検索ワード:BBC/575件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    「私は戦争犯罪人ではない」 国際戦犯法廷で服毒自殺

    判決について不満と遺憾の意を示す」 プラリャク被告を担当するナターシャ・ガボー・イワノビッチ弁護士はBBCに、ICTYは被告を公平に扱わなかったと述べた。 「いったい何が起きたのか、どのように起きたのか、私はまったく分からない。しかし私にとってとても重要、もっと重要なのは、彼がなぜあのようなことをしたかという、その部分だ」 イワノビッチ弁護士は、プラリャク被告が毒を飲んだのは、自分の無実を確信していたからだと思うと述べた。同弁護士は、被告がそう思うのも無理はないことで、国際法廷は「個人の責任を裁くだけでなく、民族や国家や歴史そのものを裁こうとしてている」と指摘。「この国の人たちにとって、それはとても受け入れがたいことで、実際、受け入れられないことだ」と説明した。 (英語記事 Praljak: Bosnian Croat war criminal dies after taking poison in court)

  • Thumbnail

    記事

    米政府、全ての国に北朝鮮との関係断絶呼びかけ

    2017年11月30日 14:17 公開 北朝鮮が新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」を発射し、米国本土全域に到達すると主張している事態を受けて、米政府は29日、国連安全保障理事会の緊急会合で、「全ての国」に北朝鮮との国交と通商関係を断絶するよう呼びかけた。 ニッキー・ヘイリー米国連大使は安保理で、ドナルド・トランプ大統領が中国の習近平国家主席に、北朝鮮への石油供給を停止するよう求めたと明らかにした。 「我々は中国にもっと対応してもらう必要がある」と大使は述べ、「トランプ大統領は今朝、習主席に電話をかけ、中国が北朝鮮への石油供給を断たなくてはならない時点に達したと伝えた」と説明した。 「北朝鮮の核開発を推進しているのは石油だと分かっている。その石油を最も提供しているのは中国だ」と大使は強調した。 中国は北朝鮮にとって最大の同盟国で、最重要な貿易相手。北朝鮮は石油供給の大半を中国に依存しているとみられている。 ヘイリー大使は、米国は紛争を求めていないが、もし開戦となれば北朝鮮の現体制は「完全に破壊される」と強調。さらに、「相次ぐ攻撃的行為」は朝鮮半島周辺の情勢をいっそう不安定なものにしているだけだと警告した。 安保理に先駆けてホワイトハウスは同日、トランプ氏が習主席と電話会談し、「挑発をやめて非核化への道に戻るよう北朝鮮を説得するため、あらゆる手段を使う」よう促したと発表していた。 ミズーリ州の集会で税制改革について演説していたトランプ氏は、政府の減税策が米国経済にとって「ロケット燃料」になると述べる途中で、「小さいロケットマン」と言い、さらに米国経済の話をしながら、「病気の子犬だ」と最高指導者の金正恩・朝鮮労働党委員長を嘲笑した。 トランプ氏はさらにツイートで、「つい先ほど、北朝鮮の挑発行動について中国の習近平国家主席と話した。本日中に北朝鮮に追加制裁を科す。この状況に対応する!」と書いた。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/935881037254725632 中国国営新華社通信によると、習主席はトランプ氏に、「北東アジアの平和と安定を維持し、朝鮮半島を非核化すること」は中国にとって「揺るぎない目標」だと伝えたという。 北朝鮮は29日未明に発射した弾道ミサイルは、高度4475キロに到達したと発表。これは国際宇宙ステーションの高度の10倍で、大気圏に再突入できる弾頭を搭載していたと主張している。金委員長は、ミサイル発射を「申し分ない」「画期的」なものだと称賛したという。 北朝鮮のこの主張は第三者によって立証されていない。北朝鮮にその技術力があるのか疑う専門家もいる。一方で、「火星15」が高度4475キロに到達したならば、通常の発射角度で1万3000キロ飛行できることになり、ワシントンも射程圏に入る可能性がある。ただし北朝鮮は、核弾頭の小型化に成功したという主張をまだ立証していない。 (英語記事 North Korea: US urges all nations to cut ties with Pyongyang)

  • Thumbnail

    記事

    米NBC、朝の情報番組の「顔」をセクハラ疑惑で解雇 大物司会者

    2017年11月30日 12:18 公開 米NBCは29日、朝の情報番組の「顔」で、米テレビニュース界で最も有名なキャスターの1人、マット・ラウアー氏をセクハラ疑惑で解雇したと発表した。 「ザ・トゥデイ・ショー」を司会するラウアー氏についてNBCは、「27日夜に同僚から、マット・ラウアーによる職場での不適切な性的行動について、詳細な苦情を受け取った」、「その結果、解雇を決定した」と声明を発表した。 NBCは、ラウアー氏の問題行為は「一度きりのことではなかったと考えるだけの根拠がある」と説明した。 NBCのアンディー・ラック会長は、NBCがラウアー氏を採用してから20年以上になるが名物司会者の問題行動について苦情が出たのは初めてだと述べる一方で、「この会社の行動規範に明らかに違反するものだった」と話した。 29日朝の「ザ・トゥデイ・ショー」冒頭で、他の司会者たちがラウアー氏の解雇を発表した。その数時間後には、米芸能業界誌「バラエティ」が、ほかにも複数の女性がラウアー氏によるセクハラ行為を訴えていると報道した。同誌は、匿名の消息筋の話として、ラウアー氏が女性同僚に局部を見せつけたり、出張中に複数の女性スタッフをホテルの部屋に呼び入れたりしたと伝えた。またオフィスの机の下には、立ち上がらずにドアに鍵をかけることのできるスイッチを設置していたと書いている。 ラウアー氏は、自分に対する疑惑に反応していない。 ラウアー氏は昨年、NBCとの契約を更改。年俸2000万ドル(約22億円)とも言われている。 朝の情報番組の司会のほか、2016年大統領選ではドナルド・トランプ氏とヒラリー・クリントン氏の討論会の司会を務めた。 「ザ・トゥデイ・ショー」の共演者サバンナ・ガスリー氏とホダ・コトブ氏は29日朝の番組冒頭で、「今日は『トゥデイ』とNBCニュースにとって悲しい朝です」と切り出し、自分たちは「打ちひしがれている」、「何が起きたのかまだ受け止めきれずにいる」と、共演者の解雇を発表した。 ガスリー氏はさらに、「私はマットのことを思って心が砕けてしまっています。大事な大事な友達でパートナーで、ここでは大勢に愛されてきました。そして私は、自分に何があったか語るために立ち上がった勇敢な同僚と、ほかにも語るべき経験をした女性たちのためにも、心が砕けてしまっています」と述べた。 その上でガスリー氏は、「あまりに多くの組織が経験しているこの自己点検の動きは、重要なもので、遅すぎたほどです。そしてその結果、すべての女性が、すべての人が、安心していられる、尊重されていると感じる職場づくりにつながらなくてはなりません」と強調した。 米紙ニューヨーク・タイムズは、ラウアー氏に対する苦情を申し立てた女性の代理人だというアリ・ウィルケンフェルド弁護士の話を報道。それによると、女性とウィルケンフェルド弁護士は27日にNBCの法務と人事担当と数時間にわたり面談したという。 トランプ米大統領は、ラウアー氏解任が発表されるとただちにツイートし、「うわあ、マット・ラウアーがついさっき、『職場での不適切な性的行動』を理由にNBCをクビにされた。でもいつになったら、あんなにフェイクニュースをまき散らしたNBCとコムキャストの幹部はクビになるんだ。アンディー・ラックの過去を調べろ!」と書いた。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/935844881825763328 米テレビニュース界のセクハラ問題では、同じNBCの重役でラウアー氏との仕事が多かったとされるマット・ジマーマン氏が不適切な行動の疑いで解雇された。昨年10月には、トランプ氏が2005年に女性の性器をわしづかみにすると発言したビデオが浮上し、トランプ氏とそのやりとりをしていたビリー・ブッシュ氏が「ザ・トゥデイ・ショウ」から降板させられている。 またCBSニュースの大物キャスター、チャーリー・ローズ氏が21日にセクハラ疑惑で解雇されたばかり。フォックス・ニュースは今年4月、セクハラ疑惑のかけられた名物司会者ビル・オライリー氏を解雇している。 (英語記事 Matt Lauer: NBC sacks star Today Show host over sex allegation)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、英極右団体のムスリム排斥ビデオをリツイート 英首相の非難に反論

    殺害した男は、「ブリテン・ファースト!」と叫んで犯行に及んでいた。 ただし、オランダ検察庁の報道官はBBCに、暴行容疑で逮捕された男性は「オランダで生まれ育った」人物で、移民ではないと説明した。ワシントンのオランダ大使館もツイッターで、トランプ氏にあてて「事実は大事です。この暴力行為の実行犯はオランダで生まれ育った人物です。オランダの法の下で刑罰を言い渡され、服役しました」と正している。 https://twitter.com/NLintheUSA/status/935953115249086464 フランセン氏がツイートし、トランプ氏がリツイートしたもう1本のビデオには、聖母マリア像を壊す男性が映っていた。これは2013年にYouTubeに投稿されたもので、映っている男性は「レバントの土地で崇拝するのはアッラーのみ」と発言している。「レバント」とはこの場合、シリアを意味する可能性がある。3本目のビデオは2013年のエジプトで起きた暴動の映像で、アレクサンドリアで建物の上から男性が突き飛ばされる様子が映っている。事件の関係者は2015年に訴追され、男1人が処刑された。 トランプ氏のツイートについて、中東歴訪中のテリーザ・メイ英首相は報道官を通じて、「大統領がこのようなことをしたのは間違っている」と述べ、ブリテン・ファーストは「うそをばらまき、緊張の火をあおる、憎悪にまみれた主張」を展開する組織で、その言動は英国が重視する「品位と寛容と敬意」という価値観のアンチテーゼだと非難した。 さらにトランプ氏自身もツイッターで、メイ首相に異例の反論をツイート。最初は、フォロワーわずか6人の別人のアカウントに向けていたが、間もなくこれを削除し、首相のアカウントに向けてツイートし直した。大統領はそこで、「テリーザ・メイ、僕を気にするんじゃなく、英国内で起きている破壊的なイスラム過激主義テロを気にしなさい。こっちはまったく問題ないので!」と書いた。 https://twitter.com/realDonaldTrump/status/936037588372283392 ホワイトハウスのサラ・サンダース報道官は、「ビデオが本物かどうかはともかく、脅威は本物だ」と反論し、メイ首相をはじめとする各国首脳は「話し合わなくてはならない本物の脅威がある」ことを承知しているはずだと苦言した。 米英は伝統的に「特別な関係(special relationship)」と呼ばれる友好関係にあるとされているため、両国の首脳が表立って批判し合うのは異例。トランプ氏が大統領就任後、初めてホワイトハウスを訪れた外国首脳はメイ首相だった。 サジド・ジャビド・コミュニティー・地方政府担当相は首相官邸より先に、「合衆国大統領は、私や私のような人間を憎む、おぞましい憎悪まみれの人種差別団体の視点を、支援すると表明したわけだ。それは間違っているし、私は何も言わずに受け流すつもりはない」とツイートした。ボリス・ジョンソン外相も後に、「ブリテン・ファースト」は「社会を分断する憎悪に満ちた団体」だとツイートした。 保守党重鎮議員のサー・ニコラス・ソームズは、トランプ氏は自分に大統領としての「資格がまったくない」と、ついに証明したと強く批判した。 労働党のジェレミー・コービン党首は政府の反応に先立ち、「ドナルド・トランプによる極右リツイートをこの国の政府が非難するよう期待する。リツイートはおぞましく、危険で、我々の社会を脅かすものだ」とツイートした。 複数の労働党議員は、来年に英国公式訪問が予定されるトランプ大統領への招待を撤回するようあらためて呼びかけているが、首相官邸はそのつもりはないと言明した。 「ブリテン・ファースト」とは ブリテン・ファーストは2011年、白人至上主義の極右政党「英国民党(BNP)」の元党員によって結成された。「英国のイスラム化」を懸念するという主張をソーシャルメディアに連投し、注目されてきた。 欧州議会の選挙に移民反対、中絶反対などを掲げて候補を擁立してきたが、まだ議席は獲得していない。 2016年のロンドン市長選にも候補を出し、1.2%の票を得た。 実際の選挙よりもソーシャルメディアで存在感を増しており、フェイスブックでは他のほとんどの英主要政党よりはるかに多い、200万人近くがアカウントに「いいね」を押している トランプ大統領がリツイートしたフランセン副代表は今年11月、北アイルランド・ベルファスト市庁舎前の集会で、「脅迫的、暴力的、侮蔑的言動」を使用した罪で起訴されている。12月14日にベルファスト地裁で初公判が予定されている。 「大統領は恥じ入るべきだ」 ソーシャルメディアでは大勢が、トランプ氏のリツイートに強く反発した。 「ブリテン・ファースト」と叫ぶ極右男性に妻ジョー・コックス議員を殺害されたブレンダン・コックスさんは、「トランプは自分の国内の極右の存在を正当化してきた。次はこの国でそれをやろうとしている。憎しみの拡散には、結果がともなう。大統領は自分に恥じ入るべきだ」とツイートした。 https://twitter.com/MrBrendanCox/status/935842524383645696 コックス氏はさらにBBCに対して、「トランプのやることを見れば、これはミスじゃない、これは戦略だと分かる。常に一貫してやっていることなので」と述べた。 「米国の極右関係者をリツイートしてきたし、これまでもユダヤ人差別的な画像を共有した。大統領選そのものを、メキシコ人を強姦犯と呼び、ムスリムの入国を禁止すると呼びかけて戦っていた。もう、認識しなくてはならないと思う(中略)この大統領は、憎悪を広める人間なのだと」 米市民団体「米イスラム関係評議会」は、「このような行動は、激しい反ムスリムのヘイト・サイトで見るようなものだ。合衆国大統領のツイッターで見ると思うようなものではない」、「トランプの投稿は、米国ムスリムに対する暴力を扇動するに等しい」と批判した。 米ユダヤ人団体「名誉毀損(きそん)防止同盟(ADL)」のジョナサン・グリーンブラット代表は、大統領のリツイートは「米国内外の差別主義者を奮い立たせる」だろうと批判。「非寛容な考えを主張することと、偏見に満ちたミーム(動画や画像)を広めることと、入国禁止政策のような反移民・反ムスリム政策の導入は、明確につながっている。我々はそれを、目の当たりにしてきた。私たちはムスリム・コミュニティーと共にあり、この恥ずべきメッセージを非難する全ての人と共にある」と書いた。 https://twitter.com/JGreenblattADL/status/935872346849726464 (英語記事 Donald Trump retweets far-right group's anti-Muslim videos / Donald Trump wrong to share far-right videos - PM)

