今こそ日本人の誇りを取り戻せ

今こそ日本人の誇りを取り戻せ

あの敗戦から70年。GHQによる占領統治、高度経済成長、バブル経済の崩壊、そして東日本大震災…。幾度となくわが国を襲った苦難にも、日本人はそれを乗り越え、ただ前を見つめて歩んできた。戦後を彩った数々の出来事を振り返り、今こそあの輝きと誇りを取り戻そう。

戦後70年に考える

 終戦直後、焼け野原と化したわが国は、激動の戦後混乱期を乗り越えて奇跡の復興を果たし、世界を驚かせた。あのころ、日本人は何を思い、どう生きてきたのか。輝かしい復興の歩みと歴史に隠れた光と影を知ることで、次代のニッポンが進むべきヒントがきっと見つかる。(iRONNA編集部)

 「なせば成る」。

 上杉鷹山のこの言葉を、東洋の魔女と呼ばれた日本女子バレーボールチームを、東京オリンピックで金メダルへと導いた、大松監督は、好んで使い、著書のタイトルとしました。半世紀前、大変なベストセラーとなった本です。

 戦後の焼け野原の中から、日本人は、敢然と立ちあがりました。東京オリンピックを成功させ、日本は世界の中心で活躍できると、自信を取り戻しつつあった時代。大松監督の気迫に満ちた言葉は、当時の日本人たちの心を大いに奮い立たせたに違いありません。

 そして、先人たちは、高度経済成長を成し遂げ、日本は世界に冠たる国となりました。当時の日本人に出来て、今の日本人に出来ない訳はありません。

 国民の皆様とともに、日本を、再び、世界の中心で輝く国としていく。その決意を、新年にあたって、新たにしております。


  • 戦争犯罪と歴史認識

    戦争犯罪と歴史認識

    東京での軍事裁判は日本側の戦争犯罪だけを取り上げ、連合国側の犯した戦争犯罪はすべて無視された。この不条理を哲学者、北原惇がさまざまな観点から再考する。

「敗戦」を「戦後」に変えた吉田茂

日本は戦後、6年8カ月にわたり占領時代をくぐり抜けてきた。昭和26年、サンフランシスコ講和会議を結んで独立し、同時に安全保障条約で日米同盟の構築に踏み出した。この結果、経済優先、安全保障の他国依存という戦後日本のレールが敷かれたが、そこへ行き着くまでには、吉田茂という極めて個性的な宰相を中心とするさまざまなドラマがあった。
サンフランシスコ講和条約に調印する吉田茂首席全権。後方左から徳川宗敬、星島二郎、苫米地義三、池田勇人=1951年9月8日
天皇、皇后両陛下をお迎えして行われた新憲法公布記念祝賀会=昭和21年11月3日、皇居前広場
三党首演説会で演説する社会党の浅沼稲次郎委員長。この後、演壇で刺される=1960年10月12日

経済成長60年の教訓

  • なぜ「高度成長」の考察が重要なのか

    なぜ「高度成長」の考察が重要なのか

    日本の現代史を特徴づけた「高度経済成長」。田中秀臣氏は戦後70年を振り返ったときに、この時代を再考することが重要だと説く。なぜ重要なのか、2つの理由を挙げる。

テレビの時代

昭和34年4月10日、日本中が普及し始めたばかりのテレビにくぎづけになった。皇太子殿下と美智子妃殿下(現天皇、皇后両陛下)のご結婚。ようやく高度成長時代に入ろうかというときに、国民の気持ちを明るくした一大セレモニーでもあった。
映画「逃亡列車」に出演中の石原裕次郎は、「嵐を呼ぶ男」の再映画化で主演している渡哲也(左)を撮影の合間に激励に訪れ、ドラムのスティックさばきの極意を伝授=1966年11月10日、東京・調布の日活撮影所
NHK紅白歌合戦の司会者発表で、紅組司会の美空ひばりと白組司会の宮田輝アナウンサー(左)=1970年10月27日、東京・浜町の明治座

戦後ニッポンの分岐点

  • 東京五輪にはまだまだ隠されたドラマがある

    東京五輪にはまだまだ隠されたドラマがある

    「日本中の青空を集めたような」というNHKアナウンサーの名文句で東京オリンピックが開幕した。あれからもう50年。日本人が自信を取り戻し、経済大国ニッポンへの分岐点になったといわれる東京五輪の陰に隠されたさまざまなドラマを紹介する。

消えた3億円

白バイ警官を装った男が走行中の現金輸送車から3億円を奪い、忽然(こつぜん)と消えた。昭和43年12月のことだった。当時とすれば破格の被害額もさ ることながら、計算しつくされた手口はさまざまな推理を呼び、国民を「一億総探偵」とした。だが、11万人余りが容疑者リストに上ったという捜査にもかかわらず、戦後最大の迷宮事件になった。
三億円事件、東京府中市の刑務所の塀の前に乗り捨てられてた犯人が使用したオートバイ=昭和43年12月10日
国会前に集結する全学連、労働組合員のデモ隊= 1960年6月14日
連合赤軍、あさま山荘事件。破砕用の鉄玉と高圧放水車で攻撃する機動隊員=1972年2月28日

田中角栄という生き方

  • 戦後最大の疑獄事件「ロッキード事件」の真相に迫る

    戦後最大の疑獄事件「ロッキード事件」の真相に迫る

    総理大臣経験者の逮捕にまで発展した昭和51年のロッキード事件は、まぎれもなく戦後最大の疑獄事件であった。その衝撃は深刻な政治不信を生み、現在の政界再編にまでつながっているが、今、振り返ってみると、事件には依然として“なぞ”のまま残っている部分も多い。

今こそ日本人の誇りを取り戻せ

戦後70年を迎えた2015年はどんな年になると思いますか?

  • 42

    日本人が輝く一年になると思う

  • 116

    日本人が誇りを持てる一年になると思う

  • 418

    日本人が自信を取り戻す一年になると思う

返信を入力