「夫婦別姓」憲法判断、家族の在り方を問う
1094

テーマ

「夫婦別姓」憲法判断、家族の在り方を問う

結婚した夫婦は夫か妻の姓に合わせるとした民法の規定は、憲法に違反しているのか。最高裁は「合憲」とする初の憲法判断を下した。ただ、「制度の在り方は国会で論じられるべきだ」とも付言し、政治判断に委ねた。賛否が渦巻く夫婦別姓。いま日本の家族の在り方が問われている。

結婚した夫婦は夫か妻の姓に合わせるとした民法の規定は、憲法に違反しているのか。最高裁は「合憲」とする初の憲法判断を下した。ただ、「制度の在り方は国会で論じられるべきだ」とも付言し、政治判断に委ねた。賛否が渦巻く夫婦別姓。いま日本の家族の在り方が問われている。

家族と社会の危機

多様化する家族

論議に欠ける子供の視点

 11月4日は最高裁大法廷で夫婦別姓(氏)をめぐる訴訟の弁論が開かれるとあって、日経新聞と朝日新聞の朝刊1面コラムが、それぞれこの問題を取り上げていた。夫婦別姓に賛成・推進する立場で書かれたこの2つのコラムを読んで感じたのは、立論の前提、出発点が異なり、議論がかみ合わないもどかしさだった。
 「誰かに迷惑もかけない。コストも知れている。歩みの遅さを合理的に説明するのは難しい」。日経はこう書いていたが、夫婦別姓論議でいつも気になるのが、当事者である子供の視点の欠落だ。子供の意見を反映した調査がなかなか見当たらないので少し古くなって恐縮だが、平成13年に民間団体が中高生を対象に実施したアンケート結果を引用したい。
 それによると、両親が別姓となったら「嫌だと思う」(41・6%)と「変な感じがする」(24・8%)との否定的な意見が、合わせてほぼ3分の2に達している。一方、「うれしい」はわずか2・2%しかいなかった。また、20歳以上の成人を対象とする内閣府の世論調査(24年12月実施)でも、夫婦の名字が違うと「子供にとって好ましくない影響があると思う」と答えた人が67・1%に上り、「影響はないと思う」(28・4%)を大きく上回った。
 夫婦別姓というと、両性が納得すればいいと思いがちだが、夫婦が別姓を選択した場合、子供は必ず片方の親と別姓になる。ことは夫婦のあり方だけの問題ではなく、簡単に「誰かに迷惑もかけない」と言い切れるような話ではない。
 日経コラムはさらに、こうも書いている。「反発する人の声から『自分と違う価値観を持つ人間が、とにかく許せない』との響きを感じることがある」。どう感じようと自由ではあるが、この見解はかなり一方的だろう。10年以上前のことだが、夫婦別姓を議論していた自民党の会議を取材した同僚記者は、夫婦別姓推進派で、現在は党総裁候補の一人といわれる議員から、こう面罵された。
 「(夫婦別姓に慎重論を唱える)産経新聞は、新聞じゃない」
 当たり前のことだが、自分と違う価値観が許せないのは、何も夫婦別姓に「反発する人」にかぎらないということである。多様な価値観を説く人が、異なる価値観を否定するという矛盾を犯すのは珍しくない。
 ちなみに、朝日のコラムにはこうあった。
 「結婚や家族の多様化、個の尊重という冒頭に引いた変化(※国民意識の多様化、個人の尊重)は、別姓の議論にもそのまま当てはまる」
 「社会は旧姓使用を広げる方向に動く」
 確かに一般論としては、社会の多様化は歓迎すべきことなのだろう。多様性を失えば硬直化し、やがては行き詰まっていく。とはいえ、何でもかんでも「多様化」という言葉で正当化しては、そこで思考停止することになる。また、夫婦別姓を法的に位置づけることと、旧姓使用は全く別物である。現在、夫婦同姓制度の下で通称使用が大きく緩和され、旧姓使用が広がっていることがその証左だといえる。
 いずれにしてもこの問題を考えるときは、直接影響を受けることになる子供の意見をもっと聞いた方がいい。政府にも、今度調査するときはぜひその視点を盛り込むようお願いしたい。(産経新聞論説委員兼政治部編集委員・阿比留瑠比、2015.11.05)

わが国の家族観が大きく揺らぐ

少子化の障害は取り除け

 「夫婦は同姓にしなければならない」と規定する民法が憲法に違反すると訴えていた事件について、再来週、最高裁は判決を言い渡す予定です。
弁論のため、最高裁判所に入る
夫婦別姓訴訟の原告団=11月
4日(荻窪佳撮影)
 私は、かねて、「選択的夫婦別姓制」がよいと主張してきました。「選択的夫婦別姓制」とは、夫婦がどちらか一方の姓を名乗ってもいいし、夫婦のどちらもそれまでの姓を変えなくても構わない、それを夫婦の協議に任せるという制度です。
 実は、既に20年近く前、法務省の法制審議会は、選択的夫婦別姓制を導入すべきという意見をまとめております。世界的にも、どちらかの姓を名乗るべきとする国は、日本のほか一つくらいでしょうか。
 ところが、「姓が異なると日本社会が築いてきた家族制度が崩れる」などの反対理由で、今のところ、民法の改正案は、国会を通過できていないのです。確かに、日本古来の家族観を大事にすることは重要だとは思います。
 しかし、今、国をあげて少子化対策に取り組んでいます。夫婦の一方が名字を変えるのは、様々な苦労・摩擦を伴います。それを嫌って、結婚をためらっている人たちもいます。
 また、現在の制度は、DVの原因になっているとも言われています。現状では、夫の姓を名乗っている夫婦が多いものと思われますが、これは、いわば妻が夫に従う形になるため、夫の中には、あたかも妻が自分の所有物であるかのような潜在意識を有する者がおり、妻に暴力を振るう傾向を持つことを否定できないとされています。
 再来週の最高裁判決の内容がどうであろと、結婚への障害を取り除くという意味でも、また、DVの芽を摘み取るという意味でも、選択的夫婦別姓制を導入すべきではないでしょうか。(衆議院議員、弁護士・若狭勝「そのL字路交差点に立って」2015.12.04

多様な価値観に応じた新しい選択肢だ

「夫婦別姓」憲法判断、家族の在り方を問う

みんなの投票

夫婦別姓禁止を「合憲」とした最高裁判決についてどう思いますか?

  • 判決は妥当である

    609

  • 判決は不当である

    481

  • どちらでもない

    4