  • Thumbnail

    記事

    バスが横転したらどうする? 児童たちが実習訓練

    2017年11月30日 9:00 公開 バスが横転してしまった時にどのように行動すればよいかを教える実習訓練を、ベルギーの消防隊が児童向けに行っている。

  • Thumbnail

    記事

    「これでも悪口言えるか」北朝鮮市民 ミサイル実験受けトランプ氏に

    2017年11月30日 9:00 公開 29日の弾道ミサイル発射実験に北朝鮮市民はどのように反応したのか。政府発表を見守った市民たちに取材した。

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏ツイートは「憎しみを正当化」 殺害された英議員の夫

    2017年11月30日 9:00 公開 ドナルド・トランプ米大統領が29日、英極右団体「ブリテン・ファースト(英国第一)」の幹部がツイッターに投稿したイスラム教徒を中傷する動画をリツイートし、非難の声が上がっている。昨年6月に「ブリテン・ファースト」と叫ぶ男に殺害された英下院のジョー・コックス議員の夫、ブレンダンさんはトランプ氏のツイートが極右を「主流」にしてしまう危険を孕んでいると語った。トランプ氏がリツイートした動画は、ブリテン・ファーストの副代表が投稿したもので、真偽は分かっていないもののイスラム教徒だとされる人物たちが犯罪を犯す様子が含まれる。テリーザ・メイ英首相の報道官は、ブリテン・ファーストが「うそをばらまき、緊張の火をあおる、憎悪にまみれた主張」をしていると述べた。

  • Thumbnail

    記事

    日本の相撲スター、日馬富士が引退 暴行問題で

    2017年11月29日 16:57 公開 暴行問題の責任を取り、大相撲のグランドチャンピオン、横綱・日馬富士(33)は29日、引退を発表した。きわめて様式化され儀礼を重んじる日本のスポーツは、暴行問題で揺れに揺れてきた。 日本メディアによると、日馬富士は自分より若い幕内力士を手のひらやこぶし、カラオケのリモコンで殴ったとされ、警察の事情聴取を受けている。 記者会見した日馬富士は、「世間を騒がせ、支えてくださった皆さんに迷惑をかけて本当に申し訳ない」などと話した。 角界では近年、暴力問題や暴力団とのつながり、八百長問題などがたびたび発覚し、問題となってきた。 日馬富士は16歳で入門し、2012年に横綱に昇進した。 他の力士との酒の席で、同じモンゴル出身の幕内・貴ノ岩(27)を殴り、入院させたと地元メディアに報道され、今回の引退に至った。 報道によると、貴ノ岩は脳しんとうや頭蓋底骨折などと診断され、入院したという。 日本相撲協会の広報担当によると、日馬富士の師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)が29日に、横綱引退の意向を協会に伝えた。 27日には横綱審議委員会があり、北村正任委員長が「暴力があったということは間違いない」、「非常に厳しい処分が必要という意見が委員会全体であった」と述べた。 いじめに暴力団とのつながり 角界については暴力問題やスキャンダルが相次ぎ表面化してきた。 報道によると2016年には別の親方と力士が、元力士の男性を暴行して片目を失明させたとして約3200万円の損害賠償の支払いを命じられた。 2011年には八百長問題が発覚し、多数の力士が引退もしくは解雇された。 その前年の2010年には、暴力団を胴元とする野球賭博に力士や親方が関わっていると発覚。この時の警察捜査が、翌年の八百長問題発覚につながった。 2010年には日馬富士と同じモンゴル出身の横綱・朝青龍が、泥酔して一般人を殴ったとされる事件が明らかになり、引退した。 2007年には10代の序ノ口力士が親方と複数の兄弟子から暴行を受けた後、死亡した。この元親方は傷害致死罪で懲役5年の実刑判決を受けた。この事件が、角界の厳しい階級制度にあったいじめやしごきの風潮を明るみにした。 (英語記事 Japanese sumo star Harumafuji retires after 'violent assault')

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮「核武力完成」を宣言 ICBM「火星15」発射成功と

    2017年11月29日 13:26 公開 北朝鮮の国営・朝鮮中央テレビ(KCNA)は29日正午(日本時間午後0時半)、米本土に到達可能な新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星(ファソン)15」の発射を同日未明に成功させたとする政府声明を伝えた。 KCNAが「重大報道」として伝えた政府声明は、「核武力完成の歴史的大業」を実現したと表明した。超大型重量級の核弾頭装着が可能な「最強ミサイル」の「火星15」によって、米本土全域が攻撃できるようになったという。 最高指導者の金正恩・朝鮮労働党委員長が発射命令を下し、29日未明に現地を視察したという。 KCNAは、「ついに国の核武力の完成という歴史的大業、ロケット大国建設の偉業が実現したと、(金委員長が)誇り高く宣言した」と表明。さらに北朝鮮が「責任ある核保有国として、そして平和を愛する国として」、「世界の平和と安定を守る高貴な目的に尽くすため、できる限りのあらゆる努力をする」と強調した。 北朝鮮は、自国の武装は「米帝国主義者の核による脅迫政策」に対抗する防衛手段であり、北朝鮮の国益が侵害されない限り「いかなる国に対しても脅威とはならない」ことを、「厳粛に宣言する」と述べた。 韓国軍によると、ミサイルは高度4475キロに達し、53分をかけて960キロ飛行した後、日本海に落下した。 日本政府によると、鋭角に発射されたミサイルは日本上空を通過せず、青森県から約250キロ西に落下した。 今回のミサイル発射を受けて、米国や日本などが国連安全保障理事会の緊急会合を要請。安保理は近く会合を開く見通し。 北朝鮮側の声明に先駆けて、ジェイムズ・マティス米国防長官は、発射された大陸間弾道ミサイルの高度はこれまでで最も高く、世界全体への脅威だと述べた。 ホワイトハウスによると、大統領はミサイルが飛行中に報告を受けた。後に大統領は「自分たちが対応する」と述べたという。 本当に米本土に届くのか 米国を拠点とする「憂慮する科学者同盟」によると、通常の軌道で発射されていた場合、今回のミサイルは1万3000キロ以上飛行した可能性がある。つまり、「米本土のどこでも」到達可能だったことになる。 ただし、ミサイルの弾頭はきわめて軽い模擬弾頭だった可能性が高く、それよりはるかに重い核弾頭をそれほどの距離にかけて運ぶことはできないのではないかという。 北朝鮮は今回の「火星15」が超大型重量級の核弾頭を搭載できると主張しているが、小型化された核弾頭のミサイル装備に成功したという証拠はこれまで示していない。また目標にまで確実にその核弾頭を届けられるという裏付けも示していない。 ただし、北朝鮮の核技術が急速に進歩していることから、長距離の飛行可能な核弾頭の小型化に成功している可能性は排除できないという専門家も複数いる。 (英語記事 North Korea 'tested new long-range missile' that can reach US)

  • Thumbnail

    記事

    ハリー英王子とマークルさんの挙式、来年5月に ウィンザー城で

    た際にも、礼拝堂が使われたほか、エドワード王子ウェセックス伯夫妻も1999年にここで挙式している。 BBCのダニエラ・レルフ王室担当編集委員によると、聖ジョージ礼拝堂はハリー王子の少年時代の楽しい思い出の場所。ウェストミンスター寺院やセント・ポール大聖堂よりも親密な場所だが、同時に王家の結婚式にふさわしい格式を備えているという。 王位継承権5位のハリー王子とマークルさんは27日に婚約を発表した。 ナウフ氏によると、婚約発表の日は2人にとって「とてつもなく幸せな日」で、「英国と世界中から応援されて、胸がいっぱいになった」という。 片方の愛犬は米国に ハリー王子とマークルさんは1年4カ月前、共通の友人の紹介で初めて出会い、交際を始めた。 2人は27日、婚約発表後の初インタビューでBBCのミシャル・フセイン記者に対し、プロポーズは今月で、自宅でローストチキンを焼いている時だったと明かした。 インタビューで愛犬2匹について聞かれたマークルさんは、片方は親友宅にいるがもう片方はすでに英国に来ていると話した。 これについてナウフ氏は、「ガイ」と呼ばれる犬は合法的に渡英しているものの、もう片方の「ボガート」は米国に残ることになると話した。 2人は来月1日、ノッティンガムでカップルとして初の公式行事に参加する。市内を視察した後、現代美術館で開かれる慈善団体の世界エイズデー行事を訪れ、さらに市内の学校を訪問する。 ナウフ氏によると、マークルさんは国連などと取り組んできた性の平等と女性の支援活動をやめ、代わりに、王室の一員として新しい慈善活動に着手する。 マークルさんは、ハリー王子と兄ウィリアム王子の慈善活動を推進する「ケンブリッジ公爵夫妻・ハリー王子王室基金」の4人目の後援者となった。 ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃は28日、ロンドンのファウンドリング博物館を訪問中に、ハリー王子の婚約に着いて聞かれ、2人が「この幸せな時間を楽しめるよう」、ウィリアム王子も自分も願っていると話した。 親密でプライベートな会場 アダム・ウィティー記者、BBCニュース(ウィンザー) 聖ジョージ礼拝堂は今夜、暗闇に包まれている。ウィンザー城の城壁に囲まれた15世紀のゴシック建築の礼拝堂だ。 夜は寒くて暗いかもしれないが、ウィンザーが半年後に世界の中心になるという思いで、市内は明るく、温かな思いで溢れている。 ある店の従業員は、結婚式の日はウィンザーの街と国全体にとって「おとぎ話」のようになると話した。(結婚式が近づくにつれ、この店のレジも鳴りやまなくなるはずだ)。 聖ジョージ礼拝堂で何年もボランティアをしていたエレインさんは、礼拝堂はこのような行事の際は、はるかに親密な雰囲気になると話した。 エレインさんは、「自分たちは本当に幸運だと思う。当日は信じられないような雰囲気になる」と語った。 聖ジョージ礼拝堂 ウィンザー城の敷地内に建つ、15世紀のゴシック建築の礼拝堂 収容人数―800人(ウェストミンスター寺院の収容人数は2000人) その他の王室行事―1984年のハリー王子の洗礼、チャールズ皇太子とカミラ夫人の祝福の儀式、1999年のエドワード王子ウェセックス伯の結婚式など 歴史的な葬儀も―2002年にエリザベス皇太后とマーガレット王女の葬儀。1952年にエリザベス女王の父、ジョージ6世の葬儀。敷地内に国王10人の墓がある (英語記事 Prince Harry and Meghan Markle to wed at Windsor Castle in May)

  • Thumbnail

    記事

    なぜ英王子の妻は「プリンセス・メガン」にならないのか 

    lliam of Wales)になった。「Princess Catherine」ではない(編集部注:BBCニュース日本語版では、日本語報道の慣習にならうと共に、「王子妃」の意味で「キャサリン妃」と表記しています。英語記事では「ケンブリッジ公爵夫人」という表記も多用されます)。 このため、メガン・マークルさんの正式な称号はかなりの確率で、「ハリー・オブ・ウェールズ王子妃殿下」になるのだろう。正式な呼称という意味では、「ケイト王女」も「メグ王女」もあり得ない。2人とも王族出身ではないからだ。 エリザベス女王の妹、故マーガレットさんは、王家の娘として生まれたため、「マーガレット王女」(Princess Margaret)を名乗る資格があった。同様に、女王の娘は「アン王女」、孫娘たちは「ベアトリス王女」と「ユージェニー王女」だ。 しかし、アンドリュー王子の元妻サラ・ファーガソンさんは決して「プリンセス・サラ」ではなかったし、エドワード王子の妻ソフィー・リス=ジョーンズさんは「プリンセス・ソフィー」ではない。 そして、多くの人がこれに歯噛みしたのだが、伯爵令嬢レイディ・ダイアナ・スペンサーは正式には決して「プリンセス・ダイアナ」ではなかったのだ。その称号は「プリンセス・オブ・ウェールズ」(皇太子妃)であって、チャールズ皇太子と離婚後は、「プリンセス・オブ・ウェールズ、ダイアナ」(Diana, Princess of Wales)という称号が与えられた。 2011年にウィリアム王子とケイトさんが婚約した際、BBCのニコラス・ウィッチェル王室担当編集委員はこの称号問題について、人をどう呼ぶかといういささか紛らわしく、おそらく無意味な問題を巧みに解決できないようでは、英王室は1000年も栄えてこなかったと論評した。 英王室にしてみれば、君主として国を治めるという自分たちの主要業務にはあまり直接かかわらないものの、それなりに高い位につく家族の一員には、便利な肩書や「ハンドルネーム」を与える必要があるのだ。 そのため女王のいとこたちは、グロスター公爵にケント公爵だし、女王の伯父エドワード8世が1936年に離婚経験のある米国人と結婚するため退位し国を追われた際には、「ウィンザー公爵」となった。 「公爵」の位は結婚を機に授けられることが多いと、ウィッチェル記者は書いた。これはまさに、新しく王家の一員になる人を「王女」や「王子」にはしないながら、ご大層に聞こえる称号を与えるのに、「公爵」はうってつけだからだ。 このため、アンドリュー王子が1986年にサラ・ファーガソンさんと結婚した時、女王は二男にヨーク公爵の位を与え、よってサラ・ファーガソンさんはヨーク公爵夫人となったし、離婚後もこの称号を使うことが許されている。 同様に、女王の三男エドワード王子はソフィー・リス=ジョーンズさんと結婚した際に「ウェセックス伯爵」となり、新妻は「ウェセックス伯爵夫人」となった。 メガンさんについても、同様の対応はあり得る。「サセックス公爵」、「オルバニー公爵」、「クラレンス公爵」など、もう長年使われていない空位の王族公爵の位をひっぱり出してきて、女王が新夫妻に授けるという方法は可能だ(「サセックス」になるのではないかと言われている)。 しかし英王室にまつわる典礼の常として、例外は常にあり得る。女王の夫君フィリップ殿下も、結婚によって英王室の一員となったわけだが、それでも称号は「プリンス・フィリップ」だ。 1947年に当時のエリザベス王女と結婚した際、当時の英王ジョージ6世が、娘の夫に「エジンバラ公爵」の地位を授けた。しかし「プリンス」と呼ばれるようになったのは、即位後のエリザベス女王が1957年2月に「連合王国の王子としての形と称号を与え」てからだった。 女王は同様に、ケイトさんとメガンさんを「プリンセス」にすることもできるが、この問題にまつわる古くからの伝統は実に確固として確立されているため、英王室初の「プリンセス・メガン」誕生は、たとえ実現するにしても相当先のことになるだろう。 (英語記事 Why Prince Harry's wife will not be called Princess Meghan)

