甘利氏辞任、罠に嵌った政治家の末路

甘利氏辞任、罠に嵌った政治家の末路

甘利明経済再生担当相が電撃辞任した。週刊文春が報じた金銭授受疑惑をめぐり、建設会社側から現金100万円を大臣室などで受け取ったことを認めた。いわくの「告発」をきっかけに、閣僚辞任に追い込まれた甘利氏。「罠」に嵌った政治家の末路はこんなにもあっけない。

スカッとしないぞ「天下の文春」

  • 甘利氏を嵌めた週刊文春「禁じ手」スクープに屋山太郎がモノ申す!

    甘利氏を嵌めた週刊文春「禁じ手」スクープに屋山太郎がモノ申す!

    週刊文春が報じた甘利明経済再生担当相の金銭授受疑惑。政治評論家の屋山太郎はこの大スクープはどうもスカッとしないと語る。週刊文春報道の問題点と今回の騒動が安倍政権に与える影響とは?

金を受け取ればアウト

  • 安倍総理だろうが、いつでも嵌められる「悪意」の献金は避けられない

    安倍総理だろうが、いつでも嵌められる「悪意」の献金は避けられない

    甘利氏を嵌めた悪意の献金を避ける術はない。辞任劇はこれからも繰り返されるだろう。潮匡人が政策秘書の経験から語る。

花田紀凱の天下の暴論

 ベッキー不倫事件についで、またまた『週刊文春』が大スクープだ。「実名告発 『甘利明大臣事務所に賄賂1200万円を渡した』」。政界大激震、安倍政権にも大きなダメージ。
甘利氏の収賄疑惑告発
第1弾を報じた週刊文春
1月28日号の表紙
 新谷学編集長が三ヶ月の"休養"を終えて復帰して、たて続けのこのスクープ。改めて雑誌における編集長の力を思い知らされた。
 しかしこのスクープ、ちょっと気になる点がないでもない。
 一つは告発した総務担当という一色武なる人物は実名を出しているが、会社名が匿名ということ。それと秘書とのやりとりを録音したり、毎回記録を残し、渡した現金のコピーを取るなどあまりに用意周到なこと。普通、ここまでやらないだろう。一色武なる人物の経歴が知りたい。もしかしたら、警察関係か。(企業の総務には警察関係者の天下りが多い)。
 もう一つは、別件、外国人のビザ申請で清島健一公設第一秘書に20万円渡した時、『週刊文春』の記者を同行させて、写真を撮らせていること。勘ぐれば、そのシーンを撮らせるために、わざわざ金を渡したのではと勘ぐることもできる。
 その辺りをライバルの『週刊新潮』が徹底取材してくれたら面白いのだが。
 それともうひとつ。告発した一色武なる人物、S社とURのトラブルの仲介を、なぜ甘利氏の地元、大和の事務所にたのんだのかということだ。S社の本社は千葉県白井市。常識的に言って誰か議員に頼むとしたら、地元の議員に頼むのが自然だろう。それに総務担当という一色氏が名前を出しているのに社名だけ出さないというのも不思議だ。
 テレビを見ていたら、テレビの記者がS社に取材に行くと、慌てた社員がけんもほろろ、何か触れてはいけないことのように取材を拒否していた。S社としては本当は告発を望んでいなかったのではないか、そんなことさえ思わせる異常な対応だった。
 一色武という名は本名ではないなど、一色氏に関しては幾つかよからぬ情報も得ている。確認でき次第、また報告したい。(Yahoo!ニュース個人

