朝日の反転攻勢に反撃

朝日の反転攻勢に反撃

朝日新聞の一連の問題は第三者委員会の報告ですべて済んだわけではない。被害者面して、西岡力氏ら筆者、掲載誌を次々と訴えるという植村隆元記者。言論には言論で戦うのが筋だろう。

花田紀凱の「天下の暴論」

 朝日“従軍慰安婦”問題の元凶とも言うべき植村隆元記者が、いつの間にやら被害者面して、言論弾圧されたヒーローのようになっている。
文藝春秋と西岡力氏(東京基督教大学教授)を名誉を毀損されたと訴え、1650万円の賠償を請求。なんと170人もの弁護士がついているというから驚く。
 もっともついているのは宇都宮健児氏、海渡雄一氏(あの福島みずほサンの夫)、野田内閣で法務大臣をつとめた平岡秀夫氏らでこの件をきっかけとして、これまで植村元記者を批判したメディアを次々と訴えていくのだという。
 植村元記者、9日には外国人記者クラブで記者会見。冒頭で『シャルリー・エブド』のテロ事件や、小尻知博記者が殺された赤報隊による朝日新聞阪神支局銃撃事件などを引き合いに出して、「改めてそのことを思い出して、衝撃をもって受け止めています。同じジャーナリストとしてこうした暴力には絶対に屈してはいけないと思いました。私が非常勤講師として勤めております北星学園大学にも昨日、また脅迫状が送られてきました。こうした卑劣な行為は絶対に許すことができない――」。自分も『シャルリー・エブド』の被害者たちと同じだと言いたいらしい。
 冗談ではない。あちらは表現の自由対テロの問題、こちらは歪曲、大誤報問題、全く性質が違う。まず『文藝春秋』に手記を掲載(植村元記者の持ち込みだという)、その後、訴えるという手口も小ズルイ。だいたい言論の自由云々と言うなら、自ら言論で戦え。
 今回、訴えた『週刊文春』の記事作成の時、『週刊文春』は植村元記者を札幌でつかまえたが、脱兎のごとく逃げ去ったというではないか。
その後も日本のメディアが取材を申し込むと、「朝日新聞の広報を通してくれ」。だいたいその時点ではもう朝日の記者でもないのに、なぜ朝日の広報を通さねばならないのか。
 今回も『週刊新潮』が取材を申し込むと、「弁護士を通すことになっているので弁護団に言って下さい」。それでもジャーナリストかと言いたい。自分のケツくらい自分で拭け。自らの大誤報(これは第三者委員会も認めている)で、日本を「性奴隷国家」とまでおとしめる原因をつくりながら、手記でも会見でも、植村元記者、一度たりとも謝罪していない。
 とにかく、被害者面するのはやめてくれ。

朝日的体質の卑劣

  • 改めて呆れた本多勝一氏の卑劣な手口

    改めて呆れた本多勝一氏の卑劣な手口

    発端は『週刊文春』2014年9月4日号の特集「朝日新聞『売国のDNA』」のなかの、短いコメントだった。『週刊文春』と『週刊金曜日』両編集部がそれぞれの責任で記事にした藤岡信勝と本多勝一の誌上討論のことだ。

首をかしげる夕刊コラム

 夕刊コラムを担当していると、他紙が気になるので真っ先に読む。毎日新聞の「近事片々」、読売新聞の「よみうり寸評」、そして朝日新聞の「素粒子」。どんなテーマを選び、短い文章でどのように皮肉や風刺を利かせているのか。勉強になるが、最近の「素粒子」には首をかしげる。
 「少女に爆発物を巻き付けて自爆を強いる過激派の卑劣。70年前、特攻という人間爆弾に称賛を送った国があった」(1月13日)、「『I AM KENJI』は誰に向けられているか。中東の疑似国家へ。極東で『積極的平和主義』を売り出す国へ」(26日)。どうして卑劣なテロ集団と日本を同列に扱うのか。
 安倍政権に反対だとしても、そんなに日本は忌むべき国ですか。これも「角度」をつけているのですか。看板コラムらしいから社の姿勢と見る。日本を貶(おとし)め、世界に誤解を広めた慰安婦や吉田調書の報道を取り消し、謝罪したはずなのに、ペロッと舌を出している印象がする。(産経新聞『浪速風』、2015.01.27)

1人「1万円」集団提訴

 慰安婦をめぐる朝日新聞の報道により、誤った事実を国際社会に広め、日本国民の人格権や名誉を傷つけたとして、市民ら約8700人が1月26日、同社に1人当たり1万円の慰謝料と謝罪広告を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 原告側が問題としているのは「慰安婦を強制連行した」とする吉田清治氏の証言に基づいた記事など13本。朝日新聞は昨年8月に吉田氏の証言を虚偽と判断、記事を取り消した。
 原告にはジャーナリストや国会議員も含まれる。今後2次提訴も検討中で、最終的に原告数は1万2千~3千人になるという。

あの報告書は何だったのか

  • 「信頼される新聞」と朝日新聞の社説

    「信頼される新聞」と朝日新聞の社説

    朝日新聞の「誤報」問題で検証を終えたとする今でも「自分は日本を貶めるためにやっている」などと思っている朝日の記者も、ほとんどいないだろう。しかし逆に、だからこそ「罪が深い」と門田隆将は考える。

植村氏「記事は捏造ではない」

ユーザー投稿

  • 新聞マニアが分析 朝日新聞とは何か

    新聞マニアが分析 朝日新聞とは何か

    著者 田中一成(東京都) 朝日が長年にわたり主導してきた新聞のあり方について、いま改めて是非が問われている。新聞の報道は、客観性と中立性を具備するものと信じられてきた。しかし、実際の記事や論評はどうであったか。

朝日の反転攻勢に反撃

裁判を起こした植村隆氏の行動をどう思いますか?

  • 148

    植村氏の提訴を支持する

  • 4348

    植村氏の提訴を支持しない

  • 58

    どちらでもない

返信を入力