日本国債は「時限爆弾」なのか

テーマ

日本国債は「時限爆弾」なのか

政府が閣議決定した来年度予算案の歳出総額は97兆円台となり、5年連続過去最大を更新した。一方で新規国債発行は7年連続で減額し、財務省は「経済再生と財政健全化の両立を実現する予算」と胸を張る。社会保障費は増加の一途を辿り、税収確保は不透明。それでも国債発行額を減らそうと苦心する財務省の胸の内とは。

政府が閣議決定した来年度予算案の歳出総額は97兆円台となり、5年連続過去最大を更新した。一方で新規国債発行は7年連続で減額し、財務省は「経済再生と財政健全化の両立を実現する予算」と胸を張る。社会保障費は増加の一途を辿り、税収確保は不透明。それでも国債発行額を減らそうと苦心する財務省の胸の内とは。

「均衡主義」から離れられない財務省

新たな時代の幕開け

寄稿方法

 iRONNAは「オンライン、オフラインの世界に散らばるさまざまな意見、解説などをまとめ、ユーザーに寄稿や議論の場を提供する場」を目指しています。各テーマページに設けたクイックアンケート、コメント欄などに加え、サイト内のコンテンツとして掲載する記事・論文の寄稿を常時、募集しています。
 「ぜひ自分も寄稿したい」とお考えの方は、以下をご一読頂きお送りください。

●記事・論文は kikou[a]ironna.jp へ電子メールでお送りください([a]をアットマークに置き換えてください)。現在郵送などは受け付けていません。
●寄稿いただく記事・論文はテキスト(.txt)、リッチテキスト(.rtf)またはワードファイル(.doc,.docx)で、メール本文に添付して送信ください。
●記事・論文には表題(タイトル)、寄稿者名、匿名の場合はペンネーム、出身地を付記してください。
●iRONNA編集部からの連絡を受けられるメールアドレスをご使用ください。

時事ネタ以外にも

 これまでにお寄せ頂いているテーマとして多いのは時事ネタですが、それ以外の話題も是非お送りください。身近で起きた疑問や問題提起などジャンルは問いません。ここからみなさんと大いに論じる話題が出てくることを願っています。

これまでに掲載したユーザー投稿

日本国債は「時限爆弾」なのか