検索ワード:BBC/917件ヒットしました

  • Thumbnail

    記事

    770人の赤ちゃんが一斉に洗礼 東欧ジョージアで

    開 東欧のジョージアで、770人の赤ちゃんと家族が一堂に会し、ジョージア正教会の洗礼式が行われた。BBCのレイハン・デミチ記者がリポートする。

  • Thumbnail

    記事

    【米政権交代】 「アメリカ第一」 トランプ新大統領の就任演説 全文と和訳

    2017年01月21日 14:27 公開 ドナルド・トランプ新米大統領の就任演説は、約16分にわたった。以下が全文とその和訳。 Chief Justice Roberts, President Carter, President Clinton, President Bush, President Obama, fellow Americans, and people of the world: Thank you. ロバーツ最高裁長官、カーター大統領、クリントン大統領、ブッシュ大統領、オバマ大統領、同胞のアメリカ国民の皆さん、世界の人々、ありがとうございます。 We, the citizens of America, are now joined in a great national effort to rebuild our country and to restore its promise for all of our people. 私たちアメリカ市民は今、この国を再建し、国民全員への約束を復活させるため、大いなる国家的事業に取り組むべく団結しています。 Together, we will determine the course of America, and the world, for many, many years to come. 私たちは一緒になって、今後何年も続くアメリカと世界の進路を、定めていきます。 We will face challenges. We will confront hardships. But we will get the job done. 課題に直面するでしょう。困難に直面するでしょう。しかし、私たちはやり遂げます。 Every four years, we gather on these steps to carry out the orderly and peaceful transfer of power, and we are grateful to President Obama and First Lady Michelle Obama for their gracious aid throughout this transition. They have been magnificent. 4年ごとに私たちはこの階段に集まり、秩序ある平和的な権限の移行を行います。この政権移行の間、寛大に支援してくれたオバマ大統領とファーストレディのミシェル・オバマ夫人に感謝しています。お2人は素晴らしかった。 Today's ceremony, however, has very special meaning. Because today we are not merely transferring power from one administration to another, or from one party to another - but we are transferring power from Washington, D.C. and giving it back to you, the people. けれども今日の式典には特別な意味があります。なぜなら私たちは今日、単にひとつの政権から次の政権に、あるいはひとつの政党から別の政党に、権力を移しているだけではないからです。私たちは権力をワシントンから、国民の皆さんにお返しするのです。 For too long, a small group in our nation's capital has reaped the rewards of government while the people have borne the cost. 今まであまりに長いこと、この国の首都の少数の人たちが政府の恩恵にあずかり、国民がその負担を担ってきました。 Washington flourished - but the people did not share in its wealth. ワシントンは栄えたが、国民はその富を共有しなかった。 Politicians prospered - but the jobs left, and the factories closed. 政治家たちは豊かになったが、仕事はなくなり、工場は閉鎖した。 The establishment protected itself, but not the citizens of our country. 国の主流派は自分たちを守ったが、この国の市民は守らなかった。 Their victories have not been your victories; their triumphs have not been your triumphs; and while they celebrated in our nation's capital, there was little to celebrate for struggling families all across our land. 彼らの勝利はあなたたちの勝利ではなかった。彼らの成功はあなたたちの成功ではなかった。彼らはこの国の首都で祝っていたものの、国中各地で苦しむ家族たちにとって祝うに値することはほとんどありませんでした。 That all changes - starting right here, and right now, because this moment is your moment: it belongs to you. それは一切変わります。まさに今、ここで。なぜならこの瞬間は皆さんの瞬間だからです。これはあなたたちのものです。 It belongs to everyone gathered here today and everyone watching all across America. 今日ここに集まった全員のもの、アメリカ全土で見守っているすべての人のものです。 This is your day. This is your celebration. 今日はあなたの日です。これはあなたのお祝いです。 And this, the United States of America, is your country. そしてこの、アメリカ合衆国は、あなたの国なのです。 What truly matters is not which party controls our government, but whether our government is controlled by the people. 本当に大事なのは、どちらの党が私たちの政府を仕切っているかではなく、私たちの政府を国民が仕切っているかどうかです。 January 20th, 2017, will be remembered as the day the people became the rulers of this nation again. 2017年1月20日は、国民が再びこの国の指導者となった日として記憶されるでしょう。 The forgotten men and women of our country will be forgotten no longer. この国の忘れられた人々は、もうこれ以上、忘れられることはありません。 Everyone is listening to you now. 誰もが皆さんに耳を傾けています。 You came by the tens of millions to become part of a historic movement the likes of which the world has never seen before. 何千万人もの皆さんは、世界が今まで見たこともない歴史的な運動の一部になるため、参加しました。 At the centre of this movement is a crucial conviction: that a nation exists to serve its citizens. この運動の中心には、不可欠な確信があります。国は市民に奉仕するために存在するのだという確信です。 Americans want great schools for their children, safe neighbourhoods for their families, and good jobs for themselves. アメリカ人は子供たちのために最高の学校が欲しい。家族のために安全な地域が欲しい。そして自分たちのために良い仕事が欲しい。 These are the just and reasonable demands of righteous people and a righteous public. 正義の人々、そして正義の社会にとって、これは正当で道理のある要求です。 But for too many of our citizens, a different reality exists: Mothers and children trapped in poverty in our inner cities; rusted-out factories scattered like tombstones across the landscape of our nation; an education system, flush with cash, but which leaves our young and beautiful students deprived of all knowledge; and the crime and the gangs and the drugs that have stolen too many lives and robbed our country of so much unrealised potential. しかしこの国の市民のあまりに多くが、これとは別の現実の中にいます。都市の中心部では母親と子供たちが、貧困に囚われている。この国のあちこちで、さびついた工場が墓石のように散らばっている。資金を大量につぎこまれた教育制度は、若く美しい生徒たちに何の知識も与えないままだ。そして犯罪とギャングと麻薬が、あまりにも多くの命を奪い、あまりにも多くの可能性を実現しないままこの国から奪い去った。 This American carnage stops right here and stops right now. このアメリカ内部の殺戮(さつりく)は、まさにここで、たった今、終わります。 We are one nation - and their pain is our pain. Their dreams are our dreams; and their success will be our success. We share one heart, one home, and one glorious destiny. 私たちはひとつの国です。苦しむ人々の痛みは、私たちの痛みです。彼らの夢は、私たちの夢です。その成功は、私たちの成功となるでしょう。私たちはひとつの心、ひとつの家、そしてひとつの栄光ある運命を共有しているのです。 The oath of office I take today is an oath of allegiance to all Americans. 私が今日行う就任の宣誓は、すべてのアメリカ人に対する忠誠の誓いです。 For many decades, we've enriched foreign industry at the expense of American industry; 何十年も前から私たちは、アメリカの産業を犠牲にして外国の産業を豊かにしてきました。 Subsidised the armies of other countries while allowing for the very sad depletion of our military; この国の軍隊が悲しくも消耗していくのを許しながら、外国の軍隊を援助してきました。 We've defended other nations' borders while refusing to defend our own; 自分たちの国境防衛を拒否しつつも、外国の国境を守ってきました。 And spent trillions and trillions of dollars overseas while America's infrastructure has fallen into disrepair and decay. そしてアメリカのインフラが荒廃し衰退する一方で、海外では何兆も何兆もの金を使ってきました。 We've made other countries rich while the wealth, strength, and confidence of our country has dissipated over the horizon. 我々は、この国の富と力と自信が地平線の向こうで衰退していく間に、よその国々を金持ちにしてきたのです。 One by one, the factories shuttered and left our shores, with not even a thought about the millions and millions of American workers that were left behind. 工場はひとつひとつ、次々と閉鎖し、この国を出て行きました。取り残された何百万人ものアメリカの労働者のことなど、何ひとつ考えないまま。 The wealth of our middle class has been ripped from their homes and then redistributed all across the world. この国の中産階級の富は無理やり奪い取られ、世界中に再配分されていきました。 But that is the past. And now we are looking only to the future. しかしそれは過去のことです。そして今の私たちは、ただひたすら未来だけを見つめています。 We assembled here today are issuing a new decree to be heard in every city, in every foreign capital, and in every hall of power. 今日ここに集まった私たちは、すべての都市、すべての外国の首都、そしてすべての権力の回廊に聞かせるため、新しい布告を発します。 From this day forward, a new vision will govern our land. 今日から今後は、新しいビジョンがこの国を統治します。 From this day forward, it's going to be only America First, America First. 今日から今後は、ただひたすら「アメリカ第一、アメリカ第一」です。 Every decision on trade, on taxes, on immigration, on foreign affairs, will be made to benefit American workers and American families. 貿易、税金、移民、外交に関するすべての決断は、アメリカの有権者とアメリカの家族の利益となるよう行われます。 We must protect our borders from the ravages of other countries making our products, stealing our companies, and destroying our jobs. Protection will lead to great prosperity and strength. 私たちは、私たちの製品を作り、私たちの企業から盗み、私たちの職を破壊する外国の侵害から、この国の国境を守らなくてはならない。保護によって、繁栄と力は拡大します。 I will fight for you with every breath in my body - and I will never, ever let you down. 私は自分の命すべてをかけて皆さんのために闘います。そして決して、絶対に、がっかりさせません。 America will start winning again, winning like never before. アメリカはまた勝ち始めます。かつてないほど勝ち始めます。 We will bring back our jobs. We will bring back our borders. We will bring back our wealth. And we will bring back our dreams. この国の仕事を回復させます。国境を回復します。富を回復させます。そして私たちの夢を復活させます。 We will build new roads, and highways, and bridges, and airports, and tunnels, and railways all across our wonderful nation. 私たちはこの素晴らしい国の全土で、新しい道路、高速道路、橋、空港、トンネル、鉄道を造ります。 We will get our people off of welfare and back to work - rebuilding our country with American hands and American labour. 国民がもう生活保護を必要としないように、仕事に戻れるようにします。この国をアメリカ人の手とアメリカ人の労働で再建します。 We will follow two simple rules: Buy American and hire American. 私たちは2つの素朴なルールに従います。アメリカのものを買い、アメリカ人を雇うのです。 We will seek friendship and goodwill with the nations of the world - but we do so with the understanding that it is the right of all nations to put their own interests first. 私たちは世界の国々との間に友情、そして友好を求めます。しかしその前提には、すべての国は自国の利益を優先する権利があるという認識があります。 We do not seek to impose our way of life on anyone, but rather to let it shine as an example - we will shine - for everyone to follow. 私たちは自分たちの生き方をほかの誰にも押し付けようとはしませんが、むしろお手本として輝くように、私たちは輝きますから、ほかの人たちが見習うべきお手本として輝くようにします。 We will reinforce old alliances and form new ones - and unite the civilised world against radical Islamic terrorism, which we will eradicate completely from the face of the Earth. 私たちは古い同盟関係を強化し、新しい同盟を結びます。そして、文明世界を一致団結させて、イスラム過激主義のテロと戦います。イスラム過激主義のテロは、この地上から完全に消し去ります。 At the bedrock of our politics will be a total allegiance to the United States of America, and through our loyalty to our country, we will rediscover our loyalty to each other. 私たちの政治の礎となるのは、アメリカ合衆国に対する完全な中世です。そして自分たちの国への忠誠心を通じて、私たちはお互いへの忠誠心を再発見するでしょう。 When you open your heart to patriotism, there is no room for prejudice. 自分の心を愛国心に向けて開けば、偏見が入り込む余地はありません。 The Bible tells us: "How good and pleasant it is when God's people live together in unity." 聖書はこう教えています。「神の人々がひとつになって暮らすのは、なんて善い、心地良いことでしょう」と。 We must speak our minds openly, debate our disagreements honestly, but always pursue solidarity. 私たちは思ったことを自由に発言し、意見が違えば議論しなくてはなりませんが、常に連帯を目指すべきです。 When America is united, America is totally unstoppable. アメリカが団結すれば、アメリカを食い止めることなど不可能です。 There should be no fear - we are protected, and we will always be protected. 恐れるべきではありません。私たちは守られているし、常に守られていくので。 We will be protected by the great men and women of our military and law enforcement and, most importantly, we will be protected by God. 私たちは軍隊と法の執行機関の偉大な人々に守られているし、何よりも神が私たちを守ってくれます。 Finally, we must think big and dream even bigger. 最後に、私たちは大きく考え、さらに大きく夢見なくてはなりません。 In America, we understand that a nation is only living as long as it is striving. アメリカの私たちは、国とは努力し続けなければ生き続けられないものだと理解しています。 We will no longer accept politicians who are all talk and no action - constantly complaining but never doing anything about it. 私たちは、口先だけで行動しない政治家をもうこれ以上受け入れません。文句を言うだけで何もしない政治家など。 The time for empty talk is over. 空虚なお話の時間はもう終わりです。 Now arrives the hour of action. 行動の時がやってきました。 Do not allow anyone to tell you that it cannot be done. No challenge can match the heart and fight and spirit of America. そんなことは無理だと誰かに言われても、決して信じてはいけません。アメリカの心とファイトとスピリットに勝る挑戦などありません。 We will not fail. Our country will thrive and prosper again. 私たちは失敗しません。私たちの国は再び、栄えて繁栄します。 We stand at the birth of a new millennium, ready to unlock the mysteries of space, to free the Earth from the miseries of disease, and to harness the energies, industries and technologies of tomorrow. 私たちは新しい千年紀の誕生と共にあります。宇宙の神秘の扉を開き、病の苦しみから地球を解き放ち、未来のエネルギーや産業や技術を活用しようという、その時に立っています。 A new national pride will stir our souls, lift our sights, and heal our divisions. 国民としての新しい誇りが私たちの魂でうごめき、展望を引き上げ、分断を癒してくれるでしょう。 It is time to remember that old wisdom our soldiers will never forget: that whether we are black or brown or white, we all bleed the same red blood of patriots, we all enjoy the same glorious freedoms, and we all salute the same great American Flag. この国の兵士たちが決して忘れない古い格言を思い出すべき時です。黒だろうが茶色だろうが白だろうが、私たちは全員が、赤い愛国者の血を流すのだと。全員が同じ素晴らしい自由を享受し、全員が同じ偉大なるアメリカ国旗に敬礼するのだと。 And whether a child is born in the urban sprawl of Detroit or the windswept plains of Nebraska, they look up at the same night sky, they fill their heart with the same dreams, and they are infused with the breath of life by the same almighty Creator. そして大都市デトロイトの裾野(すその)で生まれようが、風吹きすさぶネブラスカの平原で生まれようが、同じ夜空を見上げた子供は、同じ夢で心を満たし、同じ偉大なる創造主によって生命を吹き込まれるのです。 So to all Americans, in every city near and far, small and large, from mountain to mountain, and from ocean to ocean, hear these words: なのですべてのアメリカ人は、この言葉を聞いて下さい。あらゆる都市にいる人、遠い近いを問わず、大小を問わず、山から山へ、海から海へ、聞いて下さい。 You will never be ignored again. あなたは二度と無視されたりしません。 Your voice, your hopes, and your dreams, will define our American destiny. あなたの声、あなたの希望、あなたの夢は、私たちアメリカの運命を決定するものです。 And your courage and goodness and love will forever guide us along the way. そしてあなたの勇気と善と愛が、永遠に私たちを導いてくれます。 Together, we will make America strong again. 一緒に、アメリカをまた強くします。 We will make America wealthy again. アメリカをまた豊かにします。 We will make America proud again. アメリカをまた誇り高くします。 We will make America safe again. アメリカをまた安全にします。 And, yes, together, we will make America great again. そしてそうです。一緒に、私たちはアメリカをまた偉大にするのです。 Thank you, God bless you, and God bless America. Thank you. God bless America. ありがとう。神様の祝福を。神様がアメリカを祝福しますように。ありがとう。神様がアメリカを祝福しますように。 (英語記事 Trump inauguration: Full text of new president's speech)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ米大統領就任に抗議、5つの方法 無料大麻も

    2017年01月21日 14:19 公開 ジェシカ・ラッセンホップ記者 1.黒ずくめの服の暴徒 トランプ氏が連邦議会議事堂前で宣誓する直前、黒い服装をし、目出し帽をかぶった数百人の集団が、無政府主義を表す旗を掲げて、ワシントン中心部を足早に行進した。就任式会場から数ブロック離れた場所で行われたデモで掲げられていた垂れ幕には、トランプ氏の選挙スローガンをもじって「人種差別主義者をまた恐怖させる」(訳注:トランプ氏のスローガンは「米国をまた偉大にする」)と書かれていた。 デモは暴徒化し、黒装束の人々が建物の窓ガラスを割り、ごみ箱をひっくり返すなどした。ヘルメットを被り、警棒を手にした多数の警官たちが追い払おうとしたが、デモ参加者の多くは走りだしてさらに街路を進んだ。最終的には警官に囲い込まれ、逮捕者も出たもよう。 2.無料大麻 ワシントンを本拠とする団体「DCMJ」は無料で大麻を配り、大麻の合法化と、司法長官に指名されたジェフ・セッションズ上院議員の長官就任への反対を訴えた。 セッションズ氏は、「良い人間は大麻を吸わない」と発言したことで知られ、上院での指名承認公聴会では、合法化した州に対して大麻を禁じる連邦法を適用しないことは約束できないと語った。 ワシントン特別区では、少量の大麻の所持と配布が許されている。 DCMJのメンバーらは、牢獄を模した仮設からたばこのように巻かれた大麻を手渡していた。仮設には「セッションズ氏は大麻について時代遅れだ」と書かれた垂れ幕がかかっていた。 3.就任式会場の入り口を封鎖 「Black Lives Matter(BLM、黒人の命も大事)」運動や環境保護、LGBT(ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダー)権利擁護に関連した団体などが、就任式会場の入り口の一部で座り込み抗議をして、就任式を祝おうとする人々を邪魔した。デモ参加者には、入り口のゲートに鎖で自らを縛り付ける人も人もいた。 トランプ氏支持者たちは、別の入り口に向かった。 4.医療保険制度改革法(オバマケア)の維持を訴えるバッジの着用 ナンシー・ペロシ元下院議長など民主党の下院議員たちは「#ProtectOurCare(我々の医療保険を守れ)」と書かれたバッジを胸に付けた。トランプ新政権はオバマ前政権が成立させた医療保険制度改革法の撤廃を目指している。 ペロシ氏はツイッターで、バッジについて、「きょうの就任式で、私たちの団結とACA(医療保険制度改革法)への支持を象徴する」ものだとコメントした。 何人かの女性議員は、就任式でピンクの「子猫帽」を被るつもりだと語った。このニット帽は、翌21日にワシントンで予定される「女性大行進」でも被る人が多数いるもよう。帽子は、女性への性的暴行についてトランプ氏が下品な発言をしたことへの抗議でもある(訳注:「子猫=pussy」は俗語で女性器を表すことがある。トランプ氏はかつてこの単語を使って、「女性器をわしづかみにする」と発言していた)。 5.家で過ごす 多くの市民たちは就任式に行かないことで抗議を表明した。オバマ前大統領の就任式では、パレードの沿道や連邦議会議事堂前の公園「ナショナル・モール」は群衆で埋まったが、今回は空いた場所が目立った。 一方、ワシントン首都圏交通局はツイッターで、地下鉄の利用者が19万3000人だったと発表した。オバマ前大統領の2009年の就任式では51万3000人が利用、2013年の2期目の就任式でも31万7000人が利用していた。ジョージ・W・ブッシュ元大統領の2期目の就任式だった2005年でも、地下鉄の利用者は19万7000人いた。 ジャーナリストのブライアン・ステルター氏はツイッターで、就任式をテレビで見る写真を投稿するよう呼びかけたところ、何人かは電源を落としたテレビの写真を投稿して応じた。 (英語記事 Five ways people are protesting against Trump)

