「朝日新聞記者有志」への違和感
1599

テーマ

「朝日新聞記者有志」への違和感

文春新書から発売中の『朝日新聞-日本型組織の崩壊』を読みました。著者は「朝日新聞記者有志」。一部を除いて匿名の記者が何人かで執筆しており、彼らにしてみれば、会社の将来を憂いて、ある意味、覚悟を決めて書いているのでしょうが、読後の感想は「やっぱり朝日は嫌な感じ」なんです。

文春新書から発売中の『朝日新聞-日本型組織の崩壊』を読みました。著者は「朝日新聞記者有志」。一部を除いて匿名の記者が何人かで執筆しており、彼らにしてみれば、会社の将来を憂いて、ある意味、覚悟を決めて書いているのでしょうが、読後の感想は「やっぱり朝日は嫌な感じ」なんです。

「やっぱり朝日は嫌な感じ」

 文春新書から発売中の『朝日新聞-日本型組織の崩壊』を読ませていただきました。著者は「朝日新聞記者有志」。一部を除いて匿名の記者が何人かで執筆しており、彼らにしてみれば、会社の将来を憂いて、ある意味、覚悟を決めて書いているのでしょうが、読後の感想を一言でいえば、「やっぱり朝日は嫌な感じ」なんです。
 まず、彼らは冒頭で、<朝日新聞社を内部から観察していると、「反日」「左翼」といった右派陣営からの紋切り型の批判は、まったく的外れだと我々は感じている>と何の検証もなしに、断言してしまいます。
 これには、WiLLの花田紀凱編集長も、<この「有志」とやら、一度、集団的自衛権や憲法改正に関する朝日の記事を通して読んでみたらどうか>とまっとうな批判をしていますが、まるで彼らは「そんな枝葉の話はどうでもよい」と言わんばかりに、朝日問題の本質は「そのエリート意識と官僚体質にある」といった方向にストーリーを持っていこうとするのです。
 私は別に朝日が「反日」でも「左翼」でも、彼らが本当にそういう世の中を願って書いているのであれば、致し方ないと思っていました。むろん言論としての批判はするにしても、彼らにも言論の自由はあるからです。しかし、「有志」たちによれば、<化石のような左翼記者もごく少数、煙たがられながら在籍する><社全体として見れば、個々の記者レベルでは、改憲や増税の必要性を認める者のほうが、もはや多数派である>らしいのです。
 では、なぜあのような紙面になるのでしょうか。何より、そんな紙面を読まされる読者のことはどう考えているのでしょうか。読者ならまだ、「そういう朝日っぽい紙面が好き」という人もいるでしょうから商売として成り立つのかもしれませんが、そのような言論を世間にまき散らしてきた責任をどう考えているのでしょうか。
 「有志」たちには、その視点が決定的に欠けていると思います。あなた方の組織がどんな組織で、今後どうなろうと、多くの善男善女には関係ないのです。
 彼らは、自社の不祥事の原因を、エリート意識や官僚体質、事なかれ主義、上層部の無責任さなど内へ内へと組織の構造ばかりに求めます。そういう側面があるのはわかりますが、エリート意識の塊のような朝日新聞記者がいることなんて今更驚くような話ではありません。無責任で事なかれ主義の上司というのもどこの会社にもいるでしょう。「社内スキャンダルが、社内抗争の中で上層部から週刊文春などに漏れる」との指摘もありましたが、この「有志」たちも同じように社内情報を文春関連の本で漏らしているという認識はないのか、という突っ込みどころもあります。それは置いておくとしても、やはり後味の悪さがぬぐえないのです。
 例えば、東大生が「東大なんて偏差値が高いだけで馬鹿ばっかりなんですよ~」とはしゃいでみたり、高級官僚が「うちの役所はエリート過ぎて、民間のように元気がないんです」なんて上から目線で言ってみたりするのと似ているかもしれません。自らを精いっぱい自虐的にみせているつもりなのに、逆に嫌味になっていることに本人たちだけが気付いていない。そんな読後感なのです。(皆川豪志)

内情暴露本の域を出ない

「私は捏造記者ではない」

 朝日新聞記者時代に慰安婦報道にかかわった北星学園大(札幌市)の非常勤講師、植村隆氏(56)が2月8日、高知市で「『慰安婦報道』と言論の自由」をテーマに講演した。自分の記事が週刊誌などで「捏造(ねつぞう)」と報じられ、名誉を傷つけられたとして、出版社などに対し、損害賠償などを求める訴訟を起こしている植村氏。講演でバッシングされる理由について「私の実名の出た署名記事であり、その内容が、元慰安婦の証言を取り上げ、その後、証言が次々に出ることになって、国際問題化したことがあるだろう。そこに、朝日新聞の歴史認識などについて、良しとしない人々が、私をその代表選手としてバッシングしているのではないかと思う」と話した。

問題の根は「進歩的精神」

「吉田調書」報道に特別賞

 1月9日、新聞労連が発表した第19回「新聞労連ジャーナリズム大賞」の特別賞に、朝日新聞社の東京電力福島第1原発事故の「吉田調書」報道を選出した。
 新聞労連ジャーナリズム大賞は平和・民主主義の確立などに貢献した記事を表彰する賞で、大賞には琉球新報と沖縄タイムスの「基地移設問題と県知事選などをめぐる一連の報道」が選ばれた。
 「吉田調書」報道は朝日新聞社が記事を取り消したこともあり、作品としての応募はなかったが、ルポライターの鎌田慧氏ら選考委員は「非公開の調書を公に出すきっかけになった点で昨年一番のスクープと言っても過言ではない。虚報や捏造(ねつぞう)と同列に論じるのはおかしい」との見解を示した。

「百の説法屁一つ」か

「朝日新聞記者有志」への違和感

みんなの投票

朝日新聞の不祥事の原因はどこにあると思いますか?

  • 左翼体質

    1446

  • 官僚主義

    40

  • エリート意識

    113