民主党に未来を語る資格はあるか
7003

テーマ

民主党に未来を語る資格はあるか

民主党は新代表に岡田克也氏を選んだ。「自民は右」と指摘し、一度は封印した中道路線への回帰を明言した岡田氏。次期衆院選での政権交代を見据えた党運営も示唆したが、国民の期待を裏切り続けた政権担当能力にはやはり疑問符もつく。新しい民主党に日本の未来を語る資格はあるのか。

民主党は新代表に岡田克也氏を選んだ。「自民は右」と指摘し、一度は封印した中道路線への回帰を明言した岡田氏。次期衆院選での政権交代を見据えた党運営も示唆したが、国民の期待を裏切り続けた政権担当能力にはやはり疑問符もつく。新しい民主党に日本の未来を語る資格はあるのか。

最大にして最後の失敗

「原理主義者の論客」再登板

民主党の新代表に選出され、
記者会見で質問を聞く岡田
克也氏=1月18日午後
 政権交代可能な二大政党制の実現が持論だ。政権の座から転落した民主党が低迷する状況を「国民の信頼は民主党から離れている。このままでは死んでも死にきれない」と嘆き、復活へのかじ取り役を勝ち取った。
 立候補表明の直後に左目の網膜剥離で手術を受けながら「党再生のラストチャンス」として国会議員や党員・サポーターらに支持を呼び掛けた。
 自民党を離党して約20年が経過した。「原理主義者」と称されるほどの生真面目さがアピールポイントの一つ。論客として知られ、選挙制度や行政改革、核軍縮・不拡散問題に思い入れが深い。国会論戦には安定感があるとの定評があり「安倍晋三首相には負けない」と自負する。
 民主党政権では副総理、外相などを歴任。昨年の衆院選前には、外相時代の経験を生かした著書「外交をひらく」を出した。ただ、経歴のわりに発信力が乏しく政権を追い込む迫力に欠けるとの指摘もある。
 ジム通いで健康管理に努める。アイスクリームや和菓子を好む甘党。61歳。三重県出身。(産経新聞 2015.1.18)
岡田克也新代表の記者会見要旨(産経新聞 2015.1.18)

もうひとつの道へ

問うべきは民主の理念

右か左かで“左旋回”

民主党代表選の雌雄を決したのはリベラル系だった。岡田克也、細野豪志両氏の決選投票の国会議員票の差はわずか6票。1回目の投票で3位だった長妻昭元厚生労働相を支持する旧社会党の赤松広隆前衆院副議長グループの十数人が岡田氏に流れた。赤松氏らは集団的自衛権行使や原発再稼働に反対の姿勢で、岡田氏は“左旋回”せざるを得ない構図になった。保守系とのバラバラ感の払拭の道のりは前途多難だ。(産経新聞 2015.1.19
「右か、左か」で終わった民主党代表選(山本洋一のとことん正論 2015.1.19)

失望の声 どう解消

民主党に未来を語る資格はあるか

みんなの投票

岡田氏が新代表になった民主党で政権交代は可能だと思いますか?

  • 政権交代は可能だと思う

    181

  • 政権交代は無理だと思う

    6715

  • 分からない

    107