  • Thumbnail

    記事

    イタリア中部の雪崩事故、被災したホテルから10人を救助

    2017年01月21日 12:16 公開 18日にイタリア中部アブルッツォ州の山で起きた雪崩の救助活動が続くなか、これまでに10人が救助された。雪崩は複数回にわたる地震の後に発生していた。 20日には、雪崩の直撃を受けたリゴピアノ・ホテルから子ども4人と女性1人が助け出された。 救助隊員らは夜になっても救助活動を続けると語った。 少なくとも4人の死亡が確認され、約20人が依然として行方不明となっている。 雪に掘られた穴から生存者が助け出されると歓声が上がった。 生存者らは、崩れ落ちた天井の下に空間を見つけ、火を焚き暖を取って2日間過ごしたという。 積雪のため道路の通行ができず、救助活動は難航した。 イタリア紙スタンパは、雪崩が再び起きる懸念もあると伝えた。 雪崩発生前と後のホテル周辺(中央カーソルを動かして比較) 生存者が見つかったとの報告があったのは現地時間の午前11時(日本時間午後7時)。最初に助け出されたのは8歳の少年で、休暇で父親のジアンピエロ・パレテさんと共にホテルに滞在していた。ジアンピエロさんは事故当時は車の近くにおり、雪崩が起きているいることを電話で伝えた最初の人物だった。 少年の母親、アドリアナさんが次に救助され、6歳の娘がまだ中にいると語った。娘も無事救助された。一家は海岸沿いの町ペスカラの病院で再会を果たした。 病院関係者はAP通信に対し、救助された3人は低体温症と脱水症の症状が出ているものの、全体として健康状態は良いと述べた。 同病院のロッサーノ・ディ・ルツィオ医師は、「みんな厚着していた」、「スキー帽があったし、雪や寒さから守られており、ずっと建造物の中にいた。そのため低体温症はひどくなかった」と語った。 ホテル周辺の航空写真 18日にはマグニチュード5以上の地震が4回起きた。地震の前から豪雪で電話線が雪に埋まり、電線が切れるなどしていた。 地震が起きた後、ホテルの宿泊客の多くは1階に集まり、避難する準備をしていたが、雪崩が午後5時に発生。ホテルは完全に雪の下に埋もれた。 雪崩で天井の一部が崩落した。一部報道によると、建物そのものが基礎から10メートルほどずれたという。 救助隊はスキーを使い、雪をかき分けて現地に向かわなくてならず、事故現場に到着したのは何時間も後の事だった。 車に妻の頭痛薬を取りに行っていたために雪崩を逃れたパレテさんは、職場の上司クインティーノ・マルチェラさんに午後5時半過ぎに電話したという。 マルチェラさんはすぐに当局に連絡。しかし当初は通報内容を信じてもらえず、何度も電話を繰り返したという。2時間後にようやく救助が向かっていると伝えられたという。 最初の救助隊が到着したのは翌19日の午前4時半だった。 雪崩発生時にホテルにいた宿泊客やスタッフの数は正確には分かっていないが、最大35人いた可能性があるという。 イタリア半島を縦断するアペニン山脈では、昨年8月から10月にかけてマグニチュード6の地震が3回起きている。イタリアの山岳地帯の断層にたまったひずみが、今回相次いだ地震の原因だとみられている。 (英語記事 Rigopiano avalanche: Ten found alive in Italy hotel after two days)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ新米大統領、「米国内の殺戮」を終わらせると

    2017年01月21日 10:06 公開 ドナルド・トランプ新米大統領は20日正午(日本時間21日未明)、第45代米国大統領に就任した。就任演説では、米国社会の破綻を強調し、「米国内の殺戮(さつりく)はたった今ここで終わる」と強調した。就任式後には、注目されていた医療保険制度改革(オバマケア)撤廃に関する大統領令に真っ先に署名した。 トランプ氏は、国内で工場が見捨てられ廃墟と化し、犯罪が横行し、教育制度が破綻しているなど、米国社会が悲惨な状況にあると列挙した上で、自分の政権が変化をもたらすと表明した。 新大統領は就任演説で、ワシントンの政治家たちが「無視し続けた」「忘れられた人々」の代弁者になると約束し、「今日こそ再び、国民がこの国の指導者となる」と述べた。 「今日のこの日から、ただひたすら『アメリカ第一、アメリカ第一』だ。貿易、税金、移民、外交に関するすべての決断は、アメリカの有権者とアメリカの家族のために行われる」 「我々は、我々の製品を作り、我々の企業から盗み、我々の職を破壊する外国の侵害から、この国の国境を守らなくてはならない。保護によって、繁栄と力は拡大する」 「すべてをかけて私は皆さんのために闘う。私は決して皆さんをがっかりさせたりしない」 「アメリカはまた勝ち始める。今までにないほど勝ち始める」 「この国の雇用を回復し、国境を取り戻し、富を取り戻し、我々の夢を復活させる」 「アメリカのものを買い、アメリカ人を雇用するという、2つの素朴なルールに従う」 「我々は古い同盟を強化し、新しい同盟を結ぶ。そして文明世界を一致団結させて、イスラム過激主義のテロと戦う。イスラム過激主義のテロは、この地上から完全に消し去る」 このように演説して就任式を終えたトランプ氏は、大統領として初めて大統領令にいくつか署名した。 最初の大統領令は、注目されていた医療保険制度改革(オバマケア)撤廃に関するもので、連邦議会が撤廃と代替案を検討する間、連邦政府の各機関に、オバマケアによる負担を軽減するため、制度に伴う様々な規制を緩和するよう命令した。 ・【写真で見る】 トランプ米大統領就任式  ・【米政権交代】 「アメリカ第一」 トランプ新大統領の就任演説 全文と和訳 ショーン・スパイサー大統領報道官によると、新大統領は閣僚候補の承認を上院に求めたほか、愛国記念日を宣言。また、元海兵隊のジェイムズ・マティス退役大将の国防長官就任を可能にするため、文民既定の特例法案に署名した。 ホワイトハウスの公式サイトは就任と同時に内容が切り替わった。政権のサイトが掲げる政策課題は、エネルギー、外交、雇用と成長、軍事、法の執行、貿易協定の6つに限定された。 オバマ政権時代のサイトには、公民権や性的少数者(LGBT)の権利、医療、気候変動のページがあったが、新政権ではいずれも言及がないとすでに批判されている。 就任式には、オバマ前大統領夫妻、バイデン前副大統領夫妻のほか、ブッシュ元大統領夫妻、クリントン元大統領夫妻、カーター元大統領夫妻も出席。入院中のジョージ・H・W・ブッシュ元大統領と、バーバラ夫人は欠席した。 ワシントン警察によると、就任式に抗議するデモ集会や行進で、警察は217人を逮捕、警官6人が軽傷を負った。 ショーン・コンボイ報道官は、ほとんどの逮捕者の罪状は器物損壊などだと説明した。 日中には、黒衣に身を包んだ約150人がワシントン市内を行進し、建物の窓ガラスを割ったり、ゴミ箱を道路の真ん中に移動させてバリケードを作ったりしていた。 21日には、トランプ政権下で脅かされると大勢が懸念する人種や性の平等などを訴えるため「女性大行進」がワシントンで行われる。20万人の参加が見込まれている。 ホワイトハウス公式サイトの請願ページには、新大統領に対する新しい請願が2つ登録された。ひとつは、トランプ氏に所有する事業の権利を売却し、白紙委任信託に収めるよう求めるもの。もうひとつは、新大統領に納税記録の公表を求めている。 (英語記事 Trump inauguration: Full text of new president's speech)

  • Thumbnail

    記事

    豪メルボルンで乗用車が暴走、3人死亡 近くに全豪オープン会場

    、近くの鉄道駅のフリンダース・ストリートの前で円を描く形で走っている様子が写っている。 ある目撃者はBBCに対し、車が歩道に乗り上げ、歩行者が車を避けようとしていたと話した。「事務所やコンビニエンス店の前で数人が車に突き飛ばされ、体が空中に浮かんでいた。車は走行を続けた」。 「その先で、また数人がひかれた。とっさには何が起きているのか分からなかった。叫び声が上がって、すごい音がして、大きな土煙が上がった。建物が崩れ始めているのかと思った」 警察によると、運転していた男性は同日早朝にメルボルン郊外で男性の兄弟が刃物で襲われた事件に関係しているという。 男性は女性を人質にして車に乗り、メルボルン中心に到着する前に女性を開放したという。 警察は、男性が長年の家庭内暴力や薬物使用、精神病の問題を抱えていたことを知っていたという。 乗用車の暴走で死亡した3人の身元は明らかになっていないが、警察は、30代の男性と女性の2人と幼い子ども1人だと説明した。 地元ビクトリア州のダニエル・アンドリューズ首相は、「悪質な犯罪行為」への救急隊による対応は「立派」だったと述べた。 メルボルンでは現在、テニスの全豪オープンが開かれており、会場は事件現場から約2キロの距離にある。警察は、大会に影響はないとしている。 (英語記事 Car ploughs into pedestrians in Melbourne)

  • Thumbnail

    記事

    【米政権交代】トランプ氏の支持者たち、大統領への期待は

    た数百万人の有権者は、新大統領に何を求めているのか。選挙戦中に全米各地でトランプ支持者たちを取材したBBCのラジニ・バイディヤナザン記者が、いまあらためて何を期待するか尋ねてみた(文中敬称略)。 サラ・ジョー・レノルズ(25)、アーカンソー州 サラ・ジョーはアーカンソー州共和党の職員だ。昨年10月、2回目の大統領候補討論会の数日前に、同州リトルロックの事務所で取材した。 ドナルド・トランプが同州知事だったビル・クリントンの過去を選挙の争点にするつもりだと脅したことについて、州内のほかの女性共和党員は心配だと話していたが、サラ・ジョーは一貫してトランプ支持を貫いていた。 今でもそれは変わらない。就任式のため、ワシントン入りしている。 予備選の間は、仲間が全員、マーコ・ルビオ上院議員を応援していたので、自分ひとり「例外」だったと言う。 「私はみんなと一緒がいいというタイプの人間じゃないので。この人が一番だと、自分が思う人を応援したかった。勝ち馬を選んだと言えるでしょうね」 トランプがかつてテレビ番組の収録前に女性器を「わしづかみにする」と発言したことは、気にならなかった。 「誰にでも間違いはある。あんなことが撮影されたら、私だったらどうしていいかわからない」 サラ・ジョーにとってトランプの魅力は、変化を約束しているところと、実業家としての経歴。彼女が重視する課題は、税制改革やオバマケア撤廃とその代替策だ。 自分が応援してきた候補が、国の分断を癒してくれると期待している。 「自分に投票した人だけじゃなくて、アメリカ国民全員ひとり残らずのことを考えてくれますようにって、祈りまくってる。変化は一夜にしてならないけれど、就任から100日の間で、素晴らしいことが起きると思う」 ウィル・エストラーダ(33)、バージニア州 ウィル・エストラーダは、ワシントン・インサイダーそのものだ。弁護士で、ロビイストで、ルードン郡共和党の委員長だ。 昨年8月に会った時には、バージニア州の議員候補の一部が、党の大統領候補を推薦したくないと抵抗していた。 しかしウィルの忠誠心は決して揺らがなかった。就任式の招待客となった今、トランプが宣誓就任する様子を間近で目撃できることになった。 「国際舞台でまたアメリカが尊敬されるようにするため、トランプはすごい機会を手にしていると思う」とウィルは言う。 「トランプは予想を裏切るほどの現象だ。ルールブックをすっかり書き換えてしまった。見ているだけで興奮する」 ウィルには「交渉不可」な政策課題が2つある。オバマ大統領の医療改革撤廃と、空席のままの最高裁判事の席に保守派を選ぶことだ。 「建国の父たちの想定をはるかに越えて、政府が肥大化してしまった」。ウィルはオバマケアについてこれが問題だと指摘。トランプ氏が具体的な代替案を示していないことについては、「それでいい」と言う。 昨年夏のウィルはヒラリー・クリントンをさかんに批判していて、トランプ支持者の多くが「刑務所にぶち込め」と唱えるのに賛成していた。しかし今では、クリントン氏捜査に特別検察官を任命するという選挙中の公約を、新大統領が反故にしつつあるのは、理解できると言う。 「もし大統領がヒラリー・クリントンを追い込んでいったら、国はますます分断されたはずだ。僕は前に進みたい。クリントンたちは過去の遺物だ」 マーコ・グティーレス(43)、カリフォルニア州 私は昨年7月、オハイオ州で開かれた共和党全国党大会でマーコ・グティーレスに会った。その時彼は、「トランプ支持のラティーノたち」と書かれたプラカードを手にしていた。カリフォルニア州ディスカバリーベイの不動産投資家で、少数者コミュニティーにも支持を広げようとするトランプ陣営の「顔」のひとつになった。 メキシコとの国境に壁を造るというトランプの計画に、ヒスパニック系有権者の多くが激怒したが、マーコは違った。壁が障壁となって、麻薬や違法移民が国境を越えて来るのを止めるはずだと確信している。 「唯一気になるのは、罪のない家族を守るために移民当局がどうするかだ」 公然とトランプを支持したせいで、友人や顧客をいくらか失った。しかしメキシコ移民4世の妻は、応援してくれている。 1991年にメキシコから米国にやってきたとき、マーコはわずか17歳だった。両親は何年も前から夏になるとアメリカで農作業をする出稼ぎ労働者だった。ロナルド・レーガン政権の移民政策変更によって、家族は合法移民の地位を与えられた。 「この国に来たとき、持っていたのはポケットの75セントと、ジーンズと白いTシャツ。それだけだった」とマーコは言う。「それが、アメリカ合衆国での僕の新しい人生の始まりだった」。 恩赦によって自分は合法移民となれたものの、今のマーコは移民法の強化が必要だと考えている。 「トランプは強力な結果主義者で、今のところ、結果を出していると僕は思う。座って問題について話し合う用意がある人だ。3月までには、彼が変化を実現してるかどうか判断できるはずだと思う。まずはチャンスを与えないと」 ビル・ハートマン(59)、ミシガン州 建築修理業を経営するビル・ハートマンに会ったのは、昨年3月のことだ。ミシガン州予備選に向けてデトロイトで、庭に立てるトランプ支持看板を配っていた。 「アメリカをまた偉大にしたいと言った候補は、トランプだけだった。僕はそこが気に入ったんだ」 投票日の夜にクリントン支持者たちが涙にくれている姿を見て、ビルは2008年にバラク・オバマが当選した時のことを思い出した。あの時の自分の悲しみがよみがえってきたという。 「すごく共感できた」 就任式当日、ビルはワシントンには行かないが、地元会場の大画面で他の支持者たちと式典を見守る予定だ。 「アメリカを尊敬する人がいなくなったと思う。特にバラク・オバマが世界のあちこちに行って、ほかの指導者たちの前でお辞儀をしまくったせいで。ドナルド・トランプは世界の新秩序に参加しようなど思っていない。アメリカの独立を望んでいる」 こう言うビルは、実業家としての経験が新しい外交アプローチを生み出してくれると期待している。 「外国との契約や合意で、上手に交渉できるはずだ。相手が誰だろうといつでも、話し合う用意があるみたいだし」 ジューン・サベッジ(49)、フロリダ州 フロリダ州マイアミのトランプ支持集会で、ジューン・サベッジはとても目立っていた。山高帽と赤いブーツ姿の彼女は星条旗で体をくるみ、「トランプ支持の女性たち」と書かれたプラカードを手にしていた。 「ミス・マイアミ」美人コンテストの最選考まで残ったことのあるサベッジは、物心ついたころからの共和党支持者で、不動産業で働いている。トランプを支持したのは、政界のアウトサイダーだったからだ。 「弁護士出身の大統領はもうだめ。実際に何かを造ったことがある人、人を雇ってクビにしたことがある人、億万長者の国家元首たちに立ち向かえる人じゃないと」 新大統領には会ったことがある。ストレートな物言いは長所だと考えている。 「ずけずけと言いたい放題する人だけど、みんはそれは承知してる。色々なことを言うから、気に入る人もいれば気に入らない人もいるかもしれない」 ソーシャルメディア中毒なのは気になるが、近ごろは誰もが似たようなものだからとジューンは言う。 そしてジューンにとって、トランプ政権最大の長所の一つが、前インディアナ州知事のマイク・ペンス副大統領だ。 「良い男の後ろには必ず良い女がいると、よく言われる。マイク・ペンスを女呼ばわりするつもりはないけど、この『結婚』では間違いなく彼が女役。だから、とても強い男、つまりペンスが、トランプの後ろにいるというわけ」 マーサ・レーナー(75)、テキサス州 マーサは元教師で、テキサス州のトランプ選挙運動でボランティアとして働いていた。私は昨年2月、ヒューストンで開かれた共和党予備選討論会を大勢で見る、パブリックビューイングの会場で彼女と会った。 アルゼンチン出身のマーサは30年近く前にアメリカにやってきた。米・メキシコ国境に壁を造るのは、良いアイディアだと評価している。 ワシントンの既得権益を追い出すという「沼をさらえ」スローガンをはじめ、違法移民取締や安全保障強化など、選挙中の公約を守ってもらいたいとマーサは期待している。 新大統領に伝えたいアドバイスもある。何を言われてもそんなに気にするなと。 「今はマスコミの人たちが何か否定的なことを言うたびに、バッとそれに反応しているみたいだけど、そんなのはただ無視した方がいい」 キャシー・デグラツィア(56)、マサチューセッツ州 マサチューセッツ州で人口1万1000人の町に住むキャシーは、この町のトランプ支持者は自分だけかもしれないと笑う。最初に会った時の彼女は、投票日に向けて隣のニューハンプシャー州でトランプ応援活動を続けていた。 自分は年を取ると共に保守的になったけれども、社会的テーマでは今でもリベラルだとキャシーは言う。ただ、両党の政治家に辟易としていたのだ。 トランプには、国をまたひとつにまとめて欲しいと期待している。前より色々とひどくなったのはオバマ大統領のせいだと考えている。 「自分が生まれてこの方、これほど人種の分断がひどかった時代は記憶にない。今までの政権のせいで、こんなにひどくなったんだと思う」 とはいえ、トランプに投票すると決心したのは、経済政策が理由だった。キャシーの父親は1980年代、ニューヨーク北部に織物工場を持っていた。 「アメリカのような人権基準がない国と貿易協定を結んだせいで、製造費が下がって、アメリカの労働者と不平等に競争するようになった」 選挙運動をするなかで、機会や権利を失ったと感じる多くの有権者が同じことを言うのをキャシーは耳にした。 「自分たちの仕事がどんどんなくなって、政府は自分たちの言うことを何も聞いてくれない、自分たちの状況は確実にひどくなったと、大勢が感じていた」 トランプ政権が取り組むべき課題としてキャシーはほかに、安全保障と医療と軍事を重視している。 そして気候変動も確かに気になるが、「絵に描いた餅のような協定」で前に進むべきではないと考えている。 それよりも、アメリカの自動車の燃費をもっと効率よくする努力が必要だとキャシーは言う。 「世界全体にあれこれ命令し始める前に、まず自分たちの家の中をなんとかしないと」 (英語記事 Trump inauguration: What the president's supporters want)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ次期米大統領、国の団結を約束 就任前夜の演奏会で

