あのニッポンの輝きは失せたのか

あのニッポンの輝きは失せたのか

巨人の背番号「3」が打席に入れば、いつも心が躍った―。巨人V9時代の中心選手だった長嶋茂雄が、プロ野球界でひと際輝きを放っていたころ、日本も同じように輝いていた。あれから40年。ニッポンの輝きはもう失せてしまったのか。

わが恩師、長嶋茂雄さんへ

  • 松井秀喜の「真実」 長嶋茂雄との師弟関係

    松井秀喜の「真実」 長嶋茂雄との師弟関係

    日本のプロ野球界に燦然と輝くカリスマ、“ミスター”こと長嶋茂雄(現巨人軍終身名誉監督)。濃密な師弟関係でつくりあげた「現代で最高のホームランバッター」松井秀喜氏が恩師との思い出を語る。

ニッポンが元気だったあのころ

東京オリンピックと並ぶ戦後最大のイベントは昭和45年の日本万国博覧会(大阪万博)だった。総入場者は6400万人。日本人の二人に一人以上が大阪・千里の会場に足を運んだ計算だ。カジュアルウエア、ファストフードなど、万博が残した文化も多い。
大勢の入場者で賑わう万博会場。奥は太陽の塔=1970年03月15日、大阪府吹田市
マクドナルド1号店の銀座三越店=1973年9月4日
日中友好の証しとして中国から贈られた2頭のパンダが上野動物園に到着。カンカン(左)とランラン=1972年10年28日

お笑いが日本を変えた

  • ドリフが「ひょうきん族」に負けた日

    ドリフが「ひょうきん族」に負けた日

    漫才ブームの渦中だった昭和56年、テレビのお笑いを根本から変えたと言われるフジテレビ系の大ヒット番組「オレたちひょうきん族」がスタートした。番組のコンセプトは、アドリブを重視した即興的な笑い。それは当時、いかりや長介率いるザ・ドリフターズへのあからさまな「挑戦」だった。

劇場型犯罪の幕開け

昭和59年3月18日夜、銃を持った3人組が江崎勝久・江崎グリコ社長を自宅から誘拐、身代金10億円などを要求した。その後も「かい人21面相」を名乗る犯人グループはグリコのほか、森永製菓など食品メーカー計5社を脅迫。挑戦状を送り付ける一方、スーパーなどに青酸入り菓子をばらまいた。元祖「劇場型犯罪」と言われる「グリコ・森永事件」は発生から30年が経過した。
店頭から一斉に消えたグリコ製品。次々と撤去された=1984年5月
日航ジャンボ機墜落事故、バラバラ状態から復元された後部圧力隔壁=1985年8月
東証の株価が3万円時代に=1988年12月7日、東京・山一証券

オウムと震災

  • 戦後50年を襲った恐怖 「阪神大震災」と「オウム事件」

    戦後50年を襲った恐怖 「阪神大震災」と「オウム事件」

    戦後50年の節目にあたる1995年は、阪神大震災とサリン事件という未曾有の出来事が相次いで起こった年でもある。日本に暗い影を落とした2つの出来事。この経験は本当に生かされているのか。ジャーナリストの山田厚俊が当時を振り返り、改めて警笛を鳴らす。

昭和から平成へ

1989年(昭和64年)1月7日午前6時33分、昭和天皇が崩御された。日本中が悲しみに包まれる中、ただちに皇太子殿下が第125代天皇として即位された。さらに午後2時36分、小渕恵三官房長官が翌8日から年号が「平成」となることを発表した。62年余りに及んだ「昭和」という激動の時代が終わりを告げた日だった。
新元号「平成」を発表する小渕恵三官房長官=1989(昭和64)年1月7日、首相官邸
新元号「平成」を伝える大阪マルビルの電光ニュース=昭和64年1月7日午後4時

あの痛ましい記憶も…

死者・行方不明者が1万8千人を超え、未曽有の災害となった東日本大震災。平成23年3月11日午後2時46分に発生。マグニチュード(M)9・0、最大震度7の巨大地震で、東日本の太平洋沿岸を大津波が襲い、最大約47万人が避難を強いられた。
東日本大震災の巨大津波で市街地にまで流された大型船=平成23年3月12日午前8時13分、宮城県気仙沼市(本社ヘリから、門井聡撮影)
東日本大震災で捜索活動をする自衛隊員ら。重機が入れないため手作業での捜索が続いた=3月16日午前、宮城県山元町(甘利慈撮影)
水素爆発から1日たった福島第1原発3号機原子炉建屋=2011年3月15日(東京電力提供)
あのニッポンの輝きは失せたのか

戦後70年が経った今でも、ニッポンは輝いていると思いますか?

  • 212

    ニッポンは今も輝いていると思う

  • 67

    ニッポンの輝きは失せたと思う

  • 31

    どちらでもない

返信を入力