏を中心とする民間人のグループが、実質的に朴氏を操っていたという説すら飛び出すにいたっている。朴槿恵大統領と崔順実氏の関係朴槿恵大統領と崔順実氏の関係 崔順実氏の父親は、崔太敏氏という宗教家だった。 朴槿恵氏の父親は有名な大統領・朴正煕だが、彼は1974年、夫人の陸英修氏を暗殺で失う。当時フランスに留学していた朴槿恵氏は、ただちに韓国に戻って、実質的なファーストレディとしての役割を果たすことになった。崔太敏氏はその前後から朴正煕大統領に接近、これをきっかけとして朴槿恵氏と崔順実氏の交友も始まったと言われる。1975年6月、ソウルの高校で行事に参加した崔太敏氏(左)と朴槿恵氏(聯合=共同) 朴正煕大統領も、1979年に暗殺された。以後、朴槿恵氏は長らく政治の世界から身を引くが、崔太敏氏と順実氏の父娘はこの時期も彼女を支えている。朴槿恵氏が崔順実氏に対して特別な思い入れを持つにいたったのにも、無理からぬ事情があったのだ。 ちなみに崔順実氏は、実業家の鄭允会(チョン・ユンフェ)氏と結婚していたものの(現在は離婚)、鄭氏についても、朴槿恵政権の人事に介入しているという疑惑が報じられたことがある。2014年、旅客船「セウォル号」が沈没して多数の犠牲者が出たとき、韓国では朴大統領が事故発生直後に男性と密会していたのではないかというウワサが流れたものの、そのとき密会相手と目されたのも鄭允会氏だった。 くだんのウワサについて記事を書いた産経新聞ソウル支局長(当時)の加藤達也氏は、大統領にたいする名誉毀損に問われるハメになったものの、2016年10月28日に同紙が配信した記事で、取り調べ中、崔太敏と崔順実の両氏に関して、検事からしつこく聞かれたと回想する。逆にそのせいで、崔父娘との関係こそ朴槿恵大統領の最大の急所だと気づいたとのことだが、加藤氏も今回の疑惑について、両親がともに暗殺されるという朴槿恵氏の過去と、そこから生まれた孤独感や猜疑心が根底にあると述べた。 つまり崔父娘の他には、本当に信じられる相手がいなかったのではないかということなのだ。そして崔太敏氏は1994年に死去しているため、残るは崔順実氏だけとなった次第である。http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/161027/wor16102708090005-n1.html?obtp_src=www.iza.ne.jp「やりすぎVSやりすぎ」の構造「やりすぎVSやりすぎ」の構造 けれども国政介入疑惑をめぐっては、朴槿恵氏の過去や性格もさることながら、韓国社会におけるタテマエとホンネのあり方が、少なからず作用しているように思われる。 物事について、タテマエとホンネとが存在すること自体は、古今東西どこでも見られる。しかし韓国では、両者がともに極端になりやすく、それでいて奇妙にバランスを取ってしまうのだ。10月31日、韓国ソウル中央地検前でメディア関係者や朴槿恵大統領の退陣を求める市民らに取り囲まれる崔順実氏(AP) 崔順実氏をめぐる疑惑で言えば、権力者が自分の周辺を、身内や親しい間柄の者、あるいは世話になった者で固めようとするのは、望ましいかどうかは別として、自然な心情にすぎまい。 それらの人物に特権や便宜を提供するのも、タテマエ上は問題があるとはいえ、ホンネとして理解しうる。だとしても、公職についていない民間人に対して、政府の人事や政策に口を出すことを許したり、当の人物に国家の機密文書を見せたりするのは、いかんせん「やりすぎ」ではないだろうか。 関連して紹介したいのが、「中央日報」日本語版が11月1日付で配信した記事である。これは崔氏が検察に出頭し、深夜に緊急逮捕されたことを報じたものだが、書き出しはこうなっていた。 元・現大統領の家族でもなかった。企業のトップでも高官でもなかった。周囲の人たちが「会長様」(注:「絶対的な実力者」の意)と呼んでいたが、いかなる肩書もない女性、チェ・ソウォン(60)だった。世間は彼女を崔順実(チェ・スンシル)と呼ぶ。 http://japanese.joins.com/article/212/222212.html?servcode=200§code=200 上記の文章から読み取れるのは、次の二点である。 (1)現職の大統領や大統領経験者の家族、企業のトップ、あるいは政府高官など、「偉い人々」のからんだ不正、ないし不正疑惑なら、さして驚くにはあたらない。 (2)しかし今回の疑惑は、まったく肩書きのない一民間人が、「偉い人々」以上の不正をやらかしたかも知れない点で、そのような基準に照らしても、なお衝撃的だった。 「権力を握ったら最後、何をしてもいい」というホンネが、韓国社会のレベルで計っても暴走してしまった次第なのだ。暴走するタテマエ しかるにタテマエのほうも、しっかり暴走している。崔順実氏に機密文書を見せたことをめぐって朴大統領が謝罪した翌日の10月26日、「朝鮮日報」紙日本語版の社説は、大統領が「今や国民を説得する最低限の道徳性まで失い(中略)もはや政府の各部処(省庁)も大統領の指示が受けられないだろう」と書き(二番目のカッコは原文)、「今は誰もが大韓民国の国民であることを恥だと口にしている」と結んだ。 「政治を私物化してはいけない」というのは、タテマエとしてまったく正論である。だとしても真相の究明がこれからであり、かつ大統領が謝罪した段階で、ここまで糾弾する姿勢を見せるのも、いかんせん「やりすぎ」ではないだろうか。ついでに現在の韓国で、本当に誰もが「大韓民国の国民であることは恥だ」と口にしているかどうかも、少なからず疑問の余地があろう。韓国・ソウルで行われた朴槿恵政権に対する抗議集会=10月28日(共同) 同じ26日に配信された「ハフィントンポスト」の記事にも、朴槿恵大統領を「何の内容もない人物」と評したジャーナリストの発言や、現政権が「事実上、すでに植物政府(注:植物人間の政府版らしい)になった」という、野党関係者の発言が紹介されている。 また10月29日には、ソウル市内で大規模な抗議デモが行われた。ところがデモ隊が、届け出ていたデモのルートを変更したり、警官から楯やヘルメットを奪ったりしたにもかかわらず、ソウル警察庁は翌日、「市民の皆さんも警察の案内に従い、理性的に協力してくださったことに感謝申し上げる」と表明する。 31日、崔順実氏が検察に出頭した際など、「これでも食らえ」ということなのか、検察庁の入り口に動物の汚物をまき散らした者がいたと報道された。さらに11月1日には、ソウルの最高検察庁にパワーショベルで突入する者まで現れるありさま。 文字通りの暴走だが、運転していた男は警察に対し、崔氏が出頭の際に「死んで償うほどの罪を犯した」と語ったので、それを手伝ってやろうと思ったと供述しているとされる。ただし残念ながら、崔氏がいたのは同じ検察でも最高検察庁ではなく、ソウル中央地検だった。 こういった「『悪』と断罪された相手には何をしてもいい」と主張せんばかりの発想が、「権力を握ったら最後、何をしてもいい」という発想と通じるのは明白ではないだろうか。ホンネとタテマエはつねに表裏一体、ないし紙一重の関係にあるのだ。 となると、崔順実氏や朴大統領をたんに批判したり、政治の刷新を唱えたりするだけでは、今回のような疑惑の再発を防ぐためには十分ではない。真に必要なのは、韓国社会におけるタテマエとホンネのあり方を見直し、両者が極端になることなく共存する道をさぐることと言える。 その際には「反日」の理念についても、ぜひ見直すことを期待したい。周知の通り、反日は韓国の国是、ないしお家芸とも呼ぶべきものだが、例によって例のごとく、「暴走するタテマエ」としての性格を多分に持っているからだ。 では、反日のタテマエに対応するホンネとは何か? これについては、朴槿恵大統領が就任直後の2013年3月、「加害者と被害者という(日韓両国の)歴史的立場は、千年の歴史が流れても変わらない」旨の発言をしたことを挙げれば足りる。 何というか、驚くべき発想ではないだろうか。朴槿恵が正しければ、向こう千年間、韓国はわが国に負けつづけるのである!

