原発は「バベルの塔」なのか
1040

テーマ

原発は「バベルの塔」なのか

フランシスコ・ローマ法王が、原発を旧約聖書の「バベルの塔」になぞらえたというニュースが話題になった。毎日新聞の報道によれば、法王は「天に届く塔を造ろうとして、自らの破滅を招こうとしている」とも表現したという。老朽原発の廃炉が決まった日本の原発政策は破滅への道なのか。

フランシスコ・ローマ法王が、原発を旧約聖書の「バベルの塔」になぞらえたというニュースが話題になった。毎日新聞の報道によれば、法王は「天に届く塔を造ろうとして、自らの破滅を招こうとしている」とも表現したという。老朽原発の廃炉が決まった日本の原発政策は破滅への道なのか。

菅元首相、「自滅」への道

 「この地球上に原発を設置できるところはない」。菅直人元首相が3月22日、「原発は『バベルの塔』」と題したブログ記事を掲載した。同日付の毎日新聞に掲載されたローマ法王の発言に触れ、冒頭の持論を展開したのである。
 ブログには「科学技術は人間に幸せをもたらすと同時に不幸をも、もたらしてきた。不幸をもたらした代表が核兵器の開発だ。そして原発も同じであることが福島原発事故で証明された」と指摘し、「それにもかかわらず、いまだに原発を推進しようとする人の気持ちが分からない」と綴った。
 最近は「反原発」を掲げて政府批判を繰り返し、その暴走ぶりが民主党内からもひんしゅくを買っている菅氏。現実を顧みず我が道を行くのは勝手だが、こうした言動がそれこそ「自滅」への道につながりかねないことも少しは理解すべきでは。(iRONNA編集部)
ローマ法王:原発は「バベルの塔」現代文明のひずみ指摘(毎日新聞2015.3.22)
原発は「バベルの塔」(菅直人オフィシャルブログ2015.3.22) 

廃炉どう進める

エネルギー政策の大きな転換点

 3月、運転開始から40年前後が経過している高経年原発7基のうち、5基の廃炉が決まった。
 廃炉となるのは、関西電力美浜原発1、2号機(福井県)をはじめ、日本原子力発電敦賀1号機(同)、中国電力島根1号機(島根県)、九州電力玄海1号機(佐賀県)だ。
 原子炉等規制法は原発の運転期間を原則40年と定め、延長する場合には原子力規制委員会の審査に合格する必要がある。延長するには安全対策に多額の費用がかかるため、電力会社は採算性などを考慮し延長か廃炉かを決める。ただ、廃炉で出る「核のごみ」の処分方法などは決まっておらず、課題も山積している。
 東京電力福島第1原発以外では現在、日本原子力発電の東海発電所(茨城県)、中部電力の浜岡原発(静岡県)1、2号機で廃炉作業が進められている。

孤立する医療施設

廃炉の課題

 国内には運転開始から30年経過した原発が20基近くあり、今後も廃炉か運転延長かを迫られる事態が相次ぐことになる。ただ、廃炉となった原発には、解体後の「核のごみ」の最終処分場や、原発立地地域の経済への影響緩和などの課題が残され、解決への道筋はみえていない。
 原発を廃炉にして解体した場合、原子炉内の部品などの放射性廃棄物は地下50メートル超に埋設して処分せねばならない。この処分場の立地で国は適性が高いと考えられる候補地を示す「国選定方式」を採り、処分場の選定に積極的に関わる方針だが、候補地探しはまだ始まっておらず、核のごみの行き先は決まっていない。
 今回の廃炉決定は、地元経済にとっても影響が大きい。関西電力の美浜1、2号機と日本原子力発電の敦賀1号機がある福井県では、県内産業の総生産額約2兆8千億円(平成23年度)のうち約1割を関電などの「電気業」が占めており、立地地域では関連企業のほか、定期点検で数千人の作業員が1~2カ月滞在するなど飲食や宿泊業も含めて何らかの形で原発の恩恵を受けている。福島原発事故後の原発停止でそうした雇用にも影響が出始めているとの指摘もあり、廃炉が進めば、その流れを加速させる可能性がある。
 また、福井県では13基の商業原発が立地するため、国から26年度で一般会計当初予算の約5%にあたる235億円の「電源三法交付金」を受けている。廃炉により減額となる見通しだが、宮沢洋一経産相は17日の閣議後会見で「廃炉が正式に決まって、その年度は交付金は交付される」としたうえで、今後の財政支援について立地自治体と相談するとの考えを示した。(産経新聞 2015年3月17日)

頭痛める余剰電力

真の敵を見極めよ

今や厄介者扱い

(関西電力提供)
 昭和45(1970)年8月8日、大阪万博会場の電光掲示板に「本日、関西電力の美浜発電所から原子力の電気が試送電されてきました」と映し出された。原子力であろうと、火力、水力で発電しようと、電気に変わりはない。が、万博のテーマ「人類の進歩と調和」には原子力がふさわしいとされた。
 あれから45年。送電した美浜1号機の廃炉が決まった。原発の運転期間を原則40年とする新規制基準に従った。これもご時勢だろう。未来のエネルギーと期待を集めて華々しくスタートしたが、老朽化し、さらに東電福島第1原発の事故で不安と不信が広がり、今や厄介者扱いである。
 もう30年以上前になるが、美浜原発を取材した。運転員の「火力発電所が百点満点を要求されるとすれば、原発は120点、いや150点でしょうね」という言葉が印象深い。誇りと気負いが感じられた。廃炉はサラリーマンなら定年退職である。「お疲れさま」と声をかけてやりたい。(産経新聞特別記者兼論説委員・鹿間孝一)
原発は「バベルの塔」なのか

みんなの投票

廃炉に伴い、新たな原発をつくる必要があると思いますか?

  • ある

    517

  • ない

    479

  • 分からない

    44