マスゴミよりたちが悪い私刑化社会

マスゴミよりたちが悪い私刑化社会

「晒す」という言葉がネットで使われるようになって久しい。何か事件が起きれば、犯人捜しや個人情報を勝手に公開し、私的に制裁する「ネット私刑」も広く知られるようになった。川崎市の中1殺害事件でも、加害少年らの私刑が物議を醸したが、私刑化が進むネット社会に潜む落とし穴とは。

報道の自由は「僕」にもあるのか

 「報道の自由があるなら僕にもある」。川崎市の中1殺害事件で、一人の少年が加害少年(18)の自宅などを撮影した動画をネット上で晒し、物議を醸した。「ノエル」と名乗るこの少年は、加害少年宅の様子を生中継して配信していたところを警察官に注意され、冒頭の言葉を投げ掛けたという。
 とあるオンライン百科事典によると、ノエル少年は都内の私立中学を自主退学し、公立中に転入するも不登校となり、現在は実家で動画配信に明け暮れる日々なのだとか。将来の夢は「配信業で生計を立てること」とも記されている。
 彼が撮影した動画を確認すると、加害少年宅の表札やその家族と思われる人物が出入りする様子まで写っており、この行為は明らかに少年法61条の趣旨に反する「私刑」と言わざるを得ない。
インターネット上では事件発生直後から、「犯人」と名指しされた
人物の顔写真や氏名の記載が拡散した(一部画像処理しています)
 ノエル少年がなぜ私刑に走ったのか。その理由は定かではないが、恐らくは事件の加害少年を法や公権力に代わって制裁するという、いわゆる「義憤」にかられた行為なのだろう。だが、こうした行為が横行するネット社会は、はっきり言ってネットユーザーたちが「マスゴミ」と揶揄して嫌うマスメディアよりも、ずっとたちが悪い。
 「被害者の情報は晒すくせに、なぜ加害者の情報は隠すのか」「更生の機会なんてこいつらに必要なのか」…。川崎の事件でも、こんな意見がネット上にはあふれ返ったが、どれも過去の事件と同様、感情的な主張ばかりが目立つ。
 悲劇が何度繰り返されても、感情論が先立つ議論では何も前には進まない。少年法の趣旨が本当に気に入らないのであれば、どうすれば改定できるのか、冷静かつ真剣に議論するのが先決ではないのか。
 一部の人間によるゆがんだ正義感は、時として重大な罪を犯した加害者を誹謗中傷による名誉棄損の「被害者」に立場をかえさせることがある現実も直視すべきである。
 罪を犯した人間はいかなる理由であれ、その罪を一生かけて償わなければならない。それが法治国家の大前提でもある。一個人の感情が先走っても、それはただの自己満足に過ぎない。ましてや、見ず知らずの人による私刑を心の底から望む被害者遺族なんて本当にいるのだろうか。
 「犯人が許せない」「被害者のために」という自身の行為を正当化したところで、問題は何一つ解決していないことを各々が自覚する想像力こそが必要なのではないか。
 インターネットやSNSが普及し、誰もが気軽に情報発信できる時代になった今だからこそ、発信する情報の意味やその影響を立ち止まって考える理性をしっかり持ちたい。もちろん、これは自戒を込めての意味でもある。(iRONNA編集長 白岩賢太)
18歳少年宅に相次ぐ嫌がらせ… 「私刑」を絶対に許してはいけない(シェアしたくなる法律相談所2015.3.12)
中国農村で少年犯罪に“私刑”執行→その様子をネット上に画像投稿で議論紛糾! 村人擁護の声も(日刊サイゾー2015.3.11)