  • Thumbnail

    記事

    朴槿恵は「閔妃」と同じだ! 李朝時代と変わらぬ韓国政財界の闇

    果的に、大統領に影響力を使って、利権をほしいまま手に入れていったのでしょう。ソウル中央地検に出頭した韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実氏=10月31日(共同) 朴槿恵の私的な部分を指摘したコラムを書いて韓国検察に起訴された産経新聞の加藤達也元ソウル支局長が男性問題を取材していましたが、そういう人脈も含めてあらゆる落とし穴がある中で、人間の弱さに気づかなかったのでしょう。 歴代大統領も似たようなもので、普通は大統領の妻や兄弟が権力にすり寄る者に利用されて、崔氏のような人物に引っかかるんです。でも、朴槿恵は夫も子供もいないので、親しい友人が不正、腐敗の窓口になってしまったということです。きっと崔氏と同様に影響力を持つ人は朴槿恵の回りにほかにもいると思いますよ。 これは中央集権国家の弊害で、韓国に限ったことではありません。中国でも権力者の腐敗はよく知られていることで、今回の朴槿恵自体にそんなに責任があるわけではないですが、結局取り巻きの人間がそうしてしまう。韓国の大統領は孤独なんです。 廬武鉉元大統領も退任後に親族らによる不正献金疑惑が浮上して結局自殺に追い込まれてしまったように、決して珍しいことではない。大統領の力を利用しようと、接近してくる人物に足元をすくわれる構図は繰り返されてきている。最近の韓国は朝鮮時代に先祖返りしただけなんじゃないでしょうか。 今回の不正が明るみになったカラクリは、朴槿恵が使っていたパソコンから足がついたんでしょう。処理をちゃんとしないで、頼まれた人がそれを処理しなかった可能性が高い。本来ならきちんと消去などの処理をやってくれる人がいるはずなのに、とにかくお粗末なんですよ。権力者の器ではない朴槿恵 簡単に言えば朴槿恵の脇が甘かった。側近なんかも信用し過ぎて裏切られたんでしょうね。朴槿恵は秘書官をすべて切ってしまったみたいで、新たに来た人たちがどれだけ彼女を支えられるか、その人材の確保は難しいと思います。今はほぼ孤立状態にあるわけです。 普遍的なことですが、権力者は側近から良いことしか聞かないので判断が鈍るんです。だから権力を持った者が最も気をつけなければならないところを朴槿恵が手抜かりをしたということなんです。 朴槿恵は元大統領の娘ですが、やはり精神的に弱かったということ。両親を早く亡くした上に結婚もしていない。不安ばかりが募って崔氏という女に頼り切ってしまったのは理解できます。まあ、所詮、朴槿恵は権力者になるべき人物ではなかったということでしょう。 今回の問題でやっかいなのは、この混乱を利用しようとする勢力が韓国内には必ずいるという現実です。韓国国内で北朝鮮に関わりを持つ勢力がここぞとばかりにつぶしにかかり、北朝鮮の勢力拡大に一定の役割を果たすんです。 もちろん北朝鮮シンパの野党も活動を活発化させます。今、大統領の責任を声高に訴えているのは、どうもそういった勢力のようです。やはり完全な権力闘争ですね。これだけの事態になると、次の選挙に大きく影響し、結果的に北朝鮮に利する政権が誕生してしまえば最悪の事態といえるでしょう。 そして北朝鮮は必ずといっていいほど、つけこんでくるはずです。朴槿恵の騒動でせっかく弱り始めた北朝鮮の台頭を後押しするようなことになれば、それが一番罪深い失敗ということになります。弾道ミサイルの発射実験を視察する金正恩氏(朝鮮中央通信=共同) 朴槿恵の残りの任期は1年4カ月ほどあり、大統領を辞任しない限り弾劾されないため、なんとかのらりくらりと大統領を続けるでしょうが、任期満了後は訴追されることも考えられます。 この間に落ちた支持率を上げるために、「反日」色を強めて国民の意識をまとめるのではという懸念については、今回のような事態にまでなれば、そんなことしても無駄ですね。もう完全にターゲットが朴槿恵になっているので、野党は次の政権を取りに来るわけですから。ここで「反日」を使っても効果はほとんどないでしょう。時間がかかる韓国社会の成熟 韓国で旧態依然とした権利闘争や利権の奪い合いが激しいのは、強い自尊心と権力を掌握したがる国民性だと思います。良いか悪いかは別にして、韓国の外交が巧みなのはそのせいです。米国や中国に評価されたい願望が過剰にありすぎて、それがねじ曲がった「反日」活動をエスカレートさせる原動力になっています。 良い例が韓国の財閥の現状でしょう。ここにも利権があまりにも集中するため、結果的に腐敗して不祥事が相次ぎ、それがより大きな権力者に利用されていくのです。韓国の財閥は財閥自体が朝鮮時代にあった党派争いをしているようなもので、互いにつぶし合ってきた結果、その権力闘争の中で衰弱していった財閥もあります。「現代」の本社ビル それは極度な独裁政治を敷く北朝鮮も、朝鮮時代さながらに韓国と党派争いを起こし、悪い方向に先祖返りしたのですが、今回の事件を見る限り、韓国も同じような失敗をしてしまったようです。これは朝鮮半島の指導者の粒が小さくなり、喫緊の政治課題が見えなくなったからでしょう。そこに中国までが絡んできて、日本に対しては生産的ではない歴史問題に固執しています。東アジアは確実に退歩しています。そこにロシアが漁夫の利を狙っているというのが、今の状態なんです。 特に韓国と北朝鮮はこのままの状態で、国際社会で本当に生き残れるのか疑問に感じます。そこで、日本がどう対応し、いかにリーダーシップを発揮するかが問われています。 かつて伊藤博文が統監府の統監となって財政再建をしようとした時と、同じような状況といったらいいかもしれません。よく言われるのは、当時の韓国は、中央集権的だった日本の平安時代末期の社会相とよく似ており、韓国の自立のため地方分権的な社会作りを求めた伊藤の施策は、理解が難しかったのです。 今回の件で、日本は韓国という国の一面を垣間見ることになりました。日本としては朝鮮半島との歴史的な状況を念頭に置き、冷めた目で静観しつつ対朝鮮半島との外交戦略を構築しておく必要があります。 (聞き手、iRONNA編集部・津田大資)

