韓国は日本が黙らせる!

韓国は日本が黙らせる!

なぜ韓国は事あるごとに日本にいちゃもんをつけてくるのか。就任3年目を迎えた韓国の朴槿恵大統領の反日姿勢に変化はみられず、日韓関係は冷え切った状態が続く。今年は日韓国交正常化50年の節目でもある。難癖ばかりの隣国とどう向き合うべきか。

驚天動地の韓国人

  • 豪州の慰安婦像はこうやって阻止した

    豪州の慰安婦像はこうやって阻止した

    2014年春、シドニー郊外のストラスフィールド市で持ち上がった慰安婦像設置計画。韓国系住民らによる反日キャンペーンに隠された真意とは。設置阻止を実現したシドニー在住の山岡鉄秀氏がその経緯を初めて明かす。

知らぬとは言わせない

  • 歴史認識で中韓に介入根拠を与えた朝日新聞

    歴史認識で中韓に介入根拠を与えた朝日新聞

    今日、歴史認識問題といわれる慰安婦、首相の靖国参拝、歴史教科書などはすべて1980年代に入ってから提起されたものだ。慰安婦問題を捏造し米紙に「歴史修正主義」日本のイメージを植えつけた報道の発信者が朝日新聞であったことは、もはや公然である。

慰安婦しかないのか

慰安婦“蒸し返し”、教科書も一方的主張 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、また反日演説を披露した。朝日新聞が「強制連行」の大誤報を認めたことで、核心が消滅した慰安婦問題について早期解決を求めるなど、一方的な主張を繰り返したのだ。識者も「愚かだ」とあきれる言動。これでは、国交正常化50周年など、とても祝う状況ではなさそうだ。
 うんざりする演説は1日、日本による朝鮮半島統治下の1919年に起きた「3・1独立運動」を記念するソウル市内での式典で語られた。朴氏は慰安婦問題を「必ず解決すべき歴史的課題」と主張。元慰安婦の女性らの平均年齢が90歳近くで、「(元慰安婦の)名誉回復の時間は残り少ない」と、問題の早期解決を訴えた。さらに、「日本政府による教科書歪曲の試みが続いていることも(日韓の)関係を傷つけている」と発言した。日本の教科書検定で、島根県・竹島の領有や、慰安婦に関する記述を見直す動きを牽制し、日本側に配慮を求めたとみられる。(夕刊フジ 2015.03.02

増長一途の隣国

  • 反日と嫌韓の応酬─日韓関係を「精神分析」

    反日と嫌韓の応酬─日韓関係を「精神分析」

    事大主義に歴史歪曲…悪意も露わに反日に走る隣国の増長をどうみるか。日本への憎しみの根源は? 彼らの劣等感を刺激するものとは? 岸田秀・和光大学名誉教授が読み解く。

「日本寄りだ」猛反発

韓国外務省で記者の質問に答える
シャーマン米国務次官=1月29日(共同)
 シャーマン米国務次官の2月27日の講演での発言が韓国で大きな波紋を呼んでいる。1月下旬に日中韓を歴訪したシャーマン氏は3カ国の外交努力について一定の評価をした上で、歴史問題などでの日中韓の対立に触れ、特定の国を名指しせずに「指導者が旧敵国を非難することで国民の歓心を買うのは簡単だが、そのような挑発は機能停止を招くだけだ」などと苦言を呈した。
 この発言について韓国では、慰安婦問題の解決などを日本に強く要求する朴槿恵(パク・クネ)大統領に対し、暗に自制を求めたものと受け止められ、「日本寄りの発言だ」などとメディアを中心に猛反発。「米国の同盟国の指導者に対する無礼であり、2大国としてのパートナー・中国に対する挑発だ」(朝鮮日報)「過去の問題は、加害者と被害者のいずれにも責任があるという両成敗で接近しては、日中韓の葛藤を解決できない」(東亜日報)と社説で批判した。

証拠より論

  • 日韓歴史問題  「ゴール」を動かす韓国

    日韓歴史問題 「ゴール」を動かす韓国

    日韓間の歴史問題は、韓国側がゴールポストを動かしているということは、金大中時代の共同声明起案の経緯を知る人すべてがそう認識しているでしょう。ナショナリストとされる安倍総理の取り組みも実際は平和的なものである。