目に余る「晒し」

  • その「気軽な」書き込みが犯罪です

    その「気軽な」書き込みが犯罪です

    とある掲示板に書かれていた投稿を、他の掲示板にコピペ。誰もが「気軽に」行ってしまいがちな行動ですが、その行為が重大な結果を招くことがあります。

ネット私刑の代償

  • 容疑者を許すな!─広がる「私刑」の危うさ

    容疑者を許すな!─広がる「私刑」の危うさ

    川崎中1殺害事件の「犯人(と思われる人)の情報」として、特定の人物の画像や情報を投稿、拡散する人が後を絶たない。弁護士の清水陽平が安易な晒し行為に警鐘を鳴らす。

スマイリーキクチは何を思う

 先日、川崎市で13歳の少年の尊い命が奪われる、痛ましい事件が起こりました。
 その感情は一緒です。現在、ネット上には犯人を特定したと、顔写真や名前が書き込まれ、掲示板やTwitterなどで拡散しています。
 これは警察が名前を公表した訳でもなく、明確な証拠もない、情報提供者の素性さえもわからない、不確かな情報です。一部の人は正義感だと思っているようですが、言葉の集団リンチを繰り返す、私的制裁のように感じました。
 書き込みがデマであろうと、事実であろうと『拡散希望』に便乗して、リツイートをした時点で、犯罪行為になってしまいます。URLを貼り付けて投稿しても同罪です。そうなれば名誉毀損罪で、相手に訴えられる危険性があります。『みんながやってるから』『正義感でやった』が常套句のようですが、一切通用しないんです。
 ※名誉毀損罪の時効は3年。
 警察が犯人逮捕と発表した瞬間、加害者の年齢に関係なく、ネット上には氏名や住所、家族構成など様々な情報が流布すると思われます。真実の他に、憶測までも伝播され、瞬く間にデマが真実のように化けてしまう世の中。加害者が未成年者だとしたら、少年審判が開かれ、付添人が『インターネット上に名前や顔写真が拡散して、社会的な制裁は受けた』と意見を述べ、それが考慮されて、軽い処分が下されたら・・・
 ネットの掲示板に書き込んだ人達や、SNSで拡散させた人達は、どうようにして責任を取るのか。自分の行動を肯定する為に、命を奪われた少年や遺族の『敵討ち』と主張するかもしれません。しかし、遺族の方々は『代理制裁をして下さい』とは、今現在も一言も発していないんです。悪逆非道な行為をしたのに、未成年だからという理由だけで、軽い処分なんて許せない。
 少年法という司法の壁に挟まれ、被害者の人権や遺族の感情が蔑ろにされ、真実さえもうやむやにされるかもしれない。辛苦に耐え、無念さを痛感するのは誰か。自分の行動と言葉に「責任」を持ち、その場の感情に流されないように、冷静に考えるべきだと思いました。(スマイリーキクチ「言葉の責任」 オフィシャルブログ『どうもありがとう』より転載)

何を報じるべきか

  • 少年の凶悪犯罪に思考停止してしまった新聞報道

    少年の凶悪犯罪に思考停止してしまった新聞報道

    痛ましさという点で、日本犯罪史に残るものとなった川崎市の中1殺害事件。門田隆将は少年の凶悪犯罪に対しても実名報道を控えるようになった新聞の現状を、加害少年の利益を過剰に擁護していると指弾する。

  • 少年事件を前にして私たち大人は何をすべきか

    少年事件を前にして私たち大人は何をすべきか

    少年法がなぜ大人と違った手続を罪を犯した少年に用意しているかといえば、ひとえに少年の持つ「可塑性(かそせい)」にある。少年に適切な教育及び環境調整を行えば、やり直すことが出来るという理念に基づいているからだ。

「まずは被害者を守ってほしい」

 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志が3月15日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、川崎市の中学1年殺害事件に関連し、一部週刊誌が加害少年を実名報道したことに触れ、「まず被害者を守ってやってほしい」と語り、被害者のプライバシー保護を優先すべきだと訴えた。
 松本は週刊誌での実名報道とネット私刑を比較し、「まだ、お金なしにやっているから(ネット私刑の方が)健全かなと思う。良いか悪いかは置いといて」と述べた上で、「被害者の写真をあれだけ堂々とバンバン出しといて、加害者(の写真)を出すか出さへんかで揉めている」と指摘。被害者のプライバシーを無視して加害者の人権だけが守られる風潮に「やっぱりまず被害者を守ってやってほしい」と語った。

ネット 広がる波紋

  • 川崎殺害 被害者が辿った場所を順にスマホ撮影する人も

    川崎殺害 被害者が辿った場所を順にスマホ撮影する人も

    川崎市の多摩川河川敷で中学1年生の上村遼太さんが殺害された事件。悲しみの輪が広がるにつれて、殺害現場には異様な光景が見られるようになったという。

  • 川崎殺害で私刑と実況動画アップ疑惑

    川崎殺害で私刑と実況動画アップ疑惑

    川崎中1殺害事件で、首を刃物で切りつけるという残忍な殺害方法が衝撃を与えているが、さらなる疑惑が話題となっている。

マスゴミよりたちが悪い私刑化社会

法律に基づくことなく、私的に制裁を加える「私刑」を許せますか?

  • 494

    私刑は許される

  • 683

    私刑は許されない

  • 282

    被害者の立場にならないと分からない

返信を入力