    2017年01月20日 16:03 公開 ドナルド・トランプ次期米大統領は19日、就任式前夜の首都ワシントンで開かれた歓迎コンサートに出席し、集まった支持者らに対し、国を団結させると約束した。 会場となったリンカーン記念堂でトランプ氏は、「我々はこの国を団結させる」と語った。「すべての国民のためにアメリカを偉大にする。全員だ、全員。この国すべての場所で。都市中心部も含めてだ」。 トランプ氏は、選挙に勝たないとの大方の予想を破って当選したことに触れ、支持者たちに「我々の多くは忘れられていた。選挙運動で私は、忘れられた男たち、忘れられた女たちと言った。だが、あなた方はもう忘れられない」と語りかけた。 約2時間のコンサートには、トランプ氏の家族のほか、俳優のジョン・ボイトさんやヒット曲「ソウル・マン」で知られる歌手サム・ムーアさんが出席した。舞台には、カントリー歌手のトビー・キースさんやリー・グリーンウッドさんが登場した。 トランプ氏は同日、戦没者が埋葬されるバージニア州のアーリントン国立墓地で献花した。 トランプ氏はコンサート会場での演説で、海外に失われた雇用を取り戻し、軍事力を強化し、国境管理を強めると約束し、「これまでそれこそ何十年も我々の国のためにされていなかったことをする。変化は起きると約束する。変化は起きる」と述べた。 19日にトランプ氏が最初に訪れたのは、ホワイトハウスから数ブロック離れた場所にある「トランプ・インターナショナル・ホテル」だった。 メラニア夫人を伴ったトランプ氏は、ホテル内で次期政権のメンバーとの昼食会に出席した。メラニア夫人は短いスピーチをし、「明日から私たちは仕事を始める」と述べた。 トランプ氏は、ホテルの「プレジデンシャル・ボールルーム」に集まった人々に対し、「我々には多くの賢い人たちがいる。知ってるかい、一つ分かったことは、これまでで一番知能指数(IQ)の高い閣僚が集まったんだ」と語った。 トランプ氏はまた、米プロフットボールNFLの「ニューヨーク・ジェッツ」のオーナー、ウッディ・ジョンソン氏を駐英大使に指名することを示唆した。 19日夜、トランプ氏はホワイトハウスに近い大統領迎賓館「ブレアハウス」に宿泊する予定。 トランプ氏の就任宣誓は、現地時間の20日正午(日本時間21日午前2時)に行われる。 トランプ氏が国の団結を訴える一方で、著名投資家のジョージ・ソロス氏はトランプ氏を鋭く攻撃する言葉を述べた。 スイス・ダボスで今週開幕した世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)でソロス氏は、トランプ氏を「偽物で詐欺師、独裁者志望」だと表現した。 政権移行チームによると、トランプ氏はこれまでに、21人の閣僚のほか、上院での承認が必要な6つの役職について指名済み。 与党・共和党が多数を占める上院は21日に、国防長官に指名されたジェイムズ・マティス退役大将と国土安全保障長官に指名されたジョン・ケリー海兵隊退役大将の任命を承認する見通し。 次期大統領報道官のショーン・スパイサー氏は、トランプ氏がオバマ政権の約50人の幹部に対し、後任が決まるまで役職に留まるよう要請したと述べた。 これには、過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS)と戦う有志連合への特使を務めるブレット・マクガーク氏やロバート・ワーク国防副長官が含まれる。 ホワイトハウスでは、バラク・オバマ大統領が任期最後の時間を、情報機関による定例ブリーフィング「大統領日報」を受けたり、ジョー・バイデン副大統領と昼食をとるなどして過ごした。 ホワイトハウスによると、オバマ大統領が最後に連絡を取った海外の首脳はドイツのアンゲラ・メルケル首相だった。ミシェル・オバマ大統領夫人とメルケル首相の夫、ヨアヒム・ザウアー氏も電話に加わったという。 (英語記事 Trump pledges unity at concert prior to inauguration)

  • Thumbnail

    記事

    メキシコの「麻薬王」グスマン容疑者、米国に移送

    2017年01月20日 13:26 公開 メキシコ政府は19日、麻薬密売組織の最高幹部で「麻薬王」として知られるホアキン・グスマン容疑者が米国に移送されたと発表した。米国は同容疑者を麻薬密輸容疑で指名手配していた。 「エルチャポ(ちび)」の通称を持つグスマン容疑者は、シウダー・フアレスから飛行機でニューヨークに到着した。 米国で終身刑に処される可能性があるグスマン容疑者に対しては、カリフォルニアとテキサス両州が身柄引き渡しを求めている。 麻薬密売組織「シナロア・カルテル」を率いるグスマン容疑者は昨年、テキサス州エルパソにほど近いメキシコ国境側のシウダー・フアレスにある刑務所に移されたが、メキシコ当局は米国移送に向けての措置ではないと説明していた。 グスマン容疑者は、メキシコ国内での勾留継続を訴えていた。過去に2回、警備の厳しい刑務所からの脱獄に成功しており、厳重な監視下にあった。 グスマン容疑者は20日に、ニューヨーク州ブルックリンの連邦地裁に出廷する予定となっている。 AP通信によると、ニューヨーク州東部地区の連邦地検は同容疑者を、数千人の構成員を持ち数十億ドル規模の利益を上げる密売組織を運営した罪で正式起訴する見通し。 訴状によると、グスマン容疑者とシナロア・カルテルが殺し屋を雇い、殺人や拉致、拷問を指示したという。 メキシコのエンリケ・ペニャニエト大統領は当初、グスマン容疑者の米国への移送を拒み、同容疑者は自国で裁きを受けると述べていた。 しかし、脱走していたグスマン容疑者が2016年1月に再び収監されると、ペニャニエト大統領は態度を変え、米国への移送手続きを早急に進めるよう指示した。 (英語記事 Drug lord Joaquin "El Chapo" Guzman extradited from Mexico to US)

  • Thumbnail

    記事

    ガンビア大統領、任期切れも退任拒否 新大統領は隣国で宣誓

    応援しているほか、ガーナからも軍隊が派遣された。 セネガル陸軍の広報担当者アブドゥ・ヌディアエ大佐はBBCに対し、部隊は抵抗には遭ってはおらず、バンジュールに向かっていると述べた。 ヌディアエ大佐は、「すでに戦争状態だ。もし抵抗に遭えば、戦う。もし前大統領のために戦う人々がいれば、彼らと戦う。主に目指しているのは、民主主義を取り戻し、選挙で選ばれた新たな大統領が政権を掌握することだ」と語った。 一方、ガンビア陸軍のトップ、オウスマン・バドジエ氏は、対立は「政治的」なものだとして、セネガル軍とは戦わないと述べた。バドジエ氏は、「私の兵士たちを愛している」とし、「ばからしい戦いには私の兵士を関わらせない」と語った。 バロウ新大統領は就任演説で、ガンビア軍の全ての兵士が兵舎に留まるよう命令し、不法に武装している場合には「反乱軍」とみなすと述べた。 ジャメ氏はなぜ退任を拒否しているのか ジャメ氏は当初、選挙結果を受け入れるとしていたが、態度を変え退任を拒否した。選挙手続きに不正があったとして90日間の非常事態を宣言した。 選挙管理委員会は初期の結果に一部誤りがあったと認めたが、選挙結果を変えるようなものではないとしている。 ジャメ氏は、選挙のやり直しがあるまでは退任しないとしている。大統領に留まれば、任期中の権力乱用疑惑に対する訴追も逃れられる。 退任圧力はどの程度強いのか ECOWASは、海岸線を除くすべてのガンビア国境に接するセネガルに、同国への介入を主導するよう要請した。 ECOWASの戦略は国連安保理の承認を受けている。安保理は、バロウ氏への「完全な支持」とジャメ氏の退任を求める決議を全会一致で可決した。 ロンドンの英王立国際問題研究所(チャタムハウス)でアフリカを担当するアレックス・バインズ氏はAP通信に対して、「状況は急速に進展すると思う」と述べた。 「ジャメ氏は90日以上権力に留まることはできないだろう。あと数日は、孤立化しながらも、政権にしがみついていられるかもしれない。アダマ・バロウ氏の就任で、彼に従う勢力は、小さなしずくから洪水のようになるだろう」 現地の様子――トマ・フェシー記者(バンジュール、がンビア) ガンビアの人々は、視聴が可能なセネガルのテレビ局が生放送するアダマ・バロウ氏の宣誓式を見守った。 街中で就任を祝う人は少なかった。おそるおそるバロウ氏の名前を繰り返し唱え、通り過ぎる車に手を降った。依然として緊張が高まっていて、人々は政治危機が終わっていないのをよく認識している。 バンジュールはゴーストタウンのようになっている。首都郊外にあるいつもは賑わうセレクンダ大通りには人影はない。多くの人々は、ヤヤ・ジャメ氏がそうであるように軍の行動も予測不可能だと話す。 しかし、治安部隊が支持する政権を変更するかも知れない兆候があった。警察署前に立っていた5人の警察官はリラックスしていて明らかに機嫌がよさそうだった。彼らに話しかけると、その中の一人が「すべては順調だ。変化は良いことだ」と笑顔で応じてきた。 (英語記事 Gambia crisis: Senegal sends in troops to back elected leader)

  • Thumbnail

    記事

    恋に落ちれば守りたくなるのでは 絶滅危惧種のポートレート撮影

    2017年01月20日 11:06 公開 ジョアンナ・ジョリー、BBCワールドサービス 動物と恋に落ちれば、その動物を守りたくなるのでは?――。米写真家のジョール・サートーリさんはそう考え、絶滅危惧種の写真を撮り続けている。 サートーリさんが米誌ナショナル・ジオグラフィックで野生動物を撮影するようになって15年たったころ、妻のキャシーさんが乳がんと診断された。幼い子供3人の世話と、放射線や抗がん剤治療を受ける妻の看護のため、サートーリさんは1年の休職を決意した。 世界中を飛び回り写真を撮っていたサートーリさんにとってこの小休止は、腰を落ち着け、自分の仕事の意義について考え直す良い機会になった。 「雑誌の記事は、次々に出ては過去のものになる。けれども、絶滅危惧種の大変な状況は改善されていない。そこで僕は、もっと具体的に事態を変えるために、何ができるだろうって考えた」とサートーリさんは話す。 その答えは、地元のネブラスカ州リンカーンにある子供向けの動物園で、ハダカデバネズミを撮影していた時に見つかった。 動物園の台所で見つけた白いまな板を背景に、小さいハダカデバネズミを撮影してみたところ、スタジオ撮影のポートレート写真のような仕上がりになった。 「動物と目線を合わせて、動物以外の余計なものは何も入れずに、大きさが一定で、背景は白か黒のみの写真という動物写真はどうだろうかと思ったんです。ネズミもゾウも同じ大きさで、同じように素晴らしい動物として撮ったら。そうすれば大勢の人に、絶滅危惧種の悲惨な状況や絶滅の問題について、関心を持ってもらえるんじゃないかと」 妻の病状が改善するのに伴い、サートーリさんは自宅周辺のほかの動物園にも足を延ばして動物たちのポートレート写真を撮影するようになった。 動物園のスタッフも協力し、セットの準備を手伝ったり、背景を白や黒に塗っても大丈夫で餌が置ける部屋を提供した。 「動物たちは大抵ランチを食べにきただけだと思っているし、実際そうなんだけど、写真撮影もされているわけだ」 プロジェクトの規模が拡大するに伴い、ナショナル・ジオグラフィック誌の編集者たちが関心を持ち、サートーリさんにいくつかのシリーズ物を依頼した。例えば、両生類のシリーズや米国内の絶滅危惧種のシリーズといった具合に。 サートーリさんは、鳥やトカゲといった小動物の撮影に使う、さまざまな大きさのテントを持って世界中を旅行するようになった。大型動物については依然として、動物園内の安全な環境で撮影した。 「僕が撮る動物のほとんどは、生まれた時から飼われている。飼育員たちは、動物の機嫌を良く承知している」とサートーリさんは話す。「たまには、怒りっぽくて攻撃的な動物に巡り合うこともある。でも大方の撮影はすごくスムーズに進む」 サートーリさんはこれまでに、40カ国で6000種以上の動物を撮影した。プロジェクトには「ナショナル・ジオグラフィック 写真の箱舟」という名前が付き、動物たちのポートレート写真が同誌の表紙を飾るようになった。さらには、ニューヨークの国連本部やエンパイア・ステート・ビル、ローマのバチカンにあるサンピエトロ大聖堂の壁にプロジェクターで映し出されたこともある。 「写真の箱舟」で撮影された動物の一部は、絶滅が目前に迫っている。 サートーリさんは昨年、「タフィー」(訳注「Toughie=たくましい子」)と名付けられたカエルを撮影した。生存が確認できる最後の1匹とされたアマガエルだ。 タフィーは2005年にパナマで捕獲された。カエルにとって致死率が100%のツボかびの脅威からできるだけ多くの両生類を救うため、自然保護活動家が保護した。 米ジョージア州のアトランタ植物園に連れてこられたオスのタフィーは、メスたちと交配したが、オタマジャクシたちは一匹も生き延びず、メスもすべて死んでしまった。 タフィーも、サートーリさんが撮影して間もなく、9月に死亡した。 「人前で話す時は、いつも彼(タフィー)のことを話すことにしている。絶滅してしまったのを悲しむ代わりに、タフィーの物語を通じて、みんなに考えてもらいたいので」とサートーリさんは話す。 サートーリさんは、チェコでキタシロサイの最後の生き残りのうちの1頭を撮影したこともある。 「ぎりぎりのところで彼女に会えた」とサートーリさん。「ナビレ」と名付けられたメスのキタシロサイだ。 「とてもいいポートレート写真が撮れた後、撮影の終了時には彼女は横になって眠り始めていた。死期が近付いてからは、たくさん寝ていたというから」 ナビレは撮影から約1週間後に死んだ。 米カリフォルニア州のサンディエゴ動物園でもう1頭のキタシロサイもなくなり、今や残るのは3頭のみ。3頭ともケニアで武装警備された環境で生きている。もう子どもを生むには歳を取り過ぎているが、体外受精によって、キタシロサイに近いサイの胎内で赤ちゃんを育てる取り組みが行われている。 「絶滅してしまっているのは小さな動物ばかりじゃない」とサートーリさんは話す。「残念ながら、大きいのもそうなんだ」。 サートーリさんは、最終的には1万2000種を撮影し、将来世代の財産にするのを目指している。そして、ほかの絶滅危惧種がタフィーやナビレと同じような運命を辿ることがないようにしたいと考えている。 「私が撮影した生き物たちのうち、少なくとも75~80%の種が絶滅を回避できる可能性がある。しかし、人々が彼らの存在をまず知らなくちゃいけないし、すごく好きになってもらって、どうやったら救えるか知ってもらう必要がある」 シロクマやトラのような大型動物が絶滅の危機にさらされているのはよく知られているものの、げっ歯類やカエル、コウモリといった小型の生き物が直面する状況は、十分に認知されていないとサートーリさんは言う。 「写真の箱舟プロジェクトの目標は、大きなものから小さなものまで、すべての生き物の存在の素晴らしさと、ほかの種がいなくなってしまうのだから我々人間だって分からないということを、人々に知ってもらうことだ」とサートーリさん。 「神の創造物をすべて見捨てず、存続させることで健康的な地球を保つのは、人類にとってもいいことだ」 All photographs by Joel Sartore/National Geographic Photo Ark (英語記事 Joel Sartore: The man who takes studio photos of endangered species)

  • Thumbnail

    記事

    大きな川と川の合流点で トランプ政権について

    2017年01月20日 9:00 公開 米国のオハイオ川とミシシッピ川が合流する水門52は、米国で最も通行量の多い内陸水路で、米国経済の「動脈」とも言える。しかし水門の老朽化が進み、交換計画は大幅に遅れ、費用も予算を大きく超えている。ジョン・ケイ記者が、水門で働く人たちに、20日に始まるトランプ政権について尋ねてみた。

  • Thumbnail

    記事

    アパホテルに南京大虐殺否定の本、中国で批判の声

    2017年01月19日 19:08 公開 ビジネスホテル大手のアパグループが客室内に日中戦争中の南京大虐殺を否定する本を置いているとして、同社を非難する声が上がっている。 問題となっている本はアパグループの元谷外志雄代表の著書。グループが運営するホテルのさまざまな場所で置かれていることが今週明らかになり、中国政府が批判したほか、中国国内の予約サイトがアパホテルをボイコットするなどしている。 しかし、アパグループは本の撤去を拒んでおり、元谷代表も主張は変えないとしている。 本はホテルの各客室に置かれ、ホテル内のギフトショップでも売られているという。 なぜ大問題に発展したのか 「レイプ・オブ・南京」とも呼ばれる南京大虐殺は、中国にとって非常に敏感な問題で、日本でも議論が絶えない。 1937年12月に旧日本軍は中国東部の南京に侵攻。中国は、当時30万人が虐殺されたとしているが、数字には一部の歴史家からの反論もある。日本の一部のナショナリストたちは虐殺自体を否定している。 南京大虐殺をめぐる論争は、戦時中の行いに対する日本の謝罪や償いが十分でないと中国が非難する理由にもつながっている。 中国では2014年に、南京大虐殺が起きた12月13日を「国家追悼日」と定めており、事件は国民にとって愛国心がかき立てられる象徴的な存在になっている。 どんな本なのか 問題となっている本の題は「本当の日本の歴史 理論近現代史学Ⅱ」。元谷代表がアパホテルのニュースレターで連載していたコラムをまとめたもので、南京大虐殺の歴史資料への疑問を述べ、中国側によって捏造(ねつぞう)されたもので、実際は起きていない、と主張している。 本には、旧日本軍兵士らが女性を強制的に性奴隷にした事実はないと主張する部分もある。 「従軍慰安婦」をめぐる問題も、中国が敏感になる問題だ。韓国もこの問題をめぐって日本と対立している。 中国の反応は? 中国外務省は、「日本の一部勢力がいまだに歴史を直視しようとせず、さらには否定し、歴史を歪めようとさえしていることが、またもや示された」と述べた。 アパグループは400以上のホテルを運営しており、中国の団体観光客から人気を集めている。 しかし、日中の報道によると、中国のホテル予約サイト「Ctrip」などではアパホテルを除外する対応を取っている。 アパはどう説明しているのか アパグループは発表文で、多数の「意見」や問い合わせを受け取ったものの、本は撤去しないと表明した。本については、「あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたもの」としている。 同社は、「国によって歴史認識や歴史教育が異なることは認識しているが、本書籍は特定の国や国民を批判することを目的としたものではない」と述べた。 日本経済新聞によると、元谷氏は同紙に対し「事実だと信じることを書いた」と語ったという。 菅官房長官は、「過去の不幸な歴史に焦点を当てるのではなく、日中両国は未来志向で取り組む姿勢が重要」だと述べた。 非難の声はどのように広がったのか 本がアパホテルの客室にどのくらい以前から置かれていたのかは不明だが、「katAndSid」というハンドルネームのカップルが中国のミニブログサイト「微博(ウェイボ)」に15日に投稿した動画で紹介されていた。 米国人女性と中国人男性のこのカップルは、ニューヨーク大学の学生で、日本を旅行中にアパホテルに滞在し、部屋に置かれていた本に気が付いたという。 2人は、本の存在を広く周知し、中国人を含む宿泊客に情報を提供できればと考えたと説明した。 動画は70万3000回以上共有された。 (英語記事 Japan hotelier's Nanjing massacre denial angers China)

  • Thumbnail

    記事

    イタリア中部で雪崩 ホテルで「多数死亡」

    2017年01月19日 17:52 公開 イタリア中部アブルッツォ州の山で18日夕方、雪崩が発生し、ふもとのホテルが直撃された。被害者数は明らかになっていないが、救助当局幹部は「大勢が死亡した」と話している。この地域で相次いだ地震が、雪崩を引き起こしたのではないかとみられている。 アブルッツォ州の山間部では18日にマグニチュード5以上の地震が4回相次ぎ、その後も夜通し余震が続いた。グランサッソ山で雪崩が発生し、ファリンドラ町にある四つ星のリゾートホテル「リゴピアノ」を直撃。地元住民などによると、屋根の一部が崩落した。ホテルには雪崩当時、最大35人がいたと言われている。 雪崩は、午後4時半(日本時間19日午前零時半)から午後5時40分の間に起きたもよう。地元住民が救急通報したが、雪で道路が覆われ、吹雪が続く状況下で現場到着が妨げられた。イタリアの報道によると、救助隊の第一陣が到着したのは19日午前4時(日本時間正午)になってのことだった。 山間部救助隊の責任者アントニオ・クロチェッタ氏は、地元メディアに「大勢が死亡した」と話した。すでに1人の死亡が確認され、1人は行方不明という。雪崩が直撃した当時、リゾート・ホテルのリゴピアノには観光客22人と従業員7人がいたとされている。 救助隊に参加したジャンルカ・ファケッティ医師は、「ホテルの上の部分はもうない。色々な部屋は雪で埋まっている。しかし複数の階があり、ほとんどの人は2階や3階ではなく1階にいたと考えている。いずれにしろとても困難な状況だが、助かった人がいてほしいと願っている」と話した。 アブルッツォ、マルケ、ラツィオ周辺は数日前から豪雪に見舞われていたため、多くの町村が雪のために孤立している。 同地域では、昨年8月24日に大地震で298人が死亡している。 (英語記事 Italy avalanche: 'Many dead' in hotel Rigopiano in Abruzzo)

