韓国はいかにして竹島を奪ったか

韓国はいかにして竹島を奪ったか

「朝鮮人は嘘をつく。まだシナ人の方がましでしたよ」とは、戦前の半島に暮らした老婦人の言葉だ。日韓条約締結から50年たった今も、韓国は竹島を「固有の領土」と主張し、都合のいい歴史を創作する。そう、彼らは何も変わっていない。説明するまでもなく、竹島は日本固有の領土である。

半島人は嘘をつく

.jpg
竹島全景。手前が西島、後方が東島 (昭和29年1月、産経新聞社機から撮影)
 「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録の際にも韓国が見せた嘘と裏切り。憤慨する日本国民を尻目に、韓国は「日本は強制的に多くの朝鮮人にタダで過酷な労働をさせた」と喧伝している。
日本固有の領土、竹島(聯合=共同)
 戦時徴用はいわば世界共通のもので、少なくとも日本では法律に基づいて行われ、給与や厚生面などは終戦の混乱期を除き適宜管理されていた。
 徴用の法律である国家総動員法の国民徴用令は、内地では昭和14年4月から実施されたものの、朝鮮人への適用は当初免除され、実施は5年半後の19年9月からだった。しかも朝鮮から内地への徴用派遣は、20年3月に関釜などの連絡船が途絶えたため、7カ月間しか行われなかった。
 徴用適用以前にも、労務動員として企業による募集や行政による斡旋が行われ、多くの朝鮮人が高待遇な仕事を求め自らの意思で応募した。中には内地での労災事故で死亡した人もおり、遺族に補償した記録もある。
 日本の敗戦を知った朝鮮人の多くは態度を一変させ、何から何まで日本が悪いことにして攻撃した。戦時の労務動員も冒頭の如く「強制労働」となった。日本の韓国併合も「朝鮮のすべてを奪った」と非難する。確かに主権を失わせたが、自治に近い統治を行い、悪弊を改め生活や文化を向上させた。
 当時の李朝は国家存立の能力を失っており、日本が半島に出て行かなければ、南下の牙を剥くロシアに呑み込まれたはずだ。ロシア支配では暮らしや文化がどうなったか、説明するまでもないが、半島人は自らの実態を直視せず、都合いいの「自分史」を創作し続ける。
 「朝鮮人は嘘をつく。まだシナ人の方がましでしたよ」とは、戦前の半島に暮らした老婦人の言葉だ。韓国併合で朝鮮人と接して、その「嘘」に驚いた日本人は少なくなかった。
 ところが、彼らに「嘘をついている」という感覚はない。自分のため、生き残るためなら事実と違うことを主張するのは当然という考えが染み付いているのだという。
 初代韓国大統領李承晩は、GHQが占領下の日本漁船の操業範囲を区切った「マッカーサーライン」に便乗し、一方的に「李承晩ライン」を宣言。あたかも国境のように主張して、日本漁民を排除し、拿捕の際に射殺したり抑留して虐待したりした。
 後の大統領朴正煕になって日韓条約締結交渉が行われた50年前、すでに韓国は李氏朝鮮の王朝正史よろしく、自分の都合のいいように歴史を作り変え、竹島を「韓国固有の領土」と主張した。
 締結交渉でも韓国による竹島不法占拠を国際司法裁判所に持ち込もうとする日本に対し「国交正常化後でもこの(竹島)問題は交渉できる」とはぐらかした。さらに「両国間の紛争に竹島は含まない」とする要求を日本が拒絶すると「韓国に帰って紛争に竹島は含まれないことで了解されたと言明しても、すぐに反論しないでほしい。我々の命にかかわる」と日本を牽制しつつ、竹島が紛争事項でないことを既成事実化した。
.jpg
島後の西郷港に立つ
竹島の標語看板
=島根県隠岐の島
 戦後韓国のこの振る舞いを、藤井賢二氏が別冊正論「総復習『日韓併合』」で克明に検証しているので、お読みいただきたい。
 韓国は、日本からの多大な経済協力で高度成長を遂げたが、日本に感謝するどころか、平然と後足で砂をかけた。
 あの「河野談話」の前段となる「慰安婦」聞き取り調査では、「元慰安婦として信用できる人物をそろえる」と言ったが、でたらめな人物をそろえた。日本側は徹底調査でも「強制」の「き」の字も確認できなかったが、韓国は「強制的に慰安婦にしたことさえ認めてくれれば事は収まる」とそそのかし、官房長官だった河野洋平がそれに乗った。 
 韓国は事を収めるどころか、しめたとばかりに河野談話を「証拠」として「性奴隷」とまで喧伝するようになった。そしてこのたびの〝世界遺産事件〟。
 700年前の元寇は、時の高麗王がモンゴル皇帝に取り入って生き延びるために日本遠征をそそのかし、自らその手先となって壱岐・対馬で残虐の限りを尽くした。
 何も変わっていない。700年前も、50年前も、そして今も。血は争えない。変わらないし、変われない。
 別冊正論「総復習『日韓併合』」は、こんな半島人の性質をさまざまな面から分析してもおり、どう対すればいいのか判断する際の〝バイブル〟としてお薦めしたい。(「別冊正論」編集長 八並朋昌)