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮の弾道ミサイル発射は世界中の脅威=米国防長官

    朝鮮と取り引きする中国企業を対象に制裁を追加した。 <解説>解決のない問題――ジョナサン・マーカスBBC防衛外交担当編集委員 約2カ月ぶりの今回のミサイル発射実験は約2カ月ぶりで、しばらく中断していたように見えたのは、北朝鮮がトランプ氏の物言いにひれ伏していたからでも、中国の圧力に屈していたからでもないことが明らかになった。実のところ専門家たちは、過去にも季節によって実験のペースが落ちたことがあると指摘していた。 トランプ大統領は実験の報告を受けて、自分の政権が対応すると述べた。しかしどうやって? 米国は国連安保理の緊急会合を要請した。レックス・ティラーソン国務長官は、北朝鮮への圧力強化に言及した。 しかし北朝鮮はすでに、世界で最も孤立して、厳しい制裁を受けている国のひとつだ。使える新しい手段は少ない。 北朝鮮は解決法のない問題に見える。その核・ミサイル開発は再び、トランプ政権にとって最大の安全保障上の課題となって戻ってきた。 北朝鮮のミサイル実験――2017年 北朝鮮は今年、ミサイル発射実験を繰り返し実施した。中には発射直後に爆発したものもあるが、その多くは数百キロを飛行してから海上に落下した。今年これまでに報道された主なミサイル発射は以下の通り――。 2月12日―西岸のパンヒョン空軍基地からミサイルを発射。高度550キロに達し、日本海に向かって東へ約500キロ飛行した。 4月5日―東部の咸鏡(ハムギョン)南道、新浦(シンポ)付近から弾道ミサイル1発を発射。韓国国防省によると、ミサイルは約60キロ飛行し、日本海に落下した。 6月8日―東部沿岸の元山(ウォンサン)付近から、短距離の地対艦型とみられるミサイルを発射。ミサイルは約200キロ飛び、日本海に着弾した。 7月4日―弾道ミサイルを日本の方向に発射した。北朝鮮は大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功したと発表。飛行距離は933キロ、飛行時間は39分で、高度は2802キロに達したと北朝鮮は主張した。 8月29日―弾道ミサイルを北東方向へ発射。ミサイルは日本の北海道上空を通過した後、北太平洋上に落下した。核弾頭が搭載可能なミサイル発射はこれが初めてとされる。韓国軍合同参謀本部によると、ミサイルは2700キロの距離を飛行し、最大高度550キロに到達した。 9月15日―平壌近くの順安(スナン)地区から北東方向へミサイルを発射。このミサイルもまた北海道上空を通過し、襟裳岬の東約2200キロの太平洋上に落下したとされる。韓国軍によると、ミサイルは高度約770キロに達し、飛行距離は3700キロとみられる。 (英語記事 North Korea latest missile launch a global threat - US)

  • Thumbnail

    記事

    宇宙ごみ回収 衛星使った実験を来年実施へ

    2017年11月29日 9:00 公開 地球の周りを旋回する宇宙ごみ(デブリ)の回収に衛星を活用する実験が来年初めに開始される予定だ。英サリー・サテライト・テクノロジー社が現在衛星を製作中で、いったん国際宇宙ステーション(ISS)に運ばれ、そこで組み立てられた後、実証実験を開始する。一方、サリーと協業するアストロスケール社が開発した微細な宇宙ごみを観測する衛星の打ち上げが28日に行われたものの、失敗した恐れが出ている。アストロスケールは東京都墨田区に研究拠点を持つベンチャー企業。

  • Thumbnail

    記事

    日本船の捕鯨映像を公開 豪政府と情報公開争ったシー・シェパード

    2017年11月29日 9:00 公開 反捕鯨団体のシー・シェパードは28日、南極海で日本の捕鯨船が銛を使ってクジラを捕獲する様子をとらえた映像をウェブサイトで公開した。 オーストラリア税関当局が2008年に撮影したものだが、対日関係に配慮し公開を拒否していた。5年にわたる論争の末、シー・シェパードらの主張が認められた。

  • Thumbnail

    記事

    豪メルボルンでテロ容疑者逮捕 大晦日の市中心部を狙った計画

    2017年11月28日 18:15 公開 オーストラリアの警察は27日、メルボルンの大晦日のお祝い行事を狙ったテロ攻撃を計画していた疑いで、20歳の男を逮捕した。 当局は、容疑者をテロ罪で訴追すると述べた。有罪となれば、最も重い刑は終身刑となる。 警察によると、容疑者は同市中心部フェデレーション広場で自動式の銃を使い、攻撃を計画していたという。 警察は、市民に危険が及ぶような脅威は現時点では確認されていないとしている。 警察は、容疑者が27日にメルボルン近郊ウェリビーで逮捕された際、自動式の銃は未入手だったと述べた。 ビクトリア州警察シェーン・パットン副総監は28日、「容疑者は銃器を使い、できるだけ多くの人を撃ち殺そうとしていたと我々は考えている」と話した。 「この容疑者は、海外の(テロ)事件が起きたときに、ほかに良い言葉がないが、非常に精力的になって、自分で攻撃を実行することにとても強い関心を示していた人物だ」 メルボルン中心部では昨年、約50万人が大晦日を祝った。 他に容疑者なし パットン副総監によると、容疑者はソマリア人の両親の下、オーストラリアで生まれ、今年1月以降、警察の監視対象になっていたという。 警察によると、男はテロ攻撃を仕掛けるための指示が書かれたアルカイダのオンライン版マニュアルを所持しており、いわゆるイスラム国(IS)を支持していた。 パットン氏は、男が過激派とつながりはあったものの、単独で行動していたとみられ、これ以上の逮捕者は出ない見通し。 男の自宅や働いていた会社、それに親せきが所有する不動産の家宅捜索が行われた。 警察は今回の逮捕について、これまで行われた捜査とは無関係だとしている。 警察は昨年、メルボルンでクリスマスに計画されていた大規模なテロ攻撃を阻止したと発表していた。フェデレーション広場は攻撃が計画されていた場所の一つだったという。 テロ警戒レベルが「起こりそうな状態」に引き上げられた2014年以降、オーストラリアの警察は対テロ捜査により74人を逮捕している。 (英語記事 Melbourne man planned New Year's Eve terror attack, police say)

  • Thumbnail

    記事

    バスの下に隠れ80キロ 少年2人、両親に会いたい一心で

    2017年11月28日 17:51 公開 ケリー・アレン記者、BBCモニタリング 中国南部の広西チワン族自治区で、8、9歳とみられる2人の少年がバスの車台の下に隠れ80キロを移動したころで発見された。少年たちは隣りの広東省で働く両親に会いたかったと話したという。インターネットでは、出稼ぎ労働者が地元に残している「留守児童」の問題を指摘する声が相次いでいる。 中国国営メディアは2人の少年の名前を報じていないが、先週23日に行方が分からなくなったと教師から通報があり、同じ日にバス停留所でバスの下に隠れている少年たちが発見されたという。 メディア各社が報じた写真や動画からは、泥まみれの少年たちがバスの下に体を押し込んで隠れていた様子が分かる。 「両親を探したかった」 地元メディアの南国早報によると、少年たちは「8、9歳くらい」で、バスが停留所に止まった時に警備員たちに発見された。 少年たちが約5キロにおよぶ「急な坂」にも耐えたもようで、関係者たちは無事だったことに「驚いた」と話した。 関係者の一人は南国早報に、「子供たちはすごく痩せていたので、車台の下は隠れるのに都合が良かった」と語った。 関係者によると、少年たちは警備員たちの質問に言葉少なに応じていたが、「ようやく2人の少年がお母さんとお父さんに会いたかったのだと分かった」という。「車の下に隠れていたのは、あてもなく両親を探し出したかったからだった」 報道によると、連絡を受けた親族が同日夜に少年たちを連れ帰った。 「胸が痛む」 少年たちの話は、中国のネットユーザーの間で大きな反響を呼び、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」でコメントを投稿する人が相次いだ。 少年たちの写真は拡散され、多くの人が「胸が痛む」と述べた。 あるユーザーは、「中国では今、あまりに多くの年端もいかない子供たちが両親と引き離されている。誰が彼らのことを心配し、問題を解決しようとしているのか」とコメントした。 別のユーザーは、「社会の悲劇」だと指摘。また別のユーザーは「留守児童たちに関心」がもっと寄せられるべきだと述べた。 農村部に残された出稼ぎ労働者の子供たちの数は中国全土で何千万人にも上り、その多くが祖父母と暮らしている。ひどい例では、子供たちだけで生活する家庭もある。今回保護された少年2人は寄宿舎に入っていた。 「中国夢は破れた」 今回の報道を受けて、ネットユーザーの間では、習近平国家主席が2013年に打ち出したスローガン「中国夢」(チャイナ・ドリーム)を揶揄(やゆ)するコメントも多数あった。 「中国夢」が掲げる市民生活や国全体に関わる目標の一つに、2020年までの貧困一掃がある。あるユーザーの「中国の復興は、搾取された出稼ぎ労働者に強く依存している」というコメントには200以上の「いいね」が寄せられた。 別のユーザーは2人の少年たちについて、「愚かな子供たち」の「中国夢は破れた」とコメントした。 「このような子供たちのために中国夢はあるんじゃないか」 (英語記事 Two Chinese boys travelled 80km in bus undercarriage)

  • Thumbnail

    記事

    バリ島火山噴火 国際空港の閉鎖を29日朝まで延長

    、住民を強制的に避難させる可能性があると警告した。 避難区域の中の様子――レベッカ・ヘンシキ記者、BBCニュース(バリ島) 「ここからは活火山の危険地帯です」と書かれた横断幕が掲げられている。しかし、周囲を見渡してもそれと分かるようなものはない。 横断幕のすぐ後ろでは、セリヤニさんがバリ・ヒンズー教の神々にささげる花を売っている。セリヤニさんは心配しているものの、ここに残って働き家族を養わなくてはならないと話す。 「本当に噴火したら走って逃げますよ」とセリヤニさんな神経質に笑いながら話す。 避難地域をさらに奥に行くと、授業を続けている学校があった。教師は子供たちに普通のマスクの付け方を指南している。火山灰から身を守るためだと校長は話す。 火山活動が活発になってから何週間もたっていて、まだ避難したくないと思いながら宙ぶらりんの状態だという。 当局は強制的に避難させるとしているが、山に住む人々はまだそれを知らない。 (英語記事 Bali volcano: Mt Agung ash shuts airport for second day)

  • Thumbnail

    記事

    婚約発表のハリー英王子「天の配剤」 求婚はチキンを焼きながら

    ントン宮殿ノッティンガム・コテージを新居とする予定という。 ハリー王子とマークルさんは、婚約発表後にBBCのインタビューに応じた。2人はミシャル・フセイン記者に、共通の友人の紹介で昨年7月にロンドンで初めて出会ったと話した。王位継承権5位のハリー王子は、2人が「あまりにたちまち」恋に落ちたのは、「天の配剤」だという印のように思えたと話した。 「美しい」マークルさんはまるで「つまずいて僕の人生に転がり込んできた」みたいなものだと、王子は述べ、母親の故ダイアナ元妃はマークルさんと「ものすごく馬が合って(中略)大の仲良しになったはず」と話した。 プロポーズは今月で、王子のロンドンの居宅ケンジントン宮殿で2人でローストチキンを作っている時だったという。 「僕たちにとってまったく普通の、いつもの夜」だったと王子は言い、マークルさんは「ともかくとんでもなく、びっくりしてしまった。本当に素敵で自然で、とてもロマンチックだった。片膝をついたんですよ」と話した。これを受けて王子は、「もちろん」と答えた。 「彼女は最後まで言わせてくれなかった。『イエスって言っていいかって』」とハリー王子は続け、「それでハグして、指で指輪を持ってた。『指輪をあげていい?』と聞くと、『ああそう、指輪』って。すごく素敵な瞬間だった。二人きりで」と話した。 2人の婚約は、チャールズ皇太子の公務を管理するクラレンス・ハウスがツイートで発表。挙式の日程は「いずれ」発表されるという。 首相官邸は、結婚式の日を公休日にする予定はないと発表した。 ボツワナでキャンプ マークルさんは米法廷テレビドラマ「スーツ」に出演中だが、女優としての活動はやめることになると明らかにした。自分にとって大事な社会的テーマに今まで以上に取り組んでいくことになるという。これまでもマークルさんは人道支援活動に関わり、性の平等と女性を支援する国連機構「UN Women」を支援している。 「何かを諦めるということだとは思っていない。挑戦だと思っている」とマークルさんは述べ、ハリー王子に向かって「これからはあなたと組んで働くことになる」と語りかけた。 王子も「公務の部分も、素晴らしく上手にこなしてくれると分かっている」と太鼓判を押した。 共通の友人の紹介で初デートした2人は、その後もう一度再会してから、アフリカ・ボツワナへキャンプにでかけたという。 「(2度目のデートから)3、4週間くらいしてから、一緒に行かないかと説得した(中略)星空の下で一緒にキャンプして、5日間を一緒に過ごして、もう本当に素晴らしかった」とハリー王子は話した。 王子は「2人とも、物事を良い方向に変えたいと情熱を抱いている」と述べ、マークルさんも「最初に会ってから2人で色々なことを話したけれど、世界で何がしたいか、どういう変化を実現したいか、それにどういう情熱を持っているかにについても話し合った」と説明した。 マークルさんは、自分の父親が白人で母親がアフリカ系米国人だという部分が一部で注目されているのは、「がっかりする」と述べた。「結局のところ私は自分がどういう人間で、どこから来たかを誇りに思っている(中略)自分たちがどういうカップルなのか、私たちはそこを大事にしている」。 自分たちを引き合わせた共通の友人の女性が誰か、2人は「その人のプライバシーを尊重したいから」と明らかにしなかった。 マークルさんは王子に会うまで「どういう人かあまりよく知らなかった」と言い、「私たちを引き合わせたいと(友人に)言われたとき、私が聞いたのは『いい人?』というそこだけだった。優しくない人なら、会う意味がないと思ったので」と述べた。 王子は、マークルさんの出演番組を見たことがなかったため、会うまでまったく知らなかったという。 王子の思いやり ハリー王子がマークルさんに贈った婚約指輪は、王子自身がデザインしたもので、母ダイアナさんのものだったダイヤモンドを2つ使っているという。 輪の部分は金で、中心に置かれているのはボツワナ産のダイヤモンドだという。 マークルさんは指輪が「ハリーの思いやり」の印だと話した。20年前に事故死した故ダイアナ元妃に会うことはもちろんかなわなかったが、「私たちと一緒にいてくれると思えるのは(中略)私にとって本当に大事なので」とマークルさんは強調した。 また、エリザベス女王とはすでに何度か会い、「素晴らしい女性だ」と称えた。 女王の愛犬、コーギー犬たちは「たちまち」マークルさんになついたという。 子供については、ハリー王子は「何事も一歩ずつ着実に。できれば近い将来、家族づくりを始めたい」と述べた。 マークルさんは米ロサンゼルスで育ち、私立小学校とカトリックの女子高を経て、イリノイ州のノースウェスタン大学を卒業した。 英国国教会のカンタベリー大主教は、婚約発表に「心から喜んでいる」とコメントし、2人は教会で挙式するだろうと述べた。 マークルさんは前に一度結婚し離婚しているが、英国国教会は2002年に、離婚経験者の教会での再婚を認めるようになった。 (英語記事 Prince Harry: Stars were aligned when I met Meghan)

