戦艦武蔵の46センチ砲と日本人の技術力
4977

テーマ

戦艦武蔵の46センチ砲と日本人の技術力

先の大戦当時、史上最大の超弩級戦艦として世界を驚愕させた戦艦武蔵が、46センチ主砲を発射した瞬間をとらえた貴重な写真が見つかった。武蔵の初代砲術長、永橋爲茂大佐のご遺族よりiRONNA編集部に提供していただいた1枚の写真からは、当時の日本人の技術力の高さがうかがい知れる。

先の大戦当時、史上最大の超弩級戦艦として世界を驚愕させた戦艦武蔵が、46センチ主砲を発射した瞬間をとらえた貴重な写真が見つかった。武蔵の初代砲術長、永橋爲茂大佐のご遺族よりiRONNA編集部に提供していただいた1枚の写真からは、当時の日本人の技術力の高さがうかがい知れる。

新発見! 写真が伝える武蔵46センチ主砲

主砲を発射する戦艦武蔵(永橋爲茂さんの遺族提供)
 史上最強の超弩級戦艦として世界が驚愕した戦艦武蔵の46センチ主砲はどれほどの威力があったのか。歴史ファンであれば、誰もが一度は気になっていたであろう、その主砲が火を噴く瞬間をとらえた貴重な写真が見つかった。これまで、姉妹艦の「大和」も含めて、大和型戦艦といわれる武蔵と大和の主砲が発射された記録写真は確認されたことがない。今回見つかった写真は、世界最大の46センチ主砲の威力と当時の日本の技術力をうかがい知ることができる貴重な史料であり、まさに歴史に残る新発見といえよう。
 この写真を保管していたのは、昭和17年8月に完成した武蔵の初代砲術長を務めた永橋爲茂(ためしげ)大佐の次男、爲親(ためちか)さん(85)。横須賀海軍砲術学校の教官を務めていた永橋大佐は昭和16年11月、建造前の武蔵名称「第二号艦」の艤装員を命ぜられ、建造中の艦乗組員として従事した。当時、武蔵の建造は帝国海軍の最重要機密とされ、海軍内部でも徹底的に情報統制が敷かれた。このため、永橋大佐はいったん軍籍が離脱扱いとなり、三菱重工長崎造船所内の「有馬事務所」で勤務している民間人として、造船所で働いていた。
 翌年8月に武蔵が完成すると、正式に砲術長に就任。これまで戦艦「陸奥」や「金剛」の砲術長も歴任していたが、武蔵は想像を絶する巨大戦艦だったこともあり、他の乗員とともに訓練に明け暮れる日々だったという。
 「武蔵が完成する直前のことだったと思いますが、父が何の前触れもなく突然、逗子(神奈川県)の自宅に帰ってきたんです。それから兄と私を連れて伊勢(三重県)の皇大神宮を参拝しましたが、そのときの父は持参した風呂敷包みをとても大事そうに神棚に上げていたのを覚えています。武蔵の艦内にあった艦内神社のお札をもらって武運を祈るのが目的だったんでしょうね」。爲親さんはそう振り返る。
 爲親さんによると、46センチ主砲を発射した際の爆風の威力を調べる実験では、甲板に置いたモルモットやウサギの内臓が飛び出すほどの威力があったとされ、「まるで大地震に遭ったぐらい艦船が揺れたと、父も46センチ主砲のケタ違いの威力に大変なショックを受けているようだった」という。
 爲親さんが保管していた写真は、横10・5センチ、縦7・5センチのモノクロ。武蔵が左舷に向けて発砲する様子を艦尾側から撮影したとみられるが、撮影場所や日時は不明。海軍の記録によれば、武蔵は最大幅が約40メートルあったが、主砲から出た砲煙はその倍近くに達しており、さらに爆風による衝撃波で150メートルほど先まで海面が波打っていることが分かる。主砲の射程距離は42キロとも伝えられるが、主砲が放つその威力をまざまざと伝える1枚である。
 映像制作会社「セレブロ」(東京都)の本多敬さん(72)が「大和」「武蔵」の動画を探す過程で、以前本多さんが制作したDVDを見た爲親さんから問い合わせがあったことがきっかけとなり、発見につながった。本多さんが専門家を通じて調べたところ大和型戦艦の46センチ主砲が発射された瞬間に間違いないと確認されたという。
 永橋大佐は昭和18年2月に武蔵から退艦し、その後は戦艦「榛名」の副長、さらに海軍兵学校の教官に転任した。爲親さんにとって、今も忘れられない記憶が、19年10月にレイテ沖海戦に出撃した武蔵が沈没した直後の父の様子だったという。「兵学校から夕方帰宅した父の様子が明らかに変だと気付いた。部屋に一人こもってなかなか出てこない。様子をうかがっていると、部屋に入れてくれた父が目に涙を浮かべて、『武蔵が沈没した。砲塔分隊員が…』と震えた声で話してくれたのを今でもよく覚えています。きっと、自分が部下を連れて武蔵に乗せたのに、一人先に艦を降りたことが辛くてたまらなかったんだと思います」
 爲親さんによれば、永橋大佐は「海軍で鉄拳制裁を受けたことはあるが、制裁をしたことはない」と誇らしく語り、部下からも「私たちの方から話掛けたくなる」と誰よりも慕われていたという。今年3月には、フィリピン沖のシブヤン海で米マイクロソフト創業者、ポール・アレン氏によって武蔵が発見されるという大ニュースもあった。戦後70年という節目の年にかつて父が乗った武蔵が見つかったことに、どこか不思議な縁も感じている。
 「70年もの間、冷たく暗い海底に眠る乗員の皆さんが、どんな思いで発見を待っていたのか。それを想像するだけで気持ちが込み上げてくる。本音を言えば、もっと早く見つけてやってほしかった。尊敬する父もきっと、そう思っていると思います」。爲親さんは武蔵の写真を眺めながら、複雑な思いものぞかせた。(iRONNA編集部・松田穣)

