日本国憲法が国民を見殺しにする
1159

テーマ

日本国憲法が国民を見殺しにする

2016年は憲法改正が重大な政治テーマとなる。安倍首相は今夏の参院選で改憲を争点の一つとして訴えることを示唆した。いま、なぜ憲法改正なのか。現行憲法を「お守り」のように崇める護憲派の人たちに問いたい。あなたたちは本当に今でも憲法が日本の平和と国民の命を守ってくれると信じていますか?

2016年は憲法改正が重大な政治テーマとなる。安倍首相は今夏の参院選で改憲を争点の一つとして訴えることを示唆した。いま、なぜ憲法改正なのか。現行憲法を「お守り」のように崇める護憲派の人たちに問いたい。あなたたちは本当に今でも憲法が日本の平和と国民の命を守ってくれると信じていますか?

国民の命より憲法が大事なのか

日本を去勢する「宮刑」だった

「参院選で憲法改正を訴えたい」と安倍首相

 安倍晋三首相は4日午前、官邸で年頭の記者会見を行い、今夏に行われる参院選について「憲法改正をしっかりと訴え、国民的な議論を深めていきたい」と述べた。勝敗ラインに関しては「連立政権で安定した政治を前に進めるため、自民、公明両党で過半数を確保したい」と明言。衆参同日選の可能性については「全く考えていない」と改めて否定した。
 首相は、同日召集の通常国会を「未来へ挑戦する国会」と位置付け、1億総活躍社会を実現させる目標を念頭に、「本年は挑戦あるのみ。未来へと果敢に挑戦する1年とする」と強調した。
 5月の伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)で議長国を務めることなどを踏まえ、「不透明さを増す世界経済、テロとの戦い、貧困や開発の問題、アジア太平洋の情勢など世界が直面する課題を議論したい」と主導的役割を果たす考えを示した。ロシアのプーチン大統領との首脳会談については「北方領土問題は首脳間のやり取りなしには解決できない。(プーチン氏の)訪日時期は、最も適切な時期を引き続き探っていく」と説明した。
 また、首相は江戸幕府8代将軍の徳川吉宗が各地に桜の苗木を植えた功績に言及し、「花が咲くようになれば、人々が集まり豊かになるに違いないとの信念で未来に投資した。そのおかげで、300年後の私たちも花見ができる」と指摘。その上で「私も日本の将来をしっかりと見据え、木を植える政治家でありたい」と述べた。(産経ニュース、2016.01.04)
■安倍内閣総理大臣年頭記者会見(首相官邸、2016.01.04)

護憲の前に「知憲」

国際情勢の大局を読め

安倍氏と橋下氏の改憲論にはズレがある

 安倍晋三首相は19日夜、橋下徹前大阪市長と都内のホテルで食事しながら、約3時間半にわたって会談した。名目は橋下氏の慰労会だが、菅義偉官房長官とおおさか維新の会代表の松井一郎大阪府知事も同席し、憲法改正や来年夏の参院選の連携などについて意見交換したようだ。参院選では、自民、公明、おおさか維新の3党で憲法改正の国会発議に必要な「3分の2以上」の確保を期待しているようだ。
 さらに、安倍首相は橋下氏の国政進出にも期待を示した。橋下氏は衆院選だったら出る腹づもりだと伝えられている。
 安倍首相は、野党がバラバラな状況の中で衆参ダブル選挙を決行し、両院で3分の2を取り、もともとのアジェンダ(公約)である憲法改正に一気に突き進もうと考えている。その際、人気の高い橋下氏を衆院選に担ぎ出して、野党の支持層を奪おうという狙いだ。
 安倍首相のターゲットは憲法9条の改正だ。一方、橋下氏がこだわっているのは地方自治について規定する憲法8章の92-95条。特に95条の「特定の地方公共団体にだけに適用される特別法を定めるには、その地方公共団体の住民投票で過半数の賛成を得なければならない」という規定だ。
 中央集権から道州制への移行と、都構想に基づく地方分権を目指すのなら、この95条改正が本丸だ。つまり、道州制を持ってきて広域行政区域とし、国から三権(立法、行政、司法)を持ってくること。これが橋下氏の考えている構想に違いない。
2014年4月、あべのハルカスを訪れ
橋下徹大阪市長と談笑する安倍晋三
首相(代表撮影)
 しかし、橋下氏は今まで、この憲法第8章から説き起こして、地方自治を是正していくという考えを国民にあまり語っていない。
私も憲法第8章が最も重要な改正点だと考えて、あらゆる機会に主張している。9条の改正に対して拒否反応を示す人も、じっくり説明すると、「8章は書き換えなければいけない」とわかってくれる人も多い。しかし、国民の意識には、まだ9条ほど争点が根づいていない。1回の選挙で憲法8章を議題にするということは難しいかもしれない。
 ということで、安倍首相と橋下氏の2人は憲法改正では一致しているが、その中身は少しずれている。これをうまくパッケージして国民に提示できるだろうか。
 一方、民主党の岡田克也代表ら野党は、選挙戦で「戦争法案、反対」「憲法改正は危ない」とアピールしてくるだろう。それを争点にされると、安倍首相も苦戦すると思う。
 ただ、安倍&菅コンビは敵前突破を平気でやれる人たちだ。橋下氏を担ぎ出して憲法改正を突き進めたいという思いは安倍首相の中で非常に強い。菅氏はそれを実現するためには手段を選ばない人である。
 橋下氏が選挙で貢献すれば、安倍首相は彼を閣内に迎えて厚遇するかもしれない。だが、自民党内にはダブル選や橋下氏の厚遇に反発する人も多いに違いない。安倍構想の実現には課題が多い。(大前研一のニュース時評、2015.12.27ZAKZAK
■自民党が憲法改正草案を発表(自民党ホームページ、2012.04)

ユーザー投稿

自衛隊の否定はあり得ない

日本国憲法が国民を見殺しにする

みんなの投票

日本国憲法の改正は必要だと思いますか?

  • 必要

    1107

  • 不要

    45

  • どちらでもない

    7