なぜか萎縮する古舘伊知郎たち
11092

テーマ

なぜか萎縮する古舘伊知郎たち

テレビ朝日「報道ステーション」の古舘伊知郎氏と元通産官僚の古賀茂明氏の番組内バトルが、「権力と報道」という大上段に構えたテーマになって尾を引いています。確かに大事なことなのでしょうが、この人たちってすぐに「圧力」とか「萎縮」とか、言いますよね。情けなくないですか?

テレビ朝日「報道ステーション」の古舘伊知郎氏と元通産官僚の古賀茂明氏の番組内バトルが、「権力と報道」という大上段に構えたテーマになって尾を引いています。確かに大事なことなのでしょうが、この人たちってすぐに「圧力」とか「萎縮」とか、言いますよね。情けなくないですか?

何をビビッているのか

 古賀氏は、テレ朝や古舘プロジェクトの意向で番組を辞めることになったとした上で、「菅(義偉)官房長官をはじめ、官邸の皆さんには物凄いバッシングを受けた」などと恨み節を述べました。仮に本当だったとしても、以前から「アイ・アム・ノット・アベ」などと公共の電波で安倍晋三首相を個人攻撃してきた人なのですから、「バッシング」くらい覚悟の上なのかと思っていました。一方のテレ朝や古舘氏側も、古賀氏がそういう人物だと知っていながら便利に使っていたくせに、すぐに手の平を返すのも情けないと思います。双方とも、まるで悪乗りしてイタズラを続けていた馬鹿ガキが、ついに先生に見つかって叱られたら、今度は、びっくりして「先生が怒ったー」と泣きわめいているかのようです。
 報道とか言論って、もう少し覚悟が必要なものではないでしょうか。さんざん好き勝手に自分たちの主張を公の場で繰り返しておきながら、権力側が少しばかり顔をゆがめたぐらいですぐに萎縮する。「事実をありのままに報道している」という自負があれば、堂々としていればいいのではないでしょうか。
 同じようなケースは、昨年の衆院選の時にもありました。TBS「ニュース23」で安倍首相が街頭インタビューの内容をちょっと批判しただけで「言論弾圧だ」などと騒ぎ、その後、自民党が在京キー局に「公平中立な報道」を求めただけで、「圧力だ」「現場が萎縮する」などという情けない声が上がりました。では、今まで「公平中立」ではなかったのでしょうか?
 百歩譲って、テレビ局は免許事業だからというのかもしれませんが、そうではない朝日新聞も同様です。昨年の秘密保護法のときは「自由にものが言えなくなる」「戦前に逆戻り」などと法案反対の大キャンペーンを張りました。何をビビっているのでしょう。仮に朝日が秘密保護法に抵触するほどの特ダネをつかみ、それが日本国民の公益にかなうと信じて報道して罪に問われたなら、その時は徹底的に争えばいいだけの話です。理にかなった報道なら世論も味方に付くと思います。
 政府や与党に批判されるとすぐに「萎縮」したり、「萎縮しかねない」などとビビりまくる一方で、民間人から堂々と言論で批判されると、今度は名誉棄損で訴訟を連発するという彼らのお仲間も北海道にいます。一体彼らは、どこまで安全地帯から「悪乗り」を続けるつもりなのでしょうか。「俺はこのネタに命を賭けてるんだ!」という潔さというか、格好よさはないのでしょうか。
 手前味噌で恐縮ですが、産経新聞の加藤達也元ソウル支局長は、あんな国に軟禁状態にされながら、萎縮など全くしていませんよ。(皆川豪志)

サヨクウオッチャーが斬る

3.27「生バトル」

(中東情勢を報じたニュースからスタジオに戻り、古舘氏がコメントを求める)
古賀「ちょっとそのお話する前に、わたし今日が最後ということでですね。テレビ朝日の早河(洋)会長とか古舘プロダクションの佐藤(孝)会長のご意向でですね、わたしはこれで最後ということなんです。これまで非常に多くの方から激励を受けまして、で、一方で菅官房長官をはじめですね、官邸の皆さんにはものすごいバッシングを受けてきましたけれども、それを上回る皆さんの応援のおかげでですね、非常に楽しくやらせていただいたということで、心からお礼を申し上げたいな、というふうに思います、本当にありがとうございました」
(話し続けようとする古賀氏を遮るように)
古舘「古賀さん、あのちょっと待って下さい。(強い口調で)ちょっと待って下さい!古賀さん、待って下さい。今のお話は私としては承服出来ません。古賀さんは金曜日にこう時折出てくださって。大変わたしも勉強させていただいてる流れの中で。番組が4月から変わっていく様相の中でも、古賀さんに機会があれば、企画が合うなら出ていただきたいと、相変わらず思ってますし」
古賀「それは本当にありがたいことです。もし本当であれば本当にありがたいことだと思います」
古舘「古賀さんがこれで、全て何かテレビ側から降ろされるっていうことは、ちょっと古賀さん、それは違うと思うんですよ」
古賀「いや、でもわたし古舘さん言われましたよね。わたしがこういうふうになるということについて『自分は何も出来なかった。本当に申し訳ない』と」
古舘「はい、もちろんそれはこの前お話ししたのは、楽屋で『古賀さんにいろいろ教えていただいている中で、古賀さんの思うような意向に沿って流れができてないんであるとしたら、大変申し訳ない』ってわたしは思っている、今でも。しかし、さっきのはちょっと極端すぎる」
古賀「わたし、あの全部録音させていただきましたので、もしそういうふうに言われるんだったら全部出させていただきますけれども」
古舘「いや、こちらもそりゃ出させていただくってことになっちゃいます、古賀さん」
古賀「いや、いいですよ」
古舘「だから、ちょっとじゃそれは置いて。これはわたしは違うと思ってますけど…」
(改めて古賀氏にニュースのコメントを求める)

「日雇い」仕事の責任

聴取応じるな 古賀氏“忠告”

 自民党が4月17日に開催する情報通信戦略調査会(会長・川崎二郎元厚生労働相)にテレビ朝日と、報道番組で「やらせ」などが指摘されたNHKの関係者を呼び、事情を聴く。番組内容をめぐり、与党がテレビ局に直接説明を求めるのは異例。
 自民党の対応に野党からは批判が集中。民主党の安住国対委員長代理は15日、「言論の自由という民主主義で守らねばならない領域に触れる恐れがある」と指摘した上で、「特定の番組に政治は口出しすべきではない。対応に疑問を持っている」と述べた。一方、自民党の佐藤国対委員長は「公共の電波を使ってああいうことがあったこと自体、問題視しないでいいのか」と述べ、報道機関への圧力との見方を否定した。
 渦中の古賀氏は16日、日本外国特派員協会で会見を開き「自民党に呼ばれて行かないのは、テレビ局から見ると非常に怖いという感覚を受けるのだと思う」と述べた。さらに自民党の対応について批判した上で、テレビ朝日の幹部には事情聴取に応じるのを止めるよう“忠告”した。

当日に聞いた内実

関連記事

なぜか萎縮する古舘伊知郎たち

みんなの投票

『報道ステーション』は「公平中立」だと思いますか?

  • 思う

    5222

  • 思わない

    5381

  • わからない

    489