「日本一の兵」真田三代の鬼謀
589

テーマ

「日本一の兵」真田三代の鬼謀

大坂の陣の活躍で「日本一の兵(つわもの)」と称えられた真田信繁。信繁の活躍の裏には小領主から身を起こし、実力者たちを翻弄し続けてきた祖父や父から受け継いだ戦国最強の智謀があった。乱世を行き抜いた信繁、昌幸、幸隆と真田家三代の血筋を遡る。

大坂の陣の活躍で「日本一の兵(つわもの)」と称えられた真田信繁。信繁の活躍の裏には小領主から身を起こし、実力者たちを翻弄し続けてきた祖父や父から受け継いだ戦国最強の智謀があった。乱世を行き抜いた信繁、昌幸、幸隆と真田家三代の血筋を遡る。

「鬼神をも欺く」

戦わずして勝つ調略、独立への軍略

群雄を手玉にとった昌幸

 合戦に敗れて所領を失い、武田信玄に仕えて旧領を回復。その後は戦国のベンチャー企業さながらに名声を天下に広げた信州の真田家。真田昌幸(まさゆき)は、真田の礎を築いた父・幸隆(ゆきたか)の後を継ぎ、真田ブランドを全国に知らしめた名将である。
 7歳の時に人質として甲斐に入り、近習(きんじゅう)として信玄に仕えたが、「我が両目のごとし」とまで寵愛(ちょうあい)され、早くからその才能を見いだされていたようだ。三男だった昌幸は、信玄の斡旋(あっせん)で武田一族に連なる武藤家に養子入り。足軽大将を務め、北条攻めや三方ヶ原の戦いにも参戦している。
 信玄の没後は武田勝頼に仕え、武藤家の家督を引き継いだのだが、長篠の戦いで武田軍は織田信長に大敗を喫する。父の死後に家督を継いだ長兄の信綱(のぶつな)と次兄・昌輝(まさてる)がともに戦死したため、昌幸が本家に戻されて、真田家のトップの座に就く。以降は斜陽の武田家をよく支えて奮戦したが、ついに武田家が滅亡。昌幸は織田信長に臣従することで生き残りに成功した。
 しかし本能寺の変で信長が倒れると事態は急変。旧武田領を統治していた織田家臣たちが相次いで逃走し、徳川、上杉、北条らの軍勢が入り乱れて領地の争奪戦が勃発した。昌幸はこの混乱に乗じて旧武田の家臣を結集。上野の沼田城を奪回して、当初は北条、次いで徳川につくなど大大名を翻弄する。
 やがて北条と徳川の和睦が成立し、沼田城を北条に引き渡すことが条件とされたため、今度は上杉景勝に接近して北条・徳川に対抗。信州の上田城に籠って徳川の大軍を迎撃した昌幸は、2000人に満たない兵力ながらも巧みな戦術で徳川を散々に打ち破っている。
 その後は豊臣秀吉に臣従したが、秀吉の死後は再び徳川との抗争が再発。天下分け目の戦いが近づくと、昌幸は長男の信之(当時は信幸)を東軍に、自らは次男の信繁(幸村)とともに西軍につくことで真田家を二分。東軍の主力だった徳川秀忠率いる3万8000人の大軍を相手に、たった3000人の兵で一世一代の足止め作戦を敢行。結果的に秀忠軍は関ヶ原に参戦できず、西軍は敗れたものの真田家のブランドは天下にとどろいた。
 家康には恨みを買ったものの、信之の嘆願によって助命された昌幸は、紀州の九度山に配流となり、その地で波瀾(はらん)万丈の生涯を閉じた。親会社の倒産によって同僚を集めて起業したベンチャー企業が大企業に一矢報いるという、絵に描いたような物語である。
 外交と謀略を駆使し、圧倒的に不利な状況でも勝利をつかんだ昌幸の見事な手腕は、並入る戦国武将のなかでも屈指のものだろう。
 (渡辺敏樹/原案・エクスナレッジ 夕刊フジ 2014.02.06)

