揚げ足取りが大好きな人たちへ
5693

テーマ

揚げ足取りが大好きな人たちへ

首相が「我が軍」と発言すれば、憲法9条を軽んじたと大騒ぎ。自民党議員が「八紘一宇」と口にすれば、やれ戦前回帰だの騒ぎ立てる。まるで鬼の首でも取ったようなはしゃぎっぷりですが、揚げ足取りが大好きなみなさん、こんな不毛な議論はそろそろやめにしませんか?

首相が「我が軍」と発言すれば、憲法9条を軽んじたと大騒ぎ。自民党議員が「八紘一宇」と口にすれば、やれ戦前回帰だの騒ぎ立てる。まるで鬼の首でも取ったようなはしゃぎっぷりですが、揚げ足取りが大好きなみなさん、こんな不毛な議論はそろそろやめにしませんか?

軍隊だけど軍隊ではない

繰り返されてきた論議

わが軍「以上でも以下でもない」

川崎重工業が建造する防衛省向け潜水艦「こくりゅう」 の進水式
=平成25年10月、神戸市
 「わが軍の透明性を上げていくことにおいて、大きな成果を挙げている」
 首相は3月20日の参院予算委員会で、自衛隊が他国軍と行う共同訓練の意義をこう説明した。だが、民主党が「わが軍」発言を問題にしたのは4日もたってからだ。細野豪志政調会長は3月24日の記者会見で「憲法の枠組みの中で積み上げた議論を全部ひっくり返すような話だ」と批判し、首相追及の構えを強めた。
 確かに憲法9条は「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と定める。このため政府は自衛隊を軍隊とは区別し「自衛のための必要最小限度の実力組織」としてきた。その意味では首相は付け入る隙を与えたが、軍隊に明確な定義はなく、自衛隊は国際的に軍隊と認識されている。
 日本は、軍人の捕虜の扱いを定めたジュネーブ条約に加盟しており、政府は平成14年の政府答弁書で「自衛隊は一般にはジュネーブ条約上の軍隊に該当すると解される」としている。「軍隊」としなければ、自衛隊員が他国軍に捕まった場合、「捕虜」ではなく「殺人犯」として扱われる可能性もあるためだ。その意味では首相が共同訓練の議論の中で、自衛隊を「わが軍」と呼んだことに違和感はない。
 首相は3月27日の参院予算委で「相手国である他国軍との対比をイメージして自衛隊を『わが軍』と述べた。それ以上でもそれ以下でもない」と説明。さらに、23年10月の衆院安全保障委で民主党政権の一川保夫防衛相(当時)が「外国から攻められれば戦うという姿勢だから軍隊という位置付けでもよい」と答弁していたことも持ち出して反論した。(産経新聞 2015.04.01)
■首相「わが軍」発言 なぜ自衛隊を軍隊と呼んで騒がれるのか(イザ! 2015.04.01)
■石破茂「憲法論、土佐清水市など」(オフィシャルブログ 2015.4.3)

ほとんど知られてこなかった事実

世界を一つの家にする

 自民党の三原じゅん子参院議員は4月5日、東洋経済ONLINEに寄稿し、3月16日の参院予算委員会で先の大戦中に当時の政府が用いた「八紘(はっこう)一宇」という言葉を使ったのかについて説明した。
 三原氏は3月16日の参院予算委員会で、多国籍企業に対する課税問題に言及し「現在の国際秩序は弱肉強食だ」と指摘。その上で「八紘一宇の理念の下、世界が一つの家族のように助け合えるような経済、税の仕組みの運用について、安倍晋三首相が提案していくべきだ」と述べた。
千住神社にある「八紘一宇」の石碑=東京都足立区
 17日には自身のブログで、「八紘一宇」について「一つの家族のように仲良く暮らしていける国にしていこうということだ」と強調した。菅義偉官房長官は17日の記者会見で、三原氏の発言に「一国が抜け駆けする税制を問題視し、世界全体として協調すべきだという中で発言した」と説明した。

八紘一宇(はっこういちう)とは 古代中国でしばしば用いられた慣用句を元とし、『日本書紀』巻第三神武天皇の条に書かれた「掩八紘而爲宇」の文言を戦前の大正期に日蓮主義者の田中智學が国体研究に際して使用し、縮約した語。八紘為宇ともいう。大意は「道義的に天下を一つの家のようにする」という意味である。

■三原じゅん子オフィシャルブログ 「八紘一宇」とは(2015.03.17)

「わが軍」では駄目ですか

揚げ足取りが大好きな人たちへ

みんなの投票

首相の「わが軍」発言と三原議員の「八紘一宇」発言についてどう思いますか?

  • 言葉尻をとらえた不毛な議論である

    4497

  • 平和憲法の理念を無視した危険な発言である

    965

  • もうどうでもいい

    231