  • Thumbnail

    記事

    ハリー英王子とマークルさん 婚約カップルとして初お目見え

    2017年11月28日 9:00 公開 英王室は27日、チャールズ皇太子と故ダイアナ元妃の二男、ハリー王子(33)と、恋人の米女優メガン・マークルさん(36)が婚約したと発表した。昨年から交際していた2人は今月初めに婚約。来年春に挙式し、ロンドンのケンジントン宮殿ノッティンガム・コテージを新居とする予定という。発表後に2人はケンジントン宮殿の庭で、婚約者同士として初めて、報道陣の前に姿を現した。

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、米先住民称える行事で「ポカホンタス」をネタに

    2017年11月28日 9:00 公開 第2次世界大戦時に部族の言葉を暗号として使い貢献した米先住民ナバホ族を称える行事がホワイトハウスで27日に開かれた際、ドナルド・トランプ大統領が野党・民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員をからかおうと、「ポカホンタス」という名前を持ち出し、先住民を侮辱する発言だとして一部から批判を招いた。先住民の血を引いているとするウォーレン議員の主張の真偽をめぐって議論が起きたのを揶揄(やゆ)する目的で、トランプ氏はウォーレン氏を繰り返し「ポカホンタス」と呼んでいる。ポカホンタスは17世紀に実在した先住民女性で、先住民に捕らえられた英国人の開拓者ジョン・スミスの命を救ったと伝えられ、ディズニー映画の題材にもなっている。

  • Thumbnail

    記事

    米国の水道水汚染 1000カ所以上で基準値超える鉛

    る。環境団体の調査によると、基準値を超える鉛が水道水から検出されたのは全米で1000カ所以上に上る。BBCの「米国第一?」シリーズでは、世界で最も豊かな国であるはずの米国が各国に後れを取る健康および社会問題の現状について取材した。アリーム・マクブール記者がリポートする。

  • Thumbnail

    記事

    バッシング乗り越え……婚約発表のハリー英王子とマークルさん、BBC単独取材

    子(33)と、恋人の米女優メガン・マークルさん(36)が婚約したと発表した。発表から間もなく、2人はBBCのミシャル・フセイン記者に対して、そもそものなれそめやプロポーズの様子、今後の抱負、一部メディアによる否定的な報道、さらにはエリザベス女王のコーギー犬との関係などについて話した。

  • Thumbnail

    記事

    メガン・マークルさん 英王室にとってかつてない存在

    2017年11月28日 9:00 公開 英王室は27日、チャールズ皇太子の二男、ハリー王子と米女優メガン・マークルさんの婚約を発表した。マークルさんは米国人で女優で離婚経験者で、そして父親が白人で母親がアフリカ系米国人。一部の英メディア報道を、王子が「人種差別的だ」と批判する異例の事態もあった。

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏、タイム誌の「今年の人」辞退したと タイム誌は否定

    固有名詞を入れ替えて大統領のツイートをまねてからかった。 たとえばテニスのアンディー・マリー選手は「BBCがついさっき、僕が多分、今年のスポーツ関係者に選ばれるって電話してきたけど、取材と大がかりな写真撮影に応じなきゃならないと言うから、僕は多分じゃ駄目だと断ったんだ。それでもありがとう!」とツイート。これは6万8000回以上リツイートされ、30回以上「いいね」が押された。 米の人気女優ジュリア・ルイス・ドレイファスさんも、マリー選手のツイートに反応し、「ニューヨークタイムズがついさっき、私が多分、今年のコメディ女優に選ばれるって電話してきたけど、取材と大がかりな写真撮影に応じなきゃならないと言うから、多分じゃ駄目だと断ったの。それでもありがとう!」と書いた。 (英語記事 Donald Trump says he shunned Time over Person of the Year)

  • Thumbnail

    記事

    米議会最古参の民主党下院議員、司法委員会を一時辞任 セクハラ疑惑で

    論し、「下院倫理委員会の前で自分や自分の家族の潔白を証明するのを楽しみにしている」とツイートした。 BBCはバズフィードが伝えた文書の内容を独自に確認できていない。 民主党のナンシー・ペロシ下院院内総務は、コンヤーズ議員が「適正手続」にもとづく判断を受けるのが何より重要だと強調。ペロシ院内総務は、議員が女性の権利推進の「立役者」だったと称える一方で、ツイッターでは「(問題行為を)一切容認しないという方針には、相応の結果が伴う(中略)個人の業績がどれほど偉大なものだったとしても、嫌がらせ行為が許されるものではない」とツイートした。 一方で、共和党のポール・ライアン下院議長は、コンヤーズ議員への疑惑を「非常に気がかりだ」と述べた。ライアン議長は14日に、下院議員とスタッフ全員に、セクハラ防止研修を義務付けると発表している。 (英語記事 John Conyers: Veteran congressman gives up post amid harassment inquiry)

  • Thumbnail

    記事

    【イエメン内戦】 サウジの封鎖一部解除で救援食料が入港

    ンをサリーフ港に運び込んだ。世界食糧計画(WFP)のイエメン担当責任者スティーブン・アンダーソン氏はBBCに対して、国連の救援船はイエメン北部の180万人に必要な食べ物を積んでいると話した。 25日には190万人分のワクチンなど医薬品を積んだ航空機が首都サナアに着陸したが、救援食料が届けられるのは今月6日の封鎖開始以来、初めて。 WFPのアンダーソン氏によると、WFPの船は入港許可が得られるまでの2週間、「沖合で浮いている」しかなかったという。 WFPの船に先駆けて、小麦粉5500トンを積んだ民間船が、サリーフの南にある主要港フダイダに入港している。フダイダもフーシ族が制圧している。 商品としての小麦粉がイエメンに届いたことについて、アンダーソン氏は「これも前向きな動きだ。人道援助だけでは、イエメン北部の人たちに必要なものをすべて提供できない。特に、我々の支援が届かない人、比較的良い状況にあるものの、市場で食料を変えないと困る人たちにとっては、大事な動きだ」と歓迎した。 医薬品を届けた国連児童基金(ユニセフ)のヘルト・カッペラエレ中東・北アフリカ地域事務所代表はロイター通信に対して、切迫して必要な分のごく一部に過ぎないと強調した。 サウジアラビアと連合国は、イエメン反政府勢力フーシ派が首都リヤドに弾道ミサイルが発射した2日後、イエメンの陸海空路をすべて封鎖した。ミサイルは国際空港上空で迎撃された。 サウジ主導連合は22日、武器援助がフーシ族に届かないことを前提に、緊急人道援助受け入れのためにフダイダ港を再開し、サナアの空港を国連援助受け入れのために再開すると発表した。しかし国連は24日、フダイダ港は封鎖されたままだと指摘していた。 サウジアラビアはイランが、フーシ族に武器を提供していると非難している。イランはこれを否定している。 イエメンでは2000万人以上が緊急人道援助を必要としている。そのうち1100万人が子供で、40万人が重度で緊急な栄養不良状態にあるという。 サウジアラビア主導の連合軍は2015年、アブドラ・マンスール・ハディ大統領派とフーシ派の内戦に介入。国連によると、それ以降、地上戦と空爆による死者は8670人以上に達する。 (英語記事 Yemen war: First food aid arrives at port after blockade eased)

  • Thumbnail

    記事

    バリ島火山、大規模噴火の警戒を最高水準に

    2017年11月27日 11:51 公開 インドネシア・バリ島の活火山アグン山で大規模な噴火が起きるおそれが高まるなか、当局は警戒水準を最高に引き上げ、避難区域を拡大した。 バリ島の空港は現在閉鎖されており、多くの観光客が足止めされている。アグン山から上がった黒煙は頂上から最大3400メートルの上空まで達している。 インドネシア国家災害対策庁(BNPB)によると、アグン山頂上から12キロ離れた地点でも噴火の音が聞こえたという。 BNPBは「災害の危険があり、かつ切迫している」として、現地時間の26日午前6時(日本時間午前7時)に警戒水準を最高の4に引き上げた。 BNPBはフェイスブックに掲載した発表文で、「噴火の光が夜に観測されるのがより頻繁になっているのは、さらに大規模な噴火が起きる可能性があるのを示している」と述べた。 当局は地元住民にマスクを配布しており、避難区域を半径10キロ圏に拡大した。 バリ島東部にあるアグン山は、島の主要観光地域のクタとスミニャックから約70キロ離れている。 当局や専門家らは25日、マグマが火山の表面近くに上ってきていることが検知されたと明らかにした。 BNPBの情報担当幹部はツイッターで、バリ島の東にあるロンボク島の町マタラムで火山灰を含む雨が降ったと書いた。 今年に入って14万人以上が一時避難所に身を寄せたが、今でも約2万5000人が避難生活を続けているとみられる。火山活動の活発化によって、大規模噴火が近いのではないかという懸念が高まった。 9月末には避難区域外の住民のほぼ全員に帰宅勧告が出され、火山活動は断続的になっていた。 大規模な避難が行われるなか、島の観光収入に少なくとも1億1000万ドル(約122億円)の損害が出たと政府は推計している。 130以上の活火山があるインドネシアの島々は、太平洋を取り囲む「炎の輪」の一部を構成しており、頻繁に火山噴火や地震が起きている。アグン山が噴火した最も最近の例は1963年で、1000人以上の犠牲者を出した。 (英語記事 Mount Agung: Bali volcano alert raised to highest level)

  • Thumbnail

    記事

    「ISの旗を掲げ」 エジプト・シナイ半島モスク攻撃 

    2017年11月27日 10:48 公開 エジプト東部シナイ半島のモスク(イスラム教礼拝所)が24日に武装勢力によって襲撃され、少なくとも305人が死亡した事件について、エジプト当局は25日、襲撃犯たちが過激派勢力のいわゆる「イスラム国(IS)」の旗を掲げていたと話した。犯行声明は出ていない。 エジプト検察局によると、最大30人の襲撃犯が爆発物と銃器でモスクを襲った。 アブドル・ファッター・アル・シシ大統領は事件後、「最大限の威力」で反撃すると表明。エジプト軍は25日、「テロリスト」拠点を空爆したと明らかにした。 ビル・アル・アベドの町にあるアル・ラウダ・モスクは金曜礼拝中に襲われた。目撃者たちによると、礼拝中に爆発があり、外で待ち構えていた数十人が逃げ出そうとする人たちを銃撃した。覆面をかぶり、軍服のようなものを着ていた襲撃犯もいたという。武装勢力はさらに、モスクへの接近を妨害するため周囲に駐車中の車両に放火し、被害者救助のためやってくる救急車にも発砲したという。 少なくとも305人が死亡したうち、30人は子供。負傷者は100人を超えたという。 エジプトの治安当局は数年前から、シナイ半島におけるイスラム過激主義勢力と戦ってきた。なかでもISは、シナイ半島で数十件の攻撃を実施してきた。ラウダ・モスクへの攻撃による被害の規模は近年で最悪とされる。 シシ大統領は襲撃から間もなくテレビ演説し、「テロとの戦いを阻止しようとする動きが働いている」、「軍と警察は、殉教者のために報復し、最大限の威力をもって治安と安定を回復する」と強調した。 シナイ半島の武装勢力とは 2013年7月の大規模な反政府運動の後、軍部がイスラム主義のモハメド・モルシ大統領を拘束し政権から排除して以来、シナイ半島でイスラム教武装勢力による攻撃が頻繁に起きるようになった。 IS系の「シナイ州」グループが中心となった数々の襲撃で、数百人もの警官や兵士や民間人が死亡している。 「シナイ州」はエジプト国内でほかにも、キリスト教の一派コプト教の教会を襲撃したほか、2015年10月末にシナイ半島上空でロシア旅客機が墜落し224人が死亡した事件でも犯行声明を出している。 シナイ半島北部は2014年10月には治安部隊が「シナイ州」に襲撃され33人が死亡して以来、非常事態態勢が敷かれている。 「シナイ州」の目的はシナイ半島を制圧し、IS支配下におくことだとみられている。 <解説> 地元の力学を無視――H.A. ヘリヤー博士(中東地域専門家) 今回の襲撃でについては、かつてない規模だったというほかに、地元の力学にあまりに無関心だという部分が気になる。 過激派グループはこれまで、地元エジプト人から志願者を募っていた。 今回の襲撃以降もそれが可能になるとは、とうてい思えない。地元の人たちがどれほど中央政府に、不満を抱いていようが。むしろ、このような襲撃に多少でも共感するようなグループに対する地元の反発は、これで拡大するに違いない。 (英語記事 Egypt attack: IS flags carried by gunmen, say officials)

  • Thumbnail

    記事

    「限界は自分が決める」 キリマンジャロに挑んだ切断者団体

    2017年11月27日 9:00 公開 モナ・パテルさんは学生の時に酔っ払い運転の事故に巻き込まれ、片足を失った。日常を取り戻すなかでパテルさんは、手足の切断手術を受けた人々の支援団体を見つけるのが困難なことに気が付き、自分で団体を設立した。「限界は自分が決めなくちゃいけない」と語るパテルさんの団体はこのほど、アフリカ最高峰キリマンジャロの登頂に挑戦した。

  • Thumbnail

    記事

    バリ島で大規模噴火は避けられないのか 専門家に聞く

    2017年11月27日 9:00 公開 火山活動が活発化しているインドネシア・バリ島のアグン山で大規模噴火は避けられないのか。豪アデレード大学の火山学者マーク・ティンゲイ博士に聞いた。

