もう「おんな大河」はやめなさい
5603

テーマ

もう「おんな大河」はやめなさい

今年の大河ドラマ「花燃ゆ」は、結局大コケのまま幕を閉じそうですが、再来年の大河もまた井伊直虎という歴史上の人物としては無名の女性が主人公だそうです。制作側のNHKが女性の活躍を意識しているのかは定かではありませんが、もうそろそろ「おんな大河」路線はやめにしませんか?

今年の大河ドラマ「花燃ゆ」は、結局大コケのまま幕を閉じそうですが、再来年の大河もまた井伊直虎という歴史上の人物としては無名の女性が主人公だそうです。制作側のNHKが女性の活躍を意識しているのかは定かではありませんが、もうそろそろ「おんな大河」路線はやめにしませんか?

そろそろ変革が必要でしょ

戦いを面白おかしく描けない

2作連続の「戦国モノ」投入で復活なるか?

 女優・井上真央主演のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の苦戦が続いている。同作は、初回こそ平均視聴率16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したものの、その後は10%台前半を推移し、4月12日に放送された第15話では9.8%とついに1桁台に。今月6日に放送された第36話は、1月の放送開始以来過去最低となる9.3%となった。 同作に関しては、井上演じる主人公が吉田松陰の妹で後に久坂玄瑞の妻となる杉文と、歴史上の人物としてはお世辞にもメジャーとはいえない人物ということもあり、放送開始前から苦戦が取り沙汰されていた。
 女性主人公の重用の背景に「篤姫」の成功体験!?
 芸能評論家の三杉武氏は語る。
2008年大河ドラマ『篤姫』の主演、宮崎あおい(右)と小松帯刀役の瑛太
 「幕末ものは、戦国ものについで時代劇ファンには人気の高いジャンルではありますが、やはりもう少し知名度の高い主人公を据えても良かったのではないのかな、と。それに『篤姫』の成功体験が反映されているのか、はたまた“歴女”ブームにあやかりたいのか、最近の大河はやたらと女性を主人公にしているのもどうなんでしょうか。確かに『篤姫』は近年の大河の中では善戦した方ですし、過去には『春日局』や『おんな太閤記』など女性を主人公にしてヒットした作品もありますが、『江 姫たちの戦国』しかり、『八重の桜』しかり、苦戦が続いていましたからね」
 実際、「幕末男子の育て方。」というキャッチコピー一つをとっても、同作が“歴女”をはじめとした若い女性視聴者層を意識しているのは明らか。伊勢谷友介や大沢たかお、高良健吾、東出昌大、瀬戸康史らイケメン俳優を大量動員してヒットを狙ったものの功を奏さず、最近になって人気女性アイドルグループ「乃木坂46」を投入するなど、ここに来て“ブレ”も見え始めている。
 「真田丸」「おんな城主 直虎」を投入
 そうした中、NHKサイドは堺雅人主演で来年放送の次回作「真田丸」に続いて、早くも次々回作となる2017年の大河ドラマが、柴咲コウの主演で「おんな城主 直虎」になることを発表して話題を呼んでいる。
 柴咲扮する主人公・井伊直虎は、戦国大名の今川義元の家臣の井伊直盛の一人娘として生まれ、女性ながら井伊家の当主、井伊谷城の城主として優れた手腕を発揮し、養母として後に「徳川四天王」の一人として名をはせる井伊直政を育て上げた人物。
 脚本はTBS系で放送された人気ドラマ「JIN-仁-」などの作品で知られる森下佳子氏、チーフプロデューサーは13年放送のNHK朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」などで知られる岡本幸江氏が担当し、主演、脚本、プロデューサーがすべて女性という布陣で臨むことになる。
 過去には「政宗」、「信玄」で大河ブームも
 その一方で、「花燃ゆ」と同様、歴史上の人物としてはいまいちマイナーな女性が主人公ということで早くも苦戦を危惧する向きもあるが、前出の三杉氏はこう語る。
 「『真田丸』、『おんな城主 直虎』と2作連続で戦国ものを投入するあたりには、NHKサイドの危機感が感じられますね。2作連続の戦国ものといえば、87年の『独眼竜政宗』、88年の『武田信玄』が放送された時には両作とも40%近い平均視聴率を記録し、大河ブームが巻き起こりました。戦国武将としてもメジャーでファンの多い真田幸村を主人公にした『真田丸』がそれなりのヒットを飾れば、『おんな城主 直虎』にも視聴者が引き継がれるなどの相乗効果が期待できますし、そのあたりの狙いもあると思います」。
 「直虎」ヒットのカギを握るゲームファン
 さらに、「おんな城主 直虎」についてはこう指摘する。
 「井伊直虎は歴史上の人物としてはマイナーな部類に入りますが、戦国時代を舞台にしたゲームの中では人気女性キャラクターの一人として、ゲームファンの間ではそれなりに知られています。NHKは『紅白歌合戦』の選考をみても、07年に“アキバ枠”を設けて当時人気グラドルだったリア・ディゾンを出場させた時期あたりから、アイドルファンやアニメファン、漫画ファンなど、いわゆる“オタク層”の視聴者獲得にも力を入れている傾向がある。『おんな城主 直虎』に関しては、あまり大河になじみのないゲームファンを新たな視聴者として取り込もうという狙いもあるのではないでしょうか」
 近年は視聴率低迷という逆風が吹き荒れる中、2作連続の戦国もの投入で起死回生の勝負に打って出る大河ドラマだが、果たして復活はなるか!? (文責/JAPAN芸能カルチャー研究所、THE PAGE 2015.09.12)

