電力自由化のウソに騙されるな
777

テーマ

電力自由化のウソに騙されるな

2016年4月から電力小売りの全面自由化が始まる。異業種参入によるセット料金のメニューも続々と登場し、どのプランが一番お得なのか、家庭向け電力をめぐる「戦国時代」の到来に話題も尽きない。我が家の電気代は本当に安くなるのか。電力自由化のホントとウソをしっかり見極めよう。

2016年4月から電力小売りの全面自由化が始まる。異業種参入によるセット料金のメニューも続々と登場し、どのプランが一番お得なのか、家庭向け電力をめぐる「戦国時代」の到来に話題も尽きない。我が家の電気代は本当に安くなるのか。電力自由化のホントとウソをしっかり見極めよう。

まだ残る地域独占の壁

乱立する新電力会社

「再エネ電気を売る」という大ウソ

 各メディアで既報の通り、ソフトバンクは今日、東京電力と業務提携し、家庭向けの電力小売りサービス「ソフトバンクでんき」を4月1日に開始することを発表した。
 来る4月の電力小売全面自由化に向けて、既存電力も、新電力も、それぞれに新料金・サービスメニューを打ち出している。それ自体は、たいへん前向きなことである。
 現在の既存大手電力10社のメニューも、決して単純なものではない。それに加える形で、今回の自由化によって、更に複雑なメニューが各電力小売会社から提示されていくだろう。事実、現在まで出されている多くのメニューは相当に複雑なもの。
 もし自分が新電力の供給先として選択されていたとしても、どのメニューを選ぶと最もお得かは、すぐには見出せないのではないだろうか。しかし、これが今回の自由化による果実なので、我々一般消費者は、賢く選んでいくようにしていくべきだ。
 ソフトバンクの新メニューには、“FITでんきプラン(再生可能エネルギー)”というのがある。“ソフトバンクのオリジナルプランとしてFIT電気(再生エネルギー)を活用した電力を希望される方向けに提供します。提供に関する詳細は準備が整い次第お知らせします”と書いてある。
 いったい、どのようなプランなのだろうか??? 私には、全く想像がつかないのだ。
 今回の電力小売全面自由化によって新規参入する新電力の中には、この“ソフトバンクでんき”のように、再エネで作った電気を売ります!といった触れ込みの社が他にもいるようだ。
 しかし、それは技術的にも物理的にも不可能なのだ。端的に言うと、各発電所で発電された電気は、送電網の中で混ざり合ってしまうからだ。できるはずのないサービスの提供を、いかにもできるかのように喧伝する新電力がいるが、それを信用してはいけない。(唯一できる手段があるとしたら、再エネ発電設備から専用線を需要地まで敷設して受電することだ。)
出所:経済産業省・“電力システム改革が創り出す新しい生活とビジネスのかたち”
 もっとも、今回の電力自由化を主導した経済産業省が、“電力システム改革が創り出す新しい生活とビジネスのかたち”というパンフレットを作成し、その中で、“どんな電気を使うか、自分で決められるようになります”、“「再生可能エネルギーで発電された電気を買いたい」 いろんな料金メニューが生まれることで、そんな声にも応えます”などと大嘘をついているのだから、どうしようもない。
 役所が率先して、できもしないことをあたかもできるかのようにPRしているのが、今回の電力小売全面自由化。民間の新規参入事業者にしてみれば、役所の言っていることに追従しているに過ぎないのかもしれない。だが、ウソはウソ。
 ついでに言うと、電力会社を自由に選べるというのも、真ではない。それは、既存大手電力、新電力それぞれのHPを見れば明らかなので、適宜参照されたい。
 せっかくの電力小売全面自由化という壮大な夢が、こうしたことでボロを出してはいけない。どうせやるなら、都合の良いことも、都合の良くないことも、両方きちんと語っていくべきだ。
 役所の一部の人々の夢に付き合わされてはかなわない…。(社会保障経済研究所代表・石川和男「霞が関政策総研Blog」2016.01.12
■価格.com - 電気料金比較|115プラン掲載!電気代節約するなら
■電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

