疑惑の五輪エンブレムなんかいらない!

疑惑の五輪エンブレムなんかいらない!

設計から見直すことになった新国立競技場に続き、またしても2020年東京五輪にミソをつけた公式エンブレムのパクリ疑惑。デザインを手掛けた佐野研二郎氏の釈明も空しく、次々と浮上する盗用疑惑にネット上では大炎上が続く。こんな灰色の五輪エンブレム、もう取り下げた方がいい!

疑惑に呪われた五輪

  • 誰が「佐野研二郎」を殺すのか? 捜査の手緩めぬネットの人々

    誰が「佐野研二郎」を殺すのか? 捜査の手緩めぬネットの人々

    佐野研二郎氏を取り巻くデザイン疑惑を追求しているのが、ネット上における無数の無名の人々だ。彼らはなぜネット上の捜査の手を緩めないのか? ITジャーナリストの神田敏晶が迫る。

五輪でひと儲け

  • オリンピックに潜り込んだゴキブリたち

    オリンピックに潜り込んだゴキブリたち

    エンブレムのついた商品を身近に置くことで、選手、世界の人々と一体になって誇らしい気持になれるオリンピック。ところが今回、それが、あのゴキブリ・エンブレムだ。大阪芸術大学教授の純丘曜彰が汚れた五輪を喝破する。

ネット「捜査」 集中砲火

Netgeek
ネット上で酷似を指摘された佐野研二郎氏が手掛けたデザイン(netgeekより)
 佐野氏は、多摩美大グラフィックデザイン科卒。大手広告代理店「博報堂」で経験を積んだ後、2008年に独立。KDDI「LISMO」やTBS「ブーブ」、日光江戸村(栃木県日光市)の「ニャンまげ」といったキャラクターのほか、プロダクトデザイン、絵本の出版など幅広い活動を行っている。
 先月末に盗用疑惑が浮上して以降、ネット上には、複数のまとめサイトができ、「LISMO」とiPodの広告のほか、佐野氏がデザインしたトヨタ「ReBORN」と、漫画「ドラゴンボール」のレッドリボン軍のマークなど、“そっくり”作品が列挙され、話題となっているのだ。
 8月5日の会見では、過去の作品群にも盗作が指摘されていると質問され、「そういった声があるとしたら、ものすごい残念。物をパクるということは一切ありません。自分の子供を育てるようにデザインを作っているので、寂しい」と述べた。
 また、佐野氏は「仕事が忙しくなった」として5月にツイッター、フェイスブックを非公開にしたが、騒動後、事務所のツイッターアカウントに「白紙撤回」などというメッセージが掲載された。「乗っ取りで、私や私の事務所がやっているわけではない」とし、乗っ取り被害に遭っていたことも会見で明かした。盗作疑惑について、デザイナーのナガオカケンメイ氏がフェイスブックで「シンプルで力強いデザインはグラフィックに限らず、似てきます」と書き込むなど、デザイン関係者らは次々と「盗用ではない」との考えを表明している。(zakzak 2015.8.6

会見は「満点」だったが

  • なぜここまでこじれたのか? 五輪エンブレム騒動の法的論点を整理

    なぜここまでこじれたのか? 五輪エンブレム騒動の法的論点を整理

    収束する気配をみせない五輪エンブレム問題。8月14日には、デザイナーのオリビエ・ドビ氏が国際オリンピック委員会(IOC)を相手に、使用差し止めを求め訴えを起こした。どうして、ここまで問題がこじれているのか。

アーティストの気概見せよ

  • 五輪エンブレム作者の新たな疑惑~国民が誇りを持てるデザインを

    五輪エンブレム作者の新たな疑惑~国民が誇りを持てるデザインを

    佐野氏は盗用はしていないと正当性を訴えたうえで、発想力のあるアーティストとしての気概を見せるべきだ。新たに浮上した盗作疑惑。スポーツライターの瀬尾温知がエンブレム問題に斬り込む。

撤回した方がいい

 パブロ・ピカソは「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」と言った。アップルを創業したスティーブ・ジョブズはこの言葉を引用して「だから僕たちは、偉大なアイデアを盗むのに恥じることはなかった」。オリジナルを超える価値を創造した自信がうかがえる。では、こちらはどうか。
 2020年東京五輪のエンブレムをデザインしたアートディレクターに、またも盗用疑惑が持ち上がった。ビール会社のキャンペーン賞品のバッグに「酷似したものがある」と指摘され、一部を取り下げた。「専門家を交えて調査している」というが、本人はわかっているはずだ。五輪エンブレムも撤回した方がいい。
 前例がある。1970年の大阪万博のシンボルマークは桜の花をモチーフにしたが、最初に選ばれたのは別の作品だった。「インテリだけがわかるようなものはだめで、大衆性がなければいけない」。日本万国博覧会協会の石坂泰三会長の一声でひっくり返った。
(「浪速風」産経新聞 2015.8.14)

この人も吠える!

またケチがついた

  • スタッフが作ったものでも「佐野デザイン」? 佐野研二郎の未熟さ

    スタッフが作ったものでも「佐野デザイン」? 佐野研二郎の未熟さ

    サントリー社のキャンペーン賞品を取り下げ、自身のホームページで「スタッフが無断でやったこと」と釈明した佐野氏。藤本貴之は百歩譲ってその主張を受け入れたとして、もう一つの問題点が浮かび上がると指摘する。

  • 実は大阪万博のシンボルマークもひと騒動あったんです

    実は大阪万博のシンボルマークもひと騒動あったんです

    建設費が膨大すぎて設計から見直すことになった新国立競技場に続き、またしてもケチがついた。準備期間5年を切った東京五輪は前途多難。実は、いったん決まったシンボルマークを差し替えた例がある。

  • 五輪エンブレム騒動 擁護デザイナー経由で松任谷由実に飛び火

    五輪エンブレム騒動 擁護デザイナー経由で松任谷由実に飛び火

    拡大の一途を辿っている五輪「パクリ騒動」は擁護デザイナー経由で松任谷由実に飛び火した。

疑惑の五輪エンブレムなんかいらない!

パクリ疑惑に揺れる東京五輪の公式エンブレム騒動についてどう思いますか?

  • 5965

    デザインを一から見直すべき

  • 232

    デザインを変える必要はない

  • 173

    どっちでもいい

返信を入力