真田家のキーパーソン

昌幸を支えた正室

 真田昌幸の正室、山之手殿の出自については、諸説あり確定できない面もある。ただ、宇多下野守頼忠の娘であるというのが、最も有力な説だ。
 頼忠のもう1人の娘は、石田三成の正室で、昌幸と三成は「義理の兄弟」だった。加えて、頼忠の息子、河内守頼次は山之手殿が産んだ昌幸の五女を妻にし、頼次は三成の父、正継の養子に。さらに、昌幸の次男、幸村の正室、お利世が、三成の親友、大谷吉継の娘だった。
 こうした結び付きから、昌幸は慶長5(1600)年の関ケ原の合戦では、三成に味方することを決断する。下野“犬伏(栃木県佐野市)の別れ”で、長男、信之とたもとを分かち、次男、幸村だけを連れて上田城(長野県上田市)に戻った。
 関ケ原に向けて進軍する徳川秀忠率いる徳川軍3万8000人は、上田城に兵3000人と籠城する昌幸・幸村父子に降伏を勧告するが、父子は降伏を拒否。逆に「十分に準備ができたので一合戦仕ろう」と宣戦布告する。
九度山の真田昌幸・幸村親子屋敷跡に建てられた善名称院。「真田院」とも呼ばれる
 秀忠の怒りは頂点に達し、徳川軍は直ちに総攻撃したが、上田城の堅い防備と真田軍の強さは秀忠の予想をはるかに上回るものであった。
 天正13(1585)年の第1次上田合戦で、昌幸に散々煮え湯を飲まされた徳川軍にとっては、悪夢の再来となった。その惨状は目を覆うもので、徳川家公式文書『烈祖成蹟(れっそせいせき)』には「我が軍大いに破れ、死傷算なし」と記されている。徳川軍は上田城を落とせず6日間も足止めをくらい、秀忠は関ケ原の合戦に間に合わず、家康から叱責を受ける。
 関ケ原後、上田城は家康によって徹底的に破壊され、昌幸・幸村父子は紀伊国(現在・和歌山県と三重県南部一帯)九度山に配流となった。
 幸村の正室、お利世は九度山に同行したが、昌幸の正室、山之手殿は同行せず、長男、信之のもとに残った。山之手殿は剃髪して寒松院(かんしょういん)と号した。昌幸は九度山で側妻(そばめ)を持ち、女の子まで産ませている。
 夫と離れて10年余りを1人で生きた山之手殿は慶長18(13)年6月3日、上田城内においてこの世を去った。(拓殖大学地方政治行政研究所客員教授・濱口和久 夕刊フジ、2015.07.18)

真田の遺伝子

幸村の子孫が語る大坂の陣

 豊臣方の幸村は夏の陣で長男・大助とともに戦死するが、血筋は残った。敵方だった伊達政宗隊の先鋒(せんぽう)で、同じ信州の出といわれる片倉小十郎重綱が、幸村の次男・大八丸と娘たちを保護した。このとき4歳だった大八丸にはじまる仙台真田家の当主が真田徹さん(66)である。
仙台真田家の当主、真田徹さん
 「幸村の子孫であることは嫌で嫌で仕方なかった。『真田十勇士』がはやったが、特に子供の頃は気恥ずかしくて。隠すようにしていた」
 仙台出身。大学卒業後、大手建設会社に勤め、子孫を名乗る必要のない人生を送った。「でも心の中ではやはり意識するし、幸村を誇りに思ってきたのかな。家にある遺品や各地に残るゆかりの史料を調べ、研究するようになった」
 幸村が天下分け目の関ケ原の戦いの後、高野山麓の九度山で父の昌幸とともに隠棲していた当時、知人あてに送った手紙。〈どうか壺二個の焼酎の件よろしく願います〉。焼酎好きだった一面が浮かび、「血は争えない」と身近に感じた。
 最近の戦国ブームもあって、子孫として歴史イベントに招かれる。昨年、会社を定年退職してからは講演の機会も増えた。そうした場で強調することがある。
 「幸村は負けると分かっていながら、豊臣家への忠義のために戦ったともいわれるが、違う。勝算があったからこそ参戦した」
 戦国乱世の信州で、列強に囲まれながらもしたたかに領地を守り抜いた真田家の家柄は、戦場で華々しく散る美学に殉じる幸村像とはほど遠いというのだ。
 慶長19(1614)年11月、「難攻不落の名城」といわれた大坂城を包囲したのは徳川家康を大将に諸大名からなる徳川方20万人。対する豊臣秀頼を大将とする豊臣方は浪人諸将ら10万人が城に集結した。
 “戦国オールスター戦”といえる大坂の陣の前半戦・冬の陣。入城した幸村は籠城戦に反対し、城外戦を強く主張したといわれる。真田丸攻防戦の直前、家康襲撃を企図した際に着用したと伝わる甲冑「南蛮胴総革威(なんばんどうそうがわおどし)」は不要な装飾を排し、実戦に即した機能美を醸し出す。そこに、幸村の秘めたる決意を感じる。
 「将棋と同じ。幸村なら劣勢でも敵の王将さえ討てば勝てると、はじめから家康の首ただ一つに狙いを定めていたのだろう」(産経新聞、2014.10.21)

信繁、闘志と矜持

「日本一の兵」真田三代の鬼謀

みんなの投票

真田家が戦国時代を生き抜いた一番の武器は何だと思いますか?

  • 外交

    106

  • 用兵

    74

  • 諜報

    409