  • Thumbnail

    記事

    毒ヘビより馬の方が危険? 豪で死亡例調査

    2017年01月19日 15:55 公開 オーストラリアでこのほど実施された調査で、馬のせいで死亡した人の数が、毒をもつヘビや虫などによる死亡例の合計を上回っていることが明らかになった。 メルボルン大学のロネル・ウェルトン博士が病院の治療記録や検視記録を調査したところ、2000年から2013年にかけて、馬に振り落とされたり踏まれたりして死亡した人は74人に上ったが、死因2位のハチに刺されて死亡した人は27人だった。 ヘビに噛まれた死んだ人も27人だったが、ハチと比べると病院で治療を受けた人は少なかった。一方、同期間にクモが原因で死亡した人の報告はなかった。 内科学会誌「インターナル・メディシン・ジャーナル」に掲載された今回の調査についてウェルトン博士は、オーストラリアの有毒動物に対する思い込みを変える結果だと話す。「オーストラリアはあらゆる有毒動物のメッカだと考えられている」。 ウェルトン博士の調査は、刺したり噛んだりする動物に関するものだったが、その過程で馬による死亡例に行き当たったという。 (英語記事 Horses more deadly than snakes in Australia, data shows)

  • Thumbnail

    記事

    トルコ・ナイトクラブ襲撃の容疑者、攻撃場所は思い付きと=地元紙

    理だった」と話したほか、ISの指示はシリアにおけるIS主要拠点のラッカからのものだと話したという。 BBCはヒュリエット紙の報道内容を独自に確認できていない。 ウズベキスタン国籍のマシャリポフ容疑者は、今月16日にトルコ警察によって拘束された。 事件を受けてISは犯行声明を出し、トルコ軍によるシリア介入に対する復讐として攻撃を指示したと主張した。 襲撃事件では、トルコ人だけでなく、イスラエル、フランス、チュニジア、レバノン、インド、ベルギー、ヨルダン、サウジアラビア各国の人々が犠牲となった。 1日未明にタクシーでナイトクラブに到着した実行犯は、車のトランクから取り出した銃身の長い銃を持ち、走って入り口から店内に乱入。新年を祝う客たちに無差別に発砲した。 マシャリポフ容疑者の人物像 ・中央アジアのウズベキスタン出身で、2016年の初めに家族とトルコのコンヤに移り住んだとされる。 ・名前をエブ・ムハンメド・ホラサニに改名したと言われている。 ・トルコの報道機関によると、ISのメンバーとみられる。 (トルコ国内の報道から) (英語記事 Istanbul Reina attack suspect says nightclub was chosen at random)

  • Thumbnail

    記事

    2016年の世界平均気温、史上最高を更新

    記録更新により、16年の世界の平均気温は1880年以降、最も高かったことになる。 シュミット氏は今回BBCに対し、「これまで2015年が過去最高だったが、2016年がそれを上回ったことがこのほど分かった。その差は摂氏0.1~0.12度であまり大きくないように思えるが、1年の変化としては、実際はとても大きい差だ」と語った。 「記録ははっきりと出た。エルニーニョ現象でかなり暖かくなった南太平洋での変化が主な牽引(けんいん)要因だった。しかし、気温上昇のほとんどが温室効果ガスの増加によるものだという、長期的傾向も示されている」 16年の気温上昇のもう一つの要因だったのが、北極での異例な気温上昇だ。 北極海の海氷面積は昨年9月、過去2番目の低水準になった。海氷面積は毎年、秋冬に拡大し春夏に縮小する。 今回のデータを発表した世界各国の気象庁はそろって、16年の平均気温の記録更新ではエルニーニョ現象が大きな要因となったと説明した。 英気象庁はエルニーニョ現象が16年の平均気温を0.2度押し上げたと述べた。しかし、研究者らはエルニーニョ現象が相当の影響を及ぼしたものの、それがすべてではないと指摘する。 英レディング大学のエリー・ハイウッド教授は、「エルニーニョ現象の影響はかなりよく理解できているし、同じ現象は何度も起きている」とした上で、「だが、その影響を除外したとしても、2015年と16年の平均気温は過去最高になるだろう。したがって、主な要因は世界的な温暖化と温室効果だ」と語った。 多くのデータを取りまとめている世界気象機関(WMO)も、2016年の平均気温はこれまでの記録を0.07度上回ったとしている。ただし、16年に記録が更新されたと、すべてのデータが示しているわけではない。 英気象庁によると、16年の平均気温は長期的な水準を0.77度上回った(誤差は0.1度の範囲)。このため、少なくとも過去最も暖かった2年のどちらかが16年になる。 英気象庁のピーター・ストット氏は、「2016年がまたもや極端に暖かい年になったことが最終的な数字で確認された」と述べた。 16年のデータを含めると、最も気温が高かった16年のうち15年は2001年以降だったことになる。 米海洋大気局(NOAA)によると、トップ16年に含まれる唯一の20世紀の年は7位に入った1998年だという。 気温上昇がこれほどまで長期にわたって続いていることで、大きな影響が世界中に及んでいる。 WMOのペッテリ・ターラス事務局長は、「北極と南極の海氷面積でも、過去最低を記録した」と指摘し、「北極では世界平均の2倍のペースで温暖化が進んでいる。海氷の絶え間ない消滅が、世界のほかの地域の天候や気候、海水の循環パターンに影響を与えている。我々は溶けた永久凍土層からのメタン放出の可能性にも目を向けなくてはならない」と語った。 科学者や政治家たちは、産業革命以前の気温から1度以上の上昇を示す、今回のデータを非常に懸念している。 15年に開かれた気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)の「パリ協定」で合意した、気温上昇幅を産業革命から2度未満、できれば1.5度未満に収めるという目標に近付いているからだ。 米国ではトランプ政権の発足を間近に控えており、気候変動の抑制に向けた取り組みへの政治的な支援が弱まるのではないかとの懸念がある。そんなことになれば大間違いだと、科学者たちは指摘する。 ユニバーシティー・コレッジ・ロンドンのマーク・マスリン教授は、「気候変動は21世紀の大きな課題の一つで、失速する兆しはない」と話した。 「世界経済の脱炭素によって気候変動による最悪の影響を防ぐことが究極の目的だ。平均気温の記録更新は、トランプ次期大統領でも無視できない明らかな警告のサイレンだ」 研究者らは、2017年が記録を更新する可能性は低いとしながらも、過去最高の5位以内に入るだろうと予想している。 マット・グラス環境問題担当記者 (英語記事 Climate change: Data shows 2016 likely to be warmest year yet) 

  • Thumbnail

    記事

    「気を付けないと現実は噛みつき返してくる」 オバマ米大統領最終会見

    2017年01月19日 9:00 公開 オバマ米大統領は18日、大統領として最後の記者会見をホワイトハウスで開いた。トランプ次期大統領とどのような話をしてきたのかの質問に、大統領は「この仕事はあまりにもとてつもなく大きいものなので、自分だけでやるのは無理だと伝えた」と明らかにした。その上で大統領は、「現実というのは、気を付けていないと噛みつき返してくるものだ」と述べた。

  • Thumbnail

    記事

    EU離脱めぐるメイ英首相演説 欧州の反応

    2017年01月18日 18:10 公開 17日にテリーザ・メイ英首相が行った、欧州連合(EU)からの離脱交渉に向けた方針を説明する演説を受けて、欧州各国は、英国が「厳しい」道を選んだと受け止めている。その一方で、ブレグジット(英国のEU離脱)に対する英国の態度がより明確になったと歓迎する声もある。 ドイツのフランク=ワルター・シュタインマイアー外相は、「ようやく英国の計画について明確さが少し増した」と述べた。外相はまた、ドイツが英国と「緊密で信頼できる関係」を求めているとした。 チェコのトマシュ・プロウザEU担当相はツイッターで、「英国の計画はいささか野心的にみえる」とコメント。「できるだけ自由な貿易、移民の完全な管理……希望を獲得する話ばかりで、譲歩はあるのか」と疑問を呈した。 イタリアの日刊紙レプブリカは、「EUを出て、単一市場を出て、すべてから出る。3月末のEUとの交渉でテリーザ・メイ氏が考えているのは、『ハード・ブレグジット』だ。まさに、とてもハードなブレグジットだ」と評した。 EUのドナルド・トゥスク大統領は、残念だと述べつつも、多少安堵もしたとツイッターでコメントした。「悲しい過程で、超現実的なご時世だが、少なくとも、より現実的なブレグジットの発表だ」。 <関連ニュース> ・英首相、EU単一市場からの離脱を表明 ・EU関税同盟で新たな仕組みは可能か 英首相演説を検証 ・ハード、ソフト、クリーン、灰色、赤白青……ブレグジット多種多彩 ベルギーのリベラル派政治家で、欧州議会で離脱交渉を担当するヒー・フェルホフスタット氏は、どのような合意でもEU加盟より良くはならないと警告した。 フェルホフスタット氏は、メイ首相が「幻想」を抱いているとし、「単一市場から出て、関税同盟から出て、いいとこ取りをして、それでも多くの有利な条件が得られるつもりなら、それは実現しない」と述べた。 また、メイ首相が英国の経済モデルを変える可能性に触れたことについて、「脅しだ」とし、交渉を妨げるリスクがあると批判した。 ノルウェー型は否定 ノルウェーの日刊紙アフテンポステンは、メイ首相の演説が「ノルウェー型の(EU)域内市場との関係の明確な否定」を示唆したと指摘した。 ノルウェーは、EU単一市場への開放的で関税が課されないアクセスが与えられる「欧州経済地域」(EEA)に加盟することで、EUとの緊密な関係を築いている。ただし、ノルウェーの漁業と農業は除外されている。 ノルウェーは代わりに、EU予算に多額の拠出を行っており、大方のEU法を自動的に受け入れている。 フランスの日刊紙フィガロは、「彼女(メイ首相)はその言葉を使おうとしないが、これはまさにハード・ブレグジットだ」と評した。 マリー・ルペン党首率いる極右政党の国民戦線(FN)は、メイ首相の演説を称賛した。FNのフロリアン・フィリポ副党首はツイッターで、「『明確ではっきりとした』ブレグジットで国民を尊重する態度を示したメイ氏に、ブラボーと言いたい。主権は中途半端にはできない。フランスの独立は近い!」とコメントした。 「思いきりドカンと」 スカイ・ニュースによると、アンゲラ・メルケル独首相に近い保守系議員ミヒャエル・フックス氏は、メイ首相が「いいとこ取り」をしていると非難した。 オランダの日刊紙アルゲメーン・ダグブラッドは、メイ氏の演説を「ブレグジットについて少しだけというのではなく、思いきりドカンときた」と表現した。 同紙には、「EUにさようなら……欧州の門前に税の天国を作り出すというのが、英政府からの、語られずとも大きな脅し」との言葉が載った。 スウェーデンのカール・ビルト元首相は、「英政府が選んだ取り組み方を残念に思う」とツイートした。「EUの大半の人は英国との間の、より緊密な関係を望んでいたと思う」。 スウェーデンは長年、EUの中で最も英国に近い関係を築いていた。 (英語記事 Europe sees UK set for 'hard' Brexit after May speech)

  • Thumbnail

    記事

    EU関税同盟で新たな仕組みは可能か 英首相演説を検証

    2017年01月18日 16:25 公開 テリーザ・メイ英首相は17日、欧州連合(EU)からの離脱に向けた交渉での方針を説明する演説を行い、単一市場からの脱退を表明した。メイ首相はまた、関税同盟への完全な加盟は、EU域外との貿易協定の壁になるとして否定しつつ、部分的な参加で新たな合意を目指すと述べた。実際のところそれは可能なのか、検証した。 主張: 英国は、他国との貿易協定を交渉すると同時に、EU関税同盟参加による利便の一部を得られるよう、新合意に向けて交渉できる。 検証の結果: トルコには関税同盟への一部参加が認められており、可能だ。しかし、その参加条件はトルコにとって有利ではない。メイ首相は既存合意と同じ取り決めは、望んでいないと述べた。EU域外の国に対してEUと同じ関税を課す用意がなければ、英政府が交渉で達成できることは限られている。 <関連ニュース> ・英首相、EU単一市場からの離脱を表明 ・ハード、ソフト、クリーン、灰色、赤白青……ブレグジット多種多彩 メイ首相は、「関税をめぐる完全に新しい合意が必要なのか、何らかの形での関税同盟への準参加になるのか、部分的に署名国であり続けるのか、予断は持っていない」と述べた。 EUの関税同盟は、加盟国の商品には関税(輸入品に対する税金)を課さず、非加盟国からの輸入品に対して同一の関税を課すという貿易協定だ。 そのため、いったん税関を通って域内に入った商品については、国境をまたがってもあらためて税関審査を受ける必要はなく、自由に移動させられる。 メイ首相は、関税同盟に含まれる2つの部分について受け入れられないと述べた。 一つは、域外への同一関税。他国との自由貿易協定の障害になるためだ。もう一つは、統一的な商業政策。これはEUの貿易に関する基本方針を定めた条約の一部だ。EUの基本方針は、関税に関する決定権や貿易協定の交渉権は、各国ではなくEUにあると定めている。 現在の関税同盟には、EUに加盟する28カ国と北アフリカのモロッコが参加している。 EUはこのほか、トルコ、アンドラ、サンマリノとも個別に関税同盟の取り決めがある。 トルコとの協定では、工業製品や農産物の加工品が対象だ。このためトルコはEU域外の国にEUと同一の関税を課さなくてはならず、工業製品に関するEU規制にも従わなくてはならない。一方で加工されていない農産物は対象外。 トルコが他国と貿易協定を交渉する際には、工業製品や加工農産物の関税はEUの域外関税と同じにする必要がある(ただし、対象国がEUと貿易協定がある場合には必要ない)。 EU域外の国がEUと自由貿易協定を結べば、トルコ市場へのアクセスも認められる。しかしトルコはその国に同様のアクセスはできないという、一方的な内容になっている。 協定に含まれる品目については、トルコもEU規制に従う必要がある。 英企業にとって、すでに従っているEU規制が現在、問題にならないのは当然だ。しかしトルコのような合意では、今後の規制変更に意見できない一方で、規制順守が要求されることになる。 英国は、既存協定のと同じ内容の協定は望まないと強調してきた。その英国が、他国との貿易協定を妨げない形で、一部の産業が関税同盟にアクセスできるような協定を、EUとまとめられるのだろうか。 メイ首相は、英・EU貿易を「可能な限り摩擦のない」ものにしたいと述べた。しかしどのような利便を持ち続けたいのかは明確にしなかった。 しかし、EU域外への関税についてEUの取り決めに従わないまま、英国が交渉から得られるものには限界がある。関税がかからない裏口からのEU市場へのアクセスを、他国に提供することになるからだ。 (英語記事 Reality Check: How could customs union deal work?)

  • Thumbnail

    記事

    【米政権交代】 トランプ氏就任式のボイコット拡大 支持率は低迷

    問題について支持を表明するのが目的。 <解説> 前にもあったのか? ―― アンソニー・ザーチャー、BBCニュース(ワシントン) アリゾナ州立大学の歴史学者ブルックス・シンプソン教授によると、1973年のリチャード・ニクソン大統領の就任式では議員80人が欠席した。 トランプ氏を強硬に批判し、今回欠席を表明したジョン・ルイス下院議員は、2001年のブッシュ大統領就任式にも欠席。この時はほかにも黒人議員団から複数が欠席した。 しかしマスコミの注目はかつてないほど激烈だ。そして、ボイコットする政治家たちに関する報道に留まらず、トランプ氏によるツイッターでの攻撃も騒ぎをさらに大きくしている。 旗幟鮮明なこうした抵抗の常として、揺れている共和党関係者も自分たちの大統領が集中砲火を浴びるのを見て、あえて応援に回ることにするかもしれない。 保守派が優勢な現在のワシントンでは、共和党が自分たちの政策課題を実行できるかどうかを決めるのは、党内団結かもしれない。 武器の手薄なリベラルにとって、抗議としての就任式欠席は気分は良いかもしれない。しかし民主党が成功するには、共和党を分裂させる方法を探る必要がある。相手の決心と結束を固めさせるのではなく。 (英語記事 Trump inauguration boycott escalates)

