なぜ大阪にはご当地ラーメンがないのか
130

テーマ

なぜ大阪にはご当地ラーメンがないのか

「食いだおれ」の街とも言われる大阪にはなぜご当地ラーメンがないのか。新聞記者が大真面目に取り組むご当地ラーメン企画があるのをご存じだろうか。大阪の食文化にこだわり、食材も味もとことん追求した大阪生まれのご当地カップ麺が2月16日、全国一斉発売されました。

「食いだおれ」の街とも言われる大阪にはなぜご当地ラーメンがないのか。新聞記者が大真面目に取り組むご当地ラーメン企画があるのをご存じだろうか。大阪の食文化にこだわり、食材も味もとことん追求した大阪生まれのご当地カップ麺が2月16日、全国一斉発売されました。

はじまりは産経新聞連載企画

こだわったのは「甘辛」味と「始末」の心

具の中には味のポイントとなるとろろ昆布も入っている
 大阪のご当地ラーメン作りを目指し、大阪社会部記者が即席麺大手、エースコックと共同開発した大阪ラーメン。コンセプトは、大阪人がこよなく愛する「甘辛」味と、食材を無駄なく使い切り最高の味を引き出す「始末」の心。平成23年12月に発売した第1弾は、3週間余りで100万食を販売する記録的ヒットとなった。
 第2弾からは、より大阪らしさにこだわり、大阪府南部で栽培が盛んな「泉州たまねぎ」をスープに使用。他の産地にはない独特の甘みとみずみずしさが風味を一層引き立たせ、まろやかな味に仕上がった。また、形状も一回り小さくして、より食べやすいサイズに変更。2013年11月には大阪府内で生産される農林水産物や加工食品を府が認定するブランド「大阪産(おおさかもん)」の普及啓発に貢献したとして府の「大阪産五つの星大賞」に輝いた。大阪特産の泉州タマネギを原材料に使用し遊休農地の解消に取り組んだことなどが評価されたもので、パッケージには「大阪産」のロゴが加わり“ご当地”らしさもアップした。
大阪で好まれている
“とろろ昆布”の旨
みを組み合わせた濃
いと感じる一歩手前
の絶妙な「甘辛」味
食材を無駄にせず、
フレーバー(風味)
を抽出する際に生
まれた「チャーシ
ューだれ」

 第4弾では大阪出身の漫画家「ゆでたまご」が描いたキャラクター「キン肉マン」と大阪の名所、通天閣をパッケージにあしらった。
■「それゆけ!大阪ラーメン」プロジェクト(エースコック株式会社)

キン肉マンとコラボ、その理由とは

浜村淳さん、三浦雄一郎さんも太鼓判

試作品の大阪ラーメンを食べて
笑顔をみせる浜村淳さん

「初めて食べる味。この味はなかなか出せないですよ」

 2011年の年の瀬、大阪ラーメンの試作品が完成し、ラーメン部が試食会に招いたのはタレントの浜村淳さん。大阪人代表として意見を聞かせてもらうのが目的だった。北海道産の最高級真昆布と泉州産シタビラメ、鶏のプリマスロックでだしをとったスープに、北海道産小麦で作った細麺。そこに「幻の豚」ともいわれる金華豚の特製チャーシューと「西野農園」で当日採れた菊菜をトッピング。浜村さんは舌の上で転がすようにスープの味を確かめ、動きを止めた。浜村さんを取り囲む部員たちは第一声を待った。
 「これは初めて食べる味ですね~。この味はなかなか出せないですよ」。浜村さんは麺をすすり、チャーシュー、菊菜を味見した後、おなじみの名調子で続けた。「昆布とシタビラメのだしがよく効いている。菊菜も苦みがなく、本当においしい。大阪らしさが存分に出ていますね。魚の生臭さが少し気になりますが、なかなか完成度は高いですよ」サービス精神旺盛な浜村さんだけにリップサービスはあるかもしれないが、緊張が一気にとけた。部員たちも「想像以上のできやな」と上機嫌だ。
 翌朝、浜村さんはラジオ番組の中で、「食材や完成度からすれば、千円払ってもいいようなラーメンになるかもしれませんよ」と語ってくれた。

80歳エベレスト登頂・三浦雄一郎さん「スープを飲んで生き返った!」

 2013年5月、史上最高齢となる80歳で世界最高峰エベレスト(8848㍍)の登頂に成功したプロスキーヤー、三浦雄一郎さんが、記録達成後の最初の食事で口にしたのは大阪ラーメンだった。疲労がピークに達した極限状態の中ですすった一杯。「温かいスープが体全体に染み渡り、生き返った」。偉業の裏には、大阪ラーメンの存在もあった。
80歳でのエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さん。
登頂達成後の最初の食事で口にしたのは大阪ラーメンだった
80歳でのエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さん。
登頂達成後の最初の食事で口にしたのは大阪ラーメンだった
 デスゾーン。生命を感じさせるものは何もなく、荒涼とした風景が広がる標高8500㍍。名だたる登山家を最も苦しめた過酷な場所として知られ、誰もが一度は「死」を意識することから、そう呼ばれる。
 パーティーは、この地点に最終キャンプを張り、登頂に成功。だが、「これ以上ないくらい疲れた」(三浦さん)という頂上からの下山では一時脱水症状にも見舞われ、最終キャンプでの休憩を余儀なくされた。
 テントの中ですぐに湯を沸かしたが、気圧の関係で沸点は度前後までしか上がらない。それでも地上よりぬるめの湯を持参した大阪ラーメンに注いで、保存がきくパウンドケーキや赤飯と一緒に食べたという。
 「僕はだしにはうるさくてね。でも、大阪ラーメンのスープは本当においしかった。フラフラの幽霊みたいな状態だったから、固形物はあまりのどを通らず、スープを飲んで生き返ったような気分でした」
 赤黒く雪焼けした顔を終始ほころばせながら、3度目のエベレスト登頂を振り返った三浦さん。標高世界第6位のチョー・オユー(8201㍍)山頂からのスキー滑降という次なる目標も見据え、偉業達成後も体力作りに余念がない。
 「85歳という節目の年に挑戦したい。そのときはぜひ、大阪ラーメンを持っていきたいですね」 

さらに進化 大阪ラーメン第5弾

ゆでたまご描きおろし「キン肉マン」と「ラーメンマン」2月16日発売

「それゆけ!大阪ラーメン」
新パッケージは「ゆでたまご」
さん描きおろしの「キン肉マン」
と「ラーメンマン」が登場した
 産経新聞大阪本社社会部記者が、即席麺大手のエースコック(大阪府吹田市)と共同開発したカップ麺「それゆけ!大阪ラーメン」のパッケージがリニューアルされ、2月16日に発売される。大阪出身の漫画家「ゆでたまご」が新たに描いたキャラクター「キン肉マン」と「ラーメンマン」が登場している。
 大阪・新世界の100周年を記念して地元の商店街や企業が取り組む「新世界キン肉マンプロジェクト」とのコラボレーション企画第2弾。味は、泉州タマネギを使用した甘辛味のスープが特徴。全国のコンビニ、スーパーなどで販売され、希望小売価格は税別180円。
■産経netShopでも大阪ラーメンをご購入いただけます。購入はこちら
なぜ大阪にはご当地ラーメンがないのか

みんなの投票

「大阪ラーメン」を食べたことありますか?

  • 食べたことがある

    46

  • 食べたことがない

    45

  • 食べてみたい

    39