なんにせよ稲田氏の辞任は遅すぎた

テーマ

なんにせよ稲田氏の辞任は遅すぎた

南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の日報問題で、稲田朋美防衛相が引責辞任した。「反省すべき点が多々あった」と会見で稲田氏は述べたが、むろん反省すべきは稲田氏だけではない。任命責任者であり、彼女を庇護し続けた安倍首相も同じである。なんにせよ稲田氏の辞任は遅すぎた。

南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊の日報問題で、稲田朋美防衛相が引責辞任した。「反省すべき点が多々あった」と会見で稲田氏は述べたが、むろん反省すべきは稲田氏だけではない。任命責任者であり、彼女を庇護し続けた安倍首相も同じである。なんにせよ稲田氏の辞任は遅すぎた。

部下への責任転嫁はありえない

隠蔽体質を浮き彫りに

辞任会見「責任を痛感」 

「iRONNA Picks」について

 総合オピニオンサイトiRONNAをいつもご覧いただき、ありがとうございます。iRONNAでは2014年10月のオープン以来、時々の話題や巷で議論になっている問題について、ユーザーの皆様がさまざまな視点から議論できるようなテーマを編集部で選定し、日々お届けしております。8月12日より公開を始めました「iRONNA Picks」は、従来のテーマではなかなか取り上げることができなかった速報性の強い経済ネタや事件、社会問題、エンタメ関係など、これまで以上に幅広く、より多くの旬の話題に触れていただくことを目的としております。ニュースよりも速く、ニュースよりも深掘りできるような論考を随時ピックアップして、できる限りたくさんの記事をユーザーの皆様にお届けできればと考えています。従来通りのテーマページも日々公開していきますので、iRONNA Picksとともに、今後ともぜひiRONNAをお楽しみください。(iRONNA編集部)

豊田議員にも知ってほしい

最も基本的で重要な習慣

年上と対局するプレッシャーはない

重視するのは相手が「指さなかった手」

準備は着々と進められていた

倫理観を揺さぶる衝撃作

肉食獣はオバマだった!

世界情勢の緊迫が「ズートピア」を生んだ

有力候補は北朝鮮シンパだらけ

朴槿恵は弾劾されるのか

中国人ジャーナリスト現地リポート

2017年、中国はどこに向かう

「為せば成る」苦境打開への道

頭脳や知識より大切なもの

バックナンバー

なんにせよ稲田氏の辞任は遅すぎた