崖っぷち「琉球王」翁長氏の独善

崖っぷち「琉球王」翁長氏の独善

沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦の戦没者20万人以上を追悼する「慰霊の日」を迎えた。追悼式に出席した翁長雄志知事は、米軍普天間基地の辺野古移設中止を求める異例の主張を盛り込んだ。日本の安全保障や国益とかけ離れた発言を繰り返す、崖っぷちの「琉球王」はどこへ向かうのか。

進むも戻るも地獄

  • 崖っぷちに立つ翁長知事の「辺野古反対」

    崖っぷちに立つ翁長知事の「辺野古反対」

    翁長知事は、誰のため、何のために闘っているのか。基地反対運動のカラクリを暴いた『沖縄の不都合な真実』著者、篠原章が暴走する翁長政治に斬り込む。

「辺野古中止を」異例の平和宣言

 6月23日の沖縄全戦没者追悼式の中で、翁長雄志(おながたけし)知事が平和宣言の中で「普天間基地を辺野古に移設する作業の中止の決断を強く求めます」として、移設計画を進める安倍政権の姿勢を強く批判した。
この日は、太平洋戦争末期の沖縄戦の犠牲者らを悼む「慰霊の日」。追悼式は最後の激戦地となった沖縄県糸満市摩文仁(まぶに)の平和祈念公園で開かれた。朝日新聞デジタルによると、日米両政府が普天間返還に合意し、辺野古周辺が候補地に浮上した1996年以降、慰霊の日の平和宣言で県知事が明確に辺野古移設計画の中止を訴えるのは初めて。(The Huffington Post 2015.06.23
国立沖縄戦没者墓苑で
献花に向かう安倍首相
(左)と沖縄県の翁長
雄志知事
翁長雄志知事の平和宣言全文 70年目の6月23日を迎えた。沖縄ではかつて熾烈な地上戦が行われた。20万人余りの命が犠牲となり、愛する人々を失った悲しみは永遠に忘れられない。県民が目や耳、肌に戦の悲惨さを鮮明に記憶しているからだ。

 国土面積の0・6%にすぎない沖縄県に米軍専用施設の約74%が集中し、依然として過重な基地負担が県民生活や県の振興開発にさまざまな影響を与えている。嘉手納基地より南の米軍基地の整理縮小がなされても、専用施設面積の全国に占める割合は0・7%しか縮小されず、基地負担軽減とはほど遠い。沖縄の基地問題は国の安全保障の問題であり、国民全体で負担すべきだ。

 普天間飛行場の辺野古移設は昨年の選挙で反対の民意が示されており、新基地建設は困難だ。県民の思いとは別に強制接収された世界一危険といわれる普天間の固定化は許されず「危険性除去のため辺野古に移設する」「嫌なら沖縄が代替案を出せ」との考えは許容できない。政府は固定観念に縛られず、移設作業の中止を決断することを強く求める。

 慰霊の日に当たり、戦没者のみ霊に心から哀悼の誠をささげ、沖縄が恒久平和の発信地として全力で取り組んでいく決意をここに宣言する。(共同)


代替案なき反対

  • 翁長知事は沖縄をどの方向へ引っ張っていくのか

    翁長知事は沖縄をどの方向へ引っ張っていくのか

    沖縄で反基地派から希望の星のように仰がれている翁長雄志知事。約400キロ離れた八重山諸島では保守層を中心に翁長知事批判が噴出している。今後、沖縄をどの方向へ引っ張っていくのか。八重山日報編集長・仲新城誠が検証する。

「外交」大失敗、次の一手

米ワシントンで記者会見する
翁長知事=6月3日(共同)
 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対の姿勢を伝えるため、5月30日から6月4日までワシントンを訪問していた翁長知事は、めぼしい成果を挙げられたとはいいがたい。帰国後は政府との対立が第2幕を迎え、秋にかけて法廷闘争と県民投票の実施が焦点となる。
 対立の第1幕は「岩礁破砕許可」をめぐる争いだった。翁長氏は3月、辺野古の移設作業を停止しなければ岩礁破砕許可を取り消すと指示したが、防衛省は行政不服審査で指示の効力を一時的に停止させた。
 第2幕は16日開会の6月県議会で幕を開ける。与党県議が辺野古の埋め立て資材の搬入規制条例案の成立を図り、移設阻止や工事遅延に向けた手段を翁長氏に与える算段を描く。
 次が「埋め立て承認」の取り消しだ。県の有識者委員会は仲井真弘多前知事の承認手続きを検証中で、7月に報告書を提出する。(産経ニュース、2015.06.04
米国から見た、翁長沖縄知事の訪米(日経ビジネス、2015.06.10)

揺れる沖縄

  • 安倍政権「翁長沖縄知事は中国の手先」との情報工作進める

    安倍政権「翁長沖縄知事は中国の手先」との情報工作進める

    翁長知事に対し、徹底した会談拒否方針を貫いてきた安倍政権。急遽、方針を一転させ菅義偉官房長官が沖縄を訪問。翁長知事と会談した。宥和姿勢を装う裏で、政府側は翁長知事に対する情報工作を進めている。

  • 翁長知事の危険な中国接近 左翼活動家や沖縄メディアが触れない南シナ海問題

    翁長知事の危険な中国接近 左翼活動家や沖縄メディアが触れない南シナ海問題

    沖縄県の翁長知事による、過剰な辺野古移設反対と、対中接近が問題視されている。台湾の一部識者も「沖縄の馬英九」と揶揄している。実は、馬氏の対中接近は、韓国の盧武鉉元大統領の「親北中・反日米」政策をまねたものだ。

