歴史捏造

歴史捏造

日本文化は朝鮮半島から伝えられた、などと信じている人がいたら、その根拠は? 天皇のルーツは半島にあり、などと無知をさらした政治家もいましたが…

立林昭彦が斬る

  前方後円墳は日本独自のものですが、実は半島にも存在したのです。
 この事実をもって前方後円墳は「半島から日本に伝えられた」などと韓国は主張しています。
 史実はまったく逆―。日本(倭国)が半島に伝えたのです。それかあらぬか、韓国は前方後円墳をブルドーザーで整形して、古くから半島にあった円墳にしてしまったのです。
 いわずと知れた整形大国が、史跡まで整形してハナ高々とは―。

国を辱める歴史家の罪

  • ヤマトの痕跡を消せ! 前方後円墳まで「整形」 

    ヤマトの痕跡を消せ! 前方後円墳まで「整形」 

    なぜ天皇家を貶めた挙句に任那日本府まで消し去ろうとするのか―。大平正芳記念財団代表の大平裕氏が古代史の改竄や捏造を行う韓国と、隣国におもねり左翼に屈服する日本の歴史家に苦言を呈する。

軍艦島「強制徴用」の真偽

「軍艦島」として知られる旧端島
炭坑 =長崎市(奈須稔撮影)
  韓国の朴槿恵政権は「明治日本の産業革命遺産」には植民地時代に強制徴用された朝鮮人労働者が働かされた施設が含まれるとして、世界文化遺産の登録反対を関係国に働き掛けてきた。だが登録される見込みとなったことで、国内から歴史問題をめぐる外交で「日本に敗れた」と政府批判が高まる見通しだ。
 韓国外務省当局者は5月4日夜、引き続き登録阻止へ向け「努力を尽くす」と述べた。
 従軍慰安婦問題の「国際化」を図る朴政権は、ユネスコに絡む文化活動も活用、慰安婦問題資料の記憶遺産登録へ向けた作業を進めてきた。今後は“対抗策”として慰安婦資料の登録実現努力も強めそうだ。
 韓国は、安倍晋三首相に米議会で演説させないよう米議会に働き掛けてきたが失敗。オバマ政権が歴史問題を度外視して対日関係を強化したことも重大な外交失敗と政府が批判を浴びており、これに追い打ちをかける形になった。(2015年5月5日 共同通信)
日本の世界遺産登録勧告に難クセ 「強制労働」主張は疑問だらけ(2015年5月8日 夕刊フジ)

「七奪」を完全否定

  • 本当は「日韓併合」が韓国を救った! 「七奪」はすべて捏造

    本当は「日韓併合」が韓国を救った! 「七奪」はすべて捏造

    日本が朝鮮から強奪したとして韓国が主張する「七奪」は捏造だ―。元豊田通商ソウル事務所駐在員の松木國俊氏が韓国で入手した資料を元に「七奪」それぞれのウソを暴く。

秦郁彦の思い

 戦後の日本では「戦い」という言葉にアレルギーを起こす人がいる。そのため歴史戦とはなんとなく暗いテーマという印象があるが、本来は明るい論争であるべきだろう。外国人とも議論でき、共通のテーマをめぐって自国の有利不利を超えた議論となる。歴史の事実を検討し合うことは、本来は楽しく意見交換することなのだ。それが「論より証拠」という歴史家同士の戦いでなく、「証拠より論」という政治、イデオロギーの戦いになっている。
第30回正論大賞を受賞し
講演する現代史家の秦郁彦氏
 隣同士だからといって、韓国とは仲良くできるというわけではない。かつて全斗煥元大統領が「千年の友情」と話していたが、それから20年もたたないうちに「千年の恨み」(朴槿恵大統領)となってしまった。中国の方が理にかなった歴史戦を仕掛けており、孫子は「敵を知り己を知れば百戦危うからず」とし、「内通者がいれば勝てない」ともする。日本には内通者だけでなく、外国とつながる外通者もおり、やっかいだ。
 現在の歴史戦での主戦場はアメリカ本土で、標的は韓国、テーマは慰安婦問題だ。何を武器に争うか、その武器は「証拠」だ。わかりやすくしつこく証拠を突きつける。慰安婦問題の核心は2点。ひとつは「強制連行」で、命令違反とか個人的な犯罪を除き、慰安婦の強制連行はなかった。もうひとつは慰安婦が性奴隷といわれるほど過酷なものではなかったということだ。どちらも私は証拠を持っている。戦時中の「慰安婦大募集」という新聞広告で、雇い主は朝鮮人で、月収や前借りの金額まで記されている。兵隊さんが月収10円の時代に300円稼いでいた。新聞広告で集まってくるのに、強制連行の必要はあったのか。
 最近では米大手教育出版社「マグロウヒル」の教科書で問題が起きた。先の大戦を扱ったコラムで「日本軍は14~20歳の約20万人の女性を慰安所で働かせるために強制的に募集、徴用した」「日本軍は慰安婦を天皇からの贈り物として軍隊にささげた」と、明らかな虚偽内容となった。私も含めた有識者19人で3月、明確な事実誤認部分の8カ所について訂正を求めた。
 慰安婦問題はもう打ち切るべきで、それが難しいならば“韓国の3点セット”で戦うべきだ。ひとつは朝鮮戦争での韓国軍の慰安婦部隊、そして在韓米軍基地村の米軍慰安婦、さらにベトナム戦争での韓国軍の強姦、虐殺行為だ。(「“韓国の3点セット”で戦うべき」秦郁彦氏正論大賞受賞記念講演要旨 2015年4月18日 産経新聞)

関連記事

  • 慰安婦強制連行は虚構…マイケル・ヨン氏「韓国は中国の操り人形」

    慰安婦強制連行は虚構…マイケル・ヨン氏「韓国は中国の操り人形」

    マイケル・ヨン氏は慰安婦問題を調査し、20万人強制連行説は虚構と主張するアメリカのジャーナリスト。同氏は「大切なのは、慰安婦問題を大声でわめく韓国に対して日本が引き下がらないこと、そして中国の脅威に屈しないこと」と呼び掛ける。

  • 「不遡及」覆し歴史清算に走る国

    「不遡及」覆し歴史清算に走る国

    栄光の歴史は引き受けるが汚辱の過去は否定してしまおうというのは、ただの傲慢である―。拓殖大学総長の渡辺利夫氏は朴槿恵大統領による「歴史を顧みない国家に未来はない」との問いかけが何より自国民に対してなされるべきだと説く。

  • 韓国による濡れ衣「もう傍観できない」個人の挑戦

    韓国による濡れ衣「もう傍観できない」個人の挑戦

    日本国の濡れ衣と不名誉を晴らしたいと本当に思えば、個人だってここまでできる―。全編英語のドキュメンタリー作品を通して慰安婦問題の真実を追求した谷山雄二朗監督の奮闘を櫻井よし子氏が紹介する。

歴史捏造

韓国の歴史認識は正しいと思いますか?

  • 193

    正しいと思う

  • 4185

    思わない

  • 73

    どちらともいえない

返信を入力