  • Thumbnail

    記事

    バッキンガムで海軍が衛兵交代式 357年の歴史で初めて

    2017年11月27日 9:00 公開 ロンドンのバッキンガム宮殿でこのほど、海軍兵士が初めて衛兵交代式を行った。357年続く儀式の歴史で初めてのことだという。

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮兵脱北の劇的映像から分かること

    協定で定めたJSAの設置目的に由来すると言える。 韓国国防安保フォーラムの上級研究員、ヤン・ウク氏はBBCコリアに対して、「この区域は、休戦委員会の協議用に、中立の場として設定されたもの」だと説明。両国の休戦協議はかつて定期的に開催されていたという。つまりJSAはそもそも、両国の軍が実際に協力し合うための場所なのだ。 「南北の軍はJSAで協力していた。共同警備区域という名前からも明らかだ」 JSAの警備は当初は緩やかなものだったが、1976年にポプラの木を剪定(せんてい)しようとした米兵を北朝鮮兵が殺害した、いわゆる「ポプラ事件」以降、新たなルールが定められ、双方の軍が自国側の境界を越えてはならないことになった。 とは言うものの、実際には隠れる場所はほとんどないとヤン氏は話す。韓国側の自由の家は建物の南側中央にしか入り口がなく、脱北者が建物内に隠れるのは難しい。 別の北朝鮮兵が境界線を一瞬越えた 脱北兵を追跡した警備兵1人は、自分が韓国側に侵入したことに気づき、慌てて立ち止まった。警備兵は後ろを振り返り、警備詰め所の裏に隠れていた仲間のもとへ急いで戻った。 国連軍司令部によると、この行為は厳密に言うと休戦協定違反にあたる。 軍事境界線は南北を隔てる仮の実効支配地域を区切るものだ。しかし実際には、JSA全域を通じて必ずしも明確には示されていないようだ。 JSAには境界線をまたぐ建物が6棟並び、各建物はコンクリートで底上げされた地面で隔てられている。 しかし国連軍司令部が公開した映像では、脱北兵はそのうちの1つの建物の隣にある草むらを走って行った。追手の警備兵は韓国側に踏み入るまで、自分が境界線を越えたことに気づかないようだった。 劇的な逃走の経路 1. 脱北兵の運転する車両の車輪が外れ衝突 2. 複数の北朝鮮警備兵が状況調査のため、板門閣から現場に急行し始める 3. 北朝鮮の警備兵1人が建物の西側の詰め所から走り出てくる 4. 脱北兵を追っていた別の北朝鮮兵が境界線を越え韓国側に入ったことに気づき、慌てて戻る 5. 脱北兵が韓国側の自由の家付近で倒れこみ、低い塀のそばで枯葉に埋もれて横たわる JSAでの軍事行為には厳格なルール 国連軍司令部は22日、北朝鮮軍の兵士が脱北兵に発砲した際、JSA内で韓国方面に向けて発砲したのは協定違反だと述べた。 朝鮮戦争の1953年休戦協定では、北朝鮮と韓国は共に「JSA内や、JSAから、JSAに向けて、いかなる交戦的行為も行わない」と合意している。 国連司令部勤務の米軍広報担当者は、韓国側は銃で応戦せず「称賛に値する自制力」を示したと話した。 広報担当者はBBCに対し、今回の調査内容は「通常の方法」で北朝鮮に伝達したと述べた。つまり、軍事境界線上で読み上げた内容を、北朝鮮側が録音したということだ。 現在は、今回の件や再発防止法について、直接協議する意向があるか北朝鮮の返事を待っているところだ。 北朝鮮の即応態勢を見る珍しい機会 今回の脱北劇の間、北朝鮮の警備兵たちは明らかに十分武装していたが、困惑している様子が見てとれる。 脱北兵が逃走し始めた時、北朝鮮軍は検問所で兵士を止める機会もあったが、それどころか兵士は猛スピードで通り抜け、検問所の北朝鮮兵はパニック状態になっているようだった。 その後、境界線で警備していた兵士は韓国側に侵入し、逃げる脱北兵に向かって発砲する。混乱のさなか兵士らが協定上のルールを忘れた事故なのか、それとも協定違反を決意したのかのどちらかだ。 この直後、北朝鮮兵の一団が困惑した様子でJSAの北朝鮮側をうろうろし、その後、立ち去って行った。靴かズボンのすそを直すのにライフルを下ろす兵士さえいた。 使用された武器については、複数のアナリストが指摘している。 「理屈の上では、JSAで許可されているのは自衛用の短銃だけだ。しかし実際には、(北朝鮮)兵士はそれより大型の銃器を持っている姿が確認されており、そのため韓国軍もまた、重火器を念のため準備している……攻撃などに備え」と、ヤン・ウク氏はBBCに話した。 国連軍司令部によると、韓国側は脱北兵救出のため、事前に策定した計画を迅速に実行した。脱北兵に爆弾が仕掛けられているかどうか分からないまま、救出にあたったのだという。 40分ほど待機した後、韓国兵2人が脱北者に向かってほふく前進で慎重に近づき、脱北兵を引きずって連れ出した。 JSAでの脱北は言うまでもなく、軍事境界線を越えての脱北は極めて珍しい。そしてこれほど劇的な脱北劇は、前代未聞だ。 (英語記事 North Korean defector: What we've learned from dramatic footage) (英語記事 

  • Thumbnail

    記事

    「北朝鮮の漁師」 男性8人乗せた船が日本に漂着

    2017年11月24日 14:47 公開 北朝鮮の漁師だと語る男性8人を乗せた木造船が23日夜、秋田県由利本荘市のマリーナで発見された。警察は24日、8人を保護したと発表した。 8人は警察に対し、船が故障し日本の領海内に漂流したと話している。 北朝鮮の漁船が日本の領海内に入ることはよくあり、沿岸警備隊が救助しなくてはならない場合もある。 しかし、限られた装備あるいは老朽化した船のことが多く、船の中で遺体が発見され、しばらく漂流していたとみられる事例もある。 警察によると、今回漂着した船に乗っていた男性たちは自力で歩けたという。NHKによると、通訳を交えた事情聴取が行われている。 小此木八郎国家公安委員長は24日、記者団に対して、漂着した1人が「漁のために来たが、船が故障したと話している」と語った。 日本メディアによると、男性たちはイカ漁に出ていたもよう。漂着船の写真からは、夜間に魚をおびき寄せるために使われることが多い裸電球が船に取り付けられている様子が分かる。 男性たちが日本での滞在を希望しているのか北朝鮮への帰国を望んでいるのかは、現時点で分かっていない。 北朝鮮から日本まではかなりの距離があるため、船を使った日本への亡命は稀だが、2011年には、韓国に亡命しようとする9人の北朝鮮人を乗せた船が日本に漂着したケースもある。 北朝鮮は今年8月と9月にそれぞれ1回、日本上空を通過するミサイルを発射させ、日本政府の激しい反発を招いた。今月には、北朝鮮の兵士が共同警備区域(JSA)の韓国側に入り、軍事境界線を超えて脱北している。 (英語記事 Eight 'North Korean fishermen' wash ashore in Japan)

  • Thumbnail

    記事

    人工照明の「光害」 あちこちで夜が消えつつある

    2017年11月24日 13:59 公開 ビクトリア・ギル BBCニュース科学担当記者 複数の科学者が夜間の地球の写真を調査したところ、地球上で人工照明が年々明るく強くなり、その範囲が広がっていることが明らかになった。 米科学誌「サイエンス・アドバンス」 に22日付で掲載された論文によると、2012年~2016年にかけて、人工の光で照らされた屋外面積は毎年2%以上広がった。 多くの国で「夜が失われる」ことで、動植物や人間の健康に悪影響を及ぼしていると、科学者たちは指摘する。 研究チームは、米宇宙航空局(NASA)の人工衛星放射計から入手したデータを使用した。専用の放射計は、夜間の光の強さを測るために作られたものだ。 調査の結果、対象期間中の明るさの変化の度合いは、国ごとに大きく異なることが分かった。米国やスペインなど世界の「最も明るい国々」の一部では、明るさは不変だったものの、南米やアフリカ、アジアの大半の国では明るさが増した。 (中央の<>を動かすとインドの夜が2012年から2016年にかけて明るくなる様子が分かる) 以前より夜が暗くなった国は、戦争状態にあるイエメンやシリアなどわずか数カ国のみだった。 光り輝く海岸線やクモの巣のような都市のネットワークなど、夜間を映す衛星画像は非常に美しい。しかし、人工の光は人間の健康や環境に思いもよらない影響を与える。 人工照明の影響 米国医師会は2016年、「作りが悪く照度が高いLED電球の悪影響」を正式に認めた。医師会は「まぶしい光を減らすため、青色の光の放出を最大限に減らし、青色が多く含まれる光を出来るだけ抑える」よう促した。 英科学誌「ネイチャー」に掲載された最近の研究では、人工照明で夜行性の昆虫の受粉活動が減り、作物の受粉に非常に悪い影響を及ぼすことが明らかになった。 英国の研究によると、通常よりも明るく照らされた場所にある木は、人工照明が当たっていない場所にある木よりも、1週間早く発芽することが明らかになった。 今年発表された調査では、都市の照明によって、夜間に移動する渡り鳥の習性が「劇的に変化する」ことが分かった。 論文の筆頭著者で、ドイツ・ポツダムにある地球科学ドイツ研究センターのクリストファー・カイバ博士は、人工照明の使用は「人間が環境に与えた最も劇的な物理的変化の一つ」だと話した。 カイバ博士と同僚研究者たちは、オレンジ色のナトリウム灯をエネルギー効率の優れたLEDに交換すれば、裕福な都市と工業地域の明るさは減少すると予想していた。人工衛星の光センサーはLEDが放つ青い光を計測できないからだ。 「米国、英国、ドイツのような金持ち国の、特に明るく光っている部分は、全体的に光が減るだろうと予想していた」とカイバ博士はBBCに話した。「しかし、米国では明るさは変わらず、英国やドイツでは明るさは増している」。 人工衛生のセンサーは人間には見える青い光を「見る」ことができない。つまり、研究で計測されたよりもはるかに大きい明るさの変化を、私たち人間は感じとっていることになる。 英エクセター大学のケビン・ガストン教授はBBCに対し、人類は自分たちに「異常な光の日常的に浴びせている」と話す。 「光が減ればもっとよく見える」 「今の欧州で、自然の夜空を見上げるのは難しい。人工照明が夜空を照らしている状態が、普通になってしまった」 ガストン教授は光の公害が拡大し続けていることに注目する。「人類が自然環境を破壊する場合、その修復や復元は通常、とても費用がかかること。しかし光の公害については、光を必要なところにだけ当てて、必要ないところでは無駄遣いしない。それだけで済む」。 カイバ博士は、市街地をもっと暗くしても視界が悪くなることはないと言う。 「人間の視覚は、光量ではなく、明暗差に依存している」とカイバ博士は説明する。「なので、まぶしい照明をやめて屋外の明暗差を小さくしても、少ない光量で視界を向上させることができる」。 「そうすれば、エネルギーを大幅に節約できる。けれども国別、そして地球規模でデータを見ると、人類はそちらの方向には向かっていない」 (英語記事 Light pollution: Night being lost in many countries)

  • Thumbnail

    記事

    米サンフランシスコ、「慰安婦」像を正式受け入れ 

    2017年11月24日 13:09 公開 米サンフランシスコ市は22日、第2次世界大戦中に旧日本軍兵士の性奴隷として働くことを強制された「慰安婦」を表す像を正式に受け入れた。 像は、朝鮮半島と中国とフィリピン出身の若い女性3人が手をつなぎ円を描く様子を描いている。3人から少し離れたところでは、1991年に元慰安婦として初めて名乗り出た韓国の金学順さんを表す像が3人を見つめている。 世界各地に設置された同様の慰安婦像は、日本の反発を招いている。1957年以来サンフランシスコと姉妹都市関係にある大阪はすでに、サンフランシスコが像の寄贈を受け入れるならば姉妹都市関係を解消すると表明していた。 旧日本軍の売春施設では約20万人の女性が留め置かれていたと推定されている。 1996年の国連人権委報告は、自ら望んで慰安婦になった売春婦のほかは、調理や掃除の仕事で報酬を与えると誘われた女性、さらには強制的に慰安婦にされた女性が多数いたと書いている。 そうした女性の多くは朝鮮半島出身だったとされる。ほかにも中国、インド、フィリピン、台湾出身の女性もいたとみられる。 サンフランシスコの慰安婦像は今年9月末に市民団体が設置。エドウィン・リー市長は22日、像を市として正式に受け入れるという市議会の決議案に署名した。 像の碑文には「この記念碑はいわゆる『慰安婦』と呼ばれる数十万人の女性や少女の苦しみをあらわにするもの。女性たちは1931年から1945年にかけてアジア・太平洋地域の13カ国で、日本帝国軍によって性奴隷にされた」と書かれている。 サンフランシスコの像と同様の像は、韓国をはじめとして、米国、カナダ、オーストラリアにも設置されている。 日本政府は今年1月、韓国・釜山の日本総領事館前に新たに設置された慰安婦像をめぐり、駐韓大使を一時帰国させた。ソウルの日本大使館前にも、同様の慰安婦像が設置されている。 日本は、韓国でのこうした像の設置は、2015年の日韓合意に違反するものだと反発している。安倍晋三首相のおわびと10億円拠出を日本側が約束した日韓合意は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を実現するためのものだったが、多くの韓国人は合意内容は不十分だと受け止め、この問題は依然として日韓関係に影を落としている。 韓国以外の諸外国に設置された慰安婦像も、様々なあつれきを生じさせている。 サンフランシスコの像については、大阪市の吉村洋文市長が、サンフランシスコが像の寄贈を受け入れるならば姉妹都市関係を解消するという書簡をリー市長に送っていた。 (英語記事 San Francisco accepts 'comfort women' statue)