別冊正論「総復習『日韓併合』」より

  • 戦後韓国はどうやって竹島を奪ったか―竹島問題の現位置

    戦後韓国はどうやって竹島を奪ったか―竹島問題の現位置

    韓国はいかにして竹島を奪ったのか。領土問題と漁業問題の双方を視野に入れた実証的な研究をもとに、藤井賢二・島根県竹島問題研究顧問がその真実に迫る。

韓国への「苦い視線」

  • 「李承晩ライン」で韓国が繰り広げたこと

    「李承晩ライン」で韓国が繰り広げたこと

    昭和27年1月、韓国は沿岸水域の主権を唱えるため「李承晩ライン」を一方的に設定、戦後多くの日本漁船が周辺諸国によって拿捕され、乗組員が抑留された。「李承晩ライン」で韓国が繰り広げたこととは。漁業問題の「陰鬱さ」から日韓関係を考える。

竹島は領土問題だ

  • 竹島問題、日本政府はなぜ対処できなかったのか

    竹島問題、日本政府はなぜ対処できなかったのか

    竹島問題は領土問題である。それを解決していくには、歴史の事実と若干の戦略が要る―。島根県にできることが日本政府には何故できなかったのか、竹島問題に詳しい拓殖大教授の下條正男が分析する。

「慰安婦問題が鍵になる」

  • 前駐韓大使がここまで語った韓国への諫言

    前駐韓大使がここまで語った韓国への諫言

    「日韓関係は一度リセットを」「韓国よ、反日はもうお止めなさい」─。韓国語を話せて現地でも親しまれた前駐韓大使が率直に語った。

敵はいつでも日本?

 映画『延坪(ヨンピョン)海戦』が人気を呼んでいる。韓国映画界で今年、観客動員1位になりそうだ。映画は2002年、ソウル西北の黄海の延坪島近海で起きた北朝鮮との軍事衝突を描いた〝南北戦争モノ〟である。
 この海戦で韓国軍は哨戒艇1隻が撃沈され、6人が戦死した。北朝鮮軍との海での戦闘が映画になったのは珍しい。至近距離での激しい砲撃、銃撃戦シーンが見物だが、それ以上に若い乗組員たちの「戦友愛と護国精神」をたたえる映画ということで、世代を超えて共感を呼んでいるようだ。国民皆兵の徴兵制の国だから、特に若者にとっては人ごとではない。
 映画では攻撃を仕掛けてきた北朝鮮の警備艇の戦いぶりも登場する。北朝鮮が明確に軍事上の〝敵〟として描かれ、その侵略との戦いがテーマになっている。
 ところで、韓国軍は空軍力強化のため大型空中給油機の導入を発表したが、そのことをマスコミは「独島(竹島の韓国名)作戦飛行時間が4倍に」などと大々的に報じている。竹島(島根県隠岐の島町)周辺での作戦にプラスというのだ。
 韓国にとって、現実の敵は北朝鮮なのに、マスコミはまるで日本が敵であるかのような非現実的な反日報道をしている。こういう発想が日韓関係を悪化させているのだ。(zakzak 2015.07.06
■韓国軍の竹島防衛訓練は壮大な“喜劇”か…主力戦闘機は故障・共食い整備で「張り子の虎」(産経新聞 2014.12.1)

