ゼッタイに反省しないのが「朝日人」
3477

テーマ

ゼッタイに反省しないのが「朝日人」

朝日新聞の報道を検証した第三者委員会は、誤報を放置した原因として、木村伊量前社長ら経営陣の判断に誤りがあったと指摘した。「長年放置したことをお詫びする」。26日に会見した渡辺雅隆社長は謝罪したが、第三者委の報告書からは読者よりも社のメンツを優先する「朝日人」の気質も透けてみえる。

朝日新聞の報道を検証した第三者委員会は、誤報を放置した原因として、木村伊量前社長ら経営陣の判断に誤りがあったと指摘した。「長年放置したことをお詫びする」。26日に会見した渡辺雅隆社長は謝罪したが、第三者委の報告書からは読者よりも社のメンツを優先する「朝日人」の気質も透けてみえる。


経営陣は編集に介入せず 対応策公表

 従軍慰安婦報道の検証記事をめぐり、朝日新聞社の渡辺雅隆社長が26日記者会見し、今後は経営陣が編集の独立を尊重し、原則として記事や論説の内容に介入しないことなどを柱とする対応策を公表した。

 関連記事を取り消した検証紙面で謝罪しなかったことや、ジャーナリスト池上彰さんのコラムを一時掲載拒否したことなどの経緯を調べた同社の第三者委員会が22日、「編集に経営側が過剰に介入したことが主な原因」とする報告書をまとめたことを受けた措置。

 渡辺社長は「私自身、経営と編集の分離原則を最大限尊重する。社外の声に耳を傾け続ける仕組みをつくる」と述べた。


南京大虐殺の仕掛け人

「一流紙」って何ですか

識者はこう見た

中西輝政(京都大名誉教授)

問題放置の動機に触れず

「報告書の分量は膨大だが、既に指摘されている内容が多く、踏み込み不足といえる。読者の関心があるのは、吉田証言が怪しいと分かりながら訂正に至らなかった裏にあるもので、そこには朝日新聞社の体質や国家観の問題があると誰しも思うが、それを認めたくないがゆえに問題を放置してきたのではないか。その動機解明に触れていないのは残念だ。最大の問題は、朝日新聞の記事の国際的な影響についての解明があまりに足りない点だ。国連人権委員会のクマラスワミ報告もさかのぼれば吉田証言に行き着くが、吉田証言が広く知られ信憑(しんぴょう)性を持つに至ったのには朝日新聞の知名度が大きく寄与したことは間違いない。朝日新聞は国際社会に対して訂正を周知させようとしているようには見えないが、今後、その努力が求められている」

秦郁彦(現代史家)

提言部分に具体性乏しい

「全体として朝日に厳しい態度が見て取れたが、提言部分には具体性が乏しく、慰安婦問題の本質についての統一見解が出てこなかった点に失望した。会見では、委員個人は真摯に対応していると感じたが、委員長が記者の質問を遮ったりして印象を悪くした。社長が26日に会見するというのも、第三者委会見への反応を見て、会社としての対応を検討しようという意図が見える。また、吉田証言が虚偽であったことはすでに明らかで、そこを今さら検証してもあまり意味はない。(韓国人元慰安婦の証言を初めて取り上げたとする平成3年8月11日付の報道について)植村隆元記者が本来無関係な慰安婦と女子挺身(ていしん)隊を混同して執筆したり、慰安所へ連行したのがキーセンハウスの抱え主だったことを伏せて『地区の仕事をしている人』と報じたりした経緯などが明らかになっておらず、調査不足だ」

「事実だけでは報道にならぬ」

石井英夫の目

 漱石の『坊っちゃん』のなかに、新聞への悪態(あくたい)がある。
 物語の終わり近く、日露戦争の祝勝会の休みに起きた中学校と師範学校の生徒の乱闘事件に、「おれ」と山嵐は巻き込まれる。仲裁に入ろうとして騒動のまきぞえを食ったのだが、これも赤シャツが仕組んだ策謀だった。ところが翌日の四国新聞にでかでかと書き立てられる。
 「中学教師堀田某と、近頃東京から赴任した生意気な某とが、順良なる生徒を使嗾(しそう)してこの騒動を喚起せるのみならず、両人は現場(げんじょう)にあって生徒を指揮したる上、漫りに師範生に向って暴行を擅(ほしいまま)にしたり…」
 あくる朝、「おれ」は婆さんから見せられた新聞を丸めて庭へ投げ捨て、それでも飽きたらず、わざわざ後架(こうか=便所)へ持っていって捨てた。そしてこう述懐する。
 「新聞なんてみな嘘(うそ)を吐(つ)くもんだ。世の中に何が一番法螺(ほら)を吐くといって、新聞ほどの法螺吹きはあるまい。…近頃東京から赴任した生意気な某とは何だ。天下に某という名前の人があるか」
 漱石は明治39(1906)年の『坊っちゃん』で新聞をくそみそにけなしたくせに、その翌年、朝日新聞の主筆池辺三山に乞われて朝日に入社する。入社したのは朝日が大学教授なみの収入を保証したからだという。そして『虞美人草』以後、その作品のすべては朝日新聞を舞台に発表したのだから、何をかいわんや。
 それから百余年、いま漱石がこの世で、朝日新聞の一連のていたらくの現状を見れば、どんな悪態を吐くのか、聞いてみたい。
 それにしても、である。つくづくと思わないわけにはいかない。朝日という新聞は、なぜ性懲りもなく日本と日本人を貶める記事ばかり書くのか。最近の産経によると、今夏、朝日は沖縄戦について「日本軍は住民を守らなかったと語り継がれている」などとする中学・高校生向けの教材を作成した。それを九州各県に配布していたという。
 『正論』10月号にも書いたのだが、朝日人といわれる記者たちは日本が嫌で嫌でたまらぬ人種であるらしい。日本を悪しざまにののしり、祖国をひどく貶めることが国際的な教養で、良心的な行為だと錯覚している。それが知識人的なことだと思い上がっているのである。
 一体、この病理現象はどこからきているのか。西尾幹二氏にいわせると「自国や自民族の文化を蔑み、少しでもネガティブに表現することが道徳で、自らの美意識に適い、文化的な行為であるという錯覚、それに快感が伴うという病的な心理」(『WiLL』12月号)であるそうだ。
 また徳岡孝夫氏はこういっている。
「私が思うに、慰安婦問題の根源は、朝日記者が自らは日本人というより朝日人だと自覚していることにある」


「独立検証委員会」の見解は

朝日新聞の外部の立場から独自にこの問題を再検証する「『慰安婦報道』に対する独立検証委員会」を京都大の中西輝政名誉教授らが12月に設立した。検証委は中西氏が委員長を務め、副委員長に就任した東京基督教大学の西岡力教授ら計5人で構成。歴史分野の専門家にも意見を求めるほか、同紙関係者にも聞き取り調査の可否を打診する予定で、慰安婦報道が国際社会や教育界に与えた影響について来年1月末をめどに報告書をまとめる。
ゼッタイに反省しないのが「朝日人」

みんなの投票

朝日新聞は反省していると思いますか?

  • 反省していると思う

    62

  • 反省していないと思う

    3374

  • どっちでもない

    41