電気はコスト予測不可

確実に儲かる?再エネ

大幅値上げもあり得る

「電気」となると値段より作り方が気になる日本人

 自動車を買いに行く日本人は、その自動車の板金がどのような方法で作られたのか質問する人は少ないし、鉄鉱石をどこから輸入したのかも聞かない。値段と性能やスタイルを見て買う自動車を決める。つまり、消費者というものは「安くて、品質が良い」のが第一で、「製法」や「原料」には興味がなく、また考える必要もない。それは専門職のやることで、一般人はそこまでは知らなくても良い。それなのになぜ、「電気」となると、「石炭火力か、原子力か、はたまた太陽光発電か」という議論に熱中する。これは、日本の政治家、官僚、そしてNHKのトリック(催眠術と言っても良い)で、そこに「税金」を注ぐチャンスを指導部が得ていることを示している。
 中国が文化大革命の時に突然、毛沢東の宣伝によって国民が「製鉄方法」に興味を持ち、全国各地に小さな「人民製鉄」を作った。「鉄は国家なり」などといろいろ言えば、鉄だけがほかの工業製品にはないある意味が出てくる。日本の電気と同じだ。
スマートメーター第1号を設置する東京電力グループの従業員=2014年4月10日、東京都小平市
スマートメーター第1号を設置する
東京電力グループの従業員=201
4年4月10日、東京都小平市
 電気の作り方は、鉄鋼と変わらない。外国から石炭を買って溶鉱炉で燃やせば鉄ができ、発電所で燃やせば電気を作ることができる。鉄鋼業はすそ野が広いが鉄鋼業自体の出荷額は約14兆円で、電力とほぼ同じである。自動車も日本にとって最重要産業で、その原料となる鉄鉱石、石油は全部、輸入である。だから、政府にとってもとても大切だが、トヨタはガソリンエンジンばかりではなく、ハイブリッドも独力で開発した。出荷額は約50兆円で、海外も入れるとトヨタ自動車一社で連結売上が20兆円を超える。これに対して電気の売り上げは約15兆円、そのうちの原発は稼働しているときに約5兆円だった。大した産業でもない。また「外国からの石炭を使う」と言っても、それは鉄鋼でも、自動車でも、プラスチック産業でも全く同じである。それなのになぜ国民は「電気を何で作るか?」とか、「原発を動かさないと日本の経済は破壊する」などと言っているのだろうか。そして太陽光発電に膨大な税金を投入したり、買い取り制度を作って電気代をさらに上げるのに賛成するのだろうか?
 これにはトリックがある。つまり国民に「どういう方法で電気を作るか」に関心を集め、「なにをすべき」という議論を巻き起こし、それが馬鹿らしいことであることに気が付かせないようにして、税金を投入し、大企業は補助金を取り、役人は天下りし、政治家は利権をむさぼっている。電力会社は独占を守るために、「電気の作り方」に国民の関心をひきつければそれで、政治家、官僚が電力の独占に文句を言わなくなる。哀れなのは、トリックにかけられて高い電気を買い、原発で被曝し、太陽電池で踊らされている。消費者はただ一言、「私はどうやって電気を作るかなど関心がありません。安くていつも使える電気を買います」と言えば、原発はなくなり、電力会社の独占も解消し、税金も安くなる。
 錯覚とは恐ろしいものだ。将来のために太陽電池と言うけれど、電力も鉄鋼も、自動車もみんな同じだ。それなのになぜ、エネルギーとか電気となると他の産業と違うように感じるのか、それが大きな問題だ。(中部大学特任教授・武田邦彦、2014.02.13

小売り自由化の功罪

電力自由化のウソに騙されるな

みんなの投票

4月から始まる電力自由化に伴い、新規参入事業者が提案する電気料金プランへの変更を検討していますか?

  • 検討している

    91

  • 検討していない

    437

  • もう少し見極めてから考える

    249