なぜ韓国人は、朝日の社旗に怒らないのか

なぜ韓国人は、朝日の社旗に怒らないのか

マッチポンプという言葉があります。日韓関係が現在のように険悪になったのは、朝日新聞のマッチポンプ報道が原因の一つであると言われています。その下品な手法をちょっと参考にしてみました。

繰り返されるマッチポンプ

 世界文化遺産の登録をめぐり、またしても日本に身勝手な主張を繰り返してきた韓国ですが、「なでしこジャパン」活躍の裏でもこんなことがあったようです。<韓国のニュースサイト「スポータルコリア」は、6月8日にバンクーバーで開催されたサッカー女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の日本-スイス戦で、日本のサポーターが「旭日旗」を振って応援していたとし、韓国内で物議を醸していると報じた。韓国では「旭日旗」を日本の軍国主義の象徴と捉え、これまでもサッカーの日韓戦で観客席に掲げられたとして論議となってきた>
欧州で活躍する日本選手を
特集した、FIFA発行機関誌
の表紙にも韓国メディアが
反発した
 もう本当に疲れますね。そもそも旭日旗は日本の海軍旗ですが、現在も海上自衛隊が使用しており国際的にも認められています。百歩譲って、「日本軍を連想させるものはすべて認めない」と主張するにしても、彼らが旭日旗を「軍国主義の象徴」などと言い出したのは、わずか4年前、2011年のサッカー日韓戦からと言われています。ある韓国人選手が日本人を揶揄して猿の真似をして問題になったとき、「客席に旭日旗があって腹が立った」などと言い訳をしたため、俄然注目が集まったというわけです。
 以来、旭日旗と似たデザインのものまですべて攻撃の対象になってきました。ネットのニュースによれば、ソチ五輪の時には、なんと旭日旗に似たマケドニアの国旗にまで文句をつけた人がいるそうです。ただ、それほどまで頭に血が上っているのに、一つだけ攻撃されていない旗があるのです。そうです。旭日旗とそっくりの朝日新聞社旗です。仲間意識が強いからでしょうか? 自分たちの味方だと思っているからでしょうか? それともまだ知らないのでしょうか?
 マッチポンプという言葉があります。自ら火をつけて煽っておきながら、自らその問題を鎮静化させて、自ら利益を得ることをいいます。考えてみれば、日韓関係がこれほど険悪になったのも、朝日新聞のマッチポンプ報道が大きな要因であることは疑う余地がありません。ありもしない「従軍慰安婦」をでっちあげて火をつけ、相手の怒りを増幅させた後、今度は日本の政治家に謝らせて得意になる。日本の政治家が、何か保守的な言動をすると、すぐに御注進して火をつけ、政治家攻撃の材料にする。朝日は決して認めないでしょうが、彼らはこの半世紀、まさにこうしたマッチポンプを韓国だけでなく中国にも繰り返してきたのです。関係が悪くなるのは当然です。
 こんな下品な手口を真似するつもりはありませんが、例えば、韓国の日本大使館前でデモをする人たちに、「こんな旗がありますよ」「日本軍国主義の象徴である旭日旗を使っている新聞社がありますよ」とご注進する新聞社があったらどうなるでしょうか。ちょっとでも怒ってくれたらしめたものです。この怒りを受けて、「韓国社会に怒り/なぜ新聞社が…」なんていう一報を出して国際問題になれば、その後は「全支局にも旭日旗/地方に広がる軍国主義」「高校野球の甲子園にも/僕たちは平和に野球がしたいだけ…」なんていう朝日風の「角度のついた」続報がいくらでも書けます。そして韓国人の怒りにさらに油を注ぐことができるでしょう。
 朝日新聞の方も歴史ある大切な社旗をこのように貶められるのは嫌だと思います。でも、あなた方が日本にしてきたのは、そういうことなのです。(皆川豪志)

旭日旗に見えれば糾弾

  • 「ランドセル」にまで目くじら立てる韓国人

    「ランドセル」にまで目くじら立てる韓国人

    最近、韓国では「旭日旗」を「日本帝国主義の象徴」と見なして糾弾しようとする運動が顕著化している。かつて「韓国で一番有名な日本人」と呼ばれた北海商科大学教授の水野俊平が運動の背景を読み解く。

バンコクを“占領”した旭日旗

 韓国の地方紙、釜山日報が2月、初の海外旅行でタイを訪れた市民記者の韓国人学生が首都バンコクが旭日旗でいっぱいだった様子を見て衝撃を受けたと伝えている。外国人観光客でにぎわうカオサン通りのあちこちで旭日旗がプリントされたTシャツが売られていたのを見た学生は韓国人が英文プリントのシャツを何も考えずに着るのと同じだと思ったという。
 その他にも和食レストランで軒先に旭日旗を掲げていたり、巨大ショッピングセンター、ターミナル21でも同様に旭日旗が散見されたという。
■日本を象徴する旭日旗がバンコクを占領(釜山日報《韓国語》、2015.02.06)

