女性は「オス化」しているのか

女性は「オス化」しているのか

女性の「オス化」現象がまたも話題になっている。働く女性の中からも自覚のある人も少なくないようだ。今に始まったことではないのか、それとも気のせいなのか…。女性は本当に「オス化」しているの?

宮田一雄の視線

 ざりっと砂を噛むような違和感がある。産経新聞の女子特区紙面によると「働き過ぎの女はヒゲが生える」などという「女性のオス化」現象がネットなどで指摘されているという。だが、何を根拠に?と思って記事を読むと、どうもその根拠ははっきりしない。生物学的な体の変化と社会的な女性のとらえ方の変化とが、あるときはうっかり、そしてあるときは意図的に混同されているような面がある。女子特区の記者たちがあえて特集のテーマに選んだのも、そうした違和感と無縁ではないだろう。
 コラムニストの深澤真紀さんは「女性誌などのメディアがいい始めた脅迫のようなもの」と語り、産婦人科医の宋美玄さんは「医学的根拠はなく、都市伝説化した珍説」と話している。

言葉遊びの一つぐらいに

  • 「草食男子」提唱者の深澤真紀、オス化は「気のせいでしょう」

    「草食男子」提唱者の深澤真紀、オス化は「気のせいでしょう」

    「女性のオス化」が話題になるのはどうしてなのか。「言葉遊びの一つぐらいに受け止めたら」と語るコラムニスト、深澤真紀さんにもう少し詳しく背景をうかがった。

5年前から意識アリ

女性のオス化 男性と肩を並べて働くようになったことで言動や考え方、嗜好(しこう)も旧来の“女らしさ”にとらわれない女性が増えていることを指す。ヒゲが生えた、体毛が濃くなったなどの身体的変化を挙げる場合も。2013年にはフジテレビのドラマ「ラスト・シンデレラ」で主演の篠原涼子さんがなりふり構わず仕事に没頭する“オス化女性”を演じ、社会認知度が高まった。

 2009年末にNECが行った調査でも、未婚女性の6割が「オス化している」と感じていた。未婚女性500人(25~35歳)を対象の調査で自分がオス化していると感じているかを聞いたところ、「良くある」が20%で、「時々ある」が43%。自分よりも男らしくない男性が周囲にいるかどうかを聞いた質問では、70%が「いる」と回答。女性の意識の中では、男女の逆転現象が進んでいるようだ。具体的に経験したことを聞くと(複数回答)、「家で1人でもお酒を飲む」が42%、「同性の友人に『男前だ』と言われる」が41%。中には「あごにヒゲらしきものが生えた」という回答も15%あった。

凝縮された「女らしき観」

  • 女子たちよ、「オス化」を恐れるなかれ

    女子たちよ、「オス化」を恐れるなかれ

    「女性のオス化」はなにも今になって始まったことではない―。再び話題になっているらしい働く女性の「オス化」を社会学者の北条かやが読み解く。

都市伝説化した珍説だ

 深澤さんとともに女子特区紙面で紹介した産婦人科医(医学博士)、宋美玄(そん・みひょん)さん(39)も、「医学的根拠はなく、都市伝説化した珍説」という。

 行動がガサツになったからといって男性ホルモンは増えません。本当に体毛が濃くなるなどの変調は、痩せすぎで女性ホルモンが減って相対的に男性ホルモンが優位になったり、卵巣で作られた男性ホルモンを女性ホルモンに変える酵素の異常で起こる病気。医師の受診をおすすめします。

 雑誌の売り上げ、情報番組の視聴率アップ…。商業主義のために医学的根拠のないキャッチーなタイトルが付けられ、それが独り歩きして都市伝説化している。「働きすぎるとオス化する」とか「恋愛やセックスで女性ホルモンが出て、きれいになる」とか「出産でデトックス(毒素排出)」なんてありえません。こんな珍説を流布して、女は外で働かずに子供を産めと誘導したいのでしょうか?

 翻弄されないよう、生物の基礎知識を身につけることも大事。高校生物や看護学生用の教科書を1冊持っておけば心強いのでは。

男女平等教育の成果か 自立心か

  • ヒゲ、ずぼら、ガサツ…66%の女性がオス化「自覚あり」

    ヒゲ、ずぼら、ガサツ…66%の女性がオス化「自覚あり」

    荒唐無稽に聞こえる「女性のオス化」現象がネットなどで取り沙汰されている。産経新聞女子特区の調査でも、30、40代の働き盛りを中心に「オス化」を自覚する女性が6割を超えた。

「オス化」の原因がある!?

 男性と対等に仕事をする女性が増えたことにより、女性の「オス化」が進んでいるということが、ときどき話題になる。
 「オス化」の内容は、「ヒゲが生える」「体毛が濃くなる」「加齢臭がキツくなる」「ニキビができる」など、いろいろあるらしい。こうした女性のオス化は、ストレスの影響と言われる。だったら男性が男性的でなくなっている=「草食化」って何なんだ!? 男性だってストレスはかなり多いはずなのに…。
 そこで、ストレスとホルモンの関係について、「女性ホルモンがつくる、キレイの秘密」の著者で、トータルエイジングケアを行う「成城松村クリニック」の松村圭子院長に聞いてみた。
 「女性の“オス化”は、女性ホルモンのバランスの乱れから起こります。女性にも、もともと男性ホルモンは少量分泌されているのですが、ストレスや不規則な生活、乱れた食事などによって、ホルモンバランスが崩れると、女性ホルモンが減り、相対的に男性ホルモンが強くなってしまいます。すると、オス化が起こるのです」(後略)(夕刊フジ『知りたくもない!?カラダの不思議』、2012.08.18)

関連記事

  • ステレオタイプを裏切る企画 次々生み出したい

    ステレオタイプを裏切る企画 次々生み出したい

    平成25年産声を上げた産経新聞の「女子特区」企画。自分が所属する部局を超えて記事、レイアウト、デザイン、写真、ほぼ女性で作りあげる試みの裏話を担当デスクが打ち明ける。

女性は「オス化」しているのか

女性は本当に「オス化」していると思いますか?

  • 468

    「オス化」している

  • 88

    「オス化」していない

  • 179

    どちらでもいい

返信を入力