日本は東シナ海の大半を失った

日本は東シナ海の大半を失った

中国が東シナ海でガス田開発をしている掘削関連施設が新たに12基確認され、政府が公表した。南シナ海でも海洋進出を図る中国にとって、これが一方的な資源開発ではなく、将来の軍事的利用を視野に入れた開発であることに疑う余地はない。もはや日本は東シナ海の大半を失ったに等しい危機的状況にある。

そこにある危機

  • 日本は中国の不法行為にお墨付きを与え続けてきた

    日本は中国の不法行為にお墨付きを与え続けてきた

    中国が東シナ海で国際ルールを無視して建造物を構築していることを日本政府が発表した。政府発表から見えることとは。また何を根拠にこのような不法行為を行っているのか、一色正春が読み解く。

櫻井よしこ「軍事利用なら沖縄が射程内」

 外務省が東シナ海の日中中間線付近で中国が進めるガス田開発とプラットホーム建設の画像地図を発表したことは歓迎するが、もともとこれは、もっと早く発表すべきものであったと思う。
 東シナ海における中国による独断的なガス田開発は、どう見ても侵略的な要素を伴う。その理由は、平成25年暮れに突如、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む日本の東シナ海上空に中国が設けた防空識別圏の線を、外務省が発表した日中中間線の上に重ねてみれば一目瞭然である。
 一連のプラットホームは日本の天然資源が容易に中国に奪われることを意味するだけでなく、万が一、軍事利用されれば、日本の沖縄、南西諸島の守りに深刻な影響を生じさせる。
 今回発表された一群のプラットホーム上にレーダーや水中音波探知機(ソナー)、弾道ミサイル発射装置などが備われば、これまで中国陸上からの攻撃射程には入っていなかった沖縄、南西諸島すべてがその射程内に入ることが明確である。中国が岩礁埋め立てや滑走路建設を進める南シナ海と同様、危機的な状況が東シナ海で生じているのである。
 日本国内の集団的自衛権の限定的行使を容認する安全保障関連法案の議論は、まさにこのような状況に基づいて行われるべきであろう。国内議論の現状を見ると、その危機感の欠如に慄然とするものである。(談)(産経新聞、2015年7月23日)

我が国がすべきこと

  • 中国の南シナ海環礁埋め立てと日本の安全保障

    中国の南シナ海環礁埋め立てと日本の安全保障

    中国による南シナ海の環礁埋め立てが地域に強い緊張をもたらしている。日本には安全保障上どのような対応が求められるのか。元自衛艦隊司令官の香田洋二が軍事面、外交面から方策を考える。

増長する強圧的戦術

  • 軍拡を進める中国 今や小さくなり過ぎた米海軍

    軍拡を進める中国 今や小さくなり過ぎた米海軍

    米のアジア重視政策は、中国の拡張主義を阻むことに失敗しつつある―。米海軍問題の専門家2人が米誌で、オバマ政権は「アジア重視」と言いながら海軍増強を怠っていると問題視した。

日本はなぜ公開しなかったのか

  • 東シナ海ガス田開発問題──分岐点は2008年北京五輪

    東シナ海ガス田開発問題──分岐点は2008年北京五輪

    日本とのガス田共同開発に合意したはずの中国は、北京五輪を契機として売国政府と罵倒され自己開発を続けた。なぜ日本政府は公開しなかったのか?遠藤誉がその問題点に迫る。

加速する海洋覇権

  • 中国「南シナ海の万里の長城」建設中 総経費は1兆4000億円

    中国「南シナ海の万里の長城」建設中 総経費は1兆4000億円

    北京・中南海で飛び交っているという「冷たい平和」。冷戦時代のようなあからさまな敵対関係ではないが、さりとて友好関係ではなく、相互不信により冷却化している2国間関係を意味する。ジャーナリストの相馬勝氏が解説する。

  • 尖閣を戦略拠点として狙う中国 南西方面の島嶼防衛強化を急げ

    尖閣を戦略拠点として狙う中国 南西方面の島嶼防衛強化を急げ

    1970年代初めに中国が尖閣諸島の領有権を主張し始めた頃の動機は海洋資源獲得だったが、今や、尖閣諸島を在沖縄米軍と南西方面の自衛隊を牽制する重要な戦略的拠点として確保することにあると森本敏が指摘する。

  • 加速する中国の海洋覇権拡大 新安保法案の議論に戦略感覚を

    加速する中国の海洋覇権拡大 新安保法案の議論に戦略感覚を

    中国の東・南シナ海における海洋覇権拡大の動きが加速化している。東シナ海における海洋プラットホーム建設も南シナ海の帰属未定の島嶼(とうしょ)や岩礁の人工島化も軍事拠点となる様相が強い。

中国が嗤っている

 今週も『ニューズウィーク日本版』(7・7)の独擅場(どくせんじょう)だ。
 10ページの大特集は「南シナ海を占拠する中国の深謀」。
 カール・セイヤー氏(オーストラリア国防大学名誉教授)は「それは『埋め立て』ではない」と断言。
 〈はっきりさせよう。中国が南シナ海で行っているのは、自然作用や人的使用で侵食された地形の改良を目的とする埋め立て工事ではない。中国が行っているのは、人工島の建設だ。
 中国側は、自らが領有権を持つ島を埋め立てていると主張するが、これは事実と異なる。実際には、中国は「低潮高地(満潮時に水面下に没し、干潮時に水面上に現れる自然に形成された土地)」や岩礁に、人工建築物を造っている。こうした存在は領有権の対象にならず、それを根拠とした領海や領空を主張することもできない〉
 中国の目的は国際法の盲点を突いて南シナ海にADIZ(防空識別圏)を設けることだと言うのはミンシン・ペイ氏(クレアモント・マッケンナ大学教授)。
 〈たとえ現時点で南シナ海にADIZを設定しても、中国はそれを守らせるための空軍力を持ち合わせていない。大陸から飛び立つ戦闘機の航続距離では、南沙諸島の上空をパトロールできないからだ。そのためにこそ、人工島に軍用の滑走路や補給基地が必要だ〉
 中国は着々と戦略を進めているのだ。安保法制で「違憲」だなんだとあげ足を取っている日本の野党を習近平以下、嗤(わら)っているに違いない。(花田紀凱の週刊誌ウォッチング 2015.7.5)
日本は東シナ海の大半を失った

中国による東シナ海のガス田開発に侵略的な意図があると思いますか?

  • 11044

    侵略的意図がある

  • 276

    侵略的意図はない

  • 224

    分からない

返信を入力