  • Thumbnail

    記事

    朴氏「最大のタブー」崔順実スキャンダルはなぜ表面化したのか

    秀樹(静岡県立大学大学院 国際関係学研究科准教授) 今回のスキャンダルの一報を聞いて、これはある意味韓国現代史の悲劇であると言えるのではないかと感じました。朴槿恵氏は母・陸英修(ユク・ヨンス)女史と父・朴正煕元大統領を相次いで暗殺で失うという非常に悲惨な経験を経て、心に深い闇を抱えるようになりました。それが今回の事態の一因になっているように思います。バランスを失った朴槿恵氏の心の隙間に崔順実氏の父親、崔太敏(チェ・テミン)氏が巧みに入り込んだのです。ある種の「マインドコントロール」にかかったような状態が現在まで続いているのではないかと思わせるものがあります。そんな人物が国民の直接選挙で大統領になってしまったのです。取り調べのため、ソウル中央地検に入る崔順実氏=1日(聯合=共同) 崔太敏氏と朴正煕氏が親密だったこともあり、娘の朴槿恵氏を取り巻く崔順実氏と元夫の鄭允会(チョン・ユンフェ)氏、さらに崔太敏氏をめぐる噂は昔からありました。私が韓国に留学した1980年代後半でも、特に朴槿恵氏と崔太敏氏の根拠なき与太話が酒場で飛び交うほどでした。権勢をほしいままにした朴正煕の娘であり、陸英修氏亡きあとはファーストレディの代役を務めるなど国民的人気もあった朴槿恵氏は、それだけでも特別視される存在だったのです。 崔順実氏に関しては、元夫である鄭氏が朴氏の元側近であり、2年前にも旅客船セウォル号沈没事故の当日に「朴氏と鄭氏が密会していた」という根拠のない噂が広がり波紋を呼びました。疑惑はなんとか収束して朴氏は困難を乗り切ったかに見えましたが、甘かったようです。「最大のタブー」は他にもあったのです。今回の事態は、大統領府が設立に関与した疑いのある2財団を崔順実氏が私物化したという資金流用疑惑がきっかけでマスコミから追い掛けられるようになり、機密資料が入った崔氏のタブレット端末の存在が発覚しました。 終わったはずの疑惑がぶり返した背景には、4月の総選挙で与党セヌリ党が惨敗を喫したにもかかわらず、親・朴槿恵体制が続いたことがあると思います。与党からは有力な次期大統領候補があがらず、潘基文国連事務総長に頼るほかないありさまです。朴政権がレームダック化していく中で、隠しきれるはずのスキャンダルが世に出てしまった側面があるように思います。与党が総選挙に勝っていたらこうした事態には至らなかったかも知れません。朴氏を自縄自縛した「国会先進化法」 今回のスキャンダルのきっかけとなった資金流用疑惑の構図は、歴代大統領がたどったパターンだと思います。崔氏は朴氏にとって唯一信じられる「身内」といっても過言ではない存在だったと思われるからです。歴代の大統領は、親族による大統領の権力を笠に着た不正・横暴が暴露される形で悲惨な末路をたどっています。朴氏は自伝で認めているようにある種の人間不信に陥っていて、大統領になってからも「不通」問題が指摘されてきました。妹の槿令氏や弟の志晩氏が崔太敏氏との関係を切るように80年代から言ってきたにもかかわらず、朴氏は耳を貸しませんでした。崔順実氏は孤独な朴氏にとって、母も父も殺されて周囲がみんな離れていく中でも心の支えになってくれた牧師の娘だったわけで、権力を利用してさまざまな不正を働いたという構造はこれまでと変わりません。 野党も当初は挙国一致内閣を求めたかと思ったら、真相究明が先だと言い出したり、対応が揺れています。与党内からも解党的出直しを迫る声が出てきていますが、与野党とも1年後に控える大統領選挙を念頭にどう対応していくべきか図りかねている状態です。中立的な人物を立てて与野党による挙国一致内閣を組織するのか、それとも大統領の弾劾に動くのか、世論の動向を見ながらタイミングを測っている感じだと思います。いずれにせよ、朴大統領は与野党の駆け引きの道具として使われた末に惨めな形で退任することが避けられないでしょう。 ただし「朴正煕の娘」という政治家・朴槿恵の強さが失われたわけではありません。彼女の政治的アイデンティティは政策でもイデオロギーでもなく「朴正煕の娘」であることなのです。朴氏には何があっても彼女から離れない「コンクリート支持層」がおり、彼らは朴正煕氏を心から信じてきた層でもあります。支持率もさすがに大きく落ち込みましたが、これほどの大スキャンダルにもかかわらず何とか踏み止まっているのはこうした支持層のおかげだと思います。韓国の大統領選は同じ与党でも現職を批判しなければ勝利できませんが、朴氏に対しては、3割はいるとされてきた支持層を敵に回すことから、そうした戦法が使えないと言われたほどです。2012年12月、ソウル・青瓦台で会談する韓国大統領選で当選した与党セヌリ党の朴槿恵氏(左)と李明博大統領(聯合=共同) 韓国の国民にとっては当然、衝撃の事態です。自分が選んだ国家元首が正体不明の新興宗教の牧師の娘に操られていたということが受け入れられないのです。韓国はいま、経済は苦境に立たされ、安全保障でも困難に直面しています。朴氏が野党時代に主導して作った「国会先進化法」は、与野党が対立する案件は6割の賛成がないと国会に上程できない規定となっており、大統領就任以降、政権が提出する主要法案が国会を通らない異常事態が続いています。雇用問題や所得格差など改善できていませんから、国民生活は火の車です。安保も北朝鮮の度重なる挑発の前に危機的状況です。未だ国論を二分する朴正煕の評価 そんな最中に起きた国を揺るがす大スキャンダルですから、国民に動かされる形で与野党が朴氏の弾劾に動く事態もあり得ると思います。ただ弾劾については、盧武鉉元大統領の時の失敗を教訓に、安易に動くことには与野党とも慎重にならざるを得ません。今は沈黙しているコンクリート支持層の反発に触発された世論の批判を受けて、しっぺ返しを食らう事態を恐れるわけです。ただし、盧氏の時と今回とは状況が大きく違います。盧氏は就任1年後、それも総選挙直前の弾劾請求でしたが、朴氏の場合は残り任期1年余りのうえ、総選挙も敗北する形で終わっているからです。記者会見で謝罪する韓国の朴槿恵大統領=10月25日、ソウルの青瓦台(聯合=共同)  もし与野党が合意して国会で弾劾が可決されれば、憲法裁判所の判断に委ねられますが、認められれば60日以内に後任の大統領選挙が行われます。ここで問題になるのは、与野党とも大統領選への準備が全く進んでいないということです。潘基文氏や、野党からは実質的な最高実力者である文在寅(ムン・ジェイン)氏の名前が挙がりますが、韓国政治が大転換点を迎えたいま、果たして彼らが国民の目に新しい道を提示できる人物と映るかどうか、疑問が残ります。既存の政治に対する不信感は頂点に達しています。 潘氏が支持を集めてきた理由は、国内で「世界大統領」とも呼ばれる国連事務総長という抜群の知名度に加え、外交官出身のクリーンなイメージによるものですが、任期末になって、与党の親・朴槿恵派に近づきながら大統領への色気を露骨に見せるようになってきたことから、今回のスキャンダルで大きな打撃を受けると思います。むしろこの二人を飛び越えて、次の次の大統領候補と目されていた人たちによる世代交代が一気に起こる可能性もあると思います。 現在の韓国の繁栄を作り出す上で、朴正煕が果たした役割が大きいことは疑いないものの、一方で、韓国社会が抱える様々な矛盾にも朴正煕の存在は大きな影を落としています。英雄か、単なる独裁者か、朴正煕をめぐる評価は未だに国論を二分するほどです。非業の最期を遂げた朴正煕の娘である朴槿恵までがこうした形で惨めな末路をたどることになったことは、韓国現代史の大きな悲劇だと思います。(聞き手、iRONNA編集部・松田穣)おくぞの・ひでき 静岡県立大学大学院国際関係学研究科准教授。福岡県出身。九州大学大学院比較社会文化研究科博士後期課程単位修得退学。NHK記者、朝日新聞記者、韓国東西大学校国際学部助教授などを経て、平成22年から現職。専門は現代韓国政治外交、朝鮮半島をめぐる国際関係。

  • Thumbnail

    記事

    崔氏逮捕で収拾か、エスカレートか? 朴大統領スキャンダルの行方

    辺真一(ジャーナリスト、コリア・レポート編集長)(Yahoo!個人 2016年11月1日分を転載)韓国へ帰国した崔順実氏=10月30日、仁川国際空港(聯合=共同) 「韓国版ウォーターゲート事件」を模倣して「崔順実ゲート事件」と呼ばれる朴槿恵大統領にまつわる一大スキャンダルが渦中の人物、崔順実氏が電撃逮捕されたことで急転収拾に向かうのか、それとも、さらにエスカレートするのか重大な局面を迎えている。 朴槿恵政権が早期収拾、幕引きを図ろうとしているのは明らかだ。何よりも事件の主役である崔順実容疑者が事実上逃亡先のドイツから急転直下帰国し、検察の事情聴取に応じたことがそのことを示している。 崔容疑者は帰国直前の「世界日報」とのインタビューでは「ドイツに移住するため来た」と長期滞在を示唆していた。また、韓国の検察に召還された場合、帰国する考えはないかとの質問に「今は飛行機に乗れないほど神経が衰弱しており、心臓も悪く、治療を受けている」と語っていた。それが一転、帰国となった。 ドイツは崔容疑者にとっては1979年から85年まで留学し、住み慣れた言わば「第二の故郷」である。家もあり、成人になったばかりの一人娘もいる。それでも大騒動の中、帰国を決断したのは、窮地に立たされている朴大統領を救う思いがあるのだろう。 崔容疑者は昨日中央地検に出頭する際に「死ぬほどの罪を犯してしまいました」との言葉を発し、国民に謝罪していた。「死ぬほどの罪」とは一連の容疑への謝罪ではない。 崔容疑者は前出のインタビューで「大統領は立派な人だ。そんな人に物議をかもすようなことをしてしまって申し訳なく思っている。死にたい気持ちだ」と語っていたところをみると、朴大統領に対して罪を犯したという意味のようだ。この言葉とおりならば、朴大統領を庇うつもりで帰国を決断したといえる。自分が表に出ることで朴大統領への風当たりを少しでも弱めることができると考えているに違いない。 崔容疑者には▲「ミル文化財団」と「Kスポーツ財団」の不法設立と基金募金疑惑と韓国とドイツで設立した「ザ・ブルーK」など私的な会社への流用疑惑▲青瓦台文書流出疑惑▲娘の不正入学疑惑など様々な疑惑が掛けられている。容疑だけで横領、背任、脱税、外為法違反など10件ぐらいあるとされている。叩けばいくらでも埃が出る。 検察も逮捕した限り、容疑を固め、起訴に持ち込むだろう。さらに、崔容疑者に関連した人物らを逮捕して事件の早期決着を図る構えだ。その中には出国禁止措置を取った財団の創設に関わった安鍾範・政策調整首席秘書官や大量の内部文書を崔容疑者に提供したとされるチョン・ホソン秘書官ら青瓦台関係者らも含まれるだろう。ニクソン大統領の二の舞に 朴大統領は収拾策として青瓦台(大統領府)の人事を一新している。これで収まらない場合は、次に内閣改造に踏み切るだろう。また与党「セヌリ党」をまとめるために党籍離脱にも応じるかもしれない。次期大統領候補の選出に関与させないため非主流派(非朴槿恵派)は朴大統領に脱党を迫っているからだ。さらに、挙国中立内閣の要求を呑む可能性もある。韓国大統領府の正門=1日、ソウル(聯合=共同) 与野党が合意して中立内閣を組閣し、選出した新総理に大統領の権限を委譲させる。この場合、朴大統領は国家元首という象徴的な存在に留まることになる。任期終了の2018年2月までお飾り的な存在になることに抵抗はあるかもしれないが、弾劾や退陣に追い込まれるよりもベターな選択だ。 仮に与党の要求を拒否すれば、40人近くいる非主流派が造反する可能性もある。国会(300議席)で多数を占める野党に仮に与党から29人が離反し、同調すれば、3分の2の多数(200議席)で弾劾が成立してしまう。盧武鉉大統領が過去に弾劾にあった前例があるだけに可能性はゼロではない。 大統領弾劾訴追案が可決されれば、可否を審議する憲法裁判所の判断が出るまで大統領の職務を一時停止しなければならないし、憲法裁判所が国会決議を有効と認めれば、韓国史上初の任期途中の辞任となる。まさに「ウォーターゲート事件」で辞任したニクソン大統領の二の舞になる。 挙国中立内閣は当然、野党が同意しなければ成立しない。しかし、そもそもこの案は第一野党の「共に民主党」と第二野党の「国民の党」が揃って真っ先に主張していたものだ。従って、野党が賛成すれば、朴大統領は受け入れざるを得なくなるだろう。 というのも、仮に国会での弾劾を防げたとしても、今は朴大統領に弾劾や下野は求めてない野党が一転、朴政権退陣の院外闘争に打って出る可能性もあるからだ。野党が街頭に出て市民主導のデモに合流すれば、2万人でスタートしたデモの規模は大規模なものになるだろう。それが連日続けば、退陣に追い込まれる可能性もある。 弾劾も、退陣も避けたいならば、結局のところ挙国中立内閣を受け入れざるを得ない。今の15%前後の低支持率では18年2月の任期まで持たないからだ。 与党が一転、挙国中立内閣に舵を切ったことから、事態が収拾するか、エスカレートするかは、朴大統領がこの案を受け入れるかどうかにかかっているようだ。(参考資料:「死に体」の朴大統領 弾劾か?下野か?居座りか?)

