戦後日本の宿命を背負った安倍談話
4020

テーマ

戦後日本の宿命を背負った安倍談話

「先の世代に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」。安倍首相の戦後70年談話は、植民地支配と侵略を認めた歴代内閣の立場を継承した。過去を受け継ぎ、未来へ引き渡すという首相の決意は、戦後日本の宿命とも言える「反省」と「謝罪」への区切りでもある。私たちは談話の意味をどう受け止めるべきか。

「先の世代に謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」。安倍首相の戦後70年談話は、植民地支配と侵略を認めた歴代内閣の立場を継承した。過去を受け継ぎ、未来へ引き渡すという首相の決意は、戦後日本の宿命とも言える「反省」と「謝罪」への区切りでもある。私たちは談話の意味をどう受け止めるべきか。

対外政策路線のピースでしかない

過ちは繰り返さず

 終戦70年に合わせてまとめられた安倍晋三総理大臣談話。発表前から「反日」が命題である中韓、そして国内でも両国と歩調を合わせるマスコミによって「侵略」がどうの、「謝罪」がどうのという本質とは異なる喧噪が続いた。
 過去を遡れば、シナと朝鮮は科学的な歴史を持たない。全てが自己中心に動くと思い込み、その記録も自己の都合のいいようになされた。それもそのはず、彼らは元来「歴史」という言葉をもたなかった。
 彼らが使ったのは「史」「正史」など、自分を正当化するための出来事の記録。近代になり「history」に対応するものとして日本人が生み出した科学的な「歴史」とは違うものだった。
 このような思考にとらわれ続ける両国から、「正しい歴史認識」と言われても「はぁ?」としか言葉が出ない。
 しかし、言われるがまま「植民地支配と侵略」を認めて「謝罪」した村山談話など、何人かの過去の政府首脳の談話が、両国に悪用され、反日攻撃の根拠にされ、国益と日本国民の名誉を大きく損ねたことは言をまたない。
 「正しい史観」「正義」というものは、国家によって異なって当然であり、「共通のもの」にすることなどできないことは、直近までの歴史を見れば明らかだ。
 それはまた、私たちの日常でも言えることを山田寛人氏が別冊正論「再認識『終戦』」でわかりやすく論理展開しているので、お読みいただきたい。
 どんなに愚かな人物とはいえ、かつて日本の政府を代表する肩書で談話を出してしまったのだから、今になって「なかったことにしてください」と言っても世界に通用はしない。
 この過ちを繰り返さず、その傷をいかに癒し、前を向いてどのように進んでいくべきか、安倍総理大臣は談話作成に当たって苦心したとされる。
 中華人民共和国は、その国名の示すとおり現代にあっても古代からの華夷秩序を抱き続け、縁辺地域の植民地支配、そしてわが領海への侵犯を続ける。大韓民国は立派な国名とは裏腹に「水に落ちた犬は叩け」とばかりに竹島を不法占領し、史料さえ捏造している。
 さらにロシアは南樺太と千島列島、北方四島に戦争末期のどさくさに紛れて侵攻し不法占拠し続ける。これらの国にそれを指摘しても話し合いにさえならないことは、これまでの反応で明らかだ。
 力によって己の主張をごり押しする国は、武力さえ持ち出しかねない。だから戦争にさせないためには、ごり押しをさせないよう備えなければならない。
 戦争は不条理だ。個別に悲惨な事例を取り上げて、反省につなげることは大切だが、情緒に訴えるだけでは戦争は抑えられない。この冷徹な世界の現実に処するには、時々の世界情勢を見据え、大衆に媚びず、賢明な判断ができる指導者こそが必要ではないか。

別冊正論「再認識『終戦』」より

謝罪と和解

何言っても針の山

小林秀雄氏
山本夏彦氏
 「戦後70年」という言葉に覆い尽くされた酷(むご)いほど暑い夏である。毎年この時期になると、敬愛するふたりの言葉を思い出す。今年は特にそうだ。
 《この大戦争は一部の人達の無知と野心とから起ったか、それさえなければ、起らなかったか。どうも僕にはそんなお目出度(めでた)い歴史観は持てないよ。僕は歴史の必然性というものをもっと恐ろしいものと考えている。僕は無智だから反省なぞしない。利巧な奴はたんと反省してみるがいいじゃないか》
 《戦争に勝敗はあるが、正邪はない。戦勝国と敗戦国はあるが、その間に正義がわりこむ余地はない。古往今来勝者は敗者を存分にした。殺すか奴隷にした。敗けた国は臥薪嘗胆(がしんしょうたん)して今度は反対に勝つと、同じ復讐(ふくしゅう)を復讐した。こうして何千年来戦争はあった。これからもある》
 大方の読者はお分かりだと思うが、前者は小林秀雄、後者は山本夏彦である。終戦の日、利巧ぶって反省するのもけっこうだが、私はふたりの言葉をじっとかみしめたいと思う。
 20年前の戦後50年の夏、利巧な村山富市さんがたんと反省して首相談話を発表してから、10年ごとに時の首相がたんと反省した談話を発表することになってしまった。いまさら言っても詮ないことだが、「黙秘権」を行使できなかったのかと思う。種田山頭火の「分け入っても分け入っても青い山」をもじって言えば、「何言っても何言っても針の山」なのだから。これで打ち止めにしませんか。(桑原聡 2015.8.11産経新聞)
戦後日本の宿命を背負った安倍談話

みんなの投票

歴代内閣の立場を引き継いだ安倍首相の戦後70年談話を評価しますか?

  • 評価する

    3612

  • 評価しない

    344

  • どちらともいえない

    64