「ポスト安倍」は誰か
2617

テーマ

「ポスト安倍」は誰か

安倍晋三首相の任期満了に伴う自民党総裁選は、14年ぶりの無投票で首相の再選が決まった。首相は「アベノミクスも道半ばだ。結果を出すことで責任を果たしたい」と意欲をみせたが、野党からは「モノ言えぬ自民党」の閉塞感への批判も根強い。いま、政界に「ポスト安倍」は存在するのか。

安倍晋三首相の任期満了に伴う自民党総裁選は、14年ぶりの無投票で首相の再選が決まった。首相は「アベノミクスも道半ばだ。結果を出すことで責任を果たしたい」と意欲をみせたが、野党からは「モノ言えぬ自民党」の閉塞感への批判も根強い。いま、政界に「ポスト安倍」は存在するのか。

後継の条件

「倒閣」のシナリオ

「野田氏と選挙カー乗りたくない」

衆院第1議員会館で会見を開き、自民党総裁選の出馬断念を発表する野田聖子前総務会長=9月8日、東京都千代田区
衆院第1議員会館で会見を開き、
自民党総裁選の出馬断念を発表
する野田聖子前総務会長
=9月8日、東京都千代田区
 首相と野田氏は当選8回の同期生。野田氏が郵政民営化に造反して無所属議員になった時も、首相は平成18年の第1次政権下で復党させた。24年の第2次政権では総務会長に抜擢するなど、良好な関係を続けていた。
 ところが、昨年5月に2人の関係は決定的に壊れた。野田氏が雑誌「世界」で、集団的自衛権行使容認に向けた憲法解釈変更を進める安倍政権の姿勢に疑義を呈したことが原因だった。野田氏は同誌に「自衛隊は軍になり、殺すことも殺されることもある。いまの日本に、どれだけそこに若者を行かせられるのでしょう」とも記した。
 党の最高意思決定機関である総務会の長にこんな論文を書かれては、首相の面目は丸つぶれだ。首相は激怒し、「野田聖子なんかを信用した自分がバカだった」と周囲にぶちまけたという。首相にはもう一つ気がかりなことがある。安保関連法案の行方だ。もし8日告示-20日開票の日程で総裁選が行われれば、野党が「首相が交代するかもしれないのに審議などできない」と審議拒否に転じる可能性は十分ある。
 それだけに首相はできれば総裁選を避けたいというのが本音。ましてや野田氏と同格扱いとなるのは「まっぴらごめん」と思っているようだ。自民党の側近に思わずこう漏らしたという。「野田氏なんかと一緒に選挙カーに乗りたくないな…」(「安倍政権考」産経新聞 2015.9.7

引退は天が許さない

敗けても敗けても

自民党の変質

東京・永田町の自民党本部
東京・永田町の自民党本部
 自民党総裁選は無投票で安倍総理の再選が決まった。かつての自民党では考えられない対応であり、自民党の変質、つまり自民党の体制翼賛政党化だ。
 かつての自民党はタカ派的派閥やハト派的派閥存在し、それに総裁ポストをめぐる主導権争いが絡まって、いろいろな立場の議論が百出するのが常であった。それが第二次安倍内閣が誕生してからは、自民党内では安倍氏を野党時代に支えた日本会議を中心とする右翼勢力が党内の主導権を握り、それに反対するリベラルな意見は封殺されている。
 安保法制では、歴代自民党の総理総裁が言明してきた「専守防衛」という憲法解釈を根本から覆す安倍総理に自民党内では誰も真正面から反論しない。自民党政権時代の歴代法制局長官も現職以外全員が安保法制が違憲といっているにもかかわらず、自民党内から異論が出ない。まさに自主規制を含む言論封殺の危険な体制翼賛政党化だ。
 昨日開いた「安保法制と原発再稼働」の地元講演会でも100名を超える熱心な参加者があった。多くの国民が危機感を覚えている証拠だ。
 日本全体が体制翼賛化しないように頑張らなければならない。(2015.09.08 菅直人オフィシャルブログ「今日の一言」

後継者は誰か

安倍さん一代の話

 安倍政権が長期に継続することによるメリットはあります。とくにそれは外交面です。
 安倍さんは政権2年で国際会議に出たときに、ようやく自分の意見を主張し、それに他国の首脳が耳を傾けてくれるようになったと話しています。これから3年、4年続けば他国の首脳とも本格的な議論ができる。そうして初めて日本が国際的なリーダーシップを取り、日本のプレゼンスを示すことになる――。
 確かに1年で交代する総理を国際社会は相手にしてくれません。安倍さんがこの2年間、すごい勢いで海外を飛び回り、行く先々で経済協力や支援を約束して友好関係を結んできています。その面は国際社会から高く評価されています。
 長期政権は国際関係が初めて実質化するという側面を持っています。そういう意味では、安倍さんが最良の外交官であり外交総理であることは間違いありません。
 しかし、これとて次の総理が長く続くという保証とはならず、安倍さん一代の話です。つまり一代年寄。伝統的に継承する部屋にはなりません。この継続性の欠如が、現在の安倍政権が直面する困難です。(東大名誉教授・御厨貴、2015.02.26
「ポスト安倍」は誰か

みんなの投票

編集部が独断と偏見で選んだ3人の中で「ポスト安倍」にふさわしい政治家は誰だと思いますか?

  • 菅義偉官房長官

    1059

  • 石破茂地方創生相

    250

  • 橋下徹大阪市長

    1308