  • Thumbnail

    記事

    朴槿恵大統領の妹が告白「姉は本来、反日などではない」

      韓国総選挙で与党が大敗したことで、2年を切った残り任期の政権運営が厳しくなった朴槿恵大統領。その妹、朴槿令氏(61)に話を聞くことができた。彼女は韓国国内では姉の朴槿恵大統領との不仲で知られており、昨年は「日本に謝罪を要求し続けるのは不当だ」と発言し、話題を呼んだ。ところがいま、彼女は意外にも姉に同情的だった。会談に臨む安倍首相と韓国の朴槿恵大統領=9月7日、ラオス・ビエンチャン(代表撮影・共同)「大統領(朴槿恵)が歴史認識問題を掲げ続けてしまったことで日本との距離ができてしまい、反日的と見られていることは知っていますが、彼女は本来、反日などではありません。 父の朴正熙が生前話していた、『これからはアジアが世界の新たな主人公となるはずだ。そのために、日韓は手をつながなければならず、韓国社会でそうした情緒を育んでいかなければならない』という言葉を胸に刻み、1980年代はじめに日本を訪問したときにも各界の要人にその言葉を伝えたそうです。 むしろ今回勝利した韓国の野党のほうが、反日的な親北朝鮮勢力が強いのが特徴です。親北勢力は日本との友好な関係を断ち切ろうとしています。中国でさえ北朝鮮と距離を置くなか、韓国社会はその流れに逆行する反応を総選挙で示してしまいました」 彼女によれば、姉もまた、そうした親北勢力に脅かされているのだという。「大統領が慰安婦問題を取り上げたのは彼女自身が女性であることを意識していたからだと思いますが、日本との関係が悪化してしまった背景には、慰安婦問題に関わる政府機関のなかにも左翼的な親北朝鮮勢力がいたことも大きい。私が韓国で天皇のことを『日王』と呼ぶのはおかしいと言うだけでメディアでも叩かれてしまうのも、韓国のメディアや社会が左傾化したから。 本来、韓国経済は日本からの技術と資本によって成長し、日本からの輸入が途絶えれば数か月後には立ちゆかなくなるにもかかわらず、韓国のなかでは日本の重要性が見えなくなってしまっているのです」 朴槿令氏は、今回の総選挙に小政党から出馬し、惜しくも落選した。政界進出を目指し始めた妹は近い将来、姉と連携することも視野に入れているのだろうか。●取材/平井敏晴関連記事■ SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画【1/2】「根拠のないデマ」■ SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画「鏡のない国のパク」■ 朴槿恵大統領の言論抑圧 ISや北朝鮮テロに免罪符与えかねず■ 朴槿恵大統領 反日団体を放置してきたツケが回ってくる■ 朴槿恵大統領の「対日意地っ張り」そろそろ終了かもとの予測

  • Thumbnail

    記事

    支持率が過去最低 朴政権はレームダック状態になりつつある

     韓国・朴大統領の支持率が2013年2月の大統領就任以来、過去最低になった。中央日報日本語版(10月15日付)は、世論調査会社、韓国ギャラップが14日、発表したデータから朴槿恵大統領の支持率は26%と報じている。朴大統領の支持率は、就任から1年半は高い率を誇っていた。支持率が60%前後あり、国際的にも注目された時期だ。国民からの高い支持率を背景に日本に対しても強い姿勢をとった。それを韓国の国民は支持する、という循環となっていた。状況が変わったのはセウォル号の沈没事故からだ。朴大統領の対応のまずさも指摘され、支持率は一気に下がっていった。支持率は50%を切り、40%前後を行ったり来たりの状況となった。確かに就任後1年半と比較すると低いが、それほど悪くない数字だ。中国との貿易への期待と日本への強硬姿勢への評価などによって一定の支持を残したと言える。ただ最近は外交も、経済も、政治も行き詰まり、閉塞感が漂う状況になった。まだ1年4ヶ月の任期を残す中で、26%の支持率はやはり問題だ。レームダック状態になりつつある。演説する朴槿恵大統領(代表撮影・共同) 韓国を取り巻く状況は八方塞がりの状況だ。外交・安全保障、経済、社会のすべてで不安定要素があらわれてきた。韓国は民主化してから約30年間、アジア通貨危機などがありながらも、ほぼ一貫して上昇ムードにあった。発展途上国と呼ばれた時代から、一気に先進国に変わっていった。素晴らしい成長ぶりであった。ただ、その高度成長のために無理もしてきたことも確かだ。 現在、多くの分野でその歪みが明らかになりつつある。1.北朝鮮外交・安全保障問題 韓国は経済発展する中で、北朝鮮との格差は大きくなった。北朝鮮の工業力・経済力を一気に抜き去り、今では比較にならない状態だ。2014年の北朝鮮の一人あたりGDPは583.00 USDであるのに対して、韓国は27,195.20 USDである。実に47倍だ。軍事力も雲底の差だ。北朝鮮の前近代的な兵器は、韓国・アメリカの最新兵器とは比べることさえ憚られる状態だ。勝負にならない、と考えていた。北朝鮮に対しては基本的に太陽政策をとり、「上から目線での対応」をしてきた。しかし北朝鮮はそのハンディを超えるために核兵器開発・ミサイル開発を行ってきた。そして北朝鮮は中国からの忠告やアメリカからの威嚇にも関わらず、一気に核兵器・ミサイルの開発に成功してきた。ここにきて、一気に北朝鮮の脅威が問題化してきた。2.中国外交問題 朴政権は中国と親密な関係を築き上げてきた。かつては北朝鮮側にいる敵国陣営であったが、経済・外交で急速に接近した。安倍首相とは会談さえしない姿勢を持つ一方で、習近平主席とは頻繁に会談を持った。露骨なまでの明確なスタンスの違いを示した。2015年9月の中国の抗日戦記念行事への出席は象徴的だった。朴大統領は「格別の配慮」でもてなされた。しかし、最近は状況が一変している。THAAD配備をめぐる意見の相違から、急速に関係が冷めた。また韓国近海での中国漁船と韓国漁船・海警などとの摩擦で、険悪な状況にもなりつつある。3.日本外交問題 朴政権は日本への厳しい対応を続けてきた。対話さえ拒否するというのはよっぽどのことだ。国民感情にまで発展してきて、収拾がつかない状態になっている。日本においても韓国においても相手国のイメージは大きく悪化し、「嫌いな国」とする割合が急増した。日韓関係は完全に冷え切ってしまった。ワールドカップを共催し、日本でヨン様ブーム、K-POPブームが沸き起こった時代があったのが嘘のような状況だ。さすがに朴大統領も関係改善を手がけているようだが、元慰安婦問題でも、安倍ー朴合意は順調に実現されていない。日韓関係の改善は容易ではない。4.アメリカ外交問題 朴大統領の中国寄りの外交政策はアメリカとの距離を作ってしまった。最近の中国との関係悪化からアメリカへの距離を縮めつつあるが、アメリカも不信感がある。AIIBでも韓国は中心メンバーとして入っていった。実際には中国との関係の悪化からどこまで中心メンバー扱いになるか微妙なところではある。THAAD問題は韓国がアメリカと中国から突きつけられた踏み絵となっている。 いうなれば、韓国は北朝鮮、中国、日本、アメリカのすべてに壁ができてしまい、外交的に身動きができない状態となった。華やかな花道を飾るという状態にない5.中国経済の低迷 韓国は中国に依存する形で経済発展をしてきた。中国の凄まじいばかりの経済発展に引きずられて急成長をしてきた。しかしその中国の経済成長も低迷しつつあり、韓国経済は大きなダメージを受けている。韓国は日本以上に輸出依存の体質があり、特に中国への輸出が不振になると、立ち行かない企業が多く生まれる。すでに影響は出ており、韓国経済は当面は厳しい状況に置かれそうだ。6.韓国財閥の危機 韓進海運の破綻は衝撃的であった。韓国の財閥は巨大で強かったが、その多くで問題が噴出している。ロッテ財閥は現会長が逮捕され、今後の展開が不明だ。サムスン電子はリコールしたギャラクシーノート7でも問題が発生し、成長にストップがかかる可能性がある。現代自動車は12年ぶりの全面ストライキで数千億円の多額な損失を受けている。安定していた韓国財閥の骨幹が揺らいでいる。7.朴大統領の疑惑の財団問題 朴大統領が関わるとされる財団の疑惑問題も浮上している。疑惑の財団とは「ミール財団」と「Kスポーツ財団」である。短期間に巨額の資金を集めており、朴大統領が退任に備えているのではないかと見られているのだ。大統領退任後、これらの財団を操り、企業からの金を自在に懐に入れるのではないかと疑惑が持たれている。今回の支持率の低下の一要因とみられている。8.平昌五輪の準備不足 韓国経済の低迷から平昌五輪の準備が順調に進んでいない。平昌五輪は朴大統領にとって花道を飾る最後のビッグイベントだ。これが失敗すると、まさに朴大統領政権の失敗の象徴にされてしまう。最終的には成功にもっていけるだろうが、華やかな花道を飾るという状態にはなりそうにない。あと1年ちょっとにまでなった。まだ油断できない状況だ。 こうした問題が総合的に起きている。外交、安全保障、経済、政治、社会のすべてで問題が起きている。朴大統領が立て直すには時間がなくなってきた。朴大統領の任期は1年あまりしかない。これから朴大統領がどういう行動をとるか。成果をとろうと最後のしかけをするかもしれない。どのように安倍政権が絡むことができるのかはわかりにくい。反日のしかけなのか、親日のしかけなのか。いずれにしても朴政権ができることはこれから限定的になるだろう。年が明ければ、一気にポスト朴の関心が高まることになりそうだ。(Yahoo!個人 2016年10月15日分を転載)