  • 沖縄非武装は「空想アニメ」 翁長知事、 宮崎駿氏に覚悟はあるのか

    沖縄非武装は「空想アニメ」 翁長知事、 宮崎駿氏に覚悟はあるのか

    日本人が本気で、沖縄などから米軍基地を撤退させるというなら、相当の覚悟と戦略が必要だ。宮崎駿氏や翁長知事らに、そうした覚悟と戦略があるのか。

中国首相にも「琉球王国」

 2015年4月16日、中国・環球時報(電子版)は、英BBC中国語電子版の報道を引用し、日本国際貿易促進協会の訪中団に参加した沖縄県の翁長雄志知事が14日、中国の李克強(リー・カーチアン)首相と面談し、「沖縄はかつて琉球王国として、中国をはじめアジアとの交易で栄えた。琉球王国はアジアの懸け橋となった」と述べたと伝えた。翁長知事は、「(約500~600年前に)福建省から500~600人の人材が帰化し、中国の文化・技術を伝えた」と述べ、同省とのゆかりの深さを強調。那覇市と同省の省都・福州市の定期航空便の開設を提案し、経済交流を促進したいと要望した。(Record China 2015.04.16
4
北京の人民大会堂で中国
の李克強首相(右)と握手
する沖縄県の翁長雄志知事
=4月14日(共同)

■独立国かは「回答困難」 政府は6日の閣議で、かつての琉球王国が独立国だったかどうかについて「『琉球王国』をめぐる当時の状況が必ずしも明らかでなく、確定的なことを述べるのは困難」とする答弁書を決定した。社民党の照屋寛徳衆院議員(沖縄2区)の質問主意書に答えた。琉球王国が米国、フランスなどと結んだ条約を国際的な合意文書と位置付けるかどうかについては「日本国として締結した国際約束でなく、確定的なことを述べるのは困難」とした。(産経新聞 2015.3.6)

■辺野古移設反対と不気味に連動 看過できぬ琉球独立運動(ZAKZAK 2015.04.17)
■「中国には言わず、米には主張する」石垣市長が沖縄知事批判(沖縄タイムス 2015.06.17)

にわか「琉球王」の暴走を嘆く

 「苦渋の選択というのがあんた方には分からないんだよ。国と交渉するのがいかに難しいか」。冒頭の発言は、平成24年11月24日付の朝日新聞朝刊に掲載された翁長雄志氏によるものである。当時はまだ沖縄県知事ではなく那覇市長だったが、米軍普天間基地の名護市辺野古への移設について、翁長氏が県議時代に推進の旗振り役だったことを記者から問われ、逆ギレしているようにも受け取れないだろうか。
 翁長氏の発言はこうも続く。「革新勢力は、全身全霊を運動に費やせば満足できる。でも政治は結果だ。嫌だ嫌だで押し切られちゃったではすまない」「本土は、日米安保が大切、日米同盟が大切。沖縄にすべて押しつけておいて、一人前の顔をするなと言いたい」。
 インタビュー中の逆ギレから火がついたのか、その後もまくし立てた翁長氏の怒りの矛先は、日本政府やヤマトンチュ(本土の人)に向かう。「本土の支援はいらないから基地をどかせ」とばかりに持論を展開した翁長氏は、このインタビューから2年後、辺野古移設容認派だった現職を破り知事になった。
米ワシントンでマケイン上院軍事委員長(右から2人目)らと会談する沖縄県の翁長雄志知事=6月2日(共同)
 辺野古移設をめぐり、就任後も一貫して日本政府と対峙する翁長氏を「沖縄の怒りの代弁者」として持ち上げるメディアは多い。ただ、最近の翁長氏の言動は、怒りを超えた「恨み」のように映ってならないのは気のせいか。辺野古移設阻止に固執するあまり、ただのパフォーマンスに終わった単独訪米や、現政権への執拗なまでの批判は、現実的な判断や理性に欠けていると言わざるを得ない。
 「独善」から「暴走」へと変わりつつある翁長氏の政治姿勢は、良識ある沖縄県民なら誰の目にも不安に映るはずだ。自らの立場を勘違いした翁長氏を通して、沖縄の怒りがヤマントチュに伝えられるのは、それこそ沖縄にとっても不幸でしかない。
 沖縄は、先の大戦末期の激しい地上戦で県民の4人の1人が犠牲となり、日本が独立国として主権を回復した後も、米施政権下に置かれ、わが国の安全保障を一身に背負ってきた経緯がある。
 そんな悲しい過去や、戦後70年たった今も癒えることのない「痛み」と向き合う沖縄をヤマトンチュだって忘れてはいない。むろん、在日米軍基地の74%が集中する沖縄の負担軽減も早急に考える必要がある。だが、強大な軍事力を背景に、わが国を日夜脅かす中国の存在はもはや無視できない。日米同盟を支える米軍基地が沖縄をはじめ日本、国際社会の平和に必要な抑止力を形作っている現実からも、決して目をそらしてはならないだろう。
 わが国の安全保障と国益を無視し、「嫌だ嫌だで押し切ろう」とする翁長氏だが、このままでは完全に「裸の王様」になってしまうのではないか。にわか「琉球王」はともかく、沖縄の良識ある「民意」まで孤立させるわけにはいかない。(iRONNA編集長、白岩賢太)
崖っぷち「琉球王」翁長氏の独善

辺野古移設中止を求める翁長知事は代替案を提示すべきだと思いますか?

  • 12460

    代替案を提示すべき

  • 1820

    代替案は必要ない

  • 392

    わからない

返信を入力