まだまだある朝日新聞が取り消すべき記事
8301

テーマ

まだまだある朝日新聞が取り消すべき記事

朝日新聞は、福島第1原発事故の「吉田調書」と、日本軍慰安婦をめぐる誤報を認め記事を取り消した。だが、日本を貶め、国民をミスリードし続けてきたこの新聞が取り消すべき記事は数え切れないほどある。

朝日新聞は、福島第1原発事故の「吉田調書」と、日本軍慰安婦をめぐる誤報を認め記事を取り消した。だが、日本を貶め、国民をミスリードし続けてきたこの新聞が取り消すべき記事は数え切れないほどある。

朝日報道に苦言を呈す

過去の朝日報道を振り返る

ここでは慰安婦問題を除く過去の朝日報道で疑義が寄せられた事例を表にまとめた。

戦後三大誤報の一つ「伊藤律架空会見」とは?


1950年9月27日朝日新聞は、同社神戸支局の記者が、当時レッドパージによって団体等規正令違反で逮捕状が出ていて地下に潜伏中だった日本共産党幹部の伊藤律と宝塚市の山林で数分間の会見に成功したと報道した。会見模様として伊藤の表情が書かれ、記者との一問一答まで紹介されていた。また会見の状況として、記者は目隠しされた上で潜伏先のアジトまで案内されたと説明された。この会見記事には、伊藤の行方を追っていた警察も重大な関心を寄せることとなった。しかし法務府特別審査局の聴取に対し、取材記者が伊藤律と会見していたとする時刻に旅館にいたことが発覚するなど供述に矛盾が出て、ついに会見記事が完全な虚偽であったことが記者の自白により判明。朝日新聞は3日後の9月30日に社告で謝罪した。


朝日批判を危惧する声も…


田原総一朗「朝日新聞批判記事にみるナショナリズムの影」


小島新一のズバリ正論!

  朝日新聞が8月5、6日に掲載した慰安婦報道の検証特集=写真=を、どうご覧になったでしょうか。「慰安婦強制連行」の唯一の根拠であった吉田清治証言のウソをようやく認めながら、それによって日本の名誉を大きく傷付けてきたことにはまったく頬被りし、「慰安婦問題の本質 直視を」となお読者に講釈を垂れる姿勢に呆れ、怒りを覚えた読者も多いでしょう。
 10月号でも大特集を組みましたが、どれだけページを割いてもまだ批判したりない、という思いの募る編集作業でした。そこで特集で掲載できなかった問題のうち一つを記しておきたいと思います。吉田証言に関連する記事は取り消しながら、朝鮮半島での強制連行について書いた記事を取り消していないことです。
 慰安婦問題での朝日新聞の誤報として最も批判されてきた植村隆元記者の《「女子挺身隊」の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた「朝鮮人従軍慰安婦」…》という記事(平成3年8月11日付)も、《主として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した。その人数は8万とも20万ともいわれる》とした翌4年1月11日付の「従軍慰安婦」の用語解説も、挺身隊と慰安婦の混同については明記されていますが、記事自体の取り消しはなされていません(記事データベース)。
 しかし、朝日自身、8月5日付の検証で「日本の植民地だった朝鮮や台湾では、軍の意向を受けた業者が『良い仕事がある』などとだまして多くの女性を集めることができ、軍などが組織的に人さらいのように連行した資料はみつかっていません」と書いています。少なくとも半島での強制連行について触れた記事は取り消すべきでしょう。現在もなお「問題の全体像が分からない段階」なのだから、誤りも許されはずだと居直っているのでしょうか。

「朝日誤報で日本のイメージは大きく傷ついた」と安倍首相



まだまだある朝日新聞が取り消すべき記事

みんなの投票

誤報を取り消し、謝罪した朝日新聞の対応をどう思いますか?

  • 朝日の対応は納得できる

    3697

  • 朝日の対応は納得できない

    3628

  • 朝日の対応に興味はない

    976