  • Thumbnail

    記事

    韓国財閥、軒並み崩壊の真相

    るまいか。新製品に切り替えたところで、「爆発するサムスンのスマホ」のイメージは長く尾を引くだろう。 韓国ロッテに対する検察の追及が始まってから随分と時間が経つが、依然としてジワジワと続いている。「前政権で太った財閥はいじめられる」とのジンクスどおりだ。 実際のところ、納入会社、入居テナントに対するロッテの横暴さ、オーナー一族の傲慢さは、かねて有名だった。まさに常民と奴婢の怨嗟の蓄積が背景にある。 八八年ソウル五輪の直前、ロッテホテルはスト決行中だった。夜、ホテル入口のアプローチに寝転んだボーイたちの立て看板に面白い字句があった。「会長様は若い女の上で寝て、俺たちは石の上で寝る」 その「若い女」こそ、総括会長の現夫人である元ミスコリアだ(日本にいる夫人とは別人)。いまや、相続税逃れの追及対象になっている。 ただ、検察の最終目標は李明博前大統領だろう。軍用飛行場から緊急発進した戦闘機が衝突しかねない位置に、ロッテは百二十三階建てのビル(第二ロッテワールド)を建設中だ。盧武鉉政権ですら認めなかった建設に、なぜ李明博政権が許可を出したのか。 ロッテ財閥のナンバー2が事情聴取の直前に自殺したのも、「やはり黒だから……」との一般的心証を強めた。ロッテについては「あれは日本の財閥だ」というのが韓国人の一般的な受け止めだから、同情の声など起きるはずもない。  そして、韓進(ハンジン)だ。大韓航空(KAL)が「ナッツ姫事件」以来、思わしくないところへ、韓進海運が事実上、倒産した。 一応、「韓進海運はグループからは切り離し済み」という形になっているが、それでは“国民情緒法”が許さない。「ナッツ姫のパパ」は私財の一部を供出したが、焼け石に水だ。 そもそも韓進海運は「ナッツ姫のパパ」の弟が経営していた。その死後、夫人があとを継いだが、海運不況には勝てず、「ナッツ姫のパパ」に経営権を委ねた。 その夫人は、韓進海運の倒産の前に全持ち株を売り逃げた。彼女が、ロッテの総括会長の姪に当たることは運命のいたずらだろうか。 公道を「そこのけ、そこのけ」とばかりに闊歩する会長様。財閥の全権を握る彼らが誤った号令を出した時、韓国型財閥はすぐにも沈んでいく。いまは、その模様を眺める絶好の季節なのかもしれない。韓国を象徴する「交通規制」韓国を象徴する「交通規制」 「韓国の財閥とは」 「韓国の国民性とは」と尋ねられるといつも思い出すのは、ソウル西小門洞にあった中央日報社の前でたびたび見た光景だ。ソウル市庁に向かう四車線道路は、いつも車が渋滞していた。ソウル市庁 ある時、その横断歩道に、いかにも海兵隊か陸軍特戦部隊の出身と見られる屈強な男たちが七、八人、飛び出してくる。みんな濃紺のユニフォームを着ている。日本の警察官の出動服に似ている。中央日報社の警備員たちだ。 彼らが横断歩道で横に並び、両手を広げて車を止める。そして、市庁に向かう通りに車が全く見えなくなった時に中央日報社の玄関前から二台の車が出てきて、市庁のほうに猛スピードで走り去っていく。その二台の車が見えなくなると、警備員は引き揚げていく。 二台の車のうち一台は、当時は輸入が禁止されていた大型ベンツだ。それに乗っているのは、サムスン(三星)財閥の創業者である李秉喆(イビョンチョル)氏と、中央日報社の会長だった洪璡基(ホンヂンギ)氏だ。もう一台には警護要員が乗っている。洪璡基 氏はかつて法相を務め、「法曹界のドン」といった存在だった。 中央日報はサムスンの系列企業だ。 当時、李秉喆氏の執務室は三星物産(サムスン財閥の当時の中核企業)本社のなかにあったが、月に二回ほど中央日報を訪れ、夕刻が近づくと洪璡基氏とどこかへ出掛けていった。だから月に二回ほど、その渋滞通りは民間会社の警備員によって不法に交通規制されてしまうのだった。 それを初めて見たのは、一九八〇年四月のことだった。本当に不思議なのは、車を止められた運転手も、この光景に出くわした通行人も、何も言わないことだった。時にはパトロールの警察官が、この異様な光景に出くわすこともある。が、彼らも何も言わずに通り過ぎるのだ。 一九八〇年四月とは、朴正煕暗殺事件から六カ月、光州事件まで一カ月。韓国の民主化要求運動が最高潮に達していた時期だ。都心での民主化要求デモに参加するために集まってきた学生たちもいた。が、彼らも「財閥会長様のための不当な交通規制」に対して何も言わないのだ。 私より三年ほど前からソウルに赴任していた日本人特派員によると、ただ一人だけ大声を上げて文句を言った運転手がいた。 「天下の公道を何と心得るか」と、水戸黄門のように怒ったのではない。「俺の車だけ通せ。俺の車には東京銀行の支店長様が乗っておられるのだぞ」と叫んだというのだ。 韓国の財閥の傲慢さ、「金のある人=偉い人」という認識に発する身分意識、そして韓国法曹界の遵法精神がどんなものであるかを、この光景は見事に示してくれた。現代は相続争いで四分五裂現代は相続争いで四分五裂 日本で蠢くサムスンの秘密代理人のような人々は、「もう半世紀近く前のことを言うな。サムスンは変わった。二代目も三代目も、そんなことはしていない」と捲し立てるだろう。 創業者が健在だった時代にも、「この人が二代目になればサムスンは変わります。いい会社になりますよ」と言った人物がいた。 中央日報の論説委員だ。私は彼のところにしばしば行って、韓国の外交課題について意見を聴いていた。その日はついでに、「あの交通規制は酷すぎないか」とも言った。 そこへ、なぜか李健煕(イゴンヒ)氏が論説委員室に入ってきた。論説主幹には目もくれず、彼のところへ来た。小さな応接セットしかなかった。彼は補助イスにちょこんと座った。すると論説委員氏は、「この人が二代目になれば……」と日本語で始めたのだ。 名刺を交換して、私は初めて「この人が李秉喆氏の三男である李健煕氏か」と分かった。当時、彼が二代目総帥になるという下馬評はなかったが、すでに決まっていたのだと思う。 チャンスを逃した。この時に大ゴマを擂っておけば、私はいま頃、日本におけるサムスンの秘密代理人の総元締めとして、運転手付きの高級ベンツに乗っていただろうに……。 「この人が二代目になれば……」と語った論説委員氏はもう八十歳を超えているだろうに、いまも国際問題担当の「大記者」(定年後も社に残って論説を書き続ける記者。大手新聞社に一、二人しかいない)として活躍している。 「この人が二代目になれば……」、そのとおり、サムスンは変わった。 トップ財閥だった現代は、創業オーナーが病に倒れるなかでアジア通貨危機に直面し、異母兄弟間の相続争いで四分五裂した。 一方、サムスンは小さな自動車製造部門を手放すだけで済み、トップ財閥の座に就けた。 その後のサムスンは、「基礎技術など研究する必要なし」 「相手(日本)より工作機械を大量に導入して、大量に製造することで世界市場の覇権を握ればいい」とでも言わんばかりの行動で、DRAM、携帯電話・スマホの世界市場で「販売台数」トップに躍り出た。 しかし、「会長様(財閥総帥)絶対」の権威主義は、結局、変わらなかった。いや、より酷くなったのかもしれない。意識のない総帥に業務報告意識のない総帥に業務報告 李健熙氏は一四年五月、脳梗塞で倒れた。もう二年以上も意識が回復していない。しかし、サムスン財閥のナンバー2である崔志成(チェヂソン)未来戦略室長は毎朝夕、意識なく眠っている総帥に対して「業務報告」をしているというのだ(朝鮮日報一五年一月十日)。 