  • Thumbnail

    記事

    英首相、EU単一市場からの離脱を表明

    2017年01月18日 13:06 公開 テリーザ・メイ英首相は17日、欧州連合(EU)からの離脱に向けた方針を説明する演説を行い、EU単一市場に残るなら「EUから離脱したことにはならない」と述べ、単一市場から脱退する考えを表明した。 メイ首相は、欧州各国と「可能な限り自由な貿易」を目指すと約束し、EUが脱退する英国を「罰しようと」すれば、「悲惨な自傷行為」になると警告した。 メイ首相はまた、EUとの最終的な合意は、英国の上下両院で採決にかけられると述べた。 野党・労働党のジェレミー・コービン党首は、今回示されたメイ首相の方針には「非常に大きな危険」が伴うと警告した。欧州議会で離脱交渉を担当するヒー・フェルホフスタット氏は、英国が「いいとこ取り」することはできないと、あらためて指摘した。 離脱交渉をめぐる英政府の方針に強い関心が集まるなか、メイ首相は、アイルランドとの往来の自由の維持する一方、EUからの移民を「制御」すると語った。 離脱交渉の正式開始の条件となっているEU基本条約(リスボン条約)50条の発動は3月末までに行われる予定。 メイ首相は、EUや単一市場を「弱体化する」のが目的ではないとしたが、離脱を罰するのは「欧州各国にとって悲惨な自傷行為になるし、友人がすべきことでもない」と述べ、「同時に、悪い合意よりは合意がない方が英国にとってはましだと、はっきりさせておく」と付け加えた。 メイ首相は、EUの加盟国に対する扱いについて忠告し、「力づくで現状を維持し、悪人のように掌握しようとすることで、まさに守ろうとしていたものがバラバラになってしまうのか」、それとも「違いを尊重し、それを愛することさえするのか」、選択が迫られていると語った。 しかし、演説内容で最も注目されていたのは、欧州との貿易関係が離脱後にどのような形をとるのかについてだった。メイ首相は、EUとの合意は「モノとサービスの可能な限り自由な貿易」が実現されなくてはならないとした上で、「明確にしておきたいが、単一市場への参加を提案しているのではない。それでは、どう考えてもEUから離脱したことにはならない」と述べた。 「だからこそ、国民投票で双方が、EUからの離脱は単一市場からの離脱を意味すると、はっきり主張していた」 欧州の指導者らは、離脱後の英国がモノやサービス、労働者の自由な移動を可能にする単一市場へのアクセスを維持しつつ、人の自由な移動を制限することはできないと警告していた。一方で、メイ首相はEUからの移民を抑制すると約束してきた。 メイ首相はさらに、EU加盟国がお互いへの関税を免除し域外には同率の関税を課す、関税同盟の取り決めも変わると指摘。同首相は、同率の関税を域外に課す取り決めに「縛られる」のは望まないとし、代りに英国は、「諸外国と我々独自の包括的な貿易協定をまとめる」と語った。 ほかのEU加盟国に対するメッセ―ジとしてメイ首相は、「我々は今後も、信頼できるパートナー、協力的な同盟国、近しい友であり続ける」と述べた。 「皆さんの商品を買いたいし、我々の商品も売りたい。可能な限り自由な貿易をし、友好関係の継続を通じて我々全員がより安全でより安定し、より繁栄できるように、お互い協力したい」 国民投票時にはEU残留を支持したメイ首相は今回の演説で、EUとの「新しい、対等なパートナーシップ」を呼びかけ、「欧州連合の部分的な加盟でもないし、欧州連合の準加盟でもない。半分は中、半分は外という形ではない」と語った。 「ほかの国がすでに享受している形態は求めない。離脱する時に加盟を部分的に残すことは求めない」 メイ首相の報道官は、離脱交渉の最終的な合意内容をめぐる下院と貴族院の採決について、「拘束力を持つと考えてもらってよい」と述べた。 議会が否決した場合どうするのかと問われた首相報道官は、「いずれにしろ、EUからの離脱が明確になる」と述べるに留まった。 メイ首相はこれまで、交渉戦略について説明してこなかった。交渉期間は最大2年で、加盟国すべてが合意すれば延長が可能。 欧州議会で離脱交渉を担当するフェルホフスタット氏はツイッターで、メイ首相が「明確にした」ことを歓迎した一方で、「しかし、英国がいいとこ取りをし、欧州をメニューで選ぶようなことができる日々は終わった」とコメントした。 単一市場へのアクセスが得られない場合には、「英国の経済モデルの基盤を変更する」とメイ首相が述べたのは、法人税率の引き下げによって企業誘致を図るのを意図しているとみられていることについてフェルホフスタット氏は、「英国を規制のないタックスヘイブン(租税回避地)にすると脅しをかけるのは、英国民の利益を損なうだけでなく、非生産的な交渉戦術だ」と批判した。 フェルホフスタット氏はさらに、国民投票で残留を支持した人々の意見も取り入れるべきだと語った。 コービン労働党党首は、メイ首相が長期的な目標を「より明確にする」必要があるとし、同首相が単一市場について「食べたケーキをまた食べるという、2つの矛盾したこと」を要求していると指摘した。「(単一)市場に依存する国内雇用があり、市場アクセスが確保される合意でなくてはならないと思う。我々はそれに向かって努力する」。 コービン党首はさらに、「非常に大きな危険が伴っている。彼女(メイ首相)が将来の貿易協定について語った時、英国を行列の一番前にするとドナルド・トランプ(次期米大統領)が話した、としか言わなかった。投資家保護的な協定で列の最初に来るというのか。彼女が何を念頭にしているのかよく分からない」と述べた。 自由民主党のティム・ファロン党首はメイ首相の演説を受け、「単一市場から我々を引きずり出すという提案は、国民に示されていなかった。これは民主主義の窃盗だ」と批判した。 英国独立党(UKIP)のポール・ナットル党首は、「ブレグジット(英国のEU離脱)がスローモーションになる」恐れがあるとし、「迅速に実施してほしい」と語った。 スコットランド自治政府のニコラ・スタージョン首相は、単一市場からの脱退は「経済的な破滅」だと述べた。 スタージョン氏は、スコットランドが「それ(EU離脱)と、そうでない違う未来のどちらかを選べる」べきだと述べ、2014年に英国からの独立を問うた住民投票を再び実施する可能性を示唆した。昨年の国民投票では、スコットランド地方の有権者の多数がEU残留を支持していた。 アイルランド政府は声明で、英国が「EUから離脱するものの、新たな緊密な関係を交渉しようとする国としての進め方を堅固にした」と述べた。 さらに、政府は「アイルランド経済に対するリスクや課題をよく認識している」とした上で、「経済的な機会が生まれる可能性」もあると指摘した。 離脱交渉のEU委員会側の責任者、ミシェル・バルニエ氏はツイッターで、「英国が準備でき次第対応できる。通告(50条の発動のことだが)のみが交渉を開始させられる」と述べた。 (英語記事 Brexit: UK to leave single market, says Theresa May)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏による性的暴行主張の女性、名誉毀損でトランプ氏を訴え

    2017年01月18日 12:59 公開 ドナルド・トランプ次期米大統領が司会した人気リアリティ番組「アプレンティス」の元出演者で、トランプ氏に性的暴行されたと主張していた女性が17日、トランプ氏を名誉毀損(きそん)で訴えると発表した。 「アプレンティス」の元出演者サマー・ザーボスさん(41)は昨年10月、2007年の時点でトランプ氏とカリフォルニア州ビバリーヒルズのホテルで仕事の打ち合わせ中、トランプ氏が「性器を繰り返し自分に押し付けてきた」と主張した。トランプ氏は「うそで馬鹿げている」と否定し、ザーボスさんを訴えると反発した。 このことについてザーボスさんはロサンゼルスで記者会見し、「トランプ氏に発言の撤回を求めたが、応じていない。そのため、私は自分の名誉を守るため、トランプ氏を訴えるしかほかに手段がない」と発表。「嘘つきで女性蔑視」のトランプ氏は自分を「貶め、侮辱し」、国に嘘をついたと非難した。 ザーボス氏は、次期大統領が自分の主張を否定し、自分や複数の女性が性的暴行被害の主張をでっちあげたと非難することで、自分の名誉を毀損したと訴えている。 記者会見には、民主党活動員のグロリア・オールレッド弁護士も同席した。弁護士によると、嘘発見器でザーボスさんを検査したが、嘘をついている様子はなかったという。 トランプ氏については昨年10月、2005年に「スターなら(女性に)何でもできる」、女性器を「わしづかみにする」などと発言したビデオが浮上。トランプ氏は発言を謝罪したが、これを受けて複数の女性が、自分は実際にトランプ氏に性的に暴行されたと名乗り出た。トランプ氏は当時、名乗り出た女性たちを全員訴えると主張していたが、まだ実行に移していない。 ザーボス氏は当時、トランプ氏に発言の撤回を求めたが、トランプ氏は応じなかった。 この日の会見でオールレッド弁護士は、トランプ氏が「意図的に、悪意をもって、女性たちを放り出し」、公の場で繰り返し「嘘つき」と罵倒することで、女性たちに精神的苦痛を与えたと非難。もし次期大統領が発言を撤回し、原告への自分の行動に問題があったと認めれば、訴えは取り下げる用意があるとも述べた。 トランプ氏の大統領就任式は20日。 (英語記事 Trump sued for defamation by former Apprentice Summer Zervos)

  • Thumbnail

    記事

    オバマ米大統領、機密漏洩のマニング服役囚に減刑

    減刑を前向きに検討していると示唆していた。 歓迎と批判と 服役囚の顧問弁護士デイビッド・クームズ氏はBBCに対して、減刑されて服役囚は大いに安心するだろうと述べた。 「オバマ大統領による実に素晴らしい慈悲の行為だ。私もチェルシーも、大統領の選択にとても感謝している」と弁護士は話した。 「マニング上等兵家族基金」のキアロン・オライリー氏は、「国連が違法だと宣言した戦争の真実を明らかにした」服役囚をそもそも収監したのが間違いだと述べた。 一方で、共和党重鎮のジョン・マケイン上院議員は、大統領の判断は「重大な間違いで、諜報行為の続発を促すことになると懸念する」と批判。ライアン下院議長は、大統領の判断は「ひたすらとんでもないとしか言いようがない」と非難し、マニング服役囚は「米国市民の命を危険にさらした」と攻撃した。 アサンジ氏はどうする 服役囚が漏洩した情報を公表した「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏は、避難先のロンドンのエクアドル大使館から「チェルシー・マニングへの恩赦のために運動したすべての人にお礼を言います。皆さんの勇気と強い意志の力が、不可能を可能にした」とツイートした。 ウィキリークスは昨年9月、もしオバマ政権がマニング服役囚に恩赦を与えたら、アサンジ氏が代わりに米国への強制送還に合意すると表明していた。 ホワイトハウスは、ウィキリークス側の表明とマニング服役囚の減刑は無関係だと説明している。アサンジ氏は、出頭する用意があるのか明らかにしなかった。 米司法省は、アサンジ氏立件の意向をこれまで示していない。スウェーデン当局が、性犯罪容疑で身柄引き渡しを求めている。 大統領恩赦と減刑 オバマ大統領はこれまでに、1385件の刑を減軽し、212人に恩赦を与えてきた。これはオバマ氏以前の12人の大統領全員の合計よりも多い。 米国では、恩赦を与えられると刑が執行されなくなるほか、公民権なども復活。投票できるようになるほか、銃器の所持も認められる。連邦裁判所の陪審員にもなれる。 減刑の場合、刑の執行は止まるが、投票や銃器の所持などの制約は残る。 恩赦も減刑も、無実を意味するわけではない。 スノーデン氏は恩赦しないのか 国家安全保障局(NSA)などの機密情報を漏洩し、ロシアへ亡命したエドワード・スノーデン氏についても、百万人以上がオバマ大統領に恩赦を求めてきた。 しかしホワイトハウスによると、スノーデン氏自身が恩赦に必要な書類を提出していない。 オバマ氏は昨年11月、独紙シュピーゲルに対して、「法廷に出廷していない人を恩赦できない」と話した。 ホワイトハウスは先週、マニング服役囚は米軍司法制度に身をゆだね、罪を認めていると指摘した。 これに対してスノーデン氏は2013年に米国を出国し、ロシアに一時的に亡命している。米国での罪状で有罪となれば、最大30年は服役する可能性がある。 ホワイトハウスのジョシュ・アーネスト報道官は、「エドワード・スノーデンによる情報漏洩は、はるかに深刻ではるかに危険なものだった」と述べたほか、スノーデン氏が「(米国の)敵の元へと逃れ、最近ではこの国の民主主義の信頼を失墜させようと大がかりに取り組んだ国に避難しようとした」と、マニング服役囚との違いを強調した。 <解説> なぜマニング服役囚を? ――ラジニ・バイディヤナザン、BBCニュース チェルシー・マニング服役囚の事件は、米国世論を分断した。米軍の秘密を明るみに出した告発者だという人たちもいる。釈放を求めて10万人以上がホワイトハウスへの請願に署名したし、減刑活動は広く周知されていた。しかし、マニング服役囚は米軍関係者の安全を脅かした売国者だと受け止める人たちもいる。 ライアン下院議長は、オバマ大統領による減刑を裏切りだと呼んだ。2013年の判決公判を取材したが、検察の求刑は35年より長かった。検察は、機密漏洩の続発を阻止するため、警告効果のある量刑を求めると説明していた。 ホワイトハウスは、なぜマニング服役囚を釈放することにしたのか、判断理由をまだ説明していない。 オバマ大統領はむしろ、どの前任者よりも積極的に諜報活動取締法にもとづき大勢を訴追し、内部告発と戦っていると批判されていたのだ。 (英語記事 Obama commutes Chelsea Manning sentence)

  • Thumbnail

    記事

    トランプ氏が米大統領になる日 どのように進行する

    2017年01月18日 9:00 公開 実業家ドナルド・トランプ氏は20日、第45代米国大統領に就任する。ホワイトハウスの斜め前にある迎賓館「ブレア・ハウス」で朝を迎えてから、就任宣誓を経て、大統領として行進してホワイトハウスへ戻るまでの1日の流れを、ラジニ・バイディヤナザン記者が紹介する。

  • Thumbnail

    記事

    米大統領就任式 トランプ氏は目覚めてそして

    2017年01月18日 9:00 公開 1月20日(日本時間20日深夜から21日未明)は米大統領就任式。ドナルド・トランプ氏が「一般市民」として目覚めてから、ホワイトハウスの主として眠りに着くまでの1日の流れを、アニメーションでたどってみた。

  • Thumbnail

    記事

    「緑の瞳の少女」だったグーラーさん、40代になった今の思い

    ラーさんは、パキスタンで難民として35年暮らした後、母国に強制送還された。グーラーさんの今の思いを、BBCのナジマ・ザラ記者が尋ねた。

  • Thumbnail

    記事

    トルコ・ナイトクラブ襲撃、実行犯か 容疑者を拘束

    2017年01月17日 14:50 公開 今月1日未明にトルコの主要都市イスタンブールのナイトクラブが襲撃され、39人が死亡し数十人が負傷した事件で、同国警察は16日、実行犯とみられるアブドゥルガディル・マシャリポフ容疑者を拘束した。 ウズベキスタン出身のマシャリポフ容疑者は、イスタンブールのエセンユルト地区で拘束されたという。 襲撃事件では、トルコ人だけでなく、イスラエル、フランス、チュニジア、レバノン、インド、ベルギー、ヨルダン、サウジアラビア各国の人々が犠牲となった。 事件を受けて、過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS)が犯行声明を出し、トルコ軍によるシリア内戦介入に対する復讐だと表明した。 1日未明にタクシーでナイトクラブに到着した実行犯は、車のトランクから取り出した銃身の長い銃を持ち、走って入り口から店内に乱入。新年を祝う客たちに無差別に発砲した。 警察は、マシャリポフ容疑者がキルギス人の友人宅に4歳の息子と一緒にいたところを発見した。トルコのメディアによると、友人と3人の女性も拘束されたという。 地元紙ヒュリエトによると、マシャリポフ容疑者は、警察本部での尋問の前に病院で健康状態の確認を受ける予定。 トルコのメディアは、マシャリポフ容疑者が同国中部のコンヤでアパートを借りて住んでいたと報じた。妻とみられる女性と2人の子どもも同居していた。ヒュリエトによると、容疑者は先月15日にイスタンブール市内に入った。 警察はこのほかにも、IS戦闘員の疑いがかかった人物らへの強制捜査を実施した。 トルコは、国境に近いシリア北部でISとの戦いを続けている一方、クルド人組織の抑え込みも目指している。 襲撃事件が起きたナイトクラブ「レイナ」は、イスタンブールで最も知られたクラブのひとつで、歌手や俳優、有名スポーツ選手や外国人観光客が頻繁に訪れる。店からはボスポラス海峡を挟んでアジア側を眺めることができる。 マシャリポフ容疑者の人物像 ・中央アジアのウズベキスタン出身で、2016年の初めに家族とトルコのコンヤに移り住んだとされる。 ・名前をエブ・ムハンメド・ホラサニに改名したとされる。 ・同容疑者はISのメンバーとみられる。 (トルコ国内の報道から) (英語記事 Istanbul Reina nightclub attack suspect captured)

  • Thumbnail

    記事

    【米政権交代】トランプ氏就任式ボイコットが拡大 26議員欠席へ

    2017年01月17日 13:07 公開 20日に行われるドナルド・トランプ氏の米大統領就任式について、ボイコットを表明した民主党上下両院議員の人数が26人に増えた。その多くは、就任式欠席を表明したジョン・ルイス下院議員をトランプ氏がツイートで攻撃したことへの抗議を理由に挙げている。ルイス議員は1960年代の公民権運動の闘士で、米国では大勢から英雄とみなされている。 マーティン・ルーサー・キング牧師の生誕記念日(今年は16日)の直前に、キング牧師と共に闘ったルイス議員をトランプ氏が攻撃したことで、複数の民主党議員が強く反発。イベット・クラーク下院議員(ニューヨーク州選出)は、「ジョン・ルイス下院議員への侮辱は、アメリカへの侮辱だ」と反発した。 テッド・リュウ下院議員(カリフォルニア州選出)は、「私個人にとって、就任式に出席しないという判断は、簡単なものだ。自分はドナルド・トランプの側に立つのか、ジョン・ルイスの側に立つのか。僕はジョン・ルイスの側に立つ」と書いた。 ルイス・グティーレス下院議員(イリノイ州選出)は、昨年12月の時点ですでに連邦議員で初めて就任式ボイコットを表明していた。 「あの候補がこれまで、女性やラティーノ(中南米系)や黒人やムスリム(イスラム教徒)について言ってきたこと、あらゆる演説やツイートで言ってきたことが何もかも、もう無問題なんだとか、それはもう私たちの集合的記憶から消去したんだとか、そんなふりをして、自分が就任式に出席しようものなら、私は自分の妻や娘たちや孫と、目を合わせることができない」と、グティーレス議員は下院で、欠席理由を説明している。 議員は代わりに、21日にワシントンで行われる「女性大行進」に参加する方針という。 ルイス議員(民主党、ジョージア州選出)は13日、NBCの番組でトランプ氏について、「当選させるためロシアが協力したと思う」、「(ロシアが)ヒラリー・クリントン候補の勝利を妨害した」と発言。自分はトランプ氏を正当な大統領として認めないので、20日の就任式は欠席すると表明した。 これに対してトランプ氏は14日、ルイス議員を攻撃するツイートを連投。「ジョン・ルイス下院議員は、選挙結果についてでたらめに文句を言うよりも、(犯罪まみれというだけでなく)ひどい状態でボロボロな自分の選挙区を立て直して助けるために、もっと時間を使うべきだ。口先でしゃべりまくってるだけで、なんの行動も結果もない。残念だね!」などと書いた。 公民権運動で闘い、黒人隔離政策に抵抗してたびたび警察に暴力を振るわれ、繰り返し逮捕されたルイス議員は、キング牧師たちと共に1963年8月28日のワシントン大行進に参加。リンカーン記念碑からキング牧師が歴史的な「私には夢がある」演説をする直前に、ルイス氏も演説した。あの日の登壇者で今も存命なのは、ルイス議員のみ。 ルイス氏は、黒人市民の有権者登録を呼びかけた1965年3月の平和的行進を警察が力で制圧しようとした、いわゆるアラバマ州セルマの「血の日曜日」に行進を先導し、警官に頭を殴られ頭蓋骨にひびが入る被害を受けている。 昨年7月には、フロリダ州オーランドのナイトクラブで乱射事件が起きたのを受け、銃規制法案の採決を求め、下院本会議場で座り込みの抗議を強行した。共和党は座り込みを阻止しようと、その日の議事予定を早々に打ち切り、テレビ中継用のカメラの電源を切った。しかし、民主党議員たちが携帯電話で撮影する動画を、政治ニュース・議会中継専門のテレビ局「C-Span」が生中継した。 ルイス議員の座り込み抗議に真っ先に賛同したひとり、マサチューセッツ州選出のキャサリン・クラーク下院議員も今月初め、トランプ氏の就任式には欠席すると発表した。 「私の選挙区の人たちは、トランプ選挙運動を突き動かした反女性で反移民で反ムスリムで、この国を分断する数々の公約が、すべてのアメリカ人の健康と安全に影響する政策に転化するのではないかと恐れている」、「就任式に参加し、大統領候補の対立的な言動の正常化に寄与することは、私にはできないと感じている」と、クラーク議員は声明で述べた。 一方で、キング牧師の息子、マーティン・ルーサー・キング3世は、ニューヨークでトランプ氏と会談した後、「とても建設的な」やりとりだったと記者団に話し、双方が感情的になると「お互いに色々なことを口にするものだ」と述べた。 しかしこれに対して牧師の娘、バーニース・キングさんは、ルイス議員の選挙区でもあるジョージア州アトランタの教会で、「神はトランプに打ち勝つ」と述べた。 また、トランプ氏がツイッターでルイス議員を攻撃した後に、ルイス議員の回顧録が米アマゾンの書籍売上1位となり、たちまち売り切れた。 大統領就任式には超一流の歌手が出演するのが慣例だが、トランプ氏の就任式には出演を断る人が相次いでいる。いったん出演すると発表した歌手やバンドの辞退も続いている。 これまでに出演が決まっているのは、人気オーディション番組の16歳出演者や、軍楽隊、ラインダンスで有名なニューヨークの「レイディオ・シティ・ロケッツ」など。ただし、ロケッツのメンバーの一部は、出演を拒否している。 歌手トビー・キースさんなど、カントリー音楽のスターたちが就任式前夜のコンサートで演奏することになっている。 (英語記事 Trump-Lewis row: Democrat inauguration boycott grows)

