AIIBには参加するな
4724

テーマ

AIIBには参加するな

AIIBのバスに乗り遅れるなと、一部メディアで喧しいが、ことの本質をまったく理解していない。AIIBは行き詰まり始めた中国経済の再構築と共産党支配体制維持の先兵だ。日本がそんな中国の策略に乗っかる必要はない。

AIIBのバスに乗り遅れるなと、一部メディアで喧しいが、ことの本質をまったく理解していない。AIIBは行き詰まり始めた中国経済の再構築と共産党支配体制維持の先兵だ。日本がそんな中国の策略に乗っかる必要はない。

中共のバスには乗るな

やりたい放題の「シルクロード基金」

4月20日、パキスタンを訪問し、
フセイン大統領(左)、シャリフ首
相(右)と歓迎式典に臨む中国の習
近平国家主席。この際、「シルクロ
ード基金」の初の投資案件が決まっ
た=イスラマバード(新華社=共同)

国際監視受けず 投資先自在

 中国が昨年末に外貨準備を切り崩すなどして設定した総額400億ドル(約4兆8000億円)もの「シルクロード基金」。年内設立に向け準備が進む中国主導の国際金融機関「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」ほどには注目が集まっていない。だが、4月20日には総額16億5000万ドルにのぼるパキスタン水力発電所への投資を第1号案件として決めるなど、シルクロード基金はAIIBに先行し、すでに猛スピードで動き出している。(中略)
 シルクロード基金はまず100億ドルでスタート。外貨準備から65億ドルを拠出したほか、残りは国家開発銀行など中国の公的機関が出資した。国際金融筋によると、基金の運営はプライベート・エクイティ・ファンドと呼ばれる投資ファンド形式で行われ、AIIBが目指す比較的低利の融資とは一線を画す。(中略)
 日本など先進国が中国も含む途上国向けに行っている政府開発援助(ODA)が政府予算から拠出され、経済支援を目的としているのに対し、中国の場合は世界第2の経済大国になってもなお自ら途上国であると称して、供与(グラント)要素の大きいODAなどではなく「収益目的」のインフラ建設に固執している。しかも、環境破壊も人権侵害も軍事転用もなんら国際的に監視される制度がない。(SankeiBiz 2015.5.8)

本気になった米

遅れてきた膨張主義

G7、AIIB対応で温度差

 ドイツ南部エルマウで開かれた主要国首脳会議(サミット、G7)は8日午後(日本時間同日夜)、中国やロシアが進める力による「現状変更の試み」を非難する首脳宣言を採択して閉幕した。会期中には、AIIBへの立ち位置などをめぐり、G7の結束が一枚岩ではない場面もみられた。世界経済の討議で話の流れが新興国経済から中国経済に移った際、安倍首相は「G7は国際社会全体のガバナンスや安全保障上の視点が必要」と前置きし、「持続可能でないことにお金をかけないようにすべきだ」「汚職があっては途上国のインフラは健全に育たない」と、積極的に発言した。  中国主導のAIIBは運営や審査基準の透明性を含め、世界経済の持続的な成長を目指すG7の価値観に合致するのか―。日本の投げかけに対し、中国経済への依存度を強める議長国・ドイツのメルケル首相は、「ぜひ次期議長国の日本で議論してほしい」と幕引きを図った。政府関係者は、「各国での情報共有や連携では一致している」と強調するが、喫緊の課題のはずのギリシャ問題については、日本側からの言及はほとんどなかった。首脳宣言では「一体性」をうたうものの、G7各国の利害は必ずしも一致しておらず、その堅持に難しいかじ取りが迫られている。(Sankei Biz 2015.6.9

人民元のIMF構成通貨入り論争 中国の通貨、人民元の国際的な地位をめぐって、米中間で国際通貨基金(IMF)を巻き込んだ論争が広がっている。中国は国際的な主要通貨のステータスを得るため、IMFの準備資産(特別引き出し権、SDR)の構成通貨に人民元を加えるよう要求。一方、米国は人民元相場の水準が中国政府にコントロールされていることなどを理由に人民元の準備資産入りに否定的だ。第二次世界大戦後の国際金融の盟主として振る舞ってきた米国と、存在感を増してきた中国との軋轢(あつれき)が通貨という舞台でも高まっている。
■英国はなぜ西側で一番にAIIB参加を決めたのか(DIAMOND online 2015.04.02)

偽りと野望

花田紀凱の「天下の暴論」

 AIIB(アジアインフラ投資銀行)問題、『週刊ポスト』(5・1)の連載コラムで大前研一さんが明解に断を下している。
 「AIIB参加は愚の骨頂! 日本は『高みの見物』でよい」
 〈これから日本がAIIBに参加するのは愚の骨頂であり、そもそも参加を検討する価値すらない〉
 なぜか。
(1)〈私は経営コンサルタントとして約40年間、日本企業が手がけた海外インフラプロジェクトを数多く見てきたが、(中略)ほぼ100%が赤字〉
 ボスポラス海峡トンネル工事を手がけた大成建設、香港地下鉄の熊谷組、アルジェリアの高速道路で大きな未払いを抱える鹿島と大成…。
 〈インフラ事業にまつわるトラブルは枚挙に暇(いとま)がない〉
(2)そもそも中国がAIIBを創設する理由は国内事情。
 〈これまで中国は世界の歴史に例がないほど長大、膨大な高速道路や高速鉄道、港湾、空港などを建設〉
 ところが中国経済のスローダウンによって、それらを担ってきた鉄鋼・機械メーカーや建設会社、セメントメーカーなどが大ダメージ。このままでは〈国家そのものが破綻(はたん)しかねない。だから(中略)“人馬一体”で海外に持っていこうとしているのだ〉
 (3)〈AIIBはプロジェクト評価の経験を積んでいないから、すでに世界銀行やADB(アジア開発銀行)が検討してやめているようなプロジェクトに手を出して大失敗する可能性が高い〉(産経ニュース、2015.04.26)
AIIBには参加するな

みんなの投票

AIIBへの現時点での参加を見送った政府の判断をどう思いますか?

  • 正しい判断だ

    4563

  • 誤った判断だ

    106

  • どちらでもない

    55