李秉喆時代のサムスンには、まだ公権力を恐れる側面があった。そもそもが「親日派の闇屋」として財を蓄え、朴正熙政権下では密輸をしてさらに儲けたものの摘発され、凄まじい打撃を被った時の痛みが記憶されていたからだろう。 密輸に手を染めるような実業家にとって、「法曹界のドン」はぜひとも知恵袋になってもらいたい存在だろう。 これは想像だが、知恵袋は次から次へと悪知恵を出したのだろう。だから、重要な傘下企業である中央日報の会長に据えた。そして、財閥の総帥なら子会社の会長を呼びつけるところ、自ら子会社に足を運ぶことで“別格扱い”していたのだろう。 李秉喆氏の長男は密輸発覚の責任を取らされたが、下馬評ではトップだった。次男は親の反対を押し切り、「日本人・李栄子」(在日だろうか)と結婚したことで勘当同然だった。 三男の李健煕氏が、財閥内で別格扱いされている洪璡基氏の長女と婚約した時点で、「二代目は三男」と決まっていたのだろう。 そして、サムスンは公権力を恐れぬ存在に変わっていった。その模様を朝鮮日報社説(〇五年六月二十九日)がこう伝えている。「三星は、輸出の二二%、税收の八%、株式市場の時価総額の二三%、上場企業の売上高の一五%、同利益の二五%を占めている。 そこから広告・寄付・研究費を出すなどして、マスコミ、教育、文化、スポーツなど、私たちの社会のほとんどすべての分野で、この上なく強い影響力を行使している。左派マスコミも三星の特別な広告に傾いており、系列の金融機関から莫大な支援を受けている」「三星の寄与は十分に評価しなければならない。しかし、そのことと三星が『法の上の存在』であるということは全く次元の異なる問題だ」「三星の前に立つだけで縮こまり小さくなる政府も否定すべき姿だが、そうした対応や特権を期待している三星の態度も正常ではない」 この時、サムスンは何をしたのか。社説は、元金融監督委員の発言を基に列挙している。①三星カードが系列会社であるエバーランドの株式二五・六%を所有する際、法規定に背いて金融監督委の事前承認を得なかった。②エバーランドが所有している三星生命株(一九・三%)を時価ではなく、取得価格で変則会計処理した。③三星生命が契約者への配当に回すべき約二兆ウォンを、自らの取り分に回そうとした。 それなのに、「金融監督委は三星生命の不当利得に対して是正命令を出しただけで、一般的な慣例を破り、法人と責任者の問責をしなかった。三星生命とエバーランドに対しても決定を先送りしたままだ」「金融監督委は、国民銀行の変則的な会計処理について行長退陣まで要求し、それを貫徹した。そうした金融監督委が三星問題に出くわすや、薄氷を踏むように身を縮めている」「サムスンXファイル」事件「サムスンXファイル」事件 〇五年といえば、盧武鉉左翼政権の時代だ。盧武鉉大統領はオールド左翼らしく、表向きは財閥に冷たい姿勢を示していた。が、足元の官僚機構はサムスンに完全に飼い慣らされていたのだ。 俗に言う「サムスンXファイル」事件が明るみに出たのは盧武鉉政権下の〇五年だが、事件の発端である洪錫炫(ホンソクヒョン)中央日報社長(洪璡基の長男)と、当時のサムスン財閥ナンバー2である李鶴洙(イハクス)氏との会話が情報当局により盗聴・録音されたのは、金泳三政権末期の一九九七年だ。 ①次期大統領選挙に出る与党候補の陣営に百億ウォンを提供した②検察庁幹部に一千万~一億ウォンの「餅代」を配った──というのがその内容だ。 これで、駐米大使に赴任していた洪錫炫氏は辞職した。 洪錫炫氏は二〇〇〇年に、サムスンとは別に洪一族が経営する普光(ポグヮン)財閥の脱税事件で懲役三年、執行猶予四年の判決を受けている。同年八月の光復節恩赦で赦免となり、中央日報に戻っていたとはいえ、そうした前歴を持つ人物が駐米大使に起用されるとは、まともな国とは思えない。 が、こうした人事を押し通したのがサムスンの「金の力」なのだ。もちろん、大使の任命権者は大統領だ。左翼の盧武鉉は財閥に冷たいポーズを見せても実は……だったと見るほかない。 驚くべきことは、朝鮮日報、東亜日報、中央日報が「大使内定」を受けた論評記事のなかで、脱税事件の前歴に一言も触れなかったことだ。与党陣営への不法献金も「餅代」も時効であり、「餅代」をもらった検事たちも何のお咎めもなかった。逆に、盗聴内容をスクープしたMBC放送の記者が通信保護法違反で有罪になった。洪錫炫氏は中央日報に戻り、会長に就いた。 サムスンにとって「重要な子会社」である中央日報の会長職(社主扱い)は、洪一族により世襲されている。洪一族は別格なのだ。洪錫炫氏の弟は検事で、高検の検事長で引退して普光グループに入った。“暴力団”が経営する財閥“暴力団”が経営する財閥 サムスンの闇はさらに深くなる。〇七年十月、サムスンにスカウトされて法務チーム長を務めていた元検事が、サムスンの裏金は一兆ウォンに達し、政界への不法献金、判事・検事などへの資金提供を行っていると暴露したのだ。サムスン裏金疑惑事件の始まりだ。 特別検事が任命され、サムスン幹部の背任、脱税、証券取引法違反などが次々と明るみに出た。中心的な犯罪に位置付けられたのが、李健煕会長から長男の李在鎔(イジェヨン)氏への相続を進めるための生前贈与が、持ち株会社の株式の低評価譲渡などで進められていたことだった。 裁判所は、李健煕氏の背任は時効と判断し、脱税のみで懲役三年、執行猶予五年、罰金一千百億ウォンを言い渡した。そして罰金が支払われると、李明博大統領は特赦を断行した。 理由は、一八年五輪を韓国に誘致するためには国際オリンピック委員会(IOC)委員である李健煕氏の活動が不可欠であり、有罪が確定すると委員資格を失うから特赦(犯罪行為自体がなかったことにする)を与えるというのだ。 まさに、OINK(オンリー・イン・コリア=韓国でしかあり得ない、韓国でしか通用しないといった意味)論理だ。 朴槿惠政権は一五年の光復節で、第三位の財閥であるSKの会長を特赦した。その時の理由は、「経済活性化のため」だった。韓国の財閥は、オーナー会長が絶対的権限を持って君臨している。そうした存在である会長様が“塀のなか”にいたのでは、大規模投資の決定に支障が出るというのだから、これまたお笑いのOINKだ。 平昌五輪のスキー競技は、普光財閥が所有するスキー場を借りて行われる。国際競技場の要件を備えるために、直接経費だけで少なくても七百億ウォンが投入される。そして五輪が終わると、普光財閥に“無償返却”される。周辺のインフラ整備が大きい。それを含めたら、普光はどれほどの利益を得るのだろうか。 サムスン財閥の中核企業であるサムスン電子の水原事務所が一二年三月、正面入り口にバリケードを築いた。同社が、携帯電話の通常販売価格を過大表示して割引幅を大きく見せていることを問題視した公正取引委員会が立ち入り調査に来る、との情報を得たためだ。 実際に、公取委の職員が立ち入り調査のために事務所を訪問した。しかし警備員は、「事前の約束がなければ、大統領でも入れない」として立ち入りを阻止。警察が出動するほどの小競り合いまで繰り広げられた。その間に事務所内では、ハードディスクを交換するなどして証拠を隠滅した。 一三年一二月には、同社の華城(ファソン)工場が、韓国電力に無断で電線を引いて盗電していたことが明るみに出て、裁判所から百十七億ウォンの支払いを命ぜられた。 まさに、“暴力団”が経営しているのだ。これが「韓国ナンバー1財閥」の姿だ。 サムスンのことばかり書いてきたが、これには理由がある。