  • Thumbnail

    記事

    メイ英首相、「部分的」なEU離脱を否定へ 17日演説で

    が目的だと説明した。 野党・労働党の「影の内閣」でブレグジット担当相を務めるサー・キア・スターマーはBBC番組「ニューズナイト」で、政府が現在まで「ほぼ何も」詳細を明らかにしてこなかったと述べた。 スターマー氏は、メイ首相が答えるべき「核心的な問い」は、EUとの無関税貿易を英企業のために確保できるか、またメイ首相の計画がどのようなコストを伴うのかだと述べた。 国民投票で離脱を訴えた保守党のドミニク・ラーブ下院議員は、英国が単一市場と関税同盟の正式な枠組みから離れる「可能性が高い」とした上で、メイ首相がEU離脱について「前向きな主張」をすることが非常に重要だと指摘した。 (英語記事 May rejects 'partial' EU membership in Brexit speech)

  • Thumbnail

    記事

    まぶしい光に炎、屋根に飛行機 キルギスで墜落

    2017年01月17日 9:00 公開 中央アジアのキルギスで16日、トルコの貨物機が首都ビシケク近郊の村に墜落し、乗員人4人全員と、地上の住民が少なくとも33人死亡した。目撃したウソンさんは、機体の一部が友人の家の屋根を直撃したと話した。

  • Thumbnail

    記事

    オバマ米大統領と人種問題 前進したのか悪化したのか

    黒人社会は奮い立ったという意見はもちろんあるが、逆にオバマ氏は人種対立を悪化させたという意見もある。BBC北米特派員のアリーム・マクブール記者が、南部アラバマ州から報告する。

  • Thumbnail

    記事

    「決して憎んではならない」 公民権運動を闘ったルイス米下院議員

    2017年01月17日 9:00 公開 1960年代の米公民権運動の闘士のひとり、ジョン・ルイス下院議員(民主党、ジョージア州選出)は、かつて共に闘ったマーティン・ルーサー・キング牧師の生誕記念日の16日、記念イベントに出席し、若者に向けて「決して、決して憎んではならない」と呼びかけた。1960年代には繰り返し逮捕され、投獄され、平和的行進では警察に叩かれ重傷を負うなどの経験を重ねてきたルイス議員は、トランプ氏を「正当な大統領として認めない」と就任式欠席を表明。これに対してトランプ氏が、「口先ばかりで行動しない」とツイッターで攻撃したため、反発する複数の民主党議員たちが就任式ボイコットを表明している。

  • Thumbnail

    記事

    保証人としてシリア難民200人を助けたカナダ経営者

    2017年01月16日 18:17 公開 ジェシカ・マーフィー記者、BBCニュース(トロント) あるカナダ人経営者は、戦争で引き裂かれた国から必死で逃げ出すシリア人のためにもっと何かをしようと決意した。そこで、オンタリオ州の町が実施する難民200人以上の再定住化計画に経済的な支援をした。 ジム・エスティル氏はいら立ちを募らせていた。 オンタリオ州南西部の町グエルフ在住の経営者エスティル氏は2015年の夏の間、地球の反対側で起こっているシリア難民危機を、夜のニュースで来る日も来る日も見ていた。 「みんなが十分なことを十分な速さでしているように私には思えなかった」とエスティル氏は言う。 そこで、家電メーカー「ダンビー」の最高経営責任者(CEO)を務めるエスティル氏は、ある計画を策定した。 難民の家族50組をカナダに連れて来るため、そして彼らが新しい生活に馴染めるように支援する地域社会全体での取り組みを取りまとめるために、150万カナダドル(約1.3億円)を自費で提供するのだ。 ボランティアが運営するプロジェクトになるが、企業のように組織される。ボランティアのディレクターたちが複数のチームを指揮し、新たにカナダに来た難民を定住させる際のさまざまな面を各チームが担当する。 カナダでは、スポンサーとして正式に許可された団体同様に、個人が直接的に難民のスポンサーになることができる。難民に対して食料や衣類、住宅といった生活必需品を提供し、カナダ社会に溶け込むよう支援もする。しかしエスティル氏はもっと大きな影響を及ぼすことをしたいと考えていた。その上もっと速く。 「物事を測る方法は心得ています」とエスティル氏は言う。起業家として巨万の富を築き、前職ではリサーチ・イン・モーションで取締役を務めていた。携帯電話ブラックベリーのメーカーとして最もよく知られている会社だ。 エスティル氏が資金提供者になるのだが、パートナーが必要だった。 そこでエスティル氏は、シリア内戦の影響を受けた人たちを支援する方法をすでに模索していた、宗教系の社会奉仕活動組織10団体を呼び集めた。 サラ・サイードさんは、グエルフ・ムスリム協会会長の夫が会合から帰宅して、エスティル氏の計画を聞かせてくれた夜のことを覚えている。 「まったくの驚きでした。『ぜひ参加しましょう』って言いましたよ」 グエルフの地元紙が2015年11月、計画に関する記事を掲載した。記事はアラビア語に翻訳され、中東周辺に話が広まった。 「トルコやレバノン、シリア国内などから、『助けてくますか? 何かしてくれますか?』と、人々が私たちに直接メールしてくるようになりました」とサイードさんは話す。 エスティル氏が当時を振り返る。「最初、1通のメールを受け取るんです。1通、2通受け取って、『何ができるか様子を見てみよう』となる。それが100通になり、そうなるととても難しくなる」。 サイードさんのダイニング・テーブルは、スポンサーシップ申込書の山に埋もれて見えなくなってしまった。最終的に58組の家族が選ばれた。 しかしそれは、最初の難関に過ぎなかった。 スポンサーを受けた家族は、ぽつりぽつりと少しずつ到着した。政府の手続きの大きな遅延は、代償を伴った。希少な住宅が空き家のままとなり、寄付された物品は倉庫に放置された。 「人を入国させるのにカナダ政府がこんなに時間を要するなんて、まったくの驚きでした」とエスティル氏は言う。「もの凄いコストが私たちにかかりました」。 2016年12月までに、58組中47組の家族がグエルフに到着した。 しかしエスティル氏は、多くの難民が、経験不足や英語力不足で職探しに苦労しているのに気づいた。 そこで、ダンビーでの仕事と定期的な英語レッスンをシリア難民に提供するプログラムを開始した。また、他の人たちへの起業支援も行った。 「人をカナダに連れて来て生活保護を受けさせるようなことはしたくはない」とエスティル氏は話す。もしそんなことになれば「失敗だ」と。 サイードさんは、エスティル氏が典型的な大企業の幹部には見受けられない、と言う。 「企業のCEOと言えば、テレビなんかから特定のイメージがありますよね。でもエスティル氏は、普通のジーンズとシャツを着て、すごく古い車に乗っている、最も地に足がついた人物です。派手だとか華やかな面はありません」とサイードさんは言う。 サイードさんにしてみれば、他の実業家たちがエスティル氏の取り組みを真似できない理由はない。 「一番大きいのは、単に財政的支援が確保できるかなんです。もし経済界からもっと多くの人が、『うちもやります』って名乗り出てくれたら、可能なのに」 サイードさんとエスティル氏のすぐそばで働いていたジャヤ・ジェイムズさんは、グエルフ難民スポンサーシップ・フォーラムで常勤のボランティア・ディレクターとして働くために、公務員の仕事を半年間休業した。 エスティル氏はこのプロジェクトの大きなビジョンや人脈を提供し、その一方でジェイムズさんとサイードさんが細かい部分を担当したと、ジェイムズさんは言う。2人は、ボランティア800人の選定・訓練・指導を行い、取り組みに携わる組織を調整し、緊急事態に対応した。緊急事態には、寄付された家具に害虫が湧いていたという深夜の電話への応対もあった。 ジェイムズさんは、エスティル氏を「ちょっと怒りっぽい」けど「心がとても広い」と表現する。ジェイムズさんによると同氏はみんなに、「自分には何が与えられるか? 何ができるか?」と自問するようハッパをかけていると言う。 エスティル氏は、カナダへの移住を考えている人たちから届くメールはすべて読んで返信しており、さらなる難民のスポンサーになるつもりだと言う。しかし今後の重点は、すでにカナダ国内にいる難民の親類の呼び寄せになる。 それでも、この取り組みが世界的に知られるようになったという称賛には、エスティル氏は今でも当惑する。自分は支援するための手段や、いかに計画を実行するかのビジョンを持っていただけだと話す。 またエスティル氏は、人道主義的な物の見方を自分に植え付けたのは、両親だと言う。子どもの頃、両親が2人のウガンダ人難民のスポンサーになったのだ。 「恐らく、正しく育てられたんだと思います。母にはそう言っています」。エスティル氏はそう言って笑った。 (英語記事 The Canadian businessman who sponsored 200 refugees)

  • Thumbnail

    記事

    世界富豪トップ8人の資産、貧困層36億人分と同じ=慈善団体

    2017年01月16日 17:19 公開 国際NGOのオックスファムは15日、世界で最も富裕な8人が、最も貧困な36億人分と同じ資産を所有しているとの推計を発表した。 オックスファムは今回の報告書について、これまで反論も出ていた統計方法が改善されたとし、貧富の差は「恐れられていたよりもずっと大きかった」とコメントした。 17日には、各国首脳や経営者などが集まり討議する世界経済フォーラム(WEF)がスイス東部ダボスで開幕する。 自由市場を擁護するシンクタンク、経済問題研究所(IEA)のマーク・リトルウッド氏は、オックスファムは富裕層の批判ではなく、成長促進策に焦点を置くべきだと語った。「オックスファムは『貧困と闘う』団体でありながら奇妙なことに、頭の中を占めているのは富裕層のことのようだ」。 リトルウッド氏は、「絶対的貧困の完全な根絶」を目指す人たちが意識を集中すべきなのは、経済成長を促進する方策だと述べた。 アダム・スミス研究所のベン・サウスウッド所長は、重要なのは世界の富豪が所有する財産ではなく、世界の貧困層の状況が年々改善していることだと語った。 「毎年、富に関するオックスファムの報告書で間違った考えを植え付けられている。データはクレディ・スイスのものできちんとしているが、解釈はそうでない」 オックスファムのグローバル渉外担当、カティ・ライト氏は、報告書が「政治、経済分野のエリートたちに働きかける助けになる」と語った。「ダボスが世界のエリートたちのおしゃべりの場にすぎないと分かっているが、集まる関心を利用しようと思う」と述べた。 英国のエコノミスト、ジェラルド・リヨンズ氏は、極端な富裕に焦点を当てても「全体像がいつも捉えられるとは限らない」とし、「分配に充てられる経済規模の拡大の確保」に関心を持つべきだと指摘した。 一方でリヨンズ氏は、株主や経営幹部への報酬を増やすことにますます集中するビジネスモデルを持ち、格差拡大を促進しているとオックスファムが考える企業を特定し、批判するのは正しいと語った。 オックスファムのライト氏は、経済格差が政治の2極化を加速させていると指摘し、その例として米大統領選でのドナルド・トランプ氏の勝利や、英国の欧州連合(EU)離脱を決めた国民投票を挙げた。 同氏は、「人々は怒っており、別の選択肢を求めている。どんなに一所懸命働いても自分たちの国の成長の分け前を得られないために、取り残されたと感じている」と語った。 世界で最も富裕な8人と資産額(フォーブス誌) 1位 ビル・ゲイツ氏(米国) マイクロソフト創業者 750億ドル(約8兆5000億円) 2位 アマンシオ・オルテガ氏(スペイン) ZARA創業者 670億ドル  3位 ウォーレン・バフェット氏(米国) バークシャー・ハザウェイの筆頭株主 608億ドル 4位 カルロス・スリム氏(メキシコ) グルポ・カルソ創業者 500億ドル 5位 ジェフ・ベゾス氏(米国) アマゾン創業者 452億ドル  6位 マーク・ザッカ―バーグ氏 フェイスブック共同創業者 446億ドル 7位 ラリー・エリソン氏 オラクル共同創業者 436億ドル 8位 マイケル・ブルームバーグ氏 ブルームバーグ創業者 400億ドル ケイティ・ホープ・ビジネス担当記者(スイス・ダボス) (英語記事 Eight billionaires 'as rich as world's poorest half') 

  • Thumbnail

    記事

    【米政権交代】トランプ氏、公民権運動の闘士を攻撃 非難集中

    2017年01月16日 15:42 公開 1960年代の米公民権運動でマーティン・ルーサーキング牧師たちと共に闘ったジョン・ルイス下院議員を、ドナルド・トランプ次期米大統領がツイッターで「口先だけ」と攻撃したことについて、複数の政治家や著名人、ソーシャルメディアの利用者が、トランプ氏を非難している。 ルイス議員(民主党、ジョージア州選出)は13日、NBCの番組でトランプ氏について、「当選させるためロシアが協力したと思う」、「(ロシアが)ヒラリー・クリントン候補の勝利を妨害した」と発言。自分はトランプ氏を正当な大統領として認めないので、20日の就任式は欠席すると表明した。 これに対してトランプ氏は14日、ルイス議員を攻撃するツイートを連投。「ジョン・ルイス下院議員は、選挙結果についてでたらめに文句を言うよりも、(犯罪まみれというだけでなく)ひどい状態でボロボロな自分の選挙区を立て直して助けるために、もっと時間を使うべきだ。口先でしゃべりまくってるだけで、なんの行動も結果もない。残念だね!」などと書いた。 公民権運動で闘い、黒人隔離政策に抵抗してたびたび警察に暴力を振るわれ、繰り返し逮捕されたルイス議員は、キング牧師たちと共に1963年8月28日のワシントン大行進に参加。リンカーン記念碑からキング牧師が歴史的な「私には夢がある」演説をする直前に、ルイス氏も演説した。あの日の登壇者で今も存命なのは、ルイス議員のみ。 ルイス議員が1987年以来、下院議員を務めるジョージア州第5選挙区には、州都アトランタの75%と周辺の裕福な郊外住宅地が含まれる。 有権者の約6割はアフリカ系。犯罪発生率と失業率は全国平均よりも高いが、州の高等教育機関のほとんどがこの選挙区内にあり、コカ・コーラやデルタ航空など複数の大企業の本拠地が選挙区内にある。 ルイス氏の支援者たちは、トランプ氏の連続ツイートにただちに反発。民主党のカマラ・ハリス上院議員(カリフォルニア州選出)は、「ジョン・ルイスは公民権運動の一人者で、恐れを知らず正義と平等を大胆に追究してきた。このような扱いはふさわしくない」と議員はツイートした。 ほかにも、ルイス議員の勇気を称えるほか、よりによってキング牧師の生誕記念日(今年は16日)の直前にトランプ氏がルイス氏を侮辱したと、反発する声も相次いだ。 黒人市民の有権者登録を呼びかけた1965年3月の平和的行進を、警察が力で制圧しようとしたいわゆるアラバマ州セルマの「血の日曜日」に、行進を先導したルイス氏が警官に頭を殴られ、頭蓋骨にひびが入る被害を受けた際の写真が、繰り返しソーシャルメディアに投稿された。 共和党からはベン・サス上院議員(ネブラスカ州選出)が、ルイス氏の「口先」は世界を変えたとツイート。ただしサス議員は、就任式のボイコットには賛成しないと述べ、「これはひとりの人間のことではない。平和的な政権移行を祝うためのものだ」と述べた。 トランプ氏の大統領就任をめぐっては 黒人人権活動家アル・シャープトン師がワシントンで抗議行動を開始。14日には極寒の天気の中、数千人が「正義がなければ平和もない」と合唱しながら、キング牧師記念碑へと更新した。 就任式に多くの大スターや人気歌手が出演を断ったと報道されるなか、いったん出演が発表されたブロードウェイ・スターのジェニファー・ホリデイさんが14日、出演を取りやめると発表した。ホリデイさんはこれまで、民主・共和両党の大統領の前で歌声を披露してきたが、今回は性的少数者(LGBT)をはじめ多くのファンから就任式出演を批判されていた。 出演を中止すると発表したホリデイさんは、「判断を間違えた」と謝罪し、就任式出演がトランプ氏への支持表明とみなされるとは思わなかったと説明した。 (英語記事 John Lewis: Trump slammed for attack on rights icon)

  • Thumbnail

    記事

    英ポンドが対ドルで下落 メイ首相のEU離脱演説の報道受け

    2017年01月16日 14:08 公開 15日の為替市場で英通貨ポンドが対ドルで下落し、1ポンド=1.20ドルの水準を下回った。テリーザ・メイ英首相が今週予定する欧州連合(EU)離脱についての演説の内容をめぐる各社報道を受けた。 ポンドは昨年10月の「フラッシュ・クラッシュ(瞬間的な急落)」以来の安値を付けた後、多少水準を戻した。 アナリストらによると、メイ首相が演説でEU単一市場からの脱退を示唆する、との報道を受けて市場参加者がポンド売りに傾いたという。 ポンドの対ドル為替レートは、EU離脱が決まった国民投票が行われた昨年6月から約2割下落し、1985年によく見られた安値と同水準となっている。 ポンドは15日に、ユーロに対しても1パーセント以上下落し、1ポンド=1.13ユーロと約2カ月ぶりの安値を付けた。 トランプ氏は15日に行われた英紙タイムズとのインタビューで、ポンドの下落は英企業にとって「素晴らしいことだ」と述べた。 トランプ氏は、英スコットランド・ターンベリーに所有するゴルフ場がポンド安でメリットを得ていると述べ、「英国の多くの地域で企業活動は、すごいことになっている」と語った。 ポンド安は、英企業の海外市場での競争力を向上させるが、輸入品価格や海外旅行の費用に上昇圧力がかかる。 「フラッシュ・クラッシュの水準」 15日に英新聞数紙が報じたところによると、メイ首相は今週、単一市場へのアクセスよりも移民管理の強化に重点を置く「ハード・ブレグジット(英国のEU離脱)」的な対応をとると表明する見通し。 英首相官邸は、報道を「憶測」だとしている。 ロンドン・キャピタル・グループのアナリスト、ジャスパー・ローラー氏は、ポンドの動きは「明らかに政治が起こした下落」だと述べた。「ポンドはいまやフラッシュ・クラッシュの水準に戻っている」。 昨年の10月7日に起きたフラッシュ・クラッシュでは、ポンドは一時、1ポンド=1.19ドルを下回り、国民投票後の最安値を付けた。 シティー・インデックスのアナリスト、キャスリーン・ブルックス氏は、英国が単一市場を離れるとの報道が、ポンドを買っていたトレーダーたちにとって「クリプトナイト(訳注:米コミックのキャラクター、スーパーマンの力を奪うとされる鉱物)のようなもの」だったと語った。 「為替市場は反応した。15日夜時点では、17日にテリーザ・メイ氏が求められているような明快さと自信をもってブレグジットの計画を説明できるかどうか、市場は確信を得られずにいる」 メイ首相が「ハード・ブレグジット」的な対応をするとの見方は、これまでも出ており、ポンドにとっては売り要因だと市場参加者らは考えている。このため、今回のような報道が出れば「またポンド売りの波が起きる」とブルックス氏は指摘した。 ハーグリーブス・ランズダウンのアナリスト、ライス・カラフ氏は、「ポンドは、ブレグジットがソフトなのかハードなのかという推測で動いている」と語った。 アジア市場 ソシエテ・ジェネラルのアナリストらによると、移民管理の権限を取り戻し、欧州司法裁判所の管轄下にならないことにメイ首相がこだわっているため、市場参加の多くは英国が単一市場を脱退する可能性が高いとみている。 「なので、英国がどの程度緊密な貿易関係の取り決めを得られるかが問題になる」 昨年の国民投票以来、ポンドの為替レートは不安定に推移してきた。背景には、関税障壁のないEU市場へのアクセスを失った時の経済的な影響に対する不透明感がある。 アジア市場でのポンド取引は、ロンドンなど欧米市場が動いていない時間帯にさらに不安定になる可能性がある。昨年10月のフラッシュ・クラッシュはアジア時間に起きている。 (英語記事 Pound falls ahead of Theresa May Brexit speech)