画期的で斬新な試みだ

「『花燃ゆ』いろいろ言われました」

 「『花燃ゆ』いろいろ言われました」。10月20日、今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で吉田松陰を演じた俳優の伊勢谷友介さんが、こんな書き出しで始まるツイートをして、低視聴率ばかりがなにかと話題になる出演作について振り返った。
伊勢谷さんは「戦いを描かない大河は、もしかしたら初めての試みでした。その心意気!」とした上で、「物理的な戦いで解決できる平和は無い。それが真実。草莽崛起が、社会を作る時代。草莽は平和を望むが、自分の命が惜しい。それが現代。新しいビジョンの為の第一歩たるべくした挑戦でした」とつぶやいた。
 ツイートの中で触れた「草莽崛起」という言葉は、志を持った在野の人たちが一斉に立ち上がり、大きな物事を成し遂げようとする意味だが、吉田松陰が江戸末期に民衆主体の改革を望んで唱えた思想としてもよく知られる。
 このツイートを読んだファンからは「無名でもその時代を懸命に生きた人たちは大勢います。有名人は確かに魅力的ですが、血にまみれた権力者が多すぎます」「戦いを描かないからこそ、心に響く作品だと思います」などと多くのリツイートが寄せられたが、その一方で「役者は別に悪くない。ただ、脚本が悪いだけ」「つまり、面白くないということですよ」などと作品に対する批判の声も上がった。(iRONNA編集部)

来年以降、視聴率回復は

受信料を払いたくなる大河ドラマを期待します

 「幕末男子の育て方」という少女漫画のようなキャッチコピーをつけた今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」は、いよいよ最終盤に差し掛かりましたが、視聴率は相変わらずの低迷が続いています。正直、始まる前からあまり期待はしていませんでしたし、スタートしてからも土曜日の再放送を含めてたまにしか見ていませんでした。そりゃそうでしょう、続けて見たいと思うようなワクワク感が何一つないのですから。
 主人公の吉田松陰の妹、文を演じた井上真央さんには申し訳ありませんが、夫の久坂玄瑞や高杉晋作といった名立たる長州藩士の陰に隠れて、いつもそば耳を立てて不安そうな表情を浮かべるシーンがとかく多かった気がします。
 たまに藩主にモノ申す気丈な場面もありましたが、ドラマとはいえ史実では到底有り得ないだろうと、素人でも分かる展開が多く、そもそも歴史上無名な人物で1年間も続けるのは無理があったんじゃないかと、この期に及んでまだ思ってしまうほど、その内容は残念で仕方ありません。
2014年8月、山口ロケを開始したNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の出演者=山口県萩市
 それと、もう一つ残念だったのは、クランクアップを迎えた日に会見したNHKの土屋勝裕チーフプロデューサーの総括コメントです。「大河ドラマは歴史再現ドラマではない。そう見られがちですが、人間のドラマを描くという本来のあり方に立ち戻ることができた。『花燃ゆ』のらしさはそこだったかな」。
 はっきり言って「開き直り」にしか聞こえませんが、主演の井上真央さんは以前、低視聴率について「主演の私の力不足です」と言い切っていただけに、制作責任者のこのコメントにはいささか首をかしげてしまいました。
 しかも、「草莽崛起」という、民衆主導による改革を唱えた吉田松陰の言葉まで持ち出し、「誰か一人の英雄伝にしてしまうと、その人がいたから世の中が変わったということになってしまう。みんなで変えていこうとした松蔭の思いが、人から人へ受け継がれていったことを描くドラマにならなくなる。名もなき庶民が頑張ったからこそ、久坂玄瑞も高杉晋作も頑張れたのではないか。そういう描き方があってもいいんじゃないかと考えました」。
 この発言をみる限り、どうやら制作側は松陰の志もくんで脚本や演出にこだわっていたようですが、なぜか「自画自賛」にしか思えなかったのは筆者だけでしょうか。
 確かに、大河ドラマは何かにつけて視聴率がやり玉に上がることが多いです。裏を返せば、それだけ国民の関心が高いドラマである証左なんでしょうが、井上さんのように低視聴率という現実を制作側がどれだけ真摯に受け止めていたのか、前述の発言からはあまり伝わってきません。
 たとえ制作側に納得できる良いドラマをつくったという自負があったとしても、それが視聴者に伝わらなければ、やはりその「価値」は半減します。視聴者の興味を引くには何が足りず、どうすればよかったのか。プロデューサーの言葉に、井上さんのような潔い自戒の念が感じられなかったのは、イチ視聴者としては残念だったと言わざるを得ません。
 再来年の大河も、歴史上あまり知られていない女性を主人公にした「おんな城主 直虎」が放送されるそうです。「女性が輝く社会」とか、「1億総活躍社会」とか、どうも政権の思惑に媚びたNHK側の配慮を勘繰ってしまいますが、もう主人公が男だの、女だのではなく、視聴者がまた見たいと思えるような大河ドラマであってほしいと切に願っております。
 なにしろ水面下では受信料義務化という「暴挙」も企てているようですから、せめて看板ドラマぐらいは視聴者を納得させるものをつくってくれないと、みんな受信料を払いたくないと、いつかそっぽを向いてしまうかもしれませんよ。(iRONNA編集長、白岩賢太)
もう「おんな大河」はやめなさい

みんなの投票

今年の大河ドラマ「花燃ゆ」をご覧になりましたか?

  • 毎週欠かさず見た

    1076

  • ときどき見た

    873

  • 一度も見ていない

    3654