大坂城炎上! 真田幸村最期の戦い
3407

テーマ

大坂城炎上! 真田幸村最期の戦い

紀伊・九度山で蟄居していた真田信繁は、なぜ豊臣方の誘いに応じ、大坂城へ入ったのか。ただ朽ちるだけの無為の日々を脱し、「真田の誇り」という武名を残すことに賭けたのである。戦国の世の終わりを告げる戦いに散った信繁。「大坂の陣」400年目の真実を総力特集する。

紀伊・九度山で蟄居していた真田信繁は、なぜ豊臣方の誘いに応じ、大坂城へ入ったのか。ただ朽ちるだけの無為の日々を脱し、「真田の誇り」という武名を残すことに賭けたのである。戦国の世の終わりを告げる戦いに散った信繁。「大坂の陣」400年目の真実を総力特集する。

寡兵をもって大軍を制す

大坂冬の陣で真田幸村
が使用したと伝わる甲
冑「南蛮胴総革威」
(真田徹氏所蔵)
 真田幸村―。江戸時代、庶民に広く親しまれた軍記物や講談などで創作された名前にもかかわらず、今もその通名で語られることが多い戦国武将、真田信繁。大坂の陣の劣勢下でも孤軍奮闘し、天下にその武名を知らしめたことは、あまりに有名である。
 「真田日本一の兵(つわもの)」。大坂の陣に参戦した薩摩大名、島津家久の書状が記す通り、信繁は寡兵でもって大軍を擁する徳川家康の本陣に迫り、何度も窮地に立たせたとされ、最期まで果敢に戦った勇士は今も多くの歴史ファンを虜にする。
 大坂の陣から400年目を迎えた今年、信繁ゆかりの地ではさまざまなイベントが催され、信繁の人生を描いたNHK大河ドラマ「真田丸」の放映も2016年に決まった。いま再び注目を集める真田幸村。その壮絶な最期に焦点を当て、大坂の陣勃発の真相にも迫ります。(iRONNA編集部)

「冬の陣」勃発の真相

戦鬼の遺伝子

徳川方に仕掛けた最大の罠

関ケ原の戦いに向かう徳
川軍を翻弄したが、敗軍
側についたため浪人とな
り、九度山で閑居。大坂
の陣でも家康を苦しめ、
敵から「日本一の兵」と
称えられる
関ケ原の戦いに勝利し幕
藩体制を固めていったが
「天下人」となるには豊
臣家をつぶす必要があっ
た。老将は諸大名に号令
をかけ、20万の兵で大
坂城を包囲する

〝鉄壁〟真田丸 一兵の侵入も許さず

 豊臣方の知将、真田幸村が大坂城の南側に築いた出城・真田丸で最大の激闘が展開された。徳川方が失った兵数は数千とも1万以上ともいわれ、冬の陣全体の大半を占めた。大坂城は三方を川や湿地帯で囲まれ、南側だけが台地続きで唯一の弱点とされていた。そこを防衛する役割を担ったのが真田丸だ。櫓や堀、三重の柵を備えた堅固な要塞で、城郭に詳しい滋賀県立大の中井均教授は、数で不利な状況でも攻守に効力を発揮する合理的な構造だったと説明する。当時の兵にとって合戦は「活躍次第で家禄がはね上がり、戦死しても戦功が認められれば子孫の代まで家の繁栄が約束される。目の前にある一攫千金のチャンス」(中井教授)だ。


真田丸の戦い 大坂冬の陣最大の激闘「真田丸攻防戦」は、過去に2度の直接対決をした真田家と徳川家の因縁の対決でもあった。12月4日、幸村が築いた真田丸に徳川方諸大名の大軍が一斉に攻撃。真田隊は城内に一兵の侵入も許さずに完勝する。〝難攻不落〟の大坂城と知将幸村の名声は満天下に響きわたった。
 幸村軍はこうした兵の心理を利用し、野次を飛ばして挑発。吸い込まれるように堀になだれ込む徳川方の兵に銃弾と矢、落石を浴びせた。堀底は倒れた兵で埋まったという。真田丸に敵兵を誘い込むことが幸村の仕掛けた最大の〝わな〟だったのかもしれない。奈良大の千田嘉博学長(城郭考古学)によると、真田丸は大坂城から完全に孤立した要塞だったことが判明したのだ。
幸村の「真田丸」に新見解(日経新聞 2014/10/5)


幸村 決死の奇襲作戦(天王寺口の戦い)

 慶長20年4月末から前哨戦が始まった大坂夏の陣。大坂城は防御機能を失い、前年の冬の陣の籠城戦から一転、野戦が繰り広げられた。その最終決戦となった天王寺口の戦いは、大坂城を目指して北上する徳川軍の先鋒が現在のあべのハルカス(大阪市天王寺区)付近まで押し寄せ、四天王寺(同)付近を最終防衛ラインとして布陣する真田幸村らの豊臣軍と対峙した。徳川軍15万5千に対し、歴戦で多数の兵を失っていた豊臣軍は5万5千。まずは土佐を抜け出して豊臣方に参戦した毛利勝永の活躍。徳川軍は先鋒の本多忠朝、後方の小笠原秀政が毛利隊に次々と討ち取られ、陣形を崩す。間隙を突いた幸村隊によって福井藩主の松平忠直の大軍も突破される。まさに鬼神のごとく家康の本陣に切り込んだ幸村。護衛の兵が散って孤立状態になったともいわれる家康。戦国時代を生き抜いた百戦錬磨の老武士が絶望のあまり、自害を覚悟したと伝えられる。一方、家康の首を取れなかった幸村。疲弊して近くの畦で休んでいるところを松平隊の越前兵に討たれ、49年の生涯を閉じた。

幸村 夢のあと

大坂城炎上! 真田幸村最期の戦い

みんなの投票

徳川家康は豊臣家滅亡を望んでいたと思いますか?

  • 望んでいたと思う

    2646

  • 望んでいなかったと思う

    521

  • どっちでもない

    240