  • Thumbnail

    記事

    日本の捕鯨船、南極海でミンククジラ殺害と 豪政府批判

    2017年01月16日 13:26 公開 反捕鯨の環境保護団体「シー・シェパード」が15日、南極海にオーストラリアが定めたクジラ保護区で日本の捕鯨船がミンククジラを殺害したと写真を公表した。これを受けて豪政府は16日、日本の「調査捕鯨」再開を厳しく批判した。 オーストラリアのジョシュ・フライデンバーグ環境相は、調査研究のためにクジラを殺害する必要はないと非難。「豪政府は、日本がこの夏、いわゆる『科学的』捕鯨を実施するために南極海に戻ったことを、豪政府は非常に残念に思っている」と述べ、「オーストラリアはあらゆる形の商業捕鯨、およびいわゆる『科学的』捕鯨に反対している」と強調した。 豪連邦裁判所は日本の捕鯨活動について、違法と判断を下している。 安倍首相は13日から15日にかけてオーストラリア・シドニーを訪れ、ターンブル首相と会談したばかり。 「シー・シェパード」は、日本鯨類研究所の捕鯨母船「日新丸」の甲板に死んだミンククジラが横たわっている様子だとする写真を公表。オーストラリアの保護区で15日に殺害したものだと非難している。 「シー・シェパード」の船「スティーブ・アーウィン」号のルブリンク船長は、「日新丸」の乗務員たちは自分たちのヘリコプターに気づくと、「慌てて」クジラの死骸をビニールシートで隠そうとしたと説明。近くにいた調査船「勇新丸」と「第二勇新丸」も、銛(もり)を隠したという。 「日本の乗務員たちが銛と、甲板のクジラの死骸を隠そうとしたのはつまり、自分たちはやってはいけないことをしていると分かっていることの表れだ」と船長は批判した。 「シー・シェパード」は、日本の南極海での捕鯨行為を現状のままでは認めないと国際司法裁判所(ICJ)が2014年に判断を示して以来、ミンククジラが殺害されるのは初めてだとしている。 <関連記事> ・日本とクジラ なぜ日本は捕鯨をするのか ・日本の捕鯨文化 消えゆく運命なのか ・日本はなぜ捕鯨を再開するのか 論理に反してまで ・日本の捕鯨船が南極海に向け出航(2015年12月) 商業捕鯨については1985年から世界的なモラトリアムが実施されているが、例外的に日本は「科学調査」のための限定的な捕鯨が認められている。 しかしICJは2014年、南極海における日本の調査捕鯨は停止すべきと判決を下した。日本は調査捕鯨を1年停止したが、2015年冬には再開を宣言し、捕鯨船が南極海へ出稿。豪英両政府や環境保護団体から非難された。 日本政府は、商業捕鯨が再開可能な程度のクジラの生息数がいると立証することが調査の目的だと説明。この調査には、クジラを殺して調べる必要があると主張している。 「シー・シェパード」は5週間前から南極海をパトロールしていたという。 「シー・シェパード・オーストラリア」のジェフ・ハンセン代表は、クジラの保護に豪政府はもっと力を入れるべきだと述べた。 (英語記事 Photos show Japanese whaling off Antarctica, group says)

  • Thumbnail

    記事

    メルケル独首相の移民受け入れは「破滅的過ち」=トランプ氏

    2017年01月16日 12:25 公開 ドナルド・トランプ次期米大統領は15日の英紙タイムズとドイツ紙ビルトとの共同インタビューで、ドイツのアンゲラ・メルケル首相が100万人以上の移民受け入れを推進したのは「非常に破滅的な過ち」だったと述べた。 トランプ氏はさらに、メルケル氏が欧州各国の指導者の中でも群を抜いて最も重要な人物だと述べ、欧州連合(EU)がドイツの道具と化していると語った。 ニューヨーク中心部マンハッタンにある「トランプ・タワー」で行われたインタビューで、トランプ氏は主に外交政策について語り、より公正な貿易協定や国境管理の強化に優先的に取り組むと述べた。 トランプ氏はまた、中国をはじめ、世界各国との貿易で生じている赤字への対策を米国は取る必要があるとし、自らの政権は、自由貿易よりも賢い貿易を重要視すると話した。 ロシアと何らかの合意に達する可能性について質問を受けたトランプ氏は、核兵器削減が含まれるべきだとし、対ロ経済制裁の解除には、核兵器の「大幅な削減」が必要だと述べた。 中東地域に話が及ぶと、トランプ氏は米国の2003年イラク侵攻を強く非難し、米国史上最悪の決断だっかもしれないと指摘した。また、シリア国内に安全地帯を設定し、費用は米国と同盟を結ぶ湾岸諸国が負担すべきだったと述べた。 トランプ氏は、英国がEUを離脱するのは「本当に頭がいいことだ」とし、「国はそれぞれアイデンティティーが欲しいわけで、英国は自分のアイデンティティーを求めていた」と述べた。「君たちはとてもうまくやっていると思うよ。とてもうまくやっている」。 このインタビューは、ブレグジット(英国のEU離脱)推進の一人者だったマイケル・ゴーブ前法相がタイムズ紙のために行った。ゴーブ氏は後に、トランプ・タワーでトランプ氏と撮った写真がツイッターに掲載されていたのを、自らリツイートした。 トランプ氏はさらに、ほかの国もEUから離脱するとの予想を示し、「人々は自分たちのアイデンティティー(中略)を求めていると思うから、どうかと聞かれれば、もっと離脱が続くと思う」と話した。 トランプ氏は、米国への移民に対する厳しい姿勢をあらためて表明し、「外から人々がやってきて自分たちの国を破壊するのを、国民は望んでいない。この国では、私の就任初日から国境管理をとても厳しくする」と述べた。 メルケル独首相についてトランプ氏は、「欧州の指導者の中でも群を抜いて重要な人物」だとし、「欧州連合を考えれば、ドイツそのものだ。実質的にドイツの道具になっている」と指摘した。 トランプ氏は、「彼女(メルケル氏)は、あれだけの不法入国者を受け入れるという、一つ非常に破滅的な過ちを犯した」と述べた。 英国が国民投票でEU離脱を選択したのには移民問題が関係しているとトランプ氏は述べ、「もし彼ら(欧州各国)があれだけの難民を、あんなに大勢受け入れさせられ、それに伴う(中略)あれだけの問題を引き受けることがなければ、ブレグジットは起きなかったと思う。これは本当だと思う」と語った。 「(離脱は)避けられたかもしれなかったけれど、あれは最後の一撃になった。我慢の限度を超えてしまったんだ」 トランプ氏は、就任当初は「ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とメルケル氏の両方をまずは信用する」とした上で、「それがどのくらい続くか分からない」と話した。 国際的な安全保障についてトランプ氏は、「北大西洋条約機構(NATO)にはかなり前から問題があった」とし、「まず、何年も前に設計された制度なので時代遅れだし、それに、各国が応分の負担をしていなかった」と語った。 トランプ氏は、NATO予算への拠出額が適切なのはわずか5カ国しかないと指摘。「5か国だ。あまり多くない。(中略)そうはいっても、私はNATOをとても重要だと考えている」と述べた。 就任後もツイッターでコメントし続けるのか問われたトランプ氏は、「うまくいっている。ツイートは減らそうかと思ったが、私に対する報道があまりにも嘘が多すぎる。あまりにも嘘が多い」と語った。 「ポン、ポン、ポンとツイートを出せば(中略)すぐに、(マスコミは)報道する。けさも、フォックス(・ニュース)が『ドナルド・トランプに関する速報です』とね」 (英語記事 Donald Trump says Merkel made 'catastrophic mistake' on migrants)

  • Thumbnail

    記事

    パレスチナとイスラエルはなぜ話し合っていないのか

    2017年01月16日 9:00 公開 パリで15日、中東和平の交渉再開を実現するための閣僚級の国際会議が開かれた。約70の国や国際機関が参加したが、イスラエルとパレスチナの当事者同士は出席しなかった。双方の直接交渉は2014年以来中断している。なぜイスラエルとパレスチナは話し合っていないのか。

  • Thumbnail

    記事

    ハード、ソフト、クリーン、灰色、赤白青……ブレグジット多種多彩

    た分だけ払う)ブレグジット」という表現も登場した。よく分からない色々な「ブレグジット」用語について、BBCの政治番組「デイリー・ポリティクス」のアダム・フレミング記者が解説する。

  • Thumbnail

    記事

    移民を蹴り転ばせた女性カメラマンに有罪判決 ハンガリー

    ばせたりする様子の映像がソーシャルメディアで広く拡散された後、被告を解雇した。 <用語について> BBCは、亡命申請の法的手続きを終えていない、移住中の人すべてを「移民」(migrants)と呼んでいる。この中には、戦争で引き裂かれているシリアのような国を逃れて移動し、難民認定される可能性の高い人たちも含まれる。また、各国政府に「経済移民」と分類される可能性の高い、より良い職業や生活を求めて移動している人たちも、「移民」に含まれる。 (英語記事 Hungarian camerawoman who kicked migrants sentenced)

  • Thumbnail

    記事

    ロシアのトランプ氏情報入手の元MI6職員、自宅出て潜伏

    させられるような経済関係と私生活の情報をつかんでいるという報告を作成した人物と広く指摘されている。 BBCニュースのポール・ウッド記者によると、スティール氏は名前が公表される前の10日か11日に自宅を出て、今は潜伏しているとみられる。子供が4人いるスティール氏は、3匹の猫の面倒を隣人に頼んだという。 ウッド記者は昨年10月に問題の文書を入手。その際に、トランプ氏の選挙活動にロシアが関与した可能性を指摘したスティール氏が、「命が危ないと恐れている」と知らされたという。 複数の情報機関関係者はウッド記者に対して、スティール氏は「非常に高く評価され」、「有能」とみなされていると話した。 トランプ氏とロシア政府との関係について、BBCはスティール氏にコメントを求めているが、返事を得られていない。 複数の米メディアが文書の存在について報道し、オンラインメディア「バズフィード」が10日、文書の全容をオンラインに掲載した。 報道によると、スティール氏が作成したとされる文書には、ロシア情報当局がトランプ氏に対する恐喝材料となるような事業関係の情報と、モスクワのホテルで複数の売春婦といる様子の映像を所有していると書かれていた。 <関連記事> ・ロシアがトランプ氏の問題情報を握っている? 今の事態にどう至ったのか ・【米政権交代】トランプ氏記者会見、ロシア関連機密報道を「偽ニュース」と ・ロシアがトランプ氏の「問題情報握る」と報道 トランプ氏「魔女狩りだ」 問題の文書と、その存在と内容を伝えた報道について、トランプ氏はツイッターや11日の会見などで「偽ニュースだ」などと繰り返し否定。文書が作成されたことや、米情報機関が「漏洩を許した」ことを「みっともない」と非難した。 これに対してジェイムズ・クラッパー国家情報長官は、情報機関としては文書内容の真偽について「判断を留保している」とトランプ氏には伝えてあると明らかにした。また、情報をマスコミにリークしたのは情報機関関係者ではないと考えていると、これもトランプ氏に伝えたという。 元MI6 米メディアなどが最初に名指ししたスティール氏はMI6の元職員で、長年にわたり外交官の肩書でロシアやフランスをはじめ、ロンドンの外務省などでMI6のために働いていたとされる。 現在は企業情報コンサルタントを自認する「オービス・ビジネス・インテリジェンス」の代表。 国際サッカー連盟(FIFA)内部の腐敗疑惑について、米連邦捜査局(FBI)に情報を提供したのも、スティール氏だと言われている。 複数の英情報機関出身者が2009年に設立した同社は、公式サイトによると、ロンドン中心部のグローブナー・ガーデンズを本拠に、専門家と「ビジネス界の著名人」の「世界的ネットワーク」を通じて、「戦略的助言」を提供するほか、「情報収集活動」を実施したり、国境を越えた調査の請負が業務という。 スティール氏と共にオービスの共同代表としてサイトに名前のあるクリストファー・バロウズ氏は、同社がトランプ氏に関する報告を作成したかどうか、確認も否定もすることを避けた。 BBCのフランク・ガードナー安全保障担当論説委員によると、スティール氏はかつてMI6のエージェントではなく情報担当官で、現場で活動するエージェントのチームを指揮して情報収集に当たっていたはずだという。 しかし、スティール氏が今ではMI6を離れて民間にいる以上、報告書作成の依頼には「おそらくかなりの金額が関係しているだろう」とガードナー記者は話す。 報告文書の内容については、裏付ける証拠がなく、「色々な人が」トランプ氏について「証拠がないまま言った」内容をもとにしている可能性も残っていると、記者は指摘した。 テリーザ・メイ英首相の報道官は、トランプ氏に関する疑惑についてはコメントしないと回答。ただし、問題の文書を作成したと言われている人物たちは、かつて政府に「雇用されていた」と認めた。 現役の英情報職員が文書作成に関わっていたかどうかについて、英首相報道官は、そのようなことを示唆する内容はいずれの報告書でも見ていないと答えた。 労働党のメアリー・クレイ下院議員は、ボリス・ジョンソン外相に、文書について英政府が把握している内容を議会に報告するよう求めた。 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に批判的で、2006年にロンドンで殺害された元ロシア連邦保安庁(FSB)中佐のアレクサンドル・リトビネンコ氏の妻マリナさんは、スティールさんは危険にさらされていると話す。 マリナさんはBBCに対して、「とても危険だと思う。特に私の夫が死んだ後となっては。きわめて限定的な情報、特にとても権力のある人たちにとても近いこの情報に接近すると、狙われやすく、簡単に殺されてしまいかねない」と話した。 オバマ氏にも提示 トランプ氏に関する35ページにおよぶ文書は、そもそもはトランプ氏に敵対する共和党関係者が発注したものと言われ、ワシントンではかなり前から出回っていた。 内容の信ぴょう性について確信のもてなかった報道機関は当初、公表を控えた。しかし今では、報告書がすべてオンラインに掲載され、筆者はスティール氏だと名指しされた。 米国の情報機関は内容について、1月初めにオバマ大統領とトランプ次期大統領に報告するだけの価値があると判断した。 しかし内容について客観的な裏付けはとれていない。また文中に登場する中には、細かい事実関係が不正確だと指摘する人もいる。 トランプ氏も、文書の内容について情報機関幹部から説明を受けているが、10日の報道以降は、偽ニュースだと反論し、情報機関が内容をリークしたと非難している。 (英語記事 Ex-MI6 officer Christopher Steele in hiding after Trump dossier)

  • Thumbnail

    記事

    92歳女性が豚小屋で生活 中国南部で

    2017年01月13日 15:31 公開 ケリー・アレン記者(BBCモニタリング) 中国南部の広西チワン族自治区で、92歳の女性が息子と息子の妻によって「何年にもわたり」豚小屋で生活させられていたと地元各紙が報じ、衰弱した様子の女性の写真がソーシャルメディアのユーザーの間で強い反応を呼び起こしている。 地元紙の南国早報によると、ヤンという苗字の女性は南京錠がかかった10平方メートルの部屋で寝起きしている。木製ベンチがベッド代わりだという。 女性は自分の意思で小屋で生活していると、一部で指摘が出ていることを受けて、女性が置かれた状況について誰かの責任を問うべきなのかについても議論が沸き起こった。 中国のインターネット・ユーザーの間では最近数カ月、高齢者の親の世話を子どもたちが放棄している事例を激しく批判する動きが強まっている。 「なんてことを」 今回の騒動は、「プリティー・ナン・グアラン」のハンドルネームを使う地元女性が、中国の動画撮影・共有アプリ「秒拍」に、格子戸の脇に座るナンさんの姿を投稿したことがきっかけになった。 女性は動画の中で、「こんな場所で生活させるなんて、なんてことをしているの? ご飯もあげずに?」とヤンさんの家族に問いただしている。 動画は今月6日に投稿されて以来180万回以上再生され、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」には多くの怒りの声が寄せられた。 ハッシュタグ「#92YearOldKeptInPigsty(豚小屋に閉じ込められた92歳)」を使った数万の投稿は、ヤンさんの息子と妻を「けだもの」や「くず」などと罵倒。「報復」を求めるコメントもあった。 「大きな負担」 今月10日には南国早報が、栄養失調状態に見えるナンさんが健康診断を受ける姿を撮影した写真を掲載。さらに怒りの声が高まった。 南国早報によると、ヤンさんは現在病院で治療を受けており、近隣住民が布団や衣服を提供しているという。 周囲の人たちがヤンさんを助けている様子に、多くの人が胸をなでおろした。2014年には中国中部の河南省で、同じような扱いを受けていた90歳の女性が死亡している。 しかし南国早報は、小屋に住むのは母親が自ら申し出たことだと息子のウーさんが説明した、と伝えている。母親は、自分の失禁が家族にとって「大きな負担になる上、家を臭くしてしまうのが心配」だと、ウーさんに語ったという。 警察は、ウーさんと妻には虐待の疑いがあるが、もしヤンさんが自ら移り住んだのなら、容疑は掛けられないと述べた。 「異常な社会」 高齢な親に対する不当な扱いをめぐってソーシャルメディアに怒りが渦巻いたのは、ヤンさんの例が初めてではない。 昨年11月には、ごみをあさり、飲食店の残飯を食べる河南省の62歳の男性を撮影した動画に、多くのネットユーザーが反応した。男性は、中年の娘の負担にならないために、自らの意思でごみをあさる生活をしているという。 同じ月には、気温が零度を下回る街中で一晩中野菜を売る、中国北部の済南市の70歳女性について、ソーシャルメディアで議論になった。家を買おうと貯金する息子を助けるためだと女性は語ったという。 「キートップ」というハンドルネームのユーザーは、「なんて異常な社会になってしまったんだ」とコメントした。 (英語記事 Online fury over Chinese woman, 92, 'kept' in pigsty)

  • Thumbnail

    記事

    オバマ氏、驚き涙するバイデン氏に「大統領自由勲章」

    2017年01月13日 12:13 公開 バラク・オバマ米大統領は12日、ジョー・バイデン副大統領に文民に与えられる米国で最高の栄誉、「大統領自由勲章」を授けた。まったく知らされていなかったというバイデン氏は、驚き、涙を流しながら勲章を受けた。オバマ氏は「同胞のアメリカ人を信じ、国を愛し、生涯をかけて国に尽くしてきた」バイデン氏を称えた。 感極まった様子のバイデン氏をオバマ氏は「きょうだい」と呼び、バイデン氏を副大統領に選んだことは「自分にとってだけでなく、アメリカの人たちにとって最善の最善の選択だった」と称賛した。 オバマ氏は、バイデン氏に授けるのは「優等の」自由勲章だと説明。これは元ローマ法王ヨハネ・パウロ2世などごくわずかの人にしか与えられていないものだと話した。 バイデン副大統領は自分について、「素晴らしいことをする素晴らしい人の旅路の一部だった」と述べた。 「まったく気づいていなかった。今日ここに呼ばれたのは、ミシェルとジル(バイデン夫人)とバラクと幹部職員の何人かで、お互いに乾杯して、素晴らしい旅路だったと言うためだと思っていた」 「ミスター・プレジデント、僕がジルに頼っているとおっしゃったのはその通りですが、同じようにあなたと、この部屋にいる大勢に僕は頼ってきました」 「ミスター・プレジデント、本当にいろいろなことがあなたのおかげです。あなたの友情に感謝しています。あなたの家族に感謝しています」 「ミスター・プレジデント、心から出たものは心に入るというユダヤ教の言葉があります。あなたは私たちの心に忍び込んだ。家族全員が。そして私たちの心の中に住み続ける。まさかこんなことが起きるなんて」 「ミスター・プレジデント、僕は息する限り、あなたを支えます。うちの家族全員がそうです。そして分かってます。それはお互い様なんですよね」 正副大統領コンビとして過去にあまり例を見ないほどの親しい関係が、インターネットなどで「ブロマンス」(男性同士のロマンスにも似た熱い友情)と呼ばれていることを念頭に、オバマ氏はこれでインターネットは今一度、自分たちの「ブロマンス」をからかうことができると笑った。 確かにツイッターでは大勢がこの授賞式の様子を「ブロマンス」と呼んだが、同時に、自分たちもバイデン氏と同じように泣いているという投稿も多く見られた。 オバマ氏はさらに、バイデン氏のキャリアは国内外を問わず「終わりとは程遠い」と、今後もアメリカのために働き続けると強調した。 バイデン氏は退任後について、デラウェア大学とペンシルベニア大学で政策問題に関わり続ける方針を明らかにしている。また、2015年に長男ボーさんの命を奪ったがんとの闘いも続けていくと表明している。 副大統領は12日、1時間にわたり記者団のインタビューを受け、米情報機関を攻撃するドナルド・トランプ次期大統領を強く批判した。 「この国の国防における貴重な財産のひとつを、大統領が中傷するというのは、世界におけるこの国の地位を本当に非常に傷つけるものだと思う」とバイデン氏は記者団に述べた。 「特に現時点では、アメリカは何をやってるか分かっていないんだというロシアの主張の思うつぼだ」 その一方でバイデン氏は、自分の後任となるマイク・ペンス次期副大統領については大いに称賛し、どういう状況にはどう対応するのがいいか助言するメモを送ったと話した。 (英語記事 Tearful Joe Biden awarded freedom medal by Obama)