反対側にも客観性はある

  • 中立を装う朝日新聞の欺瞞と独善

    中立を装う朝日新聞の欺瞞と独善

    朝日新聞は慰安婦誤報事件に絡んだ「角度をつける」報道姿勢の批判から、日本と韓国の間で何とか中立性を奪取しようとしているように見える。筑波大学大学院教授の古田博司氏が均衡中立性なき現代で、ことさら中立性を取ろうとする朝日新聞の欺瞞と先見性の欠如を指摘する。

  • 新聞広告から見る朝日新聞の経営状況

    新聞広告から見る朝日新聞の経営状況

    経済的側面から朝日新聞を考えるにあたり、株式会社形態を取る「営利を目的とした私企業」であることを忘れてはいけない。経済評論家、渡邉哲也が新聞社の最も大きな収益源である「本紙広告」から朝日新聞の内情を分析する。

「社旗は軍旗をまねていない」

 2013年10月、朝日新聞の武田肇記者がツイッター上で同社の社旗は軍旗としての旭日旗を真似たものではないと説明した。武田記者はユーザーから旭日旗のデザインを社旗として使用していることについて問われ、同社の社旗の歴史を説明。その上で私見として創刊以来の歴史があり、社旗を変える理由はないと述べている。

「原作に『旭日旗』」という情報操作

  • 人気漫画「ワンピース」展を中止した韓国の反日病診断

    人気漫画「ワンピース」展を中止した韓国の反日病診断

    韓国には「泣く子は餅を一つ余計もらえる」ということわざがある。サヨクウォッチャー、中宮崇が理不尽な主張を喚き立てるほど得であるという彼の国の国民性を実によく表した2014年夏の反日行為を斬る。

何でもかみつく

  • 韓国メディア 今度はランドセルを“攻撃”「軍国主義の象徴だ」

    韓国メディア 今度はランドセルを“攻撃”「軍国主義の象徴だ」

    日本製ランドセルが韓国にも上陸、7万円を超えるブランド商品が飛ぶように売れているという。このブームに韓国紙は「日本軍国主義の象徴だ」と警告するコラムを掲げ、待ったを掛けた。

  • 韓国人学生 米名門大で旭日旗ステンドグラス撤去要求も却下

    韓国人学生 米名門大で旭日旗ステンドグラス撤去要求も却下

    アジアから遠く離れた米国で「反日」の狼煙を上げ続ける韓国系ロビー団体。「90年前の旭日旗」に対しても抗議行動を繰り広げたが、米国の「本流エリート」相手には彼らの無理筋な主張は通じなかった。

「異様な反日」韓国の強迫観念

 韓国が日本への軟化をみせ始めた。この動きは明らかに米国の対韓姿勢の変化を大きな要因としている。オバマ政権内外で韓国の反日ぶりをあまりに理不尽とする認識が広がってきたのだ。その有力な例証の一つは韓国官民の反日傾向を病理的な「強迫観念(オブセッション)」とまで分析した米国人学者の最近の論文である。
 ワシントンのアジア政策関係者たちがいま注視するこの論文は「なぜ韓国はここまで日本に妄念を抱くのか」とのタイトルで、東アジアの政治や歴史を専門とするロバート・ケリー氏により書かれた。「ディプロマット」というアジア外交問題雑誌に今月載り、米国側専門家のネット論壇でもすぐに紹介されて、一気に熱い反響を生んだ。
 米国オハイオ州立大学で政治学の博士号を得たケリー氏は現在は韓国の釜山国立大学准教授を務める。ケリー氏は同論文で近年の韓国暮らしの体験からまず「韓国で少しでも生活すれば、韓国全体が日本に対し異様なほど否定的な執着を抱いていることが誰の目にも明白となる」と書き出し、「異様な反日」の実例として韓国の子供たちの旧日本兵狙撃遊びから日本軍国主義復活論や米国内での慰安婦像建設ロビー工作までを指摘する。そのうえで同氏はこれほどの官民一体の日本たたきは70年前までの歴史だけが原因だとは思えないとして以下の骨子の説明と分析を述べていた。
 「韓国の反日は単なる感情や政治を超えて、民族や国家のアイデンティティー(自己認識)の自分中心の探求に近い」
 「だが民族の純粋性を強調することでは北朝鮮には劣ってしまい、国家の民主主義を強調するには人的コネや汚職が多すぎる」
 「だから日本を悪と位置づけ、たたき続けることが韓国の民族の純粋性のレジティマシー(正当性)誇示の絶好の方法となる」
 「韓国の国家や民族の正当性の主張は韓国の存在自体を否定する北朝鮮に向けられるべきなのに、日本たたきを代替の安易な解決法としているのだ」(後略)(産経新聞ワシントン駐在客員特派員・古森義久、2015.06.28
なぜ韓国人は、朝日の社旗に怒らないのか

朝日新聞の社旗は韓国人の気持ちに配慮して変えるべきだと思いますか?

  • 822

    変えるべき

  • 2780

    変えるべきでない

  • 5185

    まずは心からの謝罪をすべき

返信を入力