  • Thumbnail

    記事

    アルゼンチン潜水艦捜索 南大西洋で爆発のような音

    2017年11月24日 12:56 公開 アルゼンチン海軍は23日、乗組員44人を乗せたまま今月15日から消息を絶っている潜水艦「サンフアン」の捜索をめぐり、関連が疑われる爆発のような音が検知されていたと発表した。乗組員たちの安否は絶望視されている。 核実験を監視するウィーンの包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)は先週、「異常な1回限りの、短く、激しい、核活動ではない事象」を南大西洋で検知していた。米国も同じ場所で大きな音を探知していた。 知らせを受けて、行方不明の乗組員の家族は悲しみと怒りに包まれた。 潜水艦の捜索には、米国やロシア、英国など十数カ国が参加している。 爆発音の検知 アルゼンチン海軍の報道官エンリケ・バルビ大佐は、CTBTOから23日に爆発音の検知について連絡を受けたと語った。 発表文によると、CTBTOは水中音波の観測所2カ所で「水中衝撃の事象」による信号を検知したという。 アルゼンチン海軍は22日に、「異常な水中音波」が検知されたとの連絡を米国から受け取っていた。 バルビ大佐は、爆発と疑われる事象は最後に確認された潜水艦の位置の近くで起きたと語った。同大佐は、場所は分かっているが原因は不明で、捜索活動は当該海域を中心に進められると述べた。 家族の反応 マルデルプラタの海軍基地に集まっていた家族には、バルビ大佐が報道陣に発表する直前に伝えられた。報道によると、一部には大佐に怒って抗議する家族もいたが、他の人々は泣き崩れていたという。 家族は海軍が嘘をつき偽りの希望を抱かせたと非難。不十分な投資や軍の汚職によって潜水艦の安全が損なわれたとして政府を責任を問う声も出た。 地元紙クラリンの報道によると、サンフアン乗組員のきょうだいの男性は、「あいつらはきょうだいを殺した、くそ野郎。針金で(壊れないように縛った潜水艦で)航海に出させたから、死んでしまったんだ」と叫んだという。 息子のダミアンさんが乗組員だと話すルイス・タグリアピエトラさんはラジオ局「カット」に対し、水深200メートルで起きた爆発で乗組員は死亡したと海軍に言われたと語った。 バルビ大佐は22日に潜水艦の酸素がなくなると述べていた。 潜水艦が最後に確認された位置 サンフアンは南米最南端に近いウシュアイアでの定期的な任務を終えて基地に戻る途中に、「電気系統の故障」と報告した。 ガブリエル・ガレアッシ海軍大佐によると、サンフアンは水面に上昇し故障を報告。大佐は、電池が「ショート」したと話した。 潜水艦は任務を切り上げ、すぐにマルデルプラタの基地に戻るよう指示を受けた。 バルビ大佐によると、サンフアンは故障の連絡後、もう一度海軍基地と交信している。問題は収拾に向かっており、潜水を再開してマルデルプラタに向かうという連絡だったと、バルビ大佐は語ったという。 最後に連絡があったのは現地時間の15日午前7時半(日本時間午後7時半)で、その後潜水艦に何が起きたかは分かっていない。 <サンフアンに関する基本情報:ドイツで1983年に建造。全長は66メートルで、最高速度は時速45キロ> アルゼンチン海軍の規定では、平常時には潜水艦は1日2回基地とを連絡を取らなくてはならない。今回も、定時の連絡がなかった時点で捜索が開始された。 乗組員たち ペドロ・マルティン・フェルナンデズ艦長以下44人の乗組員が乗船している。そのうち1人は女性。エリアナ・マリア・クラウツィクさん(35)はアルゼンチンで初の女性潜水艦将校だ。 アルゼンチン北部の町オベラ出身で、父親からは「海の女王」というニックネームを付けられた。 内陸部で生まれ育ったものの、クラウツィクさんの親族は、仕事に熱心で「鉄の意志」を持つクラウツィクさんは「潜水艦に乗るべくして生まれた」と話す。 他の乗組員たちの年齢は経歴はさまざまで、地元メディアによると技術者のヘルナン・ロドリゲスさんのサンフアン乗船歴は11年に上るという。 潜水艦で起きた過去の事故 潜水艦の事故は珍しい。以下は過去に起きた最も深刻な事例の一部。 2003年、中国の明型潜水艦361号のディーゼルエンジンが不具合を起こし、艦内の酸素を消費したことから乗組員70人全員が酸欠で死亡 2000年、ロシアの原子力潜水艦クルスクがバレンツ海で訓練中に魚雷が爆発し沈没。乗組員118人が死亡。このうち23人は爆発で死亡しなかったが、その後の酸欠で命を失った 1968年、米海軍の原子力潜水艦スコーピオンが大西洋で沈没し99人が死亡。魚雷の爆発が原因だった可能性がある 1963年、米海軍の原子力潜水艦スレッシャーが深海潜行試験中に沈没し乗組員129人全員が死亡。現在に至るまで犠牲者の数は過去最悪 潜水艦の捜索方法 ブラジル、チリ、コロンビア、フランス、ドイツ、ロシア、ペルー、南アフリカ、ウルグアイ、英国などは今回の捜索に自国艦船もしくは飛行機を参加させている。米海軍は、海底の形状を調べる音波探知機を搭載した潜水艇2隻を提供した。 米航空宇宙局(NASA)も海上からの捜索に参加したが、発見できなかった。 (英語記事 San Juan submarine: 'Explosion' dashes crew survival hopes)

  • Thumbnail

    記事

    超高級ホテルが留置所に サウジ汚職摘発 BBCが内部を取材

    、企業家たちの一部は、首都リヤドにあるホテル、リッツカールトンで身柄を拘束されているとみられている。BBCはメディアとして初めてホテル内の取材を許可された。汚職摘発はムハンマド・ビン・サルマン皇太子が主導しており、拘束者には少なくとも11人の王子が含まれているとの情報もある。BBCのリーズ・ドゥセット記者がリポートする。

  • Thumbnail

    記事

    北朝鮮にもサッカーボールはあるの? 脱北者が語る「ばかげた質問」

    2017年11月24日 9:00 公開 「北朝鮮にはボールがないから、サッカーは石を使うんでしょ?」――。ベールに包まれた北朝鮮の市民生活についてよく聞かれる「ばかげた質問」について3人の脱北者に語ってもらった。

  • Thumbnail

    記事

    「光害」 夜が失われつつあるのか

    2017年11月24日 9:00 公開 米科学誌「サイエンス・アドバンス」 に掲載された調査報告によると、地球上の夜がどんどん明るくなりつつある。人工照明の光量が増え、照らす範囲も拡大しているという。

  • Thumbnail

    記事

    メルケル独首相、滑り落ちる王冠の皮肉

    2017年11月23日 17:07 公開 カティヤ・アドラー欧州編集長 強く安定した指導体制といえばどこだろう。これを欧州の人間に尋ねたなら、今週までなら、誰もがドイツを指差したはずだ。 ドイツは、戦後の政治的安定と入念な合意形成の記録を誇ってきた。 しかしアンゲラ・メルケル氏が戦後の独首相として初めて、連立協議に失敗してしまったことで、その安定の記録は途絶えた。 「ドイツはどうなる?」という言葉が、このところやたらと新聞一面に踊っている。連邦議会から近所のバス停の行列、テレビのトーク番組に至るまで、この話題で国中がもちきりだ。 ドイツの人たちは目をこすりながら、呆然としている。いつもは生真面目な主流派の政治家たちが、どたばたと予測不能な解散総選挙に突き進んでいるかもしれない今の事態が、未だに信じられないのだ。 しかし大統領はそうはさせないつもりだ。フランクワルター・シュタインマイヤー大統領は、再選挙をしても極右に有利なだけだと懸念しているのだ。 シュタインマイヤー大統領は今や、各政党との個別協議を立て続けに重ねている。連立実現のためさかんに交渉と工作を重ね、各党に圧力をかけている。 22日には社会民主党(SPD)が、大統領と話し合う番だった。SPDは現在、メルケル氏の保守政党とともに暫定政権に入っている。 シュタインマイヤー大統領は自分自身も、SPDの人間だ。マルティン・シュルツ党首との意見衝突は避けられないかもしれない。シュルツ党首は、ドイツ人が「グロコ」と呼ぶ過去12年間ドイツを治めてきた中道左派・中道右派の大連立には、決して戻らないという立場だ。 連立交渉が20日朝に決裂して以来、シュタインマイヤー大統領も、連邦議会新議長のウォルフガング・ショイブレ前財務相も、いずれもさかんに義務や責任という言葉を繰り返している。 2人は義務や責任を強調することで、政界主流派のいかにもキリスト教ルター派的な罪悪感に訴えかけようとしたのだと言えるかもしれない。 大統領と新議長は、政治的パフォーマンスに走るドイツの政治家たちに対して、国益のため、そして欧州の利益のため、党利党略を横において、連立樹立のために努力してほしいと呼びかけている。 ドイツの国内主流派は、自分たちの政治的危機が国外からどう見られているか痛いほど承知している。海外はまさかドイツでとこんなことがと信じられず、目をこすっているのだ。 たとえばフランスのマクロン大統領も呆然としている1人だ。経済大国で政治的にも影響力の強いドイツと、メルケル首相の応援がなければ、マクロン大統領の野心的な欧州改革のビジョンは、ビジョンのままで終わってしまう。 欧州のエリートたちも一様に落胆している。英国が欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を決めた国民投票の衝撃を経て、EUは次第に自信を取り戻していた矢先のことだからだ。 状況はEU有利に進んでいるかのように思われていた。ユーロは強く、ポピュリスト的な国家主義者の支持率は下がりユーロ圏改革や難民政策、新たな多国間防衛協力などについて、計画がまとまりつつあった。 しかしそのいずれも、実現するにはドイツの指導力が必要だ。ドイツには自宅の車庫で自分の車を細々といじっているだけではなく、欧州全体の変化を推進するハンドルを握ってもらわなくては困るのだ。 それに、ブレグジットはどうなる? 確たる予測をするのは難しい。 メルケル首相に近い消息筋は、メルケル氏が連立政権樹立に苦労しているからといって、ブレグジットに対するドイツの姿勢に影響はないと私に話した。確かにドイツの主要政党は、離脱条件などについては考え方が一致している。 しかし貿易条件や移行期間などの協議については、メルケル氏が退任したり、何カ月も国内政治に手を縛られたりすれば、その不在は大きな損失となる。 確かに、メルケル氏はルールを徹底して守る人だが、その一方で実務的な現実主義者でもある。 メルケル氏は、ブレグジットについて良い合意結着を望んでいる。理由は主に2つだ。ドイツ企業に恩恵を与えるため、そして強い欧州を維持するため。メルケル氏は、ロシアやイラン、北朝鮮、トランプ政権下で予測不能な米国を、疑心暗鬼で見ている。それだけに、英国とは緊密な関係を維持したいのだ。 英政府は意欲的なブレグジット合意実現のため、独創的で想像力あふれる発想をEU側に求めている。しかし、そのためには欧州側に、政治的意思と強い政治力が必要だ。 EU内で、ドイツやメルケル氏の声ほど影響力の大きいものはない。同氏が政治的に沈黙してしまえば、ドイツ国外にも影響が及ぶ。 メルケル氏の政治生命はおしまいなのか。 ドイツでは「メルケルのたそがれ」を意味する「メルケル・デマルング 」という表現が飛び交っている。メルケル時代が終わりを迎えつつあるという意味だ。けれども私は、彼女を切って捨てるのはまだ早計だと思う。 メルケル氏はすでに首相を3期務めたベテラン政治家だ。あらゆる状況を戦い抜いてきた政治家だ。何もこの期に及んであっさり諦めたりするはずがないでしょうと、本人がそう言ったに等しい状況だ。 だがこれが、メルケル氏の政治家人生において最大の危機なのは間違いない。 かつてドイツの女王、欧州の女帝とまで言われた人だが、ドイツのテレビを見ていると、その権勢の衰退は痛々しいほど明らかだった。もうあなたは政治家としておしまいなのかとテレビで何度も尋ねられては、(強張った笑顔で)辛抱強く答えるその様子から、彼女の頭から王冠が滑り落ちつつあるのが見て取れた。 しかし、メルケル氏個人の支持率はいまだに、多くの欧州指導者たちがうらやましがるほど高い。自分の党には自分以外に首相を任せられる有力候補者がいないことも、メルケル氏は十分承知している。 ドイツの調査会社「フォルサ」が行った世論調査によると、ドイツ人の45%が再選挙を望んでいる。メルケル氏も連立政権が樹立できなければ、少数政権を率いるよりもその方が良いと話している。 そのため、再選挙の可能性は十分あり得る。 ドイツの若者の多くは、再選挙を楽しみにしている。 若者たちは従来の合意形成型の政治を、守り重視で退屈だと苛立っている。そして、これがドイツ政治大変動の始まりになることを期待している。古臭い連中を追い出すチャンスだと。 若者は政治家たちに、借金回避にばかり執心するのではなく、国内の道路や鉄道サービス、大都市圏外での脆弱なインターネット回線などにもっと投資してほしいと考えている。 ドイツはほかの経済大国と比べて、インフラ投資率が最も低い。 もしこれがドイツにおける政治革命の始まりなのだとすれば、革命はよりによって、ドイツ経済がかつてないほど好調で(輸出と財政黒字は拡大基調)、不透明な世界情勢を前に欧州が強力で安定したドイツの指導力をかつてないほど頼りにしているという、そういう時代背景で起きることになる。これはかなり皮肉なことだ。 (英語記事 The slipping crown of Angela Merkel)