  • Thumbnail

    記事

    オバマ氏がバイデン氏にサプライズ 涙の表彰

    2017年01月13日 9:00 公開 バラク・オバマ米大統領は12日、ジョー・バイデン副大統領に文民に与えられる米国で最高の栄誉、「大統領自由勲章」を授けた。まったく知らされていなかったというバイデン氏は、驚き、涙を流しながら勲章を受けた。「優等」つきの自由勲章の表彰は珍しく、過去に元ローマ法王ヨハネ・パウロ2世など4人にしか与えられていない。

  • Thumbnail

    記事

    ロシアをどう思う? トランプ次期米政権の閣僚候補たち

    2017年01月13日 9:00 公開 ドナルド・トランプ次期米大統領が指名した閣僚候補たちの上院公聴会が連日行われている。大統領選に介入しようとしたという情報機関報告を受けて俄然と注目が高まるロシアについて、トランプ次期大統領と、国防長官、国務長官、中央情報局(CIA)長官、国家安全保障長官のそれぞれの候補の発言を比較した。

  • Thumbnail

    記事

    ロシアがトランプ氏の問題情報を握っている? 今の事態にどう至ったのか

    2017年01月12日 18:36 公開 ポール・ウッド、BBCニュース(ワシントン) ドナルド・トランプ次期米大統領は、自分の選挙対策チームがロシア当局と連携していたという一部報道の内容を「偽ニュース」と一蹴した。自分の私生活についてロシア当局が問題情報をつかんでいるという一部報道についても同様だ。選挙前に両方の情報を目にしていたBBCのポール・ウッド記者が、いずれも明るみに出た今の状況について報告する。 報道内容が本当なら、次期米国大統領はロシア政府の恐喝対象になり得る。今回取り沙汰されているのは、それくらい重大な内容だ。 クレムリンが次の米最高司令官についてそうした「コンプロマート」(失墜させられる情報)を持っている可能性はあり得ると、米中央情報局(CIA)は考えているようだ。 これに加えてCIAと米連邦捜査局(FBI)を含む共同タスクフォースは、ロシアがトランプ氏の会社や選挙チームに資金を送った疑いについて捜査している。 ロシアが恐喝材料にできる録音や録画の存在は、英情報機関の元職員が書いた複数の報告書のひとつに含まれていた。 MI6職員としてモスクワの英国大使館に派遣されたこの人物は現在、ロシアとの取引について助言するコンサルタント会社を開いている。ソ連国家保安委員会(KGB)の後継組織、ロシア連邦保安庁(FSB)に複数いる旧知の情報源と話をして情報を得た。一部には報酬も払った。 FSB関係者たちは元MI6職員に対して、トランプ氏はモスクワにあるリッツカールトン・ホテルの大統領スイートで複数の売春婦と一緒にいるところを撮影されたと伝えた。私がこれを知っているのは、トランプ氏攻撃の材料を調べるよう元MI6職員に依頼した、ワシントンの政治調査企業から報告書を見せられたからだ。大統領選の最終週に。 BBCは当時、内容を伝えないことにした。当然だ。ビデオを見ないことには(本当に存在するとして)、内容が本当かどうか知りようがないからだ。指摘内容は確かに、どぎついものだった。報告書は今ではすべて、バズフィードがオンラインに掲載した。 トランプ氏の支持者たちは、これは政治的な動機による攻撃だと言う。 次期大統領本人も「ここはナチス・ドイツか?」と激怒してツイートしたほか、待望の記者会見でもとことん反撃した。 「決して書かれるべきではなかったし、紛れもなく決して公表されるべきではなかった」とトランプ氏は述べ、「あのでたらめ」は「病んでる連中」がまとめたものだと強調した。 報告書を委託した反トランプ勢力の調査会社は、当初は共和党予備選の最中に、反トランプ政治資金管理団体(スーパーPAC)の依頼で動いていた。本選が始まると、匿名の民主党支持者がこの調査会社に資金を出した。しかしこの調査会社は本来、政治活動を目的としていない。国情分析や商業リスクの分析が通常業務で、元MI6職員のコンサルタント会社の業務内容とも似ている。調査会社の助言を押し切って、この資金提供者が文書をFBIに渡したらしい。 ロシアが次期大統領について「コンプロマート」を握っているという情報源は、元MI6だけではない。私は昨年8月に元スパイから、問題情報の存在を「東欧情報機関のトップ」から聞いたと教えられた。 私は後に、この事案を扱う現役のCIA係官に、仲介者を通じていくつか質問した。直接は取材を受けてくれないので。返ってきた答えは、次の内容だった。 「1カ所以上の場所で」(モスクワのリッツカールトンと、サンクトぺテルブルクで)、「録音と録画」が、「複数の日にち」にわたり存在し、「性的な内容」だという。 「くれぐれも気を付けるように」 CIA担当者は、トランプ氏に関するロシアの「コンプロマート」の内容は「あり得る」ものだと判断した。だからこそ、米紙ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストによると、報告の内容は先週、オバマ大統領のもとにまで届けられたのだ。事情説明のブリーフィング書類は連邦議会幹部やトランプ氏自身にも渡された。 情報の中心となるテープは、2013年11月に撮影されたものと言われ、確かにこの時期にトランプ氏はモスクワを訪れている。現地で開かれた「ミス・ユニバース」大会に出席したテレビ映像が存在する。モスクワの主要ホテルに泊まる人は、部屋にはミニバーだけでなく、隠しカメラやマイクも備えられているはずだと考えた方がいい。 11日の記者会見でトランプ氏は、海外移動中には気を付けるようスタッフには常々注意しているのだと強調した。 「くれぐれも気を付けるように。ホテルの部屋には、どこへ行っても、おそらくカメラがあるはずだから」とトランプはスタッフに言い含めてきたのだそうだ。 だとするならば、ロシア保安当局は「コンプロマート」入手の技を芸術の域にまで高めたに違いない。 とあるロシア専門家によると、ウラジーミル・プーチン大統領でさえ自分についての「コンプロマート」が存在すると時々言うらしい。おそらく冗談だろうが。FSB係官たちは著名人の録画・録音を持っていると自慢しがちなので、主張を真に受ける際には慎重にと、この専門家は私に注意した。 元CIA係官は私に、FSB係官と問題のテープについて電話でやりとりをした結果、「とんでもなく嘘くさい」と結論したと話した。 裏付けのとれていない疑惑だと、トランプ氏や支援者たちが言うのは正しい。 しかし、問題はセックスだけではない。金もからんでいる。元MI6職員の報告書には、クレムリンがトランプ氏にロシア国内の「うまい話」を提供して忠誠を買い取ろうとしたと、詳しく書かれている。 トランプ氏はそうした申し出を断ったし、確かにロシアではほとんど実質的な事業を行っていない。しかし、複数の情報機関と捜査機関が参加する米政府の合同タスクフォースは、クレムリンがトランプ氏の関係者を通じて選挙戦に資金提供したという疑惑を調べている。 法的対応 外国諜報活動偵察法(FISA)に基づく米政府の秘密裁判所は10月15日、2つのロシア銀行について捜査令状を出した。私はこれを複数の情報源から知らされ、米情報諸機関の幹部としか書けない人物から確認を得た。この人物は決して向こうから情報提供はしない。機密情報の提供は違法だ。しかし私が他の情報源から聞いた内容を、確認もしくは否定してくれる。 「これこれこういう記事を書くつもりだ」と私が言うと、内容が正しければこの人物は「僕はそれで構わないよ」と答える。そして彼は、以下の内容について、確かにその通りだと確認してくれた。 昨年4月、CIA長官は気になる機密情報を手にした。クレムリンから米大統領選に資金が流れているという内容の録音だった。 バルト諸国の情報機関から米国に渡されたものだった。CIAは米国内の米市民に対して捜査権限がないため、合同情報捜査タスクフォースが作られた。 タスクフォースには政府の6機関・省庁が含まれる。米国内を担当するのは、FBIと財務省と司法省。外国と機密関係を担当するのは、CIAと国家情報長官事務所と、電子諜報を担当する国家安全保障局(NSA)だ。 司法省の国家安全保障部門の弁護士たちが、FISA裁判所への令状申請を書き上げた。ロシアの2つの銀行の電子記録を傍受する権限が欲しかったのだ。 昨年6月の最初の申請は、ただちに却下された。次に要請内容を限定して7月に再請求したが、またしても却下された。裁判官の交代を経て、ついに令状が認められたのは10月15日。大統領選の3週間前のことだった。 トランプ氏もその関係者も、FISAの令状には名前が記載されていない。FISA令状は外国人や外国の機関・法人などしか対象にしないためだ。この場合は、ロシアの銀行が捜査対象だった。しかし究極的に、この捜査はロシアから米国への送金を調べているだけに、立証されれば重罪だ。 司法省関係者ではないがこの件に詳しい弁護士は私に、トランプ氏の関係者3人が捜査線上にあると話した。 「ただしもちろん、これはトランプに関することだ」 この情報源が特定した関係者3人全員に、私は話を聞いた。3人とも強硬に、何の不正もしていないと主張した。 「くだらない」と1人は言い、「ばかげてる」ともう1人は言った。ロシアの銀行2行のうち1行は、不正行為などないと否定し、もう1行はコメントを求めても返答しなかった。 この捜査は大統領選の本選に向けても続いた。選挙直前にヒラリー・クリントン氏の私用メールサーバー問題で捜査を再開するとFBI長官が10月末に発表した際、民主党のハリー・リード上院院内総務は、トランプ氏とロシアの関係について「衝撃的な情報」を公表していないとコーミーFBI長官を書簡で批判した。 リード院内総務は、他の連邦議会幹部と共に情報機関のブリーフィング(情勢説明)を受けた後、この書簡を送った。このブリーフィングに出席したのはわずか8人。時に「8人組」とも呼ばれる、上下両院の情報委員会の委員長と野党筆頭委員、上下両院の両党院内総務だ。通常は、「8人組」の機密情報ブリーフィングには上級スタッフも同席するものだが、この時は除外された。議会幹部たちはメモをとることさえ許されなかった。 「操り人形」 コーミー長官への書簡でリード院内総務は、「あなたをはじめ国家安全保障担当の諸機関の幹部と会話を重ねたことで、ドナルド・トランプと上級顧問たちとロシア政府の間の密接な関係について、衝撃的な情報をあなたたちが入手していることが明らかになった。ロシアは米国にあからさまに敵対的な外国だが、トランプ氏はこのロシアをあらゆる機会に称賛している」と書いた。 「この情報について国民は知る権利がある。私は何カ月も前に、この情報を世間に公表するようあなたに手紙で呼びかけた。公表しても米国利益に危険はない。それにもかかわらず、この重大な情報を国民に知らせるよう求めても、あなたは抵抗し続けている」 FISA令状について知った時点で私がコメントを求めても、CIAとFBI、司法省と財務省はいずれも回答しなかった。 複数省庁タスクフォースがトランプ大統領の下でどうなるのかは、不明だ。タスクフォースが今でも機能しているのかどうかも、分からない。 ロシアは次期大統領を動かそうとしたことなどないと否定し続けている。金でも。恐喝テープでも。 もしテープが存在するなら、ロシアが手放すはずがない。ただし、大金を稼ぎたい不忠のFSB係官を説得できればと期待する者もいるが。選挙前には、ポルノ雑誌「ハスラー」の発行者ラリー・フリント氏が、トランプ氏の犯罪証拠となるテープの提供者には100万ドル払うと呼びかけた。ペントハウス誌はこのほど、リッツカールトンのテープに100万ドル払うと呼びかけている(もし存在するなら)。 異様な状況だ。トランプ氏が宣誓就任する10日前にして。しかし選挙戦の最中から予兆はあったのだ。 最後の大統領候補討論会で、ヒラリー・クリントン氏はトランプ氏を、プーチン大統領の「操り人形」と呼んだ。トランプ氏はクリントン氏を遮り、「操り人形じゃない。操り人形じゃない」と繰り返し、「あんたこそ操り人形だ」と畳み掛けた。 CIAのマイケル・モレル前長官は昨年8月にニューヨーク・タイムズへの寄稿で、「プーチン氏はトランプ氏を、本人が気づかないうちにロシア連邦のエージェントとして採用したのだと、われわれ情報関係者なら言うだろう」と書いた。 エージェント。操り人形。いずれも、モスクワから何らかの影響を受けているか、支配されていることを示唆する。 CIAとNSAの両方のトップだったマイケル・ヘイデン氏はあっさり、トランプ氏を「ポレズニ・ドゥラク」と呼んだ。ソ連時代からの用語で、「便利な馬鹿者」のことだ。 各氏の一連の発言の背景には、米政府の情報諸機関が当時、公表せずに抑えていた情報があったのだ。 それを今や、アメリカ人全員が耳にした。就任まで1週間余りの時点で。次期大統領が本当に、ロシア政府に恐喝されていたのか、国民は判断しなくてはならない。 (英語記事 Trump 'compromising' claims: How and why did we get here?)

  • Thumbnail

    記事

    キプロス再統合目指す和平会議、英外相ら参加へ

    2017年01月12日 18:07 公開 1974年以来分断が続く地中海の島国、キプロスの再統合に向けた和平交渉をめぐり、仲介役を務める国連は11日、英国など関係国の外相らが会議に加わると明らかにした。 ジュネーブで開かれる予定の和平会議には、ボリス・ジョンソン英外相のほか、ギリシャとトルコからも外相が出席し、安全保障問題を話し合う。和平会議は、2国家の連邦制を目指している。 11日には、ギリシャ系のキプロス共和国のニコス・アナスタシアディス大統領と、トルコのみが国家承認する「北キプロス・トルコ共和国」のムスタファ・アクンジュ大統領が会談し、それぞれが求める領土の分離線が記された地図を交換した。 国連は、このような形で意見交換が行われるのは初めてだと指摘し、和平に向けた重要な一歩だと歓迎した。 今月就任したばかりのアントニオ・グテレス事務総長もジュネーブでの会議に出席する。同氏にとっては初めての海外での活動になる。 1974年には、ギリシャ政府が支援するギリシャ系住民が起こしたクーデターをきっかけに、トルコ軍が侵攻。キプロス島の北部には、依然としてトルコ軍兵士3万人が駐留している。 英国とトルコ、ギリシャの3カ国は、キプロス独立の擁護者とされており、憲法上の危機が起きた際には、介入することができる。 キプロス問題に関する国連事務総長特別顧問のエスペン・バート・アイデ氏は、合意は可能だと述べた上で、「最も複雑で感情が絡む問題」が未解決だと指摘した。 同氏は記者団に対し、今回の会議で、「包括的な和解」がまとまる可能性は低いとしつつも、外交官らは「近く合意ができるという感触」を得て帰路に就くだろうと述べた。 現在の和平交渉は2015年に始まった。今回合意ができれば、それぞれの国民投票にかけられる。 英国のジョンソン外相は全ての関係者が柔軟に対応できるのであれば、解決は可能だと述べた。会議には、ギリシャのニコス・コジアス外相とトルコのメブリュト・チャブシオール外相も出席する。 協議が難航する論点 資産: 9日の協議で最も優先的に話し合われたのは、1974年のトルコ侵攻時にギリシャ系住民が放棄せざるを得なかった資産をどうするかだ。かつて住んでいた住居を返還するのか、補償するのか。補償金であれば、どれくらいの額になるのか。 安全保障: ギリシャ系住民が占領軍と考えるトルコ軍3万人の扱い。撤退するとしたら、トルコ系住民の安全をどのように保証するのか。トルコは介入する権利を保持しつづけるのか。 合意の履行を誰が保証するのか。キプロス共和国がすでに加入している欧州連合(EU)か、キプロス島の2カ所に軍隊の基地を持つ英国か。 連邦のトップとEUとの関係: ギリシャ系とトルコ系の大統領の交代制にする案が出ているが、うまく機能するのか。トルコ系の大統領がEU首脳会議でキプロスを代表するのは現実的か。 領土: ギリシャ系住民が多数を占める島の人口に比例する形で、ギリシャ系国家の領土はどの程度拡大されるべきなのか。国連の平和維持活動(PKO)部隊は、対立の結果、ギリシャ系住民16万5000人が北部から逃れたか、追放された一方で、トルコ系住民4万5000人が南部から移ることを余儀なくされた、とみている。双方が実際の数はさらに多いと主張している。 (英語記事 Cyprus talks to take international turn amid hope for deal)

  • Thumbnail

    記事

    【米政権交代】トランプ氏の経営権移譲では不十分=米理倫理局トップ

    した場合、OGEとして支援する用意があると表明した。 <解説> 非難の大旋風――ジョン・マービン、BBCニュース(ニューヨーク) 指摘されてきた倫理上の、そして憲法上の問題点がこの権限移譲計画で解消されると、もしトランプ氏と顧問弁護士たちが思っていたなら、考え直す必要がある。 ハーバード大学のローレンス・トライブ教授は、米国有数の憲法学者だ。そのトライブ教授は「聞きながら、開いた口がふさがらなかった。トランプが示した対策は、まったくの詐欺的な言い逃れだ」とツイートした。 「トランプが発表した仕組みは、目くらましでだますように巧みに設計されているが、深刻な倫理と法律上の問題を何ひとつ解決していない。そこそこまともなロースクールなら、トランプの弁護士は憲法学落第だ。あの弁護士が、ただ冗談を言ってただけなら別だが」とトライブ教授は批判した。 最大の問題は、合衆国憲法の第1章第9条第8項のいわゆる「報酬条項」からくる。これは、「合衆国から報酬または信任を受けて官職にある者」は、「連邦議会の同意なしに」、外国からいかなる「贈与、支払い、利益」も得てはならないと定めている。 一方でトランプ氏が自分の会社を所有し続けるなら、たとえ経営はしていないとしても、トランプ・オーガナイゼーションの海外事業から利益を得ることがあるというのが、問題視されている。 ジョージ・W・ブッシュ前大統領の主任倫理顧問弁護士だったミネソタ大学のリチャード・ペインター教授は、単刀直入に「今日説明された計画は、法律に従っていない」と指摘した。 オバマ政権の元主任倫理顧問弁護士で前駐チェコ大使のノーマン・アイゼン氏(ブルッキングス研究所客員研究員)も、同様の意見で、トランプ氏について暗い予言をした。 「ドナルド・J・トランプが今日やったことは、アメリカ合衆国の最も根本的な法律に抵触する。報酬条項は、憲法の中でも決して些細な規定ではない(中略)つまり、この利益相反は革新的な抵触事項だ。政府の三権はいずれも、このようなことは容認しないはずだ」 (英語記事 Trump Organization handover plan slammed by ethics chief)