違法の構図

  • 日本が「領土問題」訴える好機だ

    日本が「領土問題」訴える好機だ

    韓国が52年1月に一方的に李承晩ラインを引いて、竹島を自国領にしたのも、中国が現在、力を背景に尖閣諸島を奪取する動きを見せているのも、同じ違法の構図である。日本はこの機にロシア、韓国、中国の行動の違法性を効果的にアピールできるのである。

検定教科書で墓穴

「聖地」化する竹島 韓国が、不法占拠を続ける島根県・竹島(韓国名・独島)について、大きな墓穴を掘ったといえる検定教科書を出版していた。自国の東端を、竹島より西側として記述しており、竹島を自国領から除外していたのだ。日本政府が国際司法裁判所(ICJ)に提訴する際、韓国のウソを打ち破る補完証拠になるのか。
 注目の教科書は、1957年に発行された中学生用の社会生活科の教科書「わが国の地理」。現在もソウル市内にある教科書出版社「一潮閣」から出されたもので、「韓国文教部(現・教育部、日本の文科省に相当)検定済み」と表紙や前書きに明記されている。
 領土問題に関心がある西日本在住の男性が大阪市内の古書店で発見し、2000円で購入した。「朝鮮大学校蔵書」という印もあり、北朝鮮系の朝鮮大学校(東京都小平市)から流出したようだ。
 教科書では「わが国(韓国)の位置」を「東端…東経130度41分22秒」と記載していた。つまり、韓国が現在、東端と主張する竹島の位置(東経131度52分)から約130キロも西側(韓国寄り)が、自国の東端と教えていたわけだ。
 この教科書が注目されるのは、韓国の李承晩(イ・スンマン)大統領=当時=が日本海に一方的に「李承晩ライン」をひいた52年から5年後に出版されていることだ。韓国政府は54年に海洋警察隊を島に常駐させ、現在に至る不法占拠につなげているが、57年の出版時点でも、韓国は「竹島領有」を子供たちに教えることに自信がなかったとも受け取れる。(中略)
 現在、韓国は官製パンフレットで「わが民族誇りの地」「先祖の魂をそっくりそのまま宿している、われわれの希望の拠り所」などと、太古の昔から聖地だったかのように仰々しく崇めている。同じ国の政府が認めた記述とは思えない価値観の変貌ぶりだ。(zakzak 2015.04.06

竹島は日本領土

  • 韓国「竹島不法占拠」の歴史 日本人の死傷者44人

    韓国「竹島不法占拠」の歴史 日本人の死傷者44人

    日本の領土でありながら韓国が実効支配する竹島。韓国はいかに占拠を進めていったのか、その歴史を振り返る。

  • 李承晩ラインで日本漁民が味わった塗炭の苦しみ 射殺、餓死…

    李承晩ラインで日本漁民が味わった塗炭の苦しみ 射殺、餓死…

    歴史を振り返ると、韓国はこれまで、日本に理不尽かつ非道な行動・対応を取り続けてきた。韓国が口を閉ざす「理不尽な真実」について、元大手商社マンで日韓問題研究家の松木國俊氏が迫る。

  • 失われつつある領土「竹島」

    失われつつある領土「竹島」

    竹島が見え出すと、韓国人の観光客は大型客船のデッキに集まり、歓声を上げて一斉にカメラのシャッターを押した。竹島は文字通り、とりつく島のない岩山だった。

「歴史戦」英日対訳版が発売

「慰安婦問題の真実」を世界へ 慰安婦問題を特集した本紙連載「歴史戦」の英日対訳版『History Wars』=写真=が産経新聞出版から発売されました。慰安婦問題に詳しい識者らは海外における情報発信の重要性から本書を高く評価しています。全国の書店や産経新聞販売店のほか、海外の書店でもご購入できます。ネットでのご購入など詳しくは産経新聞出版へ。
韓国はいかにして竹島を奪ったか

一方的に「李承晩ライン」を引いて竹島の不法占拠を続ける韓国の主張をどう思いますか?

  • 1016

    理解できる

  • 351

    理解できない

  • 8022

    許せない

返信を入力