悪さは一人ではしない

  • 政治家の金銭スキャンダル 「裏切り者」はいったい誰か

    政治家の金銭スキャンダル 「裏切り者」はいったい誰か

    政治家が金銭をめぐるスキャンダルに巻き込まれ、誰に裏切られて表面化してしまうのか。様々なケースについて元通産官僚で評論家の八幡和郎が分析する。

政府ぐるみの隠ぺいを追及しないマスコミ

 「道路工事をめぐるトラブルでUR(都市再生機構)に口利きした見返りに多額の現金を受け取った」。週刊誌が報道した疑惑で、甘利明TPP担当大臣が今夕、辞任した。
 「(カネは)適正に処理している」「秘書への監督不行届き」「S社は3年連続の赤字企業」…記者会見で甘利氏は用意してきた原稿を30分間にわたって読み上げた。
 現金授受は認めながらも口利きは否定。しかも自分は被害者であるかのような内容だ。ヤメ検の弁護士が書いたと分かる原稿の朗読が終わると質疑応答に移った。司会進行は内閣府の役人だ。
 記者クラブ6名、インディペンデント・メディア1名が指名された。「はい●●さん」「はい◇◇さん」と名指ししてゆく。インディペンデントに関しては「はい、そちらの方」だった。読売は2人続けて指名された。
 記者クラブメディアからの質問に追及らしきものはなかった。酷いのになると甘利氏に弁明の機会をわざわざ与えた。甘利氏の答えを純朴な人が聞くと「悪い奴にハメられて甘利さんは気の毒ね」と思うだろう。
 長年記者をやっているが、これほどまでに権力者に寄り添う会見は初めてだ。記者も酷いが官僚も同じくらい酷かった。甘利氏の記者会見は午後6時から。民主党はこれに先立ち、午前と午後に一度ずつ国土交通省、URからヒアリングをした。
 口利きに関わったとして週刊誌に登場する国土交通省の局長やURの総務部長らが顔を揃えた。民主党議員の質問は至ってシンプルだった。週刊誌に報道されているような「口利き」「甘利事務所との接触」はあったのか?  などとする内容だ。
 官僚たちは異口同音に「(事実関係は)まとめて公表する」と答えた。一点張りだ。甘利大臣の地元事務所を訪れたことが報道されているURの総務部長は、民主党議員から「大和(地元)の事務所に行ったのか?」と問い詰められても「まとめて公表する」としか言わない。壊れた蓄音機である。
 甘利大臣の記者会見と齟齬が出てはならないので、それまではダンマリを決め込む作戦だ。国交省とURからのヒアリングが終わって1時間後に開かれた記者会見で、甘利氏は現金授受は認めたが、口利きについては「記憶にない」とした。
 マスコミは政官一体となった隠ぺいを突かなかった。触ろうともしない。記者クラブ、官邸、霞が関による鉄のトライアングルが、幕引きを図ろうとしている。(田中龍作ジャーナル、2016.01.28

「過去の遺物」検察の好機

  • 甘利氏は「絵に描いたようなあっせん利得」をどう説明するのか

    甘利氏は「絵に描いたようなあっせん利得」をどう説明するのか

    週刊文春が報じた甘利明氏の金銭授受疑惑についてコメントを求められた弁護士の郷原信郎。いまどき、そんな“絵に描いたような”「口利き・あっせん利得」が行われていると、にわかに信じ難かったからだという。

  • 甘利氏をめぐる事件で真価を問われる検察

    甘利氏をめぐる事件で真価を問われる検察

    甘利氏の金銭授受疑惑のような「裏献金」問題を政治資金規正法違反で摘発する際にはハードルがある。コンプライアンスの専門家、郷原信郎は今回の疑惑は検察にとって千載一遇のチャンスだと説く。

  • 甘利氏だけじゃない TPPにも逆風が吹き荒れている

    甘利氏だけじゃない TPPにも逆風が吹き荒れている

    甘利氏はニュージーランド行きの切符を手にすることが出来なかった。バンクーバーで会社を経営する岡本裕明はカナダの外交筋の態度からTPPにも相当の逆風が吹き荒れていると見る。

甘利氏辞任、罠に嵌った政治家の末路

金銭授受疑惑をめぐる甘利明経済再生担当相の辞任についてどう思いますか?

  • 394

    当然である

  • 276

    意外である

  • 3655

    納得いかない点もある

返信を入力