サムスンが飛び抜けて大きなトップ財閥であることも一つの理由だが、他の財閥もほとんどがサムスンと同じ体質だからだ。蓄財は「民・民汚職」蓄財は「民・民汚職」 たとえば「会長様絶対」の権威主義的体質は、韓国財閥に完全に共通する。会長の無理な進軍ラッパに異を唱えるような番頭は存在しない。異を唱えたら遠からず馘首される。そういう企業文化であることを皆が心得ている。 いや、これは財閥・企業に限らない。韓国の大統領制そのものが、そういう統治文化だ。韓国大統領府での閣議に臨む朴槿恵大統領(聯合=共同) 異を唱える秘書官を馘首しなかったのは、全斗煥大統領ぐらいではないだろうか。対極にあるのが朴槿惠大統領だ。秘書官(大統領秘書官は閣僚よりも強い実質権限を持つ)も閣僚も、「イエスマン」しかいない。 「会長様絶対」の企業文化は、好調な時は「速い決断」として有効に作用する。 しかし、「こんなことをしていては財閥ごと破産する」と分かっている号令にも、側近はゴマスリ競争を続けるだけになる。追い出されるよりは「会長側近」としての地位を固め、倒産のその日まで蓄財を続けるほうが得だからだ。 蓄財の第一の方法は民・民汚職だ。下請け業者から吸い上げる。財閥のなかで上昇志向の猛者がいたら、「会長様に君を推薦してやろう」と言って上納させる。猛者の上納金も、どうせどこかの下請けから吸い上げた金だ。公務員に渡す賄賂の「中抜き」は当たり前のことだ。 オーナー会長自身、あるいはその一族に脱税、背任、横領、贈賄などの前科者がいることも、ほとんど共通している。アングラマネー「私債」 たとえば一〇年七月、全経連(経団連に相当)など経済四団体は光復節恩赦を前に、財閥首脳ら七十八人を恩赦対象にするよう政府に要望書を提出している。 オーナー一族の貪欲さも、ほとんど共通している。財閥幹部の背任、横領事件が摘発されると、「会長にいくら渡ったか」が捜査される(だいたいは有耶無耶になるが)。韓国の財閥のオーナー会長は、自分が支配する企業からも不法に吸い上げるのだ。 一昔前は、会長が匿名で会社に金を不当な高利率で貸し付け、吸い上げる手法が多かった。いわゆる「私債」と呼ばれるアングラマネーだ。 現代財閥の分裂後、「本流」を名乗って世間からもそう認められたのは創業者の五男が率いたグループで、現代商船を中核企業としていた。おそらく、五男が「正嫡」だったからだろう。五男は金大中政権下の「北送資金」疑惑のなかで自殺した。そして、夫人があとを継いだ。 夫人はやり手だったが、海運不況には勝てなかった。現代証券を売却し、現代商船を七分の一に減資して債権団に引き渡した。 その過程で明るみに出た“小さな事件”があった。現代証券に設置してあったリースのコピー機全量についてリース会社と再契約し、親族企業がリースを受け、それを現代証券に再リースする形にしたのだ。 現代証券に設置してあったコピー機が一時撤去されたわけではない。あくまでペーパー上のことだ。親族企業も、もちろんペーパーカンパニーだ。リース元の契約代金は変わらない。再リース料金はプラス一割。つまり、倒産の一歩手前まで来ているのに、財閥のなかの優良企業からコピーリース代の一割を居ながらにして吸い上げていたのだ。 まだあった。傘下の陸送・宅配会社である現代ロジスティクスが使用している発送状を、やはりペーパー上の操作で別の一族企業を経由して購入する形にして、市価よりも一二~四五%も高く支払わせていた。サムスン令嬢と結婚してサムスン令嬢と結婚して 日本の経営者だったら、リース元や発送状の納入業者に値引きの交渉をするところだろうが、韓国の財閥オーナーは違うのだ。 この後始末がまた面白い。公正取引委員会は現代証券と現代ロジスティクスに対し、「特定企業に対する不当支援」があったとして罰金を科したが、夫人一族には何のお咎めもなかったようだ。お咎めがあったとしても、そんな微罪はすぐに恩赦と決まっていようが。 彼らはそうして得た金で何をするのか。いろいろあるだろうが、贅沢三昧の生活をすることも、ほとんど共通している。 サムスンの李健煕会長の長女であるホテル新羅李富真(イブジン)社長は、一介のサラリーマンと恋愛結婚した。男性は「シンデレラ・ボーイ」として騒がれたが、一六年に離婚した。彼が『月刊朝鮮』のインタビューに応じて語った「財閥オーナー家の婿」としての苦労談(朝鮮日報一六年六月十五日が抜粋を報道)がとても面白い。抜粋の抜粋を示そう。①サムスン物産の電算室に入社したというのはサムスン側の作り話で、本当は会長のボディガードだった。②米国のMIT(マサチューセッツ工科大学)経営大学院に留学した時がとても大変で、極度のストレスを受けた。③離婚理由に「飲酒のうえの暴力」が挙げられている。しかし、自宅に勤めていた十八人の誰も私が酒を飲んで乱暴を働いた姿を見ていない。 MITとはよほど権威がある大学と思っていたが、何だ、金さえあれば、英語がほとんどできない人でも入れるんだ。 サムスン会長の邸宅ではない。その娘の家に十八人もの家事使用人がいる。一体、どんな職務分担になっているのか、想像もできない。 財閥、財閥と言ってきたが、韓国に「財閥」の定義はあるのか。公正取引委員会が定める基準では、資産規模五兆ウォン以上が「大規模企業集団」とされる。これが唯一の法的な基準だ。憧れと怨嗟の対象 その比重を見ると、一二年四月末の株式の時価総額はサムスンだけで二五・三%、十大財閥で五九・二%を占めた。 つまり、サムスンだけが飛び抜けて大きいのであって、三十位の財閥になったら、日本の感覚では「財閥」とはほど遠い規模になる。 従業員数はサムスンだけで二十万人強、四大財閥合計で五十万人強、三十大財閥合計で百六万人だ。これは一〇年の数字だが、大きな変動はないだろう。三十大財閥の雇用者数は、勤労人口の四%程度になる。この四%のなかのホワイトカラーは日本のサラリーマンと同等か、あるいは上回る給与を取っている(ただし、韓国の平均入社年齢は兵役などもあり三十歳前後で、五十歳になる前には「名誉退職」という名の肩叩きに遭う)。 その一方で、「法定」の最低賃金(一六年は時給六千三十ウォン)を得られない勤労者が二百万人以上と推計されている。非財閥系中小企業の給与水準は、財閥の半分といったところだ。 だから財閥は「入社したい」憧れの対象であると同時に、怨嗟の対象でもあるのだ。 韓国の世間一般では、「大規模企業集団」の基準とは離れて、ある程度の知名度(地域限定でもいい)があり、いくつかの系列企業を抱えていれば「財閥」と認識される。それを束ねるオーナーは「財閥の会長様」になる。 朝鮮半島は長く、両班(ヤンバン)─中人─常民─奴婢という厳格な身分社会が続いてきた。制度としてはなくなったが、意識の面では生きている。収入と資産が基準だ。会長様は、両班のなかでも位が高い人々だ。最低賃金未達の勤労者は、さしずめ奴婢だ。 両班が何をしても罰せられなかったように、会長様は法の上にいる。たまたま引っかかっても、すぐに恩赦される。会長様とその一族が“下人どもの無礼”に怒り、あの「ナッツ姫」のようにパワハラに狂うのは、この社会文化のなかでは当然のことだ。韓国とは、「会長様と、その一族だけの国」なのだ。むろたに・かつみ 1949年、東京都生まれ。評論家。慶應義塾大学法学部を卒業後、時事通信社入社。政治部記者、ソウル特派員、宇都宮支局長、「時事解説」編集長を歴任。2009年に定年退社し、評論活動に入る。著書に『呆韓論』(産経新聞出版)、『悪韓論』『日韓がタブーにする半島の歴史』(新潮新書)など多数。