すべてが無駄ではなかった

近代日本の歴史的結晶

「いずも」も参加

「不沈艦」の落とし穴

 3月11日、東日本大震災直後のテレビニュース画面を見て、しみじみ自然の力の前には、人間の力は小さいものだと感じるしかなかった。(中略)なぜこんなことになったのか。どうも日本の危機管理意識には、「絶対安全」が「絶対」であるという考えがある。しかし、絶対の要求は、そもそも危機管理の本質を誤っている。危機管理の本質は、「絶対安全」ではなく、「絶対安全」が破綻したときの「対応」なのである。この面において、日本の危機管理意識は、大きな見直しを迫られていると考えてよいだろう。
 私が勤務する、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム=広島県呉市)では、かつての日本が培った、戦艦大和を頂点とする造船技術の歴史を中心に展示しているが、明治以来、短時間で世界のトップレベルに達した造船技術を、単に素晴らしい歴史として展示しているわけではない。多くの素晴らしい成果とは、実は数限りない失敗を乗り越えてきた歴史であることを知ってもらいたいと思っている。失敗の検討こそ成功への道と思うからである。
 この意味で、私が思い出すのは、太平洋戦争において日本海軍が建造した戦艦大和に深くかかわった2人の人物である。
 一人は、呉海軍工廠(こうしょう)で大和建造の際の設計主任であった牧野茂氏(1902~96年)で、亡くなるまで、大和の沈没に至った経緯に関して自責の念を持っていた。牧野氏は、「大和の受けた攻撃と被害は、想定をはるかに超えた大きなものだったので、沈没はやむをえなかった」としながらも、「想定が現実的でなく、さらに大きな想定を予想し得なかった責任は技術者にもある」と語った。しかし、「不沈艦を要求されたわけだが、無制限に被害の想定の程度を上げれば、船として成立しなくなる、難しいのだよ」と、苦しい表情をした。
 大和に求められていた防御とは、自身が持つ世界最大の46センチ砲弾、1・5トンに達する砲弾の直撃に耐えるもの、だった。もしこれが可能なら、世界中の戦艦の砲弾に耐えられることになり、文字通り不沈戦艦となるはずであった。設計陣は、この防御にこだわり、成功させたのだが、あまりにも完全であったために、これが破られた場合の研究、訓練が十分ではなかった。同時期のアメリカ戦艦は、被害を受けるのは当然として、被害を受けた後の対策に重きを置いていたのだ。
 もう一人は、建造当時に大和の副長であった砲術の専門家、黛治夫(まゆずみ・はるお)氏(1899~1992年)だ。黛氏は、「過去の教訓から見て、大和にはさらに沈みにくくするために、何度も具体的な提案を出したが、取り上げてもらえなかった。最後には、専門家が完全な設計をしているのだから、口を出すな、資材もない、と言うようなことを言われた」と、大和の沈没を悔やんでいた。
 2人の話には、安全を考えるときに学ばなければならないことが多い。日本人の技術意識には完璧を求める傾向が強くあり、無論その完璧を求める思いが、常に世界有数の成果を挙げてきたことも事実だが、ことトラブルに遭遇したときには大きな落とし穴がある。思いもよらないような、あらゆる形の事故の想定をすることこそが、事故回避の第一歩であるということを、改めて教えられたのが今回の災害だと思う。
(戸高一成・呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長 産経新聞 2011.08.08)

■先進対艦・対地弾頭技術の研究(防衛の政策評価「平成26年度 事前の事業評価」)

大和型の真実

戦艦武蔵の46センチ砲と日本人の技術力

みんなの投票

46センチ主砲の技術に日本のモノづくりの精神を感じますか?

  • 感じる

    4626

  • 感じない

    203

  • 分からない

    148