  • Thumbnail

    記事

    セクハラ問題、なぜ英より米でこれほどたくさん浮上

    2017年11月23日 15:34 公開 オーウェン・エイモス記者、BBCニュース(ワシントン) 英国と米国ではメディアに対する法律が大きく異なる。米国では実に大勢が性的嫌がらせ行為で非難されている一方、英国では名指しされた人が少ないのは、そのせいなのだろうか。 10月5日にハービー・ワインスティーン氏による長年にわたる性的加害行動が名指しで糾弾され、ダムは決壊した。 それからというもの、米国では何十人もの著名人が何らかの性的な問題行為を指摘されている。これはポタポタと水滴が漏れるようにというレベルではない。もはや洪水だ。 名指しされたなかには、俳優ケビン・スペイシー氏、政治家ロイ・ムーア氏、ジャーナリストのマーク・ハルぺリン氏らが含まれる。 疑惑の大洪水は今週さらに威力を増し、メディアの大物をも飲み込んだ。 他国の人たちも名指しされているが、ほとんどは米国人だ。 理由の一つは、米国独自のメディア法かもしれない。 英国で名指しされた人の数が少ないことには、大きな理由がある。英国の名誉毀損(きそん)法だ。 英国で名誉毀損の訴えを起こす場合、原告に立証責任はない。報道内容は事実と異なると、書かれた側は証明しなくても良いのだ。 代わりに、報道した側の新聞社やウエブサイトが、記事の正確性を立証しなくてはならない。 つまり、記事を公表する前に報道機関は、内容の正確性について万全を期す必要がある。誰かを性的問題行動で非難するには、通常は音声記録などの証拠や、法廷で証言する用意のある証人を確保していなくてはならない。 性的問題行動の事例では、このような証拠や証人を確保するのは難しい。 例えば、BBCの人気司会者だったジミー・サビルによる常習的な性的暴行は、長年の噂だった。2000年にBBCのドキュメンタリー監督ルイス・セローはサビルに、噂について問いただしていたほどだ。 しかし英国メディアは名誉毀損裁判を恐れるあまり、報道しなかった。英ITVがサビルの性的暴行を特ダネとして放送したのは、本人が死亡した後のことだった(英国の法律では、死者の名誉を毀損することはできない)。 実名を報道しなくても、英国では名誉毀損で訴えられることがある。 BBC番組「ニュースナイト」は2012年、マカルピン卿を児童性的虐待を結び付けて報道してしまった。名前は出さなかったが。 マカルピン卿は提訴し、13日もたたないうちに18万5000ポンド(約2700万円)の損害賠償を認められた。 英国の名誉毀損――主な免責事項 真実 正直な見解 免責特権に守られている(例えば、法的記録は守られている) 公益に資する内容の公表 米国で名誉毀損訴訟を起こすのは、英国よりはるかに難しい。226年前に成立した法律がその根拠だが、法律は昔と変わらず今も有効だ。 米国合衆国憲法修正第1条は1791年に定められ、言論の自由と報道の自由を保障している。 ゆえに米国のメディア法は英国と根本的に異なるのだと、米ニューヨークのコロンビア大学ジャーナリズム大学院のスチュアート・カール教授は指摘する。 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの法律顧問でもあったカール教授は、「米国では、名誉毀損の立証責任は原告にある。つまり、名誉を毀損されたと主張する側が、相手の主張の誤りを証明しなくてはならない」と説明する。 つまり、立証責任の所在が英国とは逆なのだ。原告側に立証責任がある米国では、報道された側が名誉毀損で訴える可能性が低い。このため、米メディアは疑惑を報道する可能性が高いということになる。 実際に米紙ニューヨーク・タイムズは5月に社説で、「いざ正式な名誉毀損裁判となると(ニューヨーク)タイムズと争おうという人はほとんどいない」と書いている。 さらに有名人にとなると、米国で名誉毀損訴訟を起こす際にもう一つ、ハードルを乗り越えなくてはならない。 政府職員などの公務員や、著名人など公の立場の人が名誉毀損で提訴する際、「現実の悪意」を証明する必要があるのだ。 「現実の悪意とは要するに、記者が嘘をついたということだ」とカール教授は説明する。 「つまり、事実と異なると分かっていながら記者が報道したか、あるいは話の真偽を無謀なまでに無視して行動したかのどちらかだ」 「要するに『お前は嘘をついた』と、訴える側が立証しなくてはならない」 しかしハードルが高いからと言って、米メディアが好き勝手をできるわけではない。間違いの代償は何百万ドルにも及ぶこともある。 米誌ローリング・ストーンは2014年、バージニア大学で2012年に起きたとされた集団レイプ疑惑を記事にした。 しかし同誌は2015年に記事を撤回。性的暴行事件の対応が仕事の大学職員は、同誌を名誉毀損で訴えた。この職員には300万ドル(約3億4000万円)の損害賠償が認められた。 さらにさかのぼると、米紙フィラデルフィア・インクワイアラーによる1973年の記事をめぐり、検察官が同紙を訴え、損害賠償金を獲得している。 「『米国では名誉は大事にされない』と言われることもあるが、米国の法律は、名誉を強力に保護している。損害賠償の額は、英国の上限をはるかに超えて、巨額になることもある」 カール教授は説明する。 「英国では(名誉毀損)裁判が米国よりも多く、報道されない、あるいは放送されない内容が米国より多い」 「しかし米国の場合、いざ原告が勝訴すると、損害賠償額は100万ドル単位、あるいは1000万ドル単位に上ることがある」 こうした理由から、そして良質な報道を確保するため、米国の報道機関はしばしば疑惑の真偽を確認するために相当な努力を払う。 最近では、米テレビ報道業界の重鎮、チャーリー・ローズ氏のセクハラ疑惑をめぐり、米紙ワシントン・ポストは8人の女性を取材。そのうち3人が実名報道に応じた。 大物コメディアンのルイ・CK氏をめぐる報道では、米紙ニューヨーク・タイムズは5人の女性が明らかにした疑惑を報じた。4人が実名報道だった。 さらに、ニューヨーク・タイムズのホワイトハウス担当、グレン・スラッシュ記者の性的問題行動について伝えた米ニュースサイト「ボックス」では、ローラ・マギャン記者が自分自身の体験を明らかにした上、女性3人と、メディア関係者40人に取材している。 英国と米国、どちらの制度が良いと思うかは、自分の立場によって変わる。 自分が事実に反して疑惑の当事者にされた場合、記事掲載のリスクが高い英国の仕組みの方がいいと思うかもしれない。 一方で自分が被害者なら、憲法で言論の自由が保護されている米国の仕組みを希望するかもしれない。 いずれにせよ、制度の違いがもたらす影響は明らかだ。 米国では、多くの疑惑が一気に明るみに出た。英国ではまだ、ぽとん、ぽとんと水滴が垂れる程度にしか出てきていない。 (編集部注――日本では「ワインスタイン」と表記されることの多いハービー・ワインスティーン氏の名前は、本人や複数のハリウッド関係者の発音に沿って表記しています) (英語記事 Why so many sexual harassment cases in US, not UK?)

  • Thumbnail

    記事

    「新たな民主主義が生まれつつある」 ジンバブエ次期大統領

    務めていた。ムナンガグワ氏は市民殺害への関与を否定している。 野党指導者のモーガン・ツァンギライ氏はBBCに対し、自由で公正な選挙を含む「新たな軌道」にジンバブエが乗るのを期待すると語った。同氏はムガベ氏が「立ち去り、最後の日々に休息できるように」すべきだと話した。 ジンバブエの著名な野党政治家デイビッド・コルタート氏はツイッターで、「暴君は排除されたが、独裁政治はまだ存在する」とコメントした。 アフリカ連合のアルファ・コンデ議長はムガベ氏退陣のニュースを受けて、「心から喜んでいる」と述べたが、退陣の形については遺憾の意を表明した。コンデ議長は、「彼(ムガベ氏)が裏口を通って出て行かなければならず、議会に見捨てられたのは残念だ」と語った。 街中で歓喜する人々 ムガベ氏は辞任するまで世界最高齢の国家指導者だった。ムガベ氏も自分を辞めさせられるのは「神のみ」だと語ったことがある。 議会でムガベ氏辞任の書簡が読み上げられると、与野党の議員は大声を上げ喜んだ。 活動家で議員に立候補しているビムバイシェ・ムスバブリ氏は、BBCとのインタビューで涙を流して喜んだ。「我々はこの男(ムガベ氏)に飽き飽きしている。いなくなって本当にうれしい。戻ってきたりしてほしくない。そう、きょうのこれは勝利だ」。 ムガベ氏の略歴と統治時代の主な出来事 1924年 英領南ローデシアのクタマに生まれる 1964年 ローデシア政府によって投獄される 1980年 ジンバブエ独立後の選挙で勝利 1996年 グレース夫人と結婚 2000年 国民投票で敗退。しかし、ムガベ氏を支持する民兵が白人所有の農場を襲い、野党支持者を襲撃 2008年 第1回投票でモーガン・ツァンギライ氏に敗れる。ジンバブエ全土でツァンギライ氏の支持者が襲われるとツァンギライ氏は決選投票から撤退 2009年 経済が崩壊状態のなか、ツァンギライ氏を首相に任命。同氏はその後4年間にわたって国民統一政府の困難な舵取りを強いられた 2017年 ムナンガグワ第1副大統領を解任。グレース夫人を後継者に据える準備だとみられた。国軍が介入し、ムガベ氏の辞任を要求した (英語記事 Zimbabwe's Mnangagwa promises jobs in 'new democracy')

  • Thumbnail

    記事

    旧ユーゴのムラディッチ被告に終身刑 ボスニア虐殺の罪

    2017年11月23日 12:56 公開 1992~95年のボスニア・ヘルツェゴビナ内戦でジェノサイド(集団虐殺)などの罪に問われたセルビア人司令官ラトコ・ムラディッチ被告(74)に対する判決公判が22日、オランダ・ハーグの旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(ICTY)で開かれ、終身刑が言い渡された。 「ボスニアの虐殺者」と呼ばれたムラディッチ被告は、ボスニア東部のスレブレニツァや首都サラエボの包囲でイスラム教徒を大量虐殺したセルビア人勢力を率いていた。 判決は、起訴された11の罪状のうち10件について有罪と認めた。 判事たちに大声を上げたムラディッチ被告は退廷させられたため、判決文読み上げの際には法廷内にいなかった。 ムラディッチ被告は、「嘘だ。お前たちがこの法廷で言っていることは全て嘘だ」と主張した。 これに先立ち、ムラディッチ被告の弁護団は、同被告の高血圧を理由に手続きを停止するよう求めていた。 ムラディッチ被告は罪状すべてについて否定しており、同被告の弁護士は控訴する方針。 ムラディッチ被告の罪状 内戦時、ムラディッチ被告はボスニアのセルビア人武装勢力の司令官で、ボスニアのクロアチア人やボシュニャク人の武装勢力と戦っていた。旧ユーゴ国際戦犯法廷は同被告に対する公判を2012年に開始した。 判決では、7000人以上のボシュニャク人の男性や少年たちが殺された1995年のスレブレニツァの大虐殺でムラディッチ被告が「大きな役割を果たした」と認めた。事件は第2次世界大戦以降の欧州で最悪の規模の犠牲者を出した。 他地域で起きた大量虐殺に関する2つ目の罪状については、ICTYは有罪と認めなかった。ムラディッチ被告の罪状には戦争犯罪や人道に対する罪が含まれる。 このほかアルフォンス・オリエ裁判長が判決文で読み上げた罪状は以下の通り。 ボシュニャク人の女性や少女たちの大量強姦 ボシュニャク人捕虜たちに対する非道な扱い。食べ物や水を与えず、傷病者を放置し、暴行した サラエボで砲撃や狙撃によって市民を恐怖に陥れた 大勢のボシュニャク人を強制的に退去させた ボシュニャク人の住居やイスラム教礼拝所(モスク)を破壊した ムラディッチ被告の逃亡生活と拘束 1995年に内戦が終わると、ムラディッチ被告は家族や一部の治安部隊の援助の下、セルビア内で潜伏生活を始めた。 2011年にセルビア北部の農村部でいとこの家に潜伏していたムラディッチ被告が発見され逮捕された。逃亡生活は16年に及んだ。 ハーグのシュベニンゲン拘置所に収容されていたムラディッチ被告の日常は、歴史の本の読書やチェス、テレビ、運動が主な日課だった。 ムラディッチ被告がチェスでよく対戦していたのは、ボツニアのセルビア系指導者ラドヴァン・カラジッチ被告(当時。2016年に、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争における大量虐殺と戦争犯罪で有罪判決)だった。 関係者の反応 スレブレニツァ近くの追悼施設でテレビから流れる判決の様子を見守っていた被害者や犠牲者の遺族は、判決文が読み上げられると歓声を上げて喜んだ。 「スレブレニツァの母」というグループは判決内容に完全に満足ではないとコメントした。遺族の一部はムラディッチ被告に対してはより厳しい刑罰が下るべきだったと語った。 ハーグで取材するアナ・ホリガン記者は、裁判を傍聴した被害者たちは勝ち誇った様子で好天の屋外に出て来たと語った。 1992年当時、痩せ細り、あばら骨の浮き出た捕虜としての姿が米誌タイムの表紙になり、世界に衝撃を与えたフィクレット・アリッチさんは、チーズサンドウィッチを頬張りながら微笑んだ。 アリッチさんは、ムラディッチ被告の行動は、自らの犯罪の責任を取る勇気のない臆病者として歴史に刻まれることを意味すると語った。 セルゲ・ブランメルツ主任検察官は、今回の判決はセルビアの人々に対する判決ではなく、ムラディッチ被告の罪状は本人だけものものだと語った。 国連のザイド・ラード・アル・フセイン国連人権高等弁務官は、ムラディッチ被告を「悪の権化」と呼び、同被告の裁判は「国際的な正義がなんであるかを示している」と語った。 スレブレニツァで何が起きたのか 1995年7月初旬、ボツニアのセルビア人勢力はスレブレニツァ近くの地域を包囲した。その地域は国連によって「安全地帯」に認定され、軽武装のオランダ軍部隊600人によって守られていた。 セルビア人勢力が南から攻撃を始めたため、多数のボシュニャク人市民や戦闘員が北にあるスレブレニツァに逃げた。セルビア人勢力がさらに進攻すると、人々はポトチャリのオランダ軍部隊の主要な基地に逃げた。 ムラディッチ司令官はオランダ軍部隊のトマ・カレマンス大佐と会い、命を助けるためにボシュニャク人の武装を解くよう要求した。 同月12日に、約1万5000人の戦闘可能な年齢のボシュニャク人が基地から飛び出した。彼らが山の中を逃げるなか砲撃が行われた。降伏した男性たちも一部殺害された。 推計2万3000人の女性や子供たちがバスでボシュニャク人の支配地域に搬送されたが、セルビア人勢力は12~77歳の少年や男性を集団からより分けた。 翌13日に、非武装のボシュニャク人たちが近くの村クラヴィツァで殺害されたことを皮切りに、スレブレニツァ周辺で4日間にわたり最大8000人のボシュニャク人男性や少年たちがセルビア人勢力によって殺害された。 サラエボ包囲とは 1992年から95年にかけ、ボスニアの首都サラエボの市民たちは、周囲の丘から攻撃してくるセルビア人勢力による過酷な包囲に耐えた。死者は1万人以上に上る。 検察は、セルビア人勢力が自分たちの土地だと考える地域からボシュニャク人やクロアチア人を追い出すために彼らを恐怖に陥れる「犯罪事業」を行っていたと指摘した。 (英語記事 Ratko Mladic jailed for life over Bosnia war genocide)