  • Thumbnail

    テーマ

    朴政権と韓国財閥の「闇」を暴く

    韓国社会で強い影響力を持つロッテ、サムスン、韓進などの韓国財閥。だが、その会長や一族は脱税、賄賂、横領などに手を染めた前科者ばかり。日本では考えられないようなことがまかり通る背景には、韓国社会の病理があった。

  • Thumbnail

    記事

    朴政権にトドメを刺す韓国財閥の「ゾンビ企業」化

    高橋洋一(嘉悦大学教授) 韓国経済では、財閥が大きなウエイトを占めている。ただし、しばしばテレビなどで「10大財閥が韓国のGDPの70%を占める」と言われるが、これは事実でない。 10大財閥の総売り上げを韓国のGDPと比較して70%というが、この言い方はちょっと恥ずかしい。比較する場合は同じ概念にすべきだが、GDPは売り上げから労働対価、原材料対価などを除いた付加価値であるからだ。マスコミは、数字があるとその意味をわからずに使うが、「10大財閥が韓国のGDPの70%を占める」はその典型である。そして、テレビコメンテーターにこうした言い方をする人はまず経済に無知であると思ったほうがいい。ちなみに、付加価値は売上高の2~3割程度であるので、「10大財閥が韓国のGDPの2割程度を占める」と言ったほうが適切だ。オーストラリア・シドニーの港に係留された韓国海運最大手、韓進海運のコンテナ船。韓進海運が経営破綻し、世界の物流に混乱が続いている=9月12日(ロイター) それでも、財閥が韓国経済で中心的な役割であるのは間違いない。昨年1月のナッツ・リターンによる韓進への非難に続き、ロッテ、サムスンと不祥事が続き、財閥への信頼が揺らいでいる。 韓進海運は8月末に経営破綻し、同海運が保有するコンテナ船は、荷降ろしに関する不払いを恐れられ世界各地で入港を拒否されている。 ロッテについては、昨年創業家の長男・重光宏之氏と次男・昭夫氏の一族による経営権争いで世間を賑わせたが、今度は巨額な裏金作りの疑惑で創業者父子が在宅起訴されてしまった。 ロッテの件は韓国での日本叩きの巻き添えを食ったのかもしれないが、サムソン事件は驚いた。 しばしば筆者は飛行機を使って出張するが、機内アナウンスで「ギャラクシーノート7」は使えませんと、商品名を出して警告されるので、そのマイナスイメージは計り知れない。 サムソンの「ギャラクシーノート7」に限らず、携帯電話、ノートパソコンなどには、リチウムイオンバッテリーが使われている。この電池は高性能であるが、取扱はけっこうシビアである。 筆者はアップルのiPhoneを使っていた。ただ、実際に1年以上使っていると、電池がへたって持ちが悪くなってくる。アップルでは勝手に携帯内部を開けさせないように特殊ねじを使っており、そうした場合、アップルに頼んで電池交換してもらう仕組みだ。 ところが、筆者は時計いじりマニアなので、iPhoneの電池交換は自分でやっていた。電池そのものやiPhoneを分解する工具もインターネットで入手可能であるからだ。自分でやった方が、早くできるし、コストも圧倒的に安い。 これまで、iPhoneでは何回も電池交換してきたが、先日ついに失敗してしまった。リチウムイオンバッテリーを取り外す際、力を入れたらバッテリーを覆う膜が少し破けてそこからバッテリーが発火し、筆者のiPhoneは燃えてしまった。韓国経済を後押しした日本の金融引き締め こうしたリチウムイオンバッテリーの危険性は以前から知られており、各企業でその安全対策は何重にも施されている。しかし、サムソンで対策出来ていなかったのは、窮地で余裕がなかったという意味でかなり深刻な事態である。 サムソンは、韓国財閥の中でも資産規模でトップである。しかも、資産規模2位の現代自動車でも、中型セダンの「ソナタ」が米国でエンジン欠陥の指摘を受け、リコールになったことがある。 さて、財閥に依存している韓国経済であるが、以前から言われていたこととして、韓国経済の「サンドイッチ現象」がある。「価格では中国に勝てず、技術では日本に勝てない」。つまり、価格で中国に攻められ、技術で日本から攻められてサンドイッチになるというわけだ。 ところが、小泉政権では不十分ながら金融緩和を行ったので円が多くなり、その結果円は他通貨に対して相対的に増え円安になったが、福田政権以降、日銀は金融引き締めに転じ、円高傾向になった。それを加速させたのが、民主党政権である。 そのため、韓国ウォンは日本円に対してウォン安になった。これは、日本製品と比べて技術はイマイチであっても価格競争力が優位になった。技術差は価格差に勝てない。多少の技術差は一般人にはあまりわからないからだ。その結果、スマートフォンや家電製品の世界市場において、韓国製品が日本製品を凌駕するようになった。 また、韓国ウォン安は中国人民元に対しても同様であった。このため、中国製品に対しても価格競争力が以前ほどでなくなった。こうして、韓国のサンドイッチ現象は、日本の金融引き締めという無策のために、逆に韓国経済の後押しになった。 そこで、アベノミクスの登場である。韓国は、アベノミクスの本質が金融緩和にあって、それがもたらす円安効果を見抜いていたと思われる。そのためか、筆者のところには、韓国の在日大使館、在日マスコミなどから多くの取材がきた。その際、アベノミクスになると、韓国経済はそれまでの有利性を失うという趣旨を話した。 今の韓国経済をみていると、まさに、筆者の予想は完全ではないにしても、外れていなかったと思う。韓国経済の足かせはアベノミクスだけではない そうした韓国経済の苦境は、財閥の企業活動を見ていると、見えているという意味で、財閥が悪くなったから韓国経済が悪くなるというものではない。 韓国経済と日本経済はかなり似た産業構造となっており、ともに原材料に付加価値をつけることをしている。このため、日本で行う経済政策の巧拙が韓国経済にもろに反映しがちである。この意味で、アベノミクスがまともに機能する限り韓国経済はかなり苦しいはずだ。 そこで、韓国でも、アベノミクスをぱくって、「チョイノミクス」というアベノミクスと同じようなことやっている。韓国の財務大臣がチョという名前なのでチョイノミクスと名付けたが、実際はうまく機能していない。 経済がうまくいかないと悪循環が生じるが、韓国経済にとってむしろ気がかりなことがある。それは韓国企業の「ゾンビ企業」化である。破綻した韓進海運が典型であるが、韓国企業は多くの負債を抱えており、利益が出ても借金の利息が払えない企業が続出しはじめている。 日本でも、経済落ち込みがあると直ぐに不良債権が問題になったことと似ている。 韓国経済の足かせは、日本のアベノミクスばかりではない。中国経済が低成長で、もはや立ち居かなくなっているのだ。中国経済の低迷は、韓国経済にとっての一方のサンドイッチである中国の価格の安さをさらに引き下げ、韓国経済の足かせになる。さらに、韓国の対中国輸出依存は大きいので、中国経済の低迷により韓国の対中輸出は大きく減少せざるを得ない。これは輸出依存度が高い韓国経済にとって大きな打撃である。会談で握手を終え、すれ違う韓国の朴槿恵大統領(右)と中国の習近平国家主席=9月5日、中国・杭州(共同) いずれにしても、韓国経済の状況は、日本のアベノミクスと中国経済の低迷というマクロ経済から比較的単純に説明可能であるが、そうしたマクロ経済に疎い方でも、韓国経済の中核をなしている財閥企業の企業活動を見ていれば、韓国経済の事情が具体的にみえるだろう。 ちなみに、韓国経済の日本への影響はなくはないが、日本はそもそも対外依存度が低い国なので影響が限定的であろう。要は、そのためにもしっかりと自国のマクロ経済政策をする必要があるということに尽きる。