  • しつこいキム・ヨナ採点遺恨「ソチは終わってない」

    しつこいキム・ヨナ採点遺恨「ソチは終わってない」

    今年2月のフィギュア「四大陸選手権大会」で、観客が「ソチは終わっていない」などと英語で書かれた横断幕を掲げた。提訴断念で幕引きしたはずの「キム・ヨナ採点」問題。韓国特有といわれる「恨文化」の一端が垣間見られた。

  • 李明博氏の回顧録 慰安婦問題で野田佳彦首相追及をアピール

    李明博氏の回顧録 慰安婦問題で野田佳彦首相追及をアピール

    2月に発売された韓国の李明博・前大統領の回顧録『大統領の時間』。李氏が2012年8月に「竹島上陸」したことを自画自賛するなど、今日の冷え切った日韓関係につながった自身の行為を“偉業”として紹介しているような記述がある。

北出席!? 問われる歴史認識

 ロシアから5月に予定されている「対独戦勝70周年記念式典」に出席を誘われている韓国が「行くべきか行かざるべきか」大いに悩んでいるようだ。韓国政府は「押し詰まってから判断する」(尹炳世(ユン・ビョンセ)外相)と態度を明らかにしていないが、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は行きそうだという観測があり、朴槿恵(パク・クネ)大統領が出かければ「モスクワで南北首脳会談か?」となるため行方が注目されている。
 ただマスコミなど世論は「対ナチス戦勝記念に韓国が加わる必要はない」「ロシアには南北分断の責任を追及すべきだ」「オバマ大統領も行かないのに…」などと出席に批判的だ。
 旧ソ連は1945年、日本との中立条約を無視して旧満州から朝鮮半島に侵攻。北朝鮮を占領した後、50年には中国とともに北朝鮮軍を支援し韓国を侵略させている。旧ソ連は韓国にとっては“戦犯国”のはずだから、この歴史認識抜きにのこのこ出かけるわけにはいかないだろう。
 しかも韓国はナチスドイツと戦った連合国の一員ではなかったし、逆に当時は連合国と戦い敗れた「軍国主義日本」の一員だったのだから。
 朴槿恵政権は外交的に中国への傾斜を見せたり、南北統一の夢を背景にユーラシア大陸に発展する「ユーラシア・イニシアチブ(主導権?)」構想を語るなど北方志向が強い。そこを見透かされロシアや中国からしきりに“歴史共闘”の誘いを受けている。
 中国は昨年7月、訪韓した習近平国家主席が「抗日戦勝70周年記念行事」の共同開催を提案している。この時、朴大統領は「韓国でも記念行事を準備しようとしている…」といい共同開催には言葉を濁したが、これも韓国にとっては悩ましい。
 国際的には中国の「抗日戦勝国」は毛沢東ら共産党ではなく蒋介石ら国民党だったし、中国共産党が支援したのは後の金日成(イルソン)ら北朝鮮の共産主義者だった。したがって中国のいう「抗日戦勝記念」に乗っかった場合、北朝鮮の国家的優位を認めたことになり、韓国としては恥をかかされかねないのだ。
 それに1945年以降の“解放後70年史”を振り返れば、韓国にとって共産主義・中国は北朝鮮と手を握った明らかに侵略国である。中国の介入・侵略による南北分断は、いまなお進行中の現実である。
 この現実を無視して中国の誘いに乗るのかどうか、保守政権として朴槿恵政権の歴史認識が厳しく問われるところだ。
 ところが一方で韓国政府は「光復70周年を北朝鮮と共同で記念したい」(統一省)と言い出している。現代史を「金(日成・正日(ジョンイル)・正恩)王朝史」として教えるなど、自由民主主義の韓国とは水と油の歴史認識で支配された北朝鮮と、いったいどんな共同記念行事をやろうというのだろうか、今から見モノである。
 70年前の日本敗戦後の1945年、南北は米ソにより分割支配され、48年になって米ソ支援の下、南には大韓民国、北には朝鮮民主主義人民共和国が別々に誕生している。そして2年後には両者で戦争までしている。「誰が戦争を始めたのか?」を含め、このあたりの歴史認識を南北でどう共有しようというのだろう。
 韓国では「歴史認識」というと日本を非難し日本に要求するものとだけ思われているようだが、人ごとではない。大いに悩んでもらおうではないか。 (黒田勝弘・産経新聞ソウル駐在客員論説委員 2015年2月21日、産経新聞朝刊掲載)
韓国は日本が黙らせる!

対日批判を続ける韓国に日本はどう対応すべきだと思いますか?

  • 447

    日本は譲歩すべき

  • 14623

    日本は反論すべき

  • 2658

    日本は無視すべき

返信を入力