  • Thumbnail

    記事

    米女子体操五輪チームの元医師、選手の性的暴行で有罪認める

    2017年11月23日 11:08 公開 女子体操選手など女性7人を性的に暴行した罪で起訴された米女子体操五輪チームの元スポーツ医師が22日、ミシガン州の裁判所で有罪を認めた。 ラリー・ナッサー被告(54)は、五輪代表チームとミシガン州立大学のスポーツ医師として働いていた1998年~2015年の間に、未成年の体操選手を含む女性7人にわいせつ行為を働いたと認めた。有罪を認めた司法取引によって減刑されるものの、少なくとも禁錮25年が言い渡される可能性がある。 ミシガン州インガム郡地裁で開かれた罪状認否の審理の前には、五輪代表で金メダリストのギャビー・ダグラス選手が、被告による性的加害行為があったと名乗りを上げていた。五輪出場の米女子体操選手が同被告による被害を明らかにするのは3人目。 被告はすでに、連邦裁判所で児童ポルノ関連の罪状について有罪を認めており、終身刑が科せられる可能性もある。 量刑言い渡しは1月12日の予定。 ナッサー被告は22日の審理で、「コミュニティーが前進し、痛み苦しむのを止めるため」有罪を認めるのだと説明した。「マッチ1本が山火事になるみたいに、手が付けられないほど燃え広がってしまった。本当に申し訳ない」と被告は陳述した。 「みんなの傷が癒えてほしい。このコミュニティーが癒えてほしい。誰にも悪感情を抱いていない。自分はただ癒しがほしいだけ。その時が来た」と被告は述べた。 ローズマリー・アクイリナ裁判長は、「あなたは信頼される立場にいて、その立場をとことんおぞましい形で悪用し、子供を虐待した」、「何者にも危害を加えないという医師の誓いを破り、危害を加えた。自分勝手に」と被告を批判。性的虐待は全国的に「蔓延(まんえん)」している問題だと述べた。 被告に対しては130人以上の女性が被害を訴えている。中には、2012年夏季五輪で団体と個人総合で金メダルを獲得し、2016年にも団体で金メダルのダグラス選手、2012年と2016年五輪で団体と個人で金メダルを得たアリー・レイズマン選手、2012五輪で金メダル(団体)を得たマケイラ・マローニー選手も含まれる。 ダグラス選手はインスタグラムで被告について、「これまで自分の経験や色々なことを公表してこなかった。それは何年もの間、何も言わないように訓練されていたのと、中には本当につらいことがあったので」と書いた。 レイズマン選手は公判中にツイッターで、すでに医師免許をはく奪されている被告が法廷で「医師」と呼ばれていることについて、「本当に気持ち悪い。とても残念。(医師と呼ばれる)資格なんかない。ラリーは最悪に気持ちが悪い。ラリーは化け物、医者じゃない」と強い調子で非難していた(太文字は原文で大文字強調)。 ナッサー被告の事件が原因で、今年3月には米体操協会のスティーブ・ペニー会長が辞任に追い込まれている。ペニー氏は、被告による性的加害行為について速やかに司法当局に報告しなかったと非難されていた。 被告が司法取引に同意したと発表された後、五輪代表チームを決定する体操協会は、元医師に危害を加えられた選手がいたことを「非常に遺憾に思う」とコメントした。 (英語記事 USA gymnastics doctor Larry Nassar pleads guilty to sex charges)

  • Thumbnail

    記事

    「この地面には大量の血が」 スレブレニツァ大虐殺の生存者

    われたセルビア人司令官ラトコ・ムラディッチ被告(74)に対して、終身刑を言い渡した。この判決に先立ちBBCは、1995年にスレブレニツァの大虐殺で身内のほとんどを失い、自分も死んだふりをしてかろうじて生き延びたメブルディン・オリッチさんに話を聞いた。

  • Thumbnail

    記事

    BA新方針 格安航空券の人は最後に搭乗 特権主義?

    2017年11月23日 9:00 公開 ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は20日、格安航空券の利用客は一番最後に搭乗することになる新方針を発表した。12月12日から開始するという。新しい搭乗方式では搭乗券に1から5の数字が印刷される。「1」はファーストクラス。格安航空券は「5」になる。乳幼児を連れた乗客や移動が不自由な乗客はこれまでどおり、優先的に搭乗できる。新しい搭乗方式についてBAは、搭乗手続きの簡素化のためだと説明している。しかし利用者のなかには、「階級制度」にもとづくもので、乗客の便宜をさらに損なうものだと批判する声もある。ツイッターでは「@scottishcringe」さんが「英国の階級制度ほど、自分の立場を思い知らされるものはないな!」と書いた。「@samvines6」さんは、「誰がこんなバカなこと考えてついたんだ? 搭乗手続きを良くしたいなら、値段じゃなくて座席のブロックごとに乗せればいい」と書いた。一方で、頻繁に飛行機に乗る立場でブログを書いているベン・シュラピッグさんは、「これは機体の種類に関係なく広く使える方法で、乗客にも理解しやすい」、「明らかにこれで搭乗方法は分かりやすくなるので、自分は歓迎する」と評価している。

  • Thumbnail

    記事

    米CBS、著名ニュースキャスターを解雇 セクハラ疑惑

    2017年11月22日 13:00 公開 米テレビ報道業界の重鎮、チャーリー・ローズ氏(75)に対して8人の女性がセクハラ被害に遭ったと糾弾する米紙報道を受け、ローズ氏が番組司会を務めていたCBSニュースは21日、ローズ氏の解雇を発表した。 CBSの社内向けメールは、ローズ氏が「本日をもって直ちに解雇された」と説明している。番組制作の現場で「非常に不快で容認しがたい行動」が明らかになったための措置だという。 ローズ氏は長年にわたり、取材記者や報道番組のキャスター、インタビュアーとして米テレビ報道業界で確固たる地位を築いてきた。そのローズ氏について米紙ワシントン・ポストは20日、複数の女性が1990年代から2011年にかけて、ローズ氏に不適切に触られたり、わいせつな電話をかけられたり、裸を見せられたりしたなどという内容を報道した。 ローズ氏は報道後、不適切な行動について謝罪したものの、記事内容の全てが正確ではないと述べている。 報道を受けて、CBSのほか、ローズ氏が出演していたPBSとブルームバーグはいずれも、出演中止を決定していた。ローズ氏はCBSの朝の情報番組と、日曜夜の名物報道番組「60ミニッツ」の司会をしていた。PBSとブルームバーグは「チャーリー・ローズ・ショー」を放送していた。 CBSニュースのデイビッド・ローズ社長は社内向けメールで、「チャーリーはわが社のニュース部の報道に重要な貢献をしてくれた。しかしこの組織でも他のどの組織でも、安全でプロフェッショナルな職場環境を確保することほど大事なことはない。誰もが最善を尽くすことができる、支援してもらえると感じる職場環境づくりが何より大事だ。この会社もそういう場所でなくてはならない」と書いた。 「かつてはそうではなかったと、そういう話はよく聞かされた。そして過去を是正することは誰にもできないかもしれない。しかし、以前は容認されたかもしれないことは、決して容認するべきではなかった」 ローズ氏はエミー賞を複数回受賞し、2014年にはタイム誌に最も影響力のある100人に選ばれた。1991年に放送が始まった「チャーリー・ローズ・ショー」は、バラク・オバマ氏やウォーレン・バフェット氏など、名だたる各界の著名人と深く語り合うインタビューで有名だった。 米国では10月に大物映画プロデューサー、ハービー・ワインスティーン氏の長年にわたる性的加害行動疑惑が表面化したのを機に、多くの映画やテレビ関係者、政界関係者などのセクハラ疑惑が次々と噴出している。 (英語記事 Charlie Rose: CBS sacks talk show host over harassment claims)

  • Thumbnail

    記事

    ジョン・レノンさんの遺品、ベルリンで多数発見 ニューヨークで盗まれ

    2017年11月22日 12:50 公開 ドイツ・ベルリンの警察は21日、元ビートルズの故ジョン・レノンさんの所持品100点以上を押収したと発表した。いずれも、2006年にニューヨークで盗まれたものという。警察は、56歳男性を盗品所持の扱いで逮捕したと明らかにした。 警察によると、盗まれたレノンさんの遺品の大部分は今年7月にベルリンのオークション業者で発見されたもので、残りの盗品の行方について捜査を続けていた。 ドイツの報道によると、押収品の写真をレノンさんの妻ヨーコ・オノさんがニューヨークのドイツ総領事館で点検し、確かに2006年に盗まれたものだと確認したという。 発見された中には、レノンさんの日記3冊、ビートルズのコンサートの録音テープ、眼鏡2本、楽譜、たばこケース1個などが含まれていた。 警察は20日に、ベルリンで容疑者の自宅や車を捜索した後、逮捕したという。 ベルリン検察庁のマルティン・シュテルトナー報道官は、トルコ在住の容疑者が別にいるが、「我々は今のところ、確保できない」と述べた。この2人目の容疑者は、かつてオノさんの運転手だったとみられている。 シュテルトナー報道官は、盗まれた遺品がいつレノンさんの遺産管理団体に戻されるのかは不明だと話した。 ビートルズ関連の品は場合によっては、オークションで相当の高値が付く。今年2月には、レノンさんが着たとされる革のジャケットが、英国のオークションで1万400ポンド(約160万円)で競り落とされた。 9月には、オークションに出品予定だった「エリナー・リグビー」の手書き楽譜が、盗品の疑いがあるという理由で競売から取り下げられた。プロデューサー、ジョージ・マーティンさん手書きの編曲楽譜にはポール・マッカートニーさんのサインもあり、2万ポンドが目安価格とされていた。 (英語記事 Stolen John Lennon items recovered in Berlin)

  • Thumbnail

    記事

    ジンバブエのムガベ大統領が辞任 37年の政権に幕

    挙とジンバブエ経済の立て直しに最大限の支援を行うと表明した。 野党指導者、モーガン・ツァンギライ氏はBBCに対し、自由で公正な選挙を含む「新たな軌道」にジンバブエが乗るのを期待すると語った。同氏はムガベ氏が「立ち去り、最後の日々に休息できるように」すべきだと話した。 このほかの動き 首都ハラレの米国大使館は、「歴史的な瞬間」だとし、ジンバブエ国民が「声を上げ、平和的にまたはっきりと、待たれた変革の時が来たと示した」と祝辞を述べた。 南アフリカの主要な野党、民主同盟はムガベ氏の退陣を歓迎し、同氏が「解放者から独裁者」に変容していたと指摘した。 ジンバブエの著名な野党政治家デイビッド・コルタート氏はツイッターで、「暴君は排除されたが、独裁政治はまだ存在する」とコメントした。 市民運動団体の「プラットフォーム・フォー・コンサーンド・シティズンズ」は、政権移行に向けた国家的組織を作るための全ての政党が参加する対話を呼び掛けた。 ムガベ氏は政権の座にあった37年の間、選挙に勝ち続けてきたが、過去15年は政治ライバルに対する暴力が正当性に影を落としていた。 ムガベ氏の統治下でジンバブエの経済危機は深刻化した。国民の生活水準は1980年に比べ平均で15%低下している。 しかし、長年にわたり政権を掌握していたムガベ氏が退陣を余儀なくされたのは、大衆運動ではなく自ら率いる与党の分裂によってだった。 大きな影響力を持つジンバブエ独立戦争の退役軍人会のクリス・ムツバングワ会長はムガベ氏の盟友だったが、軍の蜂起後、ムガベ氏が「独裁者」で、「年を取るにつれ、妻の周囲に集まった盗賊にやりたい放題をさせた」と語った。 ムガベ氏とグレース夫人はハラレ近くの自邸にいるとみられる。 「実現した」 ムガベ氏の辞任を受けて、街中では人々が喜ぶ姿が見られた。 理容師のトゴ・ヌドフララムビさんはAFP通信に対し、「やっと変化の時がやってきたので、私たちはただすごくうれしい」と語った。 人権活動家のリンダ・マサリラさんはBBCに、「太陽の下で私ほど幸せな人間は今いない。私が生きている間にムガベが辞めると信じていたが、それが実現したんだから」と語った。 「今後は野党が再編成して、人々のことを思う政府になるようすべきだ。全ての人が含まれるべきだ」 ムガベ氏の略歴と統治時代の主な出来事 1924年 英領南ローデシアのクタマに生まれる 1964年 ローデシア政府によって投獄される 1980年 ジンバブエ独立後の選挙で勝利 1996年 グレース夫人と結婚 2000年 国民投票で敗退。しかし、ムガベ氏を支持する民兵が白人所有の農場を襲い、野党支持者を襲撃 2008年 第1回投票でモーガン・ツァンギライ氏に敗れる。ジンバブエ全土でツァンギライ氏の支持者が襲われるとツァンギライ氏は決選投票から撤退 2009年 経済が崩壊状態のなか、ツァンギライ氏を首相に任命。同氏はその後4年間にわたって国民統一政府の困難な舵取りを強いられた 2017年 ムナンガグワ第1副大統領を解任。グレース夫人を後継者に据える準備だとみられた。国軍が介入し、ムガベ氏の辞任を要求した (英語記事 Zimbabwe's Robert Mugabe resigns, ending 37-year rule)

  • Thumbnail

    記事

    非武装地帯で撃たれた脱北の北朝鮮兵、意識回復

    2017年11月22日 12:42 公開 韓国と北朝鮮の間の軍事境界線を越えて脱北を試みて撃たれた北朝鮮の兵士が21日、韓国の病院で意識を回復した。聯合通信が伝えた。 聯合通信は韓国当局者の話として、意識を回復した北朝鮮兵がテレビを見たいと希望したため、韓国映画を見ていると伝えた。「命に危険がある状態は過ぎたと思う」と政府関係者は話しているという。 韓国政府によると、北朝鮮兵士は13日に共同警備区域(JSA)の韓国側に入った。乗っていた車のタイヤが外れ動かなくなり、そこから降りて走って板門店の韓国側に入った。兵士は北朝鮮兵に追跡され、40回以上撃たれ、5発を被弾していた。枯葉に埋もれて横たわっていたところを、韓国軍に発見された。 治療した韓国の医師たちが、兵士の体内に大量の寄生虫を発見したことが17日に明らかになった。担当医は記者団に、「医者を20年やっているが、このような状態は見たことがない」と話した。兵士の腸から取り出した回虫の中には長さ27センチにもなるものもあったという。 兵士のこうした健康状態は、北朝鮮住民の生活ぶりをうかがわせるものだと受け止められた。 兵士の身元は公表されていない。兵士は心的外傷を受けている状態だと病院関係者は話している。 聯合通信によると政府関係者は、「心理的に落ち着かせるため、病室には韓国国旗を掲げてある」と説明した。 韓国への脱北者は年間約1000人に上るが、非武装地帯(DMZ)を越えるケースは非常に少ない。特に、JSAはDMZで唯一、韓国と北朝鮮の両軍が直接向かい合っている場所で、観光名所でもあるだけに、これを越えようとする脱北者はきわめて珍しい。 韓国政府によると、朝鮮戦争が1953年に休戦協定で終結して以来、3万人以上が北朝鮮から韓国へ脱北しているという。 その大半は、厳重に警備されているDMZ経由ではなく、北朝鮮と長距離の国境を接する中国経由で脱出する。中国は脱北者を難民ではなく不法移民とみなし、強制送還することが多い。 (英語記事 